情報更新

last update 07/10 02:14

ツイート検索

 

@nuribaon
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nuribaon

大場紀章(エネルギーアナリスト)@nuribaon

Stats Twitter歴
3,937日(2009/09/30より)
ツイート数
38,953(9.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月09日(木)23 tweetssource

12時間前

@nuribaon

大場紀章(エネルギーアナリスト)@nuribaon

@ISDkakuyuugou @L_Esprit_stu どの様なものを想定するかですが、大規模なものであれば誰もが所有できるわけではありませんし、無制限にエネルギーが取り出せるのだとすれば莫大な利益を生み、新たな権力闘争になる気がします。一方で電気代タダにすれば誰も節約しなくなりますし。打ち出の小槌。

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 21:16:48

21時間前

@nuribaon

大場紀章(エネルギーアナリスト)@nuribaon

理屈上はそうだが、世の中はYes/No問題だけではないし、本当の事より嘘の選択肢の方が多いので、本当のことを言う方がハードルが高く、かつできれば額面通り受け取りたいので信頼は高くなる。従って、ほとんど本当の事をいってたまに嘘をつく人が多くなる。

posted at 12:25:18

2020年07月08日(水)7 tweetssource

7月8日

@ELECTRICDADDY

鈎 裕之@ELECTRICDADDY

原発由来の電力が含まれる卸電力取引所からかなりの割合で電力を調達しておきながら「原発フリー」とか「わたしたちは原子力発電を使わない選択をしています」と称し、あたかも原発由来の電力を全く調達していないように見せかける戦略ですね
tera-energy.com/home-secondary pic.twitter.com/0IoC8Av5uN

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 20:46:17

7月8日

@kato_erdos

加藤エルテス@JDSC@kato_erdos

原発を止めると当然CO2増加や空気汚染、関連する負荷が増える。風力・太陽光であっても環境破壊はある。100%クリーンなエネルギーなど存在しない。必ずどこかが、そして誰かが反対する。
エネルギーを消費する、というのは本質的にそういうことだ。

wired.jp/2020/03/21/ger

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 11:25:59

2020年07月07日(火)24 tweetssource

7月7日

@happysakiko1

happysakiko@happysakiko1

www.powermag.com/german-lawmake
「2038年迄に石炭火力全廃の方針を7月3日に独議会が正式に承認」

2022年の原発全廃後16年間石炭火発運転を継続、先日は1100MWの巨大新設石炭火発の運転開始、国内の石炭鉱山は閉鎖し海外から輸入、より環境に悪い褐炭の国内生産は継続と、正直この国のエネ政策の理解は困難

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 17:54:44

7月7日

@postagbstarjp

中島淳一@postagbstarjp

中国のポスドクには、どういう訳か「修了審査」がある。これ、審査に通らなかったところでどのような問題が発生するのか以前から疑問だったのだけど、ようやく理解した。「内部昇進できない」という問題が発生する。そのまま今の職場の上位職に応募して居残りたい人にとってはとても重要な関門となる。

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 17:53:56

7月7日

@plantengineer2

TARO | PlantEngineer@plantengineer2

これは確かに難しい問題。弊社は働き易さを追求した結果、負担が全て総合職の課長クラスへ。それに絶望した若手総合職がぞろぞろと辞める現象が起きています。「やりがい」と言っても人それぞれですし…

優秀な人が去り「ぶら下がり」増える組織の病巣 toyokeizai.net/articles/-/360 #東洋経済オンライン

Retweeted by 大場紀章(エネルギーアナリスト)

retweeted at 14:38:54

7月7日

@nuribaon

大場紀章(エネルギーアナリスト)@nuribaon

2つのパイプラインのキャンセル、バークシャーによるドミニオン買収と、米国天然ガス業界に激震がここ数日続く。

この動きは、ドミニオンの再エネ事業へのシフトの一環でもある。

これによりバークシャーは米国の州間ガスパイプライン輸送のシェアが8%から18%に増える。

www.nikkei.com/article/DGXLAS

posted at 14:08:47

このページの先頭へ