情報更新

last update 03/23 11:10

ツイート検索

 

@nofrills
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

Stats Twitter歴
3,943日(2008/06/06より)
ツイート数
295,529(74.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月23日(土)25 tweetssource

5時間前

@carolecadwalla

Carole Cadwalladr@carolecadwalla

This is excellent by @GeorgeMonbiot. There's another example too. One year ago @shahmiruk revealed massive electoral fraud by Vote Leave yet the people he exposed continue to be all over BBC, including today on @bbcpolitics. But he's never invited on..
www.theguardian.com/commentisfree/

Retweeted by nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社

retweeted at 07:03:35

2019年03月22日(金)78 tweetssource

14時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か www.itmedia.co.jp/news/articles/ 東京都23区内だけど、今日、住宅街の入り組んだ細い道でスマホ見ながら右往左往している人に遭遇した。このせいかな。やっぱり表示がおかしいから。

posted at 22:32:37

14時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

@yuki_bateauivre 確かに、オリックス時代のインタビューで、内容は完全に忘れましたが「頭の回転が速くてノリの軽いお兄ちゃんだな」と思ったことは覚えてます。親戚一同的には「春日井の子であいこーだいめーでん(愛工大名電)なのに名古屋の話し方しないねえ」みたいなことで話題になってたり。

posted at 22:16:47

15時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

UK外からの署名は在外英国人によるものと思われるが、最多がフランスで10k強、最少がアルメニアで1という結果が出ていて、そこにはファラージらが言ってる「ロシアが」は見て取れない。いずれにせよ、UK内からの投票が2.6mもあるのだから、UK外からの50kは声の大きさに影響していない。

posted at 21:07:24

15時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

twitter.com/ElectoralCommU 2016年6月レファレンダムでのLeaveEUの活動は「イリーガル」で確定ってこと? 普通の法治国家ならそこでその投票の結果は無効になるはず。でもこの投票はそうではない。元が法的拘束力のあるものとは位置付けられていなかったので。法的拘束力ない投票がこの事態を引き起こした

posted at 20:56:26

15時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

@yuki_bateauivre 日本でのイチローさんは毎日のニュースのスポーツコーナーくらいしか見てなかったのでほとんど知らないのですが、なるほど、渡米後なおさら「正確に伝わる言葉」を選ぶようになったというのは、会見で言っていた「孤独」の中でのことかもしれないですね。「フルカウント」は、媒体名もいいですよね。

posted at 20:51:45

16時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

twitter.com/janemerrick23/ このようにナイジェル・ファラージという人物は首尾一貫性がなく、発言はサウンドバイトのコピペの切り貼りみたいなもの。それをデイリー・テレグラフのような大手媒体がこういうふうに扱って拡散しているのは非常によくない。スポーツ選手や芸能人の面白発言じゃないんだから

posted at 20:19:12

16時間前

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

まじめに、そのようなケミカル・サブスタンスの類が前よりいっそう身近な存在になっているかもしれないので(「みんなやってる」という状態になっているかもしれないので)、注意してください。断るには "No. Not for me" と言って、明確なNOの意思表示を。

posted at 20:02:42

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

#英語 #実例 はてなブログに投稿しました #はてなブログ
素早く読んで内容を把握する練習に好適な文(シアトル・マリナーズのステートメント)、「~の間」を表す表現、和製英語の表現の表し方 - Hoarding Examples (…
hoarding-examples.hatenablog.jp/entry/2019/03/

posted at 12:30:03

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

挙句、「NO」とどんだけはっきり言っても「いやよいやよも好きのうち」的なクソ解釈がなされるわけっすよ。

「本気でいやがっているとはわからなかった。ああいうのを喜ぶ女もいる」とかい言い出すクソ野郎はいくらでもいるんだけど、法廷でそれが通用してしまうってのは、ほんと、考えられない。

posted at 04:05:39

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

ほんと、恐ろしいですよ、この国は。裁判官もああだし。

「明確なYES」が前提とされず、「明確なNOがないこと」が前提とされるとか、ふざけすぎ。自衛するには「常に明確なNOを表示しておくこと」しかないじゃん。NOって書いたTシャツでも着てろってか。

posted at 04:01:52

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

「おいしそうなビスケットだね」→「うん、おいしいよ」の段階で勝手に取って食べないでしょ。

「明確なNOを意思表示」云々論者は、
「おいしそうなビスケットだね」→「あんたにはやらないよ」などと言われなければ、勝手に取って食べてもいい、って言ってるわけ?

posted at 03:57:46

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

子供だってさ、「明確な意思表示」がなされるべきはYESで、それがなければNOだということは知ってるよね。

「おいしそうなビスケットだね」→「一枚あげようか?」→「うん」……とか
「おいしそうなビスケットだね」→「うん、おいしいよ」→「一枚ちょうだい」→「いいよ」というのが普通のやり取り

posted at 03:57:46

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

"……相手は私の立場ゆえに、明確なNOを意思表示できない状態に置かれ、無意識にこうした目に見えない暴力を感じている可能性が高いということも知りました」"

だから、なんで、いちいち、「明確なNOを意思表示」せにゃならんの。

「明確な意思表示」がなされるべきはYESのほうで、それがなけりゃNO

posted at 03:50:49

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

すさまじい記事なんだけど、DAYS JAPAN最終号で "広河氏本人に聞き取り……雑誌『創』4月号に寄せた手記と同様に、女性の同意があったと捉えていたと語ったうえで、自らの意識の変化に言及している。「私が自分の地位や権力によって、女性とつきあいたいと考えたときに、……続

posted at 03:50:49

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

デイズで検証されなかった私の性被害 広河氏のような"権力者"をもう生まないで www.buzzfeed.com/jp/akikokobaya v @akiko_kob "「理想の社会を実現するという大義のもとでは社員の給料が安いとか終電で帰れないなんてことはどうでもいいことだったのでしょう」" と被害者が語ってる。※全体にムナクソ注意

posted at 03:50:49

3月22日

@heboya

へぼやま@heboya

なのに何故、「酩酊状態で抵抗出来ない女性」「暴力等で脅されている女性」への「性加害」だけに、「“明確な拒絶の意志”が認識出来なかったから無罪」という司法判断がされ、それを「そういう法律だから仕方ない」と弁明される。何故性犯罪だけ? そこへの回答は一切ない。
twitter.com/heboya/status/

Retweeted by nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社

retweeted at 03:43:01

3月22日

@heboya

へぼやま@heboya

「相手も楽しんでると思ってた」というのはイジメ加害者の常套句だけど、それでもイジメにおいては「そうか、相手の“明確な拒絶の意志”が認識出来なかったんだね。じゃあ仕方ない。無罪だね」とはならない。窃盗でも暴行でもならない。twitter.com/heboya/status/

Retweeted by nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社

retweeted at 03:42:52

3月22日

@heboya

へぼやま@heboya

色んな人が「暴力で脅し酩酊状態の被害者に対して同意を取らず性行為をしたが、加害者側が拒絶されてる認識がなかったので犯意はなく無罪」ということを「法の精神は推定無罪であり犯意を持たぬ過失は罰せられない」ということで説明しようとするが「性犯罪でのみ」そうなる説明が一つもない。

Retweeted by nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社

retweeted at 03:42:48

3月22日

@yuki_bateauivre

yukikaze@yuki_bateauivre

@nofrills いい質問で、いい答えでしたよね。最後がこの質問でよかった。
「外国人になる」のは、住む地方を変えたことのある人には経験できることですが、それからどれだけのことを汲み取れるかも、孤独と向き合うことで何を得るかは、その人がどれだけ真剣に生きてるかによるのだということを考えました。

Retweeted by nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社

retweeted at 03:33:43

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

@yuki_bateauivre 会見聞いてて思ったんですが言葉について「甘え」がない人ですよね。「言わなくてもわかるだろ?」的なものがない。だからとても丁寧になるのではないかと。最後の質問の媒体「フルカウント」、まだ次URLをはじめいくつかの断片的な記事だけなのですが full-count.jp/2019/03/22/pos 長文記事期待したいです

posted at 03:31:48

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

あと、これもバーミンガム: matome.naver.jp/odai/213827084 (2013年) "4月末、モスクでの礼拝から帰宅する途中の高齢者が何者かに襲われ死亡。現場から立ち去る「白人男」について何の手がかりも得られずにいた警察が逮捕した容疑者は、6月から7月にかけて近郊の3軒のモスクに爆発物を仕掛けたウクライナ人"

posted at 03:16:05

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

'Gareth Southgate pointed out that Rice had been 15 or 16 at the time and that most people have “discussed things, said things, written things that might not look in the way we wd want them several yrs later”.' サウスゲイトは落ち着いている。/北アイルランド方面は見に行きたくない

posted at 03:05:01

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

Declan Rice apologises over apparent support for IRA on social media www.theguardian.com/football/2019/ "Midfielder wrote ‘up the RA’ in 2015 social media post" これはだめ。20歳のデクラン・ライスがRoIのU-17か何かの一員のときのこと。非常にカジュアルにこの言葉が使われてるんすね。意味などなく

posted at 03:03:26

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

「海外に挑戦」っていうナラティヴと、その裏にある「どうせダメなんだから」という想定(人が何かしようとすると "You can do it" じゃなくて「大丈夫なの?」という反応があるのがデフォなのが日本)がデフォという時代(イチローがMLBに移籍したころ)から、かなり遠くに来たなと思う昨今。

posted at 01:48:12

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

(イチローが渡米したころに受けてた仕事で「報道記事のスクラッピングとまとめ」みたいなのがあったので、私自身は野球に興味なくても、あの時だけは注目事項として「イチローの挑戦」に関する報道は見てた。同じころ、「野茂の成功による経済効果」みたいなのもあった)

posted at 01:35:18

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

今は信じられないかもしれないが、イチローがメジャーリーグに行ったときに、日本のマスコミでは「野茂はピッチャーだがイチローは打者。打者があんな細っこい体でメジャーでやっていけるわけがない」ていう声が大きかった。私の記憶に間違いなければ日曜朝のTVで「喝!」ってやってる番組とかでも。

posted at 01:35:18

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

アイコンタクトの取り方、言葉の選び方など含めて「人と話をする」ということについて、とてもまじめな人だ(何度か質問した記者に向かって「聞いてます?」と確認してた。たぶん記者の人がメモ取りなどで下向いてたのだろうと思う)。

posted at 01:27:11

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

1:20までやってた(Yahoo! Japanで流しているのを途中から見てた)。「今日は(記者のみなさんに)とことん付き合おうと思っていたけどおなかすいた!」で1:15ごろに終了の方向へ行き、終盤は「さっき話したよね、それ」って答えるような質問もありつつ、最後は野球専門メディアの人の質問だったのかな

posted at 01:25:04

3月22日

@nofrills

nofrills/共訳書『アメリカ侵略全史』作品社@nofrills

「外国人になったことで、人の痛みを慮ったりした。本を読んで想像したりすることはできるが、体験しなければわからない。孤独を感じたりもしたが、その体験は、未来の自分にとって大きな支えになると、今は思う」イチローの最後の会見の最後の質問への答え。

posted at 01:20:53

このページの先頭へ