情報更新

last update 09/25 09:38

ツイート検索

 

@ohmaebot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

Stats Twitter歴
3,861日(2010/03/02より)
ツイート数
4,343(1.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年09月24日(木)2 tweetssource

2020年09月23日(水)1 tweetsource

9月23日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

改良はすでに存在する商品や事業の欠陥や弱点を解決する純粋に客観的な思考・行為だが、戦略的思考の場合はそれらを、自分のビジネス上の戦略に合わせて再構築していく。

posted at 18:00:32

2020年09月22日(火)1 tweetsource

9月22日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

多くの日本人が誤解している事なので強調しておきたいのだが、重要なビジネスパートナーとの英語の会話は「YES」「NO」や自分の意見を強く表現してはいけない。英語は時として、日本語以上にニュアンスが不可欠となる。特に東部のビジネスエリート達の間では、単刀直入な表現を嫌う傾向が強い。

posted at 18:00:31

2020年09月21日(月)1 tweetsource

2020年09月20日(日)1 tweetsource

9月20日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

いつも利用する駅の光景でも何でもいい。定点観測の対象を持っていると、それを軸にして世界を理解することが出来る。

posted at 18:00:31

2020年09月19日(土)1 tweetsource

9月19日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

自分は合理的ではあると思う。ただ、実利的ではない。もし、本当に自分が実利的であったならば、官には逆らわず、上におもねり、四方八方うまくおさめて、安定的な暮らしをしていたと思う。「大前研一 敗戦記」

posted at 18:00:31

2020年09月18日(金)1 tweetsource

9月18日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

いま幸せに暮らしているのに恐ろしい事を言うな!おまえがそんな事を言うから世の中が悪くなるんだ!ふと心をよぎるこのような大衆の声なき声、エスタブリッシュメントからの圧力、こうした中で、私は時々何のためにこんな苦労をしているんだろうと考えるようになった。「大前研一 敗戦記」

posted at 18:00:32

2020年09月17日(木)1 tweetsource

9月17日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

僕は、人生最後の瞬間に「ああ、オレの人生は良かった」と言い残して死にたいと思っている。だから結果の側から考えることにしてきた。今自分のやっている事は、最後の瞬間に「ああ、オレの人生は良かった」というために、必要な事なのかどうかを。

posted at 18:00:31

2020年09月16日(水)1 tweetsource

9月16日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

35歳以降は、自分で目標を掲げ、目線を上げて、更に高い次元に向かって努力するという事を、意識的かつ強制的にやらないかぎり知的進歩がない。

posted at 18:00:31

2020年09月15日(火)2 tweetssource

9月15日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

経営コンサルタントを36年やってきた私が痛切に感じるのは、最も重要なリーダーの役目は、まず「方向」を決めること、次が「程度(スピード)」を決めることだ。

posted at 18:00:31

2020年09月14日(月)1 tweetsource

9月14日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

日本人が「通貨と言えば円」と無意識のうちに思ってしまうのは、政府や銀行が自分たちを裏切ることなど絶対にないと信じ切ってしまっているからといえる。そこで僕は読者のみなさんに問いたい。日本というのは本当に、将来にわたって国民が、大切な金融資産を預けても大丈夫な国なのだろうか?

posted at 18:00:31

2020年09月13日(日)1 tweetsource

2020年09月12日(土)1 tweetsource

2020年09月11日(金)1 tweetsource

9月11日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

現代を生きるわれわれに必要なのは、「答えの見つけ方」を学ぶことであって、答えそのものを学ぶ必然性は希薄になってきている。

posted at 18:02:25

2020年09月09日(水)2 tweetssource

9月9日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

営業マンにとって大事になってくるのは、「負け方」である。負けることで、逆に顧客との関係を強化し、将来の「勝ち」につなげることも可能だ。

posted at 18:30:26

2020年09月08日(火)2 tweetssource

9月8日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

仮説を証拠で裏付け、結論を導き出すうえでもっとも大切なのは、「その問題の原因は何か」を明確にすることである。ところがほとんどの経営者やビジネスマンは、問題として見えてくる現象にばかり目がいってしまい、原因の解決に至らないという思考パターンに陥っている。

posted at 18:30:29

2020年09月06日(日)1 tweetsource

9月6日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

ダメな人間というのは、それを出来ない理由をこじつける。例えば「社長は先見性がない」「部長は無能だ」とか、上司の批判ばかりしているサラリーマンがいる。だが、私の発想は違う。自分が社長だったら、部長の立場だったらどうするかを考える。ダメな人間をダメと言ったところで何の進歩もない。

posted at 18:30:26

2020年09月05日(土)1 tweetsource

2020年09月04日(金)2 tweetssource

2020年09月03日(木)2 tweetssource

9月3日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

posted at 18:30:27

2020年09月02日(水)1 tweetsource

9月2日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

世の事象の大半には答えがない。だから、その場その場で勇気を振り絞って考えるしか道はない。「この世界でこの問題に答えを出せるのは自分自身しかいない」。このようなメンタリティになれるかどうかが、自分の創造性を発揮し、プロフェッショナルとなるための最も重要な条件だ。

posted at 18:30:26

2020年09月01日(火)1 tweetsource

9月1日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

日本人は「どこか自分の外側に答がある」と勘違いしている。そのため、何か困ったことに突き当たると、最初から「この問題の答はどこにあるのか、何なのか」と考えてしまう。自分が「解決すべき問題はそもそも何か」を考えずに、目先の問題への答えばかりを見つけようとする。

posted at 18:30:26

2020年08月31日(月)1 tweetsource

8月31日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

私は悩んだことがない人間だ。理由は簡単、問題が起きたら悩むのではなく、考えて解決しようとするからである。悩みは心身の健康に良くない。悩むことに何の生産性もない。悩んで問題が解決することなどない。問題解決の手法を学び、悩みに正面から取り組む習慣を付けると悩みがなくなる。

posted at 18:30:27

2020年08月30日(日)1 tweetsource

8月30日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

「自分はどうなりたいのか。」「何が自分の本当の望みであり、夢なのか。」この自問自答を繰り返してこそ、プロフェッショナルへの道が開ける。

posted at 18:30:26

2020年08月29日(土)1 tweetsource

8月29日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

遊んでいるヒマはないと嘆くビジネスパーソンは多い。だから、定年後に楽しみをとっているとみんな言う。しかし、定年後に時間とお金の余裕ができても、遊ぶことに慣れていないと、いまさらというような気持ちになってしまう。そして、だらだらと暮らしているうちに人生が終わってしまう。

posted at 18:30:27

2020年08月28日(金)1 tweetsource

8月28日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

(続き)その時、私はとても忙しかったので、「秘書にアポイントを取ってくれ」と答えてしまった。それを聞いた途端妻は烈火のごとく怒りだした。私もひたすら謝るしかなかった。その件以来、仕事のスケジュールを立てるのも真剣だったが、休暇のスケジュールを立てる時も本気でやるようになった。

posted at 18:30:26

2020年08月27日(木)1 tweetsource

8月27日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

皆さんに時間やスケジュールの重要性について説いているが、私自身もモーレツサラリーマンのような時間の使い方をしていた時期があった。夕食はもとより、朝食さえ家で食べることが難しいほど、超多忙を極めていた。ある日妻が、「たまには私とディナーを食べてくれない?」と言った。(続く)

posted at 18:30:26

2020年08月26日(水)2 tweetssource

8月26日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

「目からうろこが落ちました」と言う人が多いが、何もやらない人が大半だと思う。うろこが落ちただけでは不十分だ。スケジュールを作り、アクションを起こし、その効果が出てきたかどうかを評価する。個人がコントロールできる唯一のものは時間配分だ。その時間配分を変えない限り、人生は変わらない。

posted at 18:30:27

2020年08月25日(火)1 tweetsource

8月25日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

頼まれもしないのに「会社を救う方策」を考え、自分を鍛えながら出番が来るのをじっと待つ。あなたの出番はきっとくる。 大前研一

posted at 18:30:27

2020年08月24日(月)1 tweetsource

8月24日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

交渉で大切なのは、3~5年たった時に双方から感謝されるような事、お互いにハッピーで「よかった」といえることしかやってはいけない、ということだ。交渉には撤退も大切だ。私の経験では、交渉の5割以上は途中で中止している。山登りと同じで、危険だと思ったら引き返す勇気と自制心が不可欠だ。

posted at 18:30:26

2020年08月23日(日)1 tweetsource

8月23日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

多くの人が答えのみを求める生活をしている。だからこそ、自分で考える癖を付けて、最善解にたどり着く執念と勇気を持つ人間が強くなるんだ。

posted at 18:30:27

2020年08月22日(土)1 tweetsource

8月22日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

私がやっているのは、目の前の現象をよく見て、考えることだけだ。そこに作用する力(Forces at Work=FAW)を見抜けば、新たに生まれ来る変化や特徴をとらえることが出来る。

posted at 18:30:26

2020年08月21日(金)1 tweetsource

8月21日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

ロジカルシンキングというのは先見力や構想力と対極にあるのではないかと思っている人が多いが、事実はそうではない。構想が飛ぶ人は、飛ぶ瞬間までは極めて突き詰めて事業領域などを狭めているものだ。

posted at 18:30:26

2020年08月20日(木)1 tweetsource

2020年08月19日(水)1 tweetsource

8月19日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

「みんなと同じでいい」という態度をやめた途端、脳はフル活動を強いられる。これは大変苦しいが、頑張って1週間、1か月、1年と続けていると、自分の頭で考える癖がつき、思考力も高まる。

posted at 18:30:25

2020年08月18日(火)2 tweetssource

8月18日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

すべて安全な橋を渡って、どの瞬間も必要十分条件を満たして、順風満帆だったという新事業は存在しない。成功した人の話を聞いても「明日つぶれるかもしれない」、いや「つぶれてしまった」と思った瞬間が、最低でも一回、多い人では四~五回ある。

posted at 18:30:24

2020年08月17日(月)1 tweetsource

8月17日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

学歴がある人は、自分が全部知っていると思っているからあまり質問をしないものだ。いや、学歴というプライドが邪魔をして、周囲の手前、簡単な質問ができないだけかもしれない。残念ながら、それでは事業の芽を見つけだすことも、執念を燃やしてそれを形あるものに育てることもできない。

posted at 18:30:25

2020年08月16日(日)1 tweetsource

8月16日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

事業アイデアを友達などに話して意見を聞いてみたら、みんなが賛成したというものは注意してほしい。全員が賛成するアイデアには、大したニーズがないからである。

posted at 18:30:25

2020年08月15日(土)1 tweetsource

8月15日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

事業は最後に成功した者が勝ち。アイデアは盗めばいい。私のアイデアをパクッても全然かまわない。皆さんは学校ではカンニングはいけないと習ったと思うが、事業はカンニングしようが何をしようが最後に成功した者が勝ちなのだ。

posted at 18:30:25

2020年08月14日(金)1 tweetsource

8月14日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

起業家に、知的好奇心がなくなったらおしまいである。言い換えれば、興味の持てる分野だったら、必ず成功するだろうということである。

posted at 18:30:25

2020年08月13日(木)1 tweetsource

8月13日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

経済とは自然科学と思ったほうがいい。そして自然科学である以上は、その現象の背景に何らかの自然のルールがあって、そういうものでみんなが動いている。結果が経済的な一つの流れ、商売というものになってきているんだ。

posted at 18:30:25

2020年08月12日(水)1 tweetsource

8月12日

@ohmaebot

大前研一 BOT@ohmaebot

いろいろな店に行き、観察してみることが一番重要だ。「どうしてその店が流行っているのか」など考えながら観察すると、自分で仮説が出てくる。

posted at 18:30:25

このページの先頭へ