情報更新

last update 01/22 23:36

ツイート検索

 

@nekonoizumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

Stats Twitter歴
3,291日(2010/01/19より)
ツイート数
198,750(60.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年01月22日(火)141 tweetssource

17分前

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

第1章 最善の野獣性:ハルクVSウルヴァリン~どうすれば<動物化>しないでいられるか?~
第2章 想像力の灯台:グリーンランタンVSアイアンマン~意志の力と想像力をあてにしていいのか?~
第3章 責任と都市:バットマンVSスパイダーマン~監視をどこまで正当化できるのか?~

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:35:01

17分前

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"カナダのコンコルディア大学の准教授(政治学/ハーバード卒)が、アベンジャーズとDCユニバースのスーパーヒーロー10人を取り上げて、…":トラヴィス・スミス/堀内進之介 監修・訳/塚越健司 訳『アメコミヒーローの倫理学 10人のスーパーヒーローによる世界を救う10の方法』www.amazon.co.jp/dp/4865062955

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:34:56

17分前

@Homocriticos

堀内進之介@Homocriticos

監訳・翻訳した書籍が、アマゾンで予約開始になりました(笑)

『アメコミヒーローの倫理学 10人のスーパーヒーローによる世界を救う10の方法』

近代哲学を踏まえて、アメコミヒーローを分析的に解釈し、徳倫理学を説くというもの。ぜひ!
ur2.link/Pyjo

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 23:34:53

17分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…近東の民族紛争問題が単なる宗教戦争ではなく、諸民族間に存在した相互関係に由来するものであることがわかる。」

posted at 23:34:22

17分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…近年、クルド人問題などで紙面を賑わわせているが、多民族・多宗教・多文化の諸民族はどのようにして互いに共存し、一つの帝国の中で生き抜いたのか。
オスマン朝が遺した膨大な行政文書史料を活用して包括的に研究する本書によって、…」

posted at 23:34:22

18分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「本書はオスマン帝国(1300年頃~1922年)の支配下におかれた、バルカン半島、アナトリア、シリア北部地域に居住した遊牧民たちの「共生」の歴史を紹介する。…」
⇒岩本佳子
『帝国と遊牧民 近世期オスマン朝の視座より』
京都大学学術出版会 www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=5021

posted at 23:33:37

19分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「本書は、下総国の中世に関わるこれまでに発表された重要な論文を再録し、冒頭に内容の理解を助ける解題を付して、地域的な特徴を明らかにするための一助となる論文集。」
⇒石渡洋平編著
『旧国中世重要論文集成 下総国』
戎光祥出版 www.ebisukosyo.co.jp/item/521/

posted at 23:32:44

20分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…創意工夫を凝らし、試行錯誤してきた偉人たちの「終活」を見つめなおすことで知る、往生際の真実。」

posted at 23:31:38

21分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…収録文書=教訓、秘義、知恵の教え、知恵の詩、幸いなる者、邪悪な女の策略、神の摂理……」

posted at 23:30:24

22分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…時として逆説にすら当面させることになる。リアルということの真実に迫る、現象学的記述の冒険。
世界に住み込む。「生きてある」ことは、限りなく複合的で多元的な、分厚い体験の層を土台としている。そこには、身体から第六感まで動員しての、神秘的ですらあるリアリティの劇場があるのだ。…」

posted at 23:29:23

23分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次あり。「「味わう」、この日々のシンプルにして多様な経験を、言葉で追跡するとどんなことになるのか。味覚 嗅覚、触覚、視覚をはじめ、あらゆる感覚が参加する、その複合的な体験の記述は…」
⇒村田純一
『味わいの現象学 知覚経験のマルチモダリティ』
ぷねうま舎 www.hanmoto.com/bd/isbn/978490

posted at 23:28:36

24分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

@岩波文庫3月。
野谷文昭編訳『20世紀ラテンアメリカ短篇選』
井筒俊彦『意味の深みへ――東洋哲学の水位』
細木原青起『日本漫画史――鳥獣戯画から岡本一平まで』
柳井滋,室伏信助,大朝雄二,鈴木日出男,藤井貞和,今西祐一郎校注『源氏物語(五) 梅枝‐若葉(下)』
岡義武『明治政治史(下)』

posted at 23:27:43

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ドイツは日本の近代美術に、思想面では本格的な美術批評の誕生を促し、実践面では木版画の再興と抽象画の成立をもたらしたことが明らかとなっていく。 」

posted at 23:23:53

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…『月映』で活躍した恩地孝四郎はドイツ美術雑誌に親しんだ木版画家であった。恩地はカンディンスキーの木版画受容を通じて日本初の抽象画となる《抒情 あかるい時》を完成させている。ドイツと日本、美術と文学を横断する探究によって、…」

posted at 23:23:53

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ドイツとの関わりも深い。『スバル』『白樺』では思想面での受容を、『月映』では実践面の受容を詳細にたどることができる。事実、『スバル』や『白樺』で美術批評を執筆していたのは木下杢太郎や武者小路実篤らドイツ文化の影響下にあった文学者であり、…」

posted at 23:23:53

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…明治末期から大正にかけて創刊された『スバル』『白樺』『月映』を手がかりとして、これまで本格的に論じられることのなかった「日本近代美術におけるドイツ受容」の実相解明を思想と実践の二面から目指している。この三雑誌は、いずれも近代洋画の発展に貢献をなした文芸雑誌であるとともに、…」

posted at 23:23:52

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…近代日本の西洋美術受容において、実践面ではフランスが重視されていたが、その一方で美術を言葉で支える思想面ではドイツが重要な役割を演じていたのである。
本書はこうした表面上には現れにくいドイツの影響を探るため、…」

posted at 23:23:52

28分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…たしかに日本が受け入れたのはゴッホやセザンヌなどフランス近代絵画であった。しかし、実際にはそれらはリヒャルト・ムーターやユーリウス・マイアー=グレーフェなどドイツ人美術批評家の書物を通じてもたらされていた。…」

posted at 23:23:52

29分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

目次有。「西洋の油絵技法を取り入れて誕生した日本の洋画には、常に西洋美術受容の問題がつきまとう。その際に研究対象となるのは、いつもフランスであってドイツではない…」
⇒野村優子
『日本の近代美術とドイツ 『スバル』『白樺』『月映』をめぐって』
九州大学出版会 kup.or.jp/booklist/hu/ar

posted at 23:22:39

31分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…著者の既発表の論稿をセレクトし集成した。記述の情況はいずれも国語教育、日本語教育に当たって基本的に踏まえておくべき内容である。教育、研究に携わる人だけでなく、一般の方々に是非とも読んでいただきたい。 」

posted at 23:20:49

32分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…縄文から、火入れ・放牧・草刈りなどによって利用・管理・維持されてきた半自然草地・草原の生態系、日本列島の土壌の形成、自然景観の変遷を、絵画・文書・考古学の最新知見、フィールド調査をもとに、 草地研究の第一人者が明らかにする。7年ぶりの増補版。」

posted at 23:19:11

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…さらに大数の法則と関係の深いグリヴェンコ・カンテリの定理の完全収束版に注目して議論を進めていく。最後に,セミノルム付き線形空間値の大数の完全法則まで議論する。」

posted at 23:18:21

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…大数の法則,その中でも特に大数の完全法則を大テーマとしてとりあげていく,解析的な確率論の特徴的な入門書である。
まず,確率論の基礎事項とも言える,確率変数列の確率収束,概収束,完全収束といった収束の定義の差異を紹介していく。次に,大数の完全法則の証明へと進み,…」

posted at 23:18:21

33分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…大数の完全法則は強法則の特別な場合についてやや強い結論を導く定理であり,様々な応用における数学的な拠り所となっている。本書は,通常の測度論に基づく確率論,特に実数値の独立確率変数列で書ける範囲を扱い,初等的な確率論の教科書に共通する基礎事項を随所に配置しながら,…」

posted at 23:18:20

35分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…今や統計学必須の知識といえるベイズ統計をやさしく解説していきます。」
「嫌がらせメールの差出人を,ベイズ統計を駆使して探り当てることはできるのでしょうか!?」

posted at 23:17:02

39分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…脂肪とシワに着目し、人体の自然なフォルムを描き分けるデッサンテクニックに迫る。
気軽に持ち運べるポケットサイズで、180°開いたままにしておける製本が模写等に便利と評判。」

posted at 23:12:51

39分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「形態学を応用した人体デッサンで人気のモルフォ分冊シリーズ第3弾。…」
⇒ミシェル・ローリセラ/布施英利監修/ダコスタ吉村花子訳
『脂肪とシワを描く (モルフォ人体デッサン ミニシリーズ)』
グラフィック社 www.amazon.co.jp/dp/4766132378

posted at 23:12:41

40分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「トロピカル・モダニズムの第一人者である建築家、ジェフリー・バワの作品集。出自から晩年までを追い、未発表作品を含む重要な建造物を多数掲載。…」
⇒デイヴィッド・ロブソン/高橋正明訳
『ジェフリー・バワ 全仕事』
グラフィック社 www.amazon.co.jp/dp/476613205X

posted at 23:11:44

41分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…過酷な泥漬けテストや落下テスト、水中射撃等のデータ等も紹介、現代最先端の小火器の実力をビジュアル紹介します。併せて、ベレッタの480年を超える歴史と、ハンドガン、ミリタリーライフル、サブマシンガンの進化の過程を詳しく紹介します。」

posted at 23:11:05

41分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ベネリM4を除けば、ここ数年で登場した新しい火器であり、特にVICTRIX(ヴィクトリックス)アーマメントは新進気鋭のメーカーで、これまで日本で詳細に紹介されたことはありません。
実際にイタリアで現地取材を行なうとともに、BDTより画像の提供を受け、…」

posted at 23:11:05

41分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「世界屈指のミリタリーウエポン供給グループであるBDT(ベレッタ ディフェンス テクノロジーズ)の供給する最先端ミリタリーライフル、ハンドガン、サブマシンガン、ショットガン、スナイパーライフルの実力をお届けします!!…」
⇒『NATOスペックウエポン』
ホビージャパン hobbyjapan.co.jp/books/book/b43

posted at 23:10:36

44分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…そしてこれから声優を目指す若者に向けての金言が詰まった、声優ファン&声優志望者必見のバイブル!
大人気アニメ作品のオーディションやアフレコ秘話、共演者とのエピソードなど、ここでしか聞けない貴重な秘話も満載」

posted at 23:07:21

44分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「超豪華ベテラン声優50名のインタビューを、大ボリュームで掲載 声優という仕事に出会うまでのいきさつや、仕事での挫折、喜び………」
⇒声優グランプリ編集部編
『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』
主婦の友社 www.amazon.co.jp/o/ASIN/4074352

posted at 23:07:09

46分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「森鷗外とドイツ文学の世界、現代スイス文学、フランスとの関係から見たゲーテの生涯と作品、トーマス・マンの病気と死の概念…。ドイツ・フランス・スイスの文学について、…」
⇒山村正英
『独仏文学論 ドイツ・フランス・スイス論紀行』
創栄出版 honto.jp/netstore/pd-bo

posted at 23:06:06

47分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「様々なシーンで活躍する陸上自衛隊の装備品を一挙に紹介していく。全265点におよぶ陸上自衛隊の装備品解説とスペックを収録した、保存版カタログが登場する。」
⇒『陸上自衛隊装備百科2019-2021』
イカロス出版 www.amazon.co.jp/dp/480220633X

posted at 23:04:51

51分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「NHK「みんなで筋肉体操」やSNSで話題沸騰!!各所で大注目の筋肉庭師、初の単行本!!
スウェーデン生まれの青年は、なぜ帰化するほどに日本文化に魅了され、徒弟制度で庭師を志したのか──。…」
⇒村雨辰剛
『僕は庭師になった』
クラーケン www.amazon.co.jp/dp/4909313060

posted at 23:00:53

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「天正から慶長期に茶の湯界を牽引した個性あふれる三者の美学とドラマを茶道具や茶室から解き明かす
桃山時代の立役者3人が茶の湯文化発展の潮流の中、どう関わっていったかを解説。」
⇒矢部良明
『魅惑の桃山茶の湯 利休・秀吉・織部の革新』
宮帯出版社 www.amazon.co.jp/dp/4801601979

posted at 23:00:01

52分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「伝統を守りつつ、新たなご公務に全身全霊を挙げて取り組まれてきた両陛下の60年の足跡を貴重な写真でたどり、昭和から平成へと続く一つの大きな時代を振り返ります。」
⇒宮内庁侍従職監修
『天皇皇后両陛下 ともに歩まれた60年』
クレヴィス www.amazon.co.jp/dp/4909532161

posted at 22:59:16

53分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「本書は、拓本の歴史や種類について簡単に紹介するとともに、正しい採拓の手順や準備、拓本を保管するための裏打ちの技法などを詳しく解説。拓本をまったく知らない人にもおすすめしたい入門書」
⇒藪田夏秋
『拓本入門 採拓の基礎から裏打まで』
淡交社 comingbook.honzuki.jp/?detail=978447

posted at 22:58:22

54分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…池田剛介による、待望の処女論集!

「ユリイカ」「現代思想」「早稲田文学」「POSSE」等に寄稿した2011年から2017年までの思考の軌跡と、それを束ねる長編書き下ろしで構成。カバー、表紙、扉には本書のために著者本人が制作した新作を実験的方法で印刷し、書物というモノの可能性を追求する。」

posted at 22:57:22

55分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…現代美術のあり方が、芸術とは何かを問う内的な行為からその外にある現実社会への働きかけへと変化してきているいま、「作品」はどこへ向かうべきなのか−−。芸術とは何か、作品とは何かを根本から問い続け、美術作家としてその時々の自身の答えを作品にあらわしてきた…」

posted at 22:57:02

56分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…ギリシャ神話のパンドラの箱は、あらゆる災厄を解き放ちました。その最後には「エルピス(希望)」が残ったといいます。トランプという劇薬を投じた後の米国にエルピスは残るのでしょうか。 」

posted at 22:55:13

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…先進国でも異例の夢を持てぬ社会になりつつあります。
 いまの米国はもはや「無限の未来」を謳歌できない。そんな置き去りにされた人々の怒りが爆発し、未曽有のポピュリズム旋風を吹かせたのです。…」

posted at 22:54:58

57分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

日経プレミアシリーズ2月。「…米国では経済、人種、政治、世代の上記の「4つの分断」が深刻化し、多くの低中所得層、白人層、被支配層、若年層が置き去りにされているのです。そんな国の形に絶望した中年白人の死亡率が上昇し、…」
⇒小竹洋之
『迷走する超大国アメリカ』 comingbook.honzuki.jp/?detail=978453

posted at 22:54:37

58分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「…権力者の認識不足と理不尽な姿勢により暗転した。チームやリーグと争いたいわけではない。ただ、正当な医療行為が許されない状況を何とかしなければ。これは一人の選手と彼を支える人々が、日本サッカーの未来を救った苦闘の記録である。覚悟と信念が宿るノンフィクション。」

posted at 22:53:23

58分前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

集英社文庫1月。「我那覇和樹を襲った、日本サッカー史上最悪の冤罪事件。沖縄出身者として初の日本代表入りを果たした彼のキャリアは、…」
⇒木村元彦
『争うは本意ならねど 日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール』 www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087458

posted at 22:53:12

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「ニューヨークの裁判所で、はじめ検察官として、のちには弁護士として活躍。名反対尋問家として盛名をはせる。1903年に、その経験にもとづき『反対尋問』を刊行、同書はアメリカの法曹界にとってバイブル的な存在となった。」

posted at 22:51:00

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

ちくま学芸文庫3月。「ゾロアスター教が生まれ、のちにヘレニズムが開花したバクトリア。様々な民族・宗教が交わるこの地に栄えた王国の歴史を描く唯一無二の概説書。」
⇒前田耕作
『バクトリア王国の興亡 ヘレニズムと仏教の興隆の原点』 www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480099

posted at 22:48:48

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

@ちくま新書3月。
中尾茂夫『日本が外資に喰われる』
松生恒夫『知っておきたい腹痛の正体』
煎本孝『こころの人類学 人間性の起源を探る』
加藤重広『言語学講義 その起源と未来』
吉田裕子『たった一言で印象が変わる大人の日本語100』
成蹊大学法学部編『教養のための政治学入門』

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 22:47:17

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

朝日文庫2月。『ハローキティのニーチェ』のシリーズ。売れているのかな?
「「不安」から解放されて、あなたの大切な「今」を精いっぱい前向きに生きるられるようになる方法をポチャッコと一緒に学びましょう!」
⇒『ポチャッコの『道は開ける』 不安から自由になる行動法』 www.amazon.co.jp/o/ASIN/4022649

posted at 22:46:56

1時間前

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

創刊号は見ていないけど、どうだったのだろう。
「第2号は「江戸の暮らしと仕事図鑑」(仮題)を大特集。江戸誕生の歴史、庶民の住まい・商い・食事から町奉行所の仕事、下級武士の生活まで、全132ページ。」
⇒『歴史道 vol.2 (週刊朝日ムック)』
朝日新聞出版 www.amazon.co.jp/o/ASIN/4022779

posted at 22:45:49

1時間前

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"詩と童話に通底する思想的背景ー日本仏教(日蓮と親鸞)やキリスト教をどう受容したのかを、数多くの研究者たちの成果を検証するとともに、スナイダーによる賢治詩の英訳を取り上げ、世界文学との同時性をも射程に収めた著者独自の賢治解釈を呈示する"

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 22:43:32

1時間前

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"若者は、社会から同時に押しつけられる「責任論」とどう対峙すべきなのか? 自由に生きる道はあるのだろうか? 丸山眞男、和辻哲郎、高橋哲哉、加藤典洋、ロールズ、アレント、レヴィナスらのテクストを読み解きつつ、日本社会における匿名性の可能性と限界について考察するフリーター系社会超批評"

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 22:43:09

1時間前

@BaddieBeagle

悪漢と密偵@BaddieBeagle

"アーサー王伝説の結末と『シルマリルの物語』との関係や、書かれることのなかったラーンスロットとグウィネヴィアの恋の苦い結末が浮かび上がる"

Retweeted by 猫の泉

retweeted at 22:42:23

残り41件のツイートを見る

このページの先頭へ