情報更新

last update 08/20 05:26

ツイート検索

 

@nishinerima
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nishinerima

西練馬@nishinerima

  • 903フォロー
  • 1,312フォロワー
  • 74リスト
Stats Twitter歴
3,574日(2009/11/07より)
ツイート数
100,732(28.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年08月20日(火)1 tweetsource

2019年08月19日(月)5 tweetssource

8月19日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

「有人ドローン」という新語、流石に何なんだと思わざるを得ない。「有線式ラジコン」なんて代物もあるとはいえ

posted at 02:21:59

8月19日

@keenedge1999

keenedge@keenedge1999

F-35の何処が従来の戦闘機と根本的に異なるのかが良く分かる良記事。もはや速度や機動性は重要ではなく、F-35の利点は操縦の容易さにより、Pがステルス維持と脅威のマネージメントに集中できること、高度なマンマシーンインターフェイスによる状況認識能力の大幅な向上だと。

www.strategypage.com/htmw/htecm/art

Retweeted by 西練馬

retweeted at 09:12:17

8月19日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

先日も別の事件で思ったがニュースの見出しで「あおり運転」を「停車させて暴行するまでがセット」みたいに使ってないですか?

posted at 09:31:35

2019年08月18日(日)22 tweetssource

8月18日

@nkmr_aki

中村明裕@nkmr_aki

その優秀さから昭和26年に『最新コンサイス英和辞典』に採用されたが、当時はJones式が絶対的権威であり、権威主義的な大衆にGerhard式は受け入れられなかった。昭和30年の改訂であえなくJonesにその座を奪い返されてしまったのである……。

Retweeted by 西練馬

retweeted at 20:28:14

8月18日

@nkmr_aki

中村明裕@nkmr_aki

この辞書の「緒言」より: 「(2) 音声表記法の改善 従来の「ジョーンズ式表記法」は一般英語学習者には精密すぎ, かつアメリカ英語の発音を表わしがたい. そこで主としてGerhard博士の構想による「標準簡易表記法」を採用した.」

Retweeted by 西練馬

retweeted at 20:28:15

8月18日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

@ottwo 最近は何でも消費者向けにお膳立てされて花火と言えば火が着いたものばかり花火屋に並んでいるが、明日また来てください。火が着く前の本物の花火に触らせてあげますよ

posted at 21:45:59

8月18日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

説明しよう! 私はコミケまで行ったのに竹輪大学さんの新刊を買いに行くのをすっかり忘れました。本当に申し訳ございません

posted at 22:00:27

8月18日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

ご理解いただけることと期待しますがここでは私が『勇者王誕生!』と歌うという意味ではなく、そこにいると自然に誰か(自分の場合もある)が『勇者王誕生!』を歌うようなカラオケである、という点に意義があります

posted at 22:06:17

2019年08月17日(土)4 tweetssource

2019年08月15日(木)6 tweetssource

8月15日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

変な夢を見た。『中村市ハザードマップ』が出てきた。ハザードマップではなくて普通の地図(都市地図のようでもあり地理院地図のようでもあり)だったし、中村市には南側に海があったけど

posted at 10:50:54

8月15日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

埋立地に「お〇〇」という地名があって、忘れたがお菊とかお松とかそういう女性名の類いである。「〇〇」は都内に知っているけど「お〇〇」は知らんな、と思っていたら、埋立地に「∴」の記号があり、何とか記念公園だとか書いてあった

posted at 10:53:18

8月15日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

時期になると、お〇〇さんに扮した女性がボートに乗ってその周辺を巡行?するという祭りがある(今宮戎の福むすめを小さく地味にした感じ)ようで、そういう資料映像が流れてきたところまでは覚えている

posted at 10:55:32

8月15日

@jyoushi_n

上司ニシグチ@jyoushi_n

カーニング(文字詰め)の練習をしたいデザイナーさんにオススメしたいのが、こちらの「KERNTYPE」というサイト。課題となる単語(英語限定)が出てきて、それをカーニングするとお手本と比較して点数をつけてくれるというもの。ゲーム感覚で学べるので是非やってみて!(´ω`)
type.method.ac pic.twitter.com/4abPtA5URM

Retweeted by 西練馬

retweeted at 14:09:23

8月15日

@moe_koku

萌える国語辞典。@moe_koku

ことば選び辞典の初祖?画像の新版言いえて妙なことば選び辞典(表紙はダイオキシンの出ない新素材)が2002年4月発行。その約一年半後にあの「ことば選び実用辞典」が発行されました。それから十数年の月日が流れ、突然SNSで大ブレイク!その後次々とシリーズ展開。なかなかのシンデレラストーリー。 pic.twitter.com/VHhNCLyJvY

Retweeted by 西練馬

retweeted at 23:46:58

2019年08月14日(水)35 tweetssource

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

そうか、『和の感情』ならではの情報もあるなあ、とキーワード「嬉しい」を引いてみれば、17語が載る。で、そのうち11語が『感情』の「やわらか」項目と同じである。……やっぱりかぶる部分が多いような……

posted at 00:01:34

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

ともあれ、「漢語は『感情ことば選び辞典』、和語や慣用句は『和の感情ことば選び辞典』という棲み分けか」と納得しかけたところで、「じゃあ両方いっぺんに見られる類語辞書は存在しないの?」と思うのは人情である。で、存在する

posted at 00:05:27

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

@Meme_Meme_ 前回使用したときに「慣用句検索」で終えた、ということはないですか? こないだの更新から、検索モードを辞書カテゴリごとに記憶するようになったようですから

posted at 00:07:43

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

同じ版元の『用例でわかる類語辞典 第2版』(2015)がそれである。同書のキーワード「怒り」の下には、「色をなす」「お冠」「堪忍袋の緒が切れる」といった慣用句から「憤慨」「憤激」「憤死」「憤然」「憤怒」など漢語までたっぷり102語が採録

posted at 00:14:29

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

『用例で~』の「怒り」に載らず、『感情』and/or『和の感情』にしかない語もある。「剣幕」「忌々しい」「目くじらを立てる」の3語である。3語しかない、とも言えるが……

posted at 00:16:16

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

なお、例によって、『用例で~』の100語強すべてに語釈&用例が付くわけでは、ない。「頭に来る」「頭に血が上る」「当り散らす」「荒れ狂う」など3割ほどは「そのほかの表現」扱いで、文字も小さく、オイコミで語が羅列されるにとどまる。どうもこの編集部はこういうハイローミックスが好きと見える

posted at 00:20:37

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

そういうわけで、『感情』『和の感情』は「『用例で~』の下位互換」と言える側面を強く持って編集されたと思われる。無論すべての項目や語を検討したわけではない。ただ、キーワード「怒る」「優れる」「嬉しい」をサンプリングして推察する限りでは、そうである

posted at 00:22:53

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

しょうもない話をすれば、ポケット判『感情』『和の感情』2冊を買うと、延べ6500語ほど(正味4000~5000語か)ある。値段は1300円ほどになる。プロパーな『用例で~』は、帯に“36000語収録!”と謳い、定価2400円である

posted at 00:29:48

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

ことば選び辞典シリーズを魅力的な商品たらしめている要素があるとすれば、それは必ずしも総項目数やコスパ(項目あたり単価)「ではない」可能性が高い。ここは恐らく重要なポイントであり、よく意識しておかねばならない

posted at 00:33:32

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

余談。シリーズ人気の火付け役となったのは『ことば選び実用辞典』(2003)。何かよくわからんけど2016年になって、ツイッターでバズって売れた。マジでなんもわからん……。実は同書は『新版 言い得て妙なことば選び辞典』(2002)の抜粋である。実はも何も「まえがき」に書いてある

posted at 00:42:31

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

この『言い得て妙な~』が意外と面白かった。後続のことば選び辞典シリーズはおろか『用例で~』にも見当たらない語が載っていたりする。例えばキーワード「怒り 怒る」の下にある「治まらない」「承知しない」「八つ当たり」。何と他社の類語辞書でも探せなかった。でも、いいチョイスじゃない?

posted at 00:46:03

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

『言い得て妙な~』も、実用辞書の流れを汲む漢語メインの辞書ではあるが、ひもといてみると発見がある……かもしれない。そして、シリーズの親分『ことば選び実用辞典』のさらに親辞書の中に、そうしたキラリと光る語がもし他にも眠っているのなら、後続はきちんと拾っておいて欲しいと願う

posted at 00:51:25

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

余談2。『用例でわかる類語辞典』初版(2009)の「怒る」は69語だった。7年後の2版では102語に増えている。ただし、項目間の移動など、手入れで数値が増減した可能性もあって、純増かどうかは即断できない

posted at 01:00:13

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

三省堂『新明解類語辞典』(2015)の「怒」は161語。『講談社類語辞典』(2008)の「いかる」は133語。角川『類語国語辞典』(1985)の「怒り」には48語がある。しかしこれも、直ちに充実度を示す指標にはならない。辞書Aは「怒る」「叱る」をまとめているが、辞書Bは分けている、といった可能性がある

posted at 01:03:05

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

項目群のサイズはひとえに編集方針の問題であり、個性であって、良し悪しとは直結しない(しばしば取り沙汰される辞書の「総項目数」に関しても同じことが言えよう)。今回、類語辞書を一概に比較することの困難さを改めて感じた。版元が同じなら方針が似るから、多少扱いやすいかもしれないが

posted at 01:05:41

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

その上で敢えて言うなら、やはり角川『類語国語』は「怒り」の類語が少なすぎると思う。数字にしてはっきりわかった、「あ、道理で使いにくいわけだ」と。個人的に最も手に馴染むのは『講談社類語』で、語数が多く、分類のセンスも馬が合う。同書は『悩み別にみる 辞書の選び方』でも推薦した

posted at 01:08:56

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

『用例で~』になくて『感情』『和の感情』にある語のひとつが「すごい」。「すごい」から検索できるようになったのは明らかな改良です。そうなると「つらい」「しんどい」「尊い」「やばい」辺りももうひと工夫、とつい欲が出る……いや、そういう辞書じゃないのか……え、そういう辞書だよね?

posted at 01:27:26

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

訂正:“他社の類語辞書でも探せなかった”のは「治まらない」「承知しない」の2語について。「八つ当たり」は普通に見つかります(学研のにないのは謎)

posted at 01:54:22

8月14日

@atsuji_yamamoto

山本貴嗣@atsuji_yamamoto

何度も書いてるけど、江戸幕府が滅びて78年後が原爆投下で、まあ70年ちょい前の話というのはそれくらい昔の話だというのはもっと世間に広まって欲しいと思います。

Retweeted by 西練馬

retweeted at 02:05:29

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

そう言えば、『新版 言い得て妙なことば選び辞典』(2002)の「旧版」はあるのかと探してみるも、軽く検索した程度では発見できなかった。21世紀にもなって急に類語辞書が降って湧く、ということはない気がするのだが

posted at 02:28:27

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

連用形「見え」から「見栄」「見得」になったことを思えば、「ばえ」もいずれ漢字で書くようになって何の不思議もない。こう、「映栄」とか、それじゃ順当すぎてつまらないから意味に寄せて「映絵」とか、ここはもう一捻りして「映画」とか……

posted at 02:35:13

8月14日

@foolishkuma

熊虫@foolishkuma

小学生のいとこに「○○って何?」と聞かれ、例ではなく定義を説明したことについて、教育学系の妹氏に「お前は分からせる気あるのか」とボコボコに説教を食らうなどしていた。

いとこ「公共交通機関ってなに?」
わたし「代金の対価として移動手段を提供するサービスまたは組織のこと」

Retweeted by 西練馬

retweeted at 10:39:56

8月14日

@nishinerima

西練馬@nishinerima

今年は「二正面作戦だけは絶対に避ける」という強い決意を以て臨んでいるおかげもあるのか、幸いにしてそのような事態に陥らずにここまでやってきた。いまは七正面ほどに展開している

posted at 14:54:46

このページの先頭へ