情報更新

last update 04/25 08:23

ツイート検索

 

@ntsuji
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

Stats Twitter歴
3,209日(2009/07/13より)
ツイート数
57,058(17.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年04月24日(火)7 tweetssource

2018年04月23日(月)2 tweetssource

2018年04月22日(日)1 tweetsource

2018年04月21日(土)3 tweetssource

2018年04月19日(木)6 tweetssource

2018年04月18日(水)2 tweetssource

2018年04月17日(火)3 tweetssource

2018年04月16日(月)1 tweetsource

2018年04月15日(日)3 tweetssource

2018年04月14日(土)4 tweetssource

4月14日

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

「善と悪」「正義と悪」って見る立場で変わる物なので割と危険な言葉だと思うことがあります。日本を攻撃している他国のハッカーはその国の人間にとっては正義なわけで、人は正義の名の下に他人の所有する物を奪うことができてしまうこともありますからね。

posted at 14:54:48

2018年04月13日(金)4 tweetssource

2018年04月12日(木)2 tweetssource

2018年04月11日(水)2 tweetssource

2018年04月09日(月)1 tweetsource

4月9日

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

@ookura1978 採掘効率に少し疑問が残りますが数打ちゃ当たるとWeb経由を考えるとよいのかもしれませんし、攻撃サイドも模索中なのかもしれませんね。標的型ランサムは広域に特定脆弱性やRDPへのスキャンで取っ掛かりは見つけやすいのかと思います。難があるとするとその後はユーザ個別の環境であることでしょうか。

posted at 11:23:29

2018年04月08日(日)8 tweetssource

4月8日

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

@ookura1978 ご意見ありがとうございます。

マイニング効率がどうかなーと考えてました。掘り当てても暴落のリスクは付きまといますね。その逆もあるわけですが。基盤を維持する必要がないという意味では、ばらまきよりも標的の方が短期で維持コストもかからず一撃で得られる対価が大きいと考えていました。

posted at 19:26:58

4月8日

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

SamSamによるランサムウェア攻撃を受けたコロラド州は身代金を支払わず1ヶ月以上経った今も完全復旧にはなっていないようです。一方、支払いを受け入れたハンコック病院は4日間で完全復旧とのこと。なんとも悩ましい問題であります。アトランタはどういう判断、結果となるか注目していますよ。

posted at 13:52:39

4月8日

@ntsuji

辻 伸弘(nobuhiro tsuji)@ntsuji

ばらまき型ランサム(例:Locky)
標的型ランサム(例:SamSam)
マイニングマルウェア

どれが攻撃者にとって費用対効果よく最も収益性が高いのでしょうね。

posted at 11:57:37

2018年04月06日(金)2 tweetssource

このページの先頭へ