情報更新

last update 09/21 08:06

ツイート検索

 

@nasiya_nabeken
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

  • 105フォロー
  • 350フォロワー
  • 9リスト
Stats Twitter歴
3,106日(2011/03/22より)
ツイート数
8,230(2.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月18日(水)1 tweetsource

2019年09月16日(月)1 tweetsource

2019年09月14日(土)1 tweetsource

9月14日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

ヤマトの営業所留め置き、B2でやり方分からなかったから初めてC2で印刷してみた。
でも、さっきB2でやれる方法みつけた。
よ~し!次に忘れ物しても同じ様に届けてやるよw

posted at 17:48:27

2019年09月13日(金)1 tweetsource

2019年09月11日(水)2 tweetssource

2019年09月10日(火)1 tweetsource

2019年09月09日(月)1 tweetsource

2019年09月08日(日)4 tweetssource

9月8日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

@kureha_nashi もっと劇的に変化させるべきでしょうね。
例えば、マイナンバーの様に個人アドレスで荷物が届く様な仕組みが良いです。既に情報はインターネットの仕組みでIPアドレスでやり取りできているわけだし、実際の荷物も似たような仕組みでやれませんかね。

posted at 21:14:22

9月8日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

話せば分かり合える!何てこと昔は思ってたね。それは「相手は変わる」を信じていたから。
相手は変わらない。変えられるのは自分だけ。
相手を思いやる事はできるけど、相手に思いやりを求める事は無理。
自分からの関わり方は変えられるけど、相手からの関わり方は変えられない。

posted at 20:54:43

2019年09月07日(土)4 tweetssource

9月7日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

農業に限らず多くの仕事は善意のリレーで成り立っている。次の誰かが受け取りやすい様に、それでいてチームがレースに勝てるように。
それを普通に出来ない人が僕の勝手な感覚で半数以上いる。
チームの為に動ける人は3割位。更にチームを牽引できるのは1割いればいい方。
頭ではわかっているのに。

posted at 21:55:26

9月7日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

できれば豊水がほしいお客さんが居て、明日最後の豊水とるのがわかっているのに平気であきづきで送ろうとする。
9/9以降着用希望だって書いてあるのに1日位良いじゃんって送ろうとする。
4個口で大量注文くれたのに、あえてバラバラに発送する。

自分の都合以前に、お客さんに酷いと思わんのか?!

posted at 21:48:22

9月7日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

令和最初の今年は過去10年で幸水、豊水ともにワーストなのが決定した。収量と売上で。内容はまぁマシだけど、経営的にはね。何気に凹む。理由も分かるところと分からない所とある。ただ間違いなく一気に色々分かったと思う。
転んでもただでは起きないよっ!

posted at 20:59:28

2019年09月06日(金)1 tweetsource

9月6日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

LINE Official Account(LINE@)、良いよ!
チャット機能、本当良い!
電話が減った。
クレームも減った。
注文は増えた。
何より喜んでもらえている実感があって良い。

無料でかなり使えるから超おすすめします!

posted at 20:23:18

2019年09月05日(木)3 tweetssource

2019年09月04日(水)2 tweetssource

2019年09月03日(火)8 tweetssource

9月3日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

テレビ取材も有りましたが、今日は保育園の梨狩りご招待でもありました。
今年大学生になった息子が2歳か1歳の時から毎年続いているから17年目かな?
途中意地で続けていた時もあったけど、今は本当に楽しい♫子供は面白いね〜。

posted at 23:57:01

2019年09月02日(月)7 tweetssource

9月2日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

今朝は10時位まで寝るつもりだったのに、次男の自転車が故障して高校まで送っていった。結局いつもより1時間余分に寝れたけど、寝たのも遅かったから今強烈に眠い。
なので寝ます。

posted at 22:46:30

9月2日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

@AspCell まぁ夫婦としての幸せは難しいのだけれどね。
メンデルの優性遺伝の法則はシンプルで残酷。
我々が農業でF1品種の恩恵を受けている様に、多様性の中に光る物が私達人間の営みにも有る。

posted at 00:18:43

9月2日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

@AspCell あぐみさんを見てると20年前の自分と重なるの。男女は逆転してるけどね…。家事をやらない女と家事が出来る男の夫婦だから。
とても辛い状況だけど、良いこともある。それは断言しても良い。子供はきっと良い成長をします。良い子になるとは言えないけど、両親の良い可能性を引き継いでくれる。

posted at 00:14:48

2019年09月01日(日)1 tweetsource

2019年08月31日(土)4 tweetssource

8月31日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

ここ数日頭がオーバーヒート気味。収穫時期ってただでさえ毎日2日分位働いているのに、今じゃなきゃ考えられない事案が多々ある。
例えば去年仮説を建てた(こういう枝の方が良いんじゃないの?)って答え合わせは今しか出来ない。他にも収穫期の動線、接客など今しか出来ない。

posted at 23:20:53

8月31日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

豊水の残りあまり無いかも…。発送受付もそろそろ止めないとな。あきづきになっても可で受付ることにしよう。
多過ぎるのも辛いけど、足りないのはもっと辛い。

posted at 08:51:58

2019年08月30日(金)7 tweetssource

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

栽培履歴や肥培管理、農薬管理はGoogleのスプレッドシートでまかなえるようになったけど、やはりEXCELの方がしっくり来る。
まだ大量な仕事を古いWord&EXCELでこなしてる。例えばDM印刷とか新しいのですぐやれるだろうか?水利組合の会計もEXCEL(マクロ)に依存中。

posted at 23:53:00

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

何気にOffice2003とかまだ使っているのが一番悪い気がする。メールもまだAlmailだし。20年近く変わってない所をどうにかしないといかんのだろうな。

posted at 23:48:57

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

パソコンをそろそろ買い替えたい。それなら2台体制にすれば良いのかも。産直くんをノートパソコンに入れる様にしたら良いのか?Surface&ドックも有りかな。

posted at 23:46:59

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

B2クラウド経由で送り状を作るようにしたのはやはり正解だったと思う。
一番の狙いだった発送状況の確認がクラウド経由で見れる。
更に、再印字や少し修整して印字とかもできる。
発送状況を一気に1000件まで探せるのも良い。

posted at 23:41:25

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

今年の梨は近年になくしんどい。去年まで送り状印刷をほぼパートさんに頼めていたのが一番の違い。今年は半分以上自分でやってる。
これはつまり、もう一人教えれば良いのかしら…。やれそうな人は居る!

posted at 23:37:27

8月30日

@nasiya_nabeken

なべけん@nasiya_nabeken

フレッツ光コラボの勧誘(きっと詐欺)電話多いからやめて。何もしなくても安くなるなんてどう考えてもおかしいじゃない。

posted at 18:41:47

2019年08月28日(水)1 tweetsource

このページの先頭へ