情報更新

last update 02/19 12:55

ツイート検索

 

@oishiisekai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

Stats Twitter歴
2,371日(2012/08/25より)
ツイート数
20,976(8.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月19日(火)1 tweetsource

2019年02月18日(月)3 tweetssource

2019年02月17日(日)1 tweetsource

2019年02月15日(金)3 tweetssource

2019年02月14日(木)11 tweetssource

2月14日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

『発酵教室』が北日本新聞に載って、去年書いた立山サンダーバード記事が再びバズり、本日マサラワーラーin富山記事公開。と思ったら、BOOK DAYとやまへのお誘い。そして6月にナマステ富山の知らせ。などなど。この1週間くらい、個人的富山トピックが集中している。

posted at 22:45:03

2月14日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

@Bergzatsuyoten わ!恐縮です。迫川さん井野さんのお話を文字に起こすのは楽しい作業でした。しゃべり言葉的に省略されたり前後入れ替わったり、行ったり来たりはするものの、お二人の言葉には深いところで一貫した文脈が流れているので、文字化しながらストーリーがどんどん立ち上がってくる感覚を楽しみました。

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 18:42:26

2月14日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

@Bergzatsuyoten わ!恐縮です。迫川さん井野さんのお話を文字に起こすのは楽しい作業でした。しゃべり言葉的に省略されたり前後入れ替わったり、行ったり来たりはするものの、お二人の言葉には深いところで一貫した文脈が流れているので、文字化しながらストーリーがどんどん立ち上がってくる感覚を楽しみました。

posted at 18:24:55

2月14日

@Bergzatsuyoten

井野朋也(新宿ベルク店長) ☆ヴァイナル文壇バー@Bergzatsuyoten

誰でも喋る時は主語とか目的語とか考えないだろうけど、特に迫川の喋りは文字起こししたら何言ってるかわからない笑。言葉だけでなく表情や空気や感覚で伝わるから。そんな迫川の喋りをあのキャハとした雰囲気を殺さず意味も通じるようにした『味の形』のワダヨシさんを心から尊敬する。大変だったろう pic.twitter.com/ZZu9uDUazf

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 18:17:51

2月14日

@AsiaHunter_com

インド食器【アジアハンター】@AsiaHunter_com

名ライター、ワダヨシさんの手によるナマステ富山詳細レポート。マサラワーラーの魅力が余すところなく伝わってくる他、富山カレー界を影で牛耳るフィクサー石井さん、カレー探偵やみちゃんの暗躍ぶりなど正に腹パン大満足な読みごたえ。 twitter.com/takedawala/sta

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 15:26:02

2019年02月12日(火)4 tweetssource

2019年02月11日(月)3 tweetssource

2月11日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

北日本新聞に載った記事を見た年配の親戚が、さっそく『サンダー・キャッツの発酵教室』を買って電話をかけてきた。いわく「こういうハンドメイド精神を失ったせいで日本人はだめになった」とか。けっこう熱く語ってくれて、なんだか、けっこう伝わっているんじゃないかと嬉しくなった。

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 20:07:38

2019年02月10日(日)14 tweetssource

2月10日

@books90351383

books 電線の鳥@books90351383

「books 電線の鳥」オープンしています。17時まで。『#カモメの日の読書』(小津夜景、東京四季出版)再入荷しています。インディー系の小コーナーには音楽CDも置いています。『発酵教室』(サンダー・キャッツ、ferment books)が写っていますが、昨日売れて完売となりました。 pic.twitter.com/G3mot19dFN

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 22:18:14

2月10日

@AkimamaNews

Akimama 最新アウトドアニュース@AkimamaNews

世界的に盛り上がっている発酵カルチャー。いよいよ日本でも気軽に楽しまれるようになってきました。この文化の牽引役にしてトリックスターが「サンダー・キャッツ」。そんなサンダーの著書『サンダー・キャッツの発酵教室』と『発酵の技法』の紹介です。さあみんな醸せ〜!

www.a-kimama.com/gohan/2018/12/

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 16:20:11

2月10日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

北日本新聞に載った記事を見た年配の親戚が、さっそく『サンダー・キャッツの発酵教室』を買って電話をかけてきた。いわく「こういうハンドメイド精神を失ったせいで日本人はだめになった」とか。けっこう熱く語ってくれて、なんだか、けっこう伝わっているんじゃないかと嬉しくなった。

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 16:19:14

2月10日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

使い込んで角の取れた道具の良さというか、時間かけてジャストなところに収まった何かの自然体というか、西所沢negombo33初訪問、そんな感じのイメージに浸りながらとても居心地よく美味堪能。4人でレバー、ラム、キーマ、牡蠣などカレーいろいろ食べて、ビールも飲んで、デザート、コーヒーまで。 pic.twitter.com/oe7WmDNixQ

posted at 11:24:45

2月10日

@keibunshabooks

恵文社一乗寺店@keibunshabooks

ferment books刊『サンダー・キャッツの発酵教室』。年始からどんと再々入荷しました。アメリカ発酵食文化のロックスターが、ザワークラウトやピクルス、もっとマニアックなものまで発酵食のDIYレシピを紹介した一冊。新しいチャレンジに“発酵”いかがでしょう。www.keibunsha-books.com/shopdetail/000 pic.twitter.com/vXXGTnUeGy

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 10:40:05

2月10日

@Title_books

Title(タイトル)@Title_books

【再入荷】さまざまな発酵食品のシンプルな作り方を解説した本は、食品がいかによき変容を遂げるかというプロセスを見守る本でもあった。その神秘的な「はたらき」は驚かされつつも腑に落ちる。アメリカ発酵界の中心人物が出したZINEの日本訳『サンダー・キャッツの発酵教室』title-books.stores.jp/items/5bdaa6ba

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 10:40:01

2019年02月09日(土)12 tweetssource

2月9日

@oishiisekai

ワダヨシ@oishiisekai

北日本新聞に載った記事を見た年配の親戚が、さっそく『サンダー・キャッツの発酵教室』を買って電話をかけてきた。いわく「こういうハンドメイド精神を失ったせいで日本人はだめになった」とか。けっこう熱く語ってくれて、なんだか、けっこう伝わっているんじゃないかと嬉しくなった。

posted at 23:22:29

2月9日

@onsundaysbooks

オン・サンデーズ@ワタリウム美術館@onsundaysbooks

発酵者(もの)のバイブル『発酵の技法』の著者サンダー・エリック・キャッツが発酵の”基本のキホン”を記して2001年に発行した小冊子『Wild Fermentation(後に”Basic Fermentation”へ改題)』の邦訳版『サンダー・キャッツの発酵教室』がferment booksからついに発売。本日入荷しました。 pic.twitter.com/eJOGEBCHI6

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:11:31

2月9日

@junkudo_net

丸善ジュンク堂書店劇場@junkudo_net

【気になる本】『サンダー・キャッツの発酵教室』サンダー・エリックス・キャッツ
honto.jp/netstore/pd-bo
ザワークラフト、味噌、甘酒、ヨーグルト、バターミルク、サワークリーム、チーズ、ピクルス、キムチ―。アメリカ発酵カルチャーのリーダーがさまざまな発酵食品のシンプルなつくりかたを紹介… pic.twitter.com/nStfXzsUrJ

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:11:22

2月9日

@Title_books

Title(タイトル)@Title_books

【再入荷】さまざまな発酵食品のシンプルな作り方を解説した本は、食品がいかによき変容を遂げるかというプロセスを見守る本でもあった。その神秘的な「はたらき」は驚かされつつも腑に落ちる。アメリカ発酵界の中心人物が出したZINEの日本訳『サンダー・キャッツの発酵教室』title-books.stores.jp/items/5bdaa6ba

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:10:36

2月9日

@keibunshabooks

恵文社一乗寺店@keibunshabooks

ferment books刊『サンダー・キャッツの発酵教室』。年始からどんと再々入荷しました。アメリカ発酵食文化のロックスターが、ザワークラウトやピクルス、もっとマニアックなものまで発酵食のDIYレシピを紹介した一冊。新しいチャレンジに“発酵”いかがでしょう。www.keibunsha-books.com/shopdetail/000 pic.twitter.com/vXXGTnUeGy

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:10:31

2月9日

@fermentbooks

ferment books@fermentbooks

『北日本新聞』2/6朝刊文化面で、富山市出身の翻訳者・和田侑子による『サンダー・キャッツの発酵教室』が紹介されています。お父さんが富山県高岡市出身である共訳者、「CACTUS BURRITO」谷奈緒子さんも紹介。

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:09:12

2月9日

@hirasumashobo

ひらすま書房@hirasumashobo

本日、北日本新聞に紹介されているferment booksさん発行の「発酵教室」絶賛販売中です!訳者の和田さんは富山出身で何度もひらすま書房にも来られ、お世話になっています。発酵食品のレシピ満載の良書、ぜひ手元に置いておきたい一冊です。 pic.twitter.com/m7B6wG59kX

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:09:05

2月9日

@mojohey

植田浩平@mojohey

『サンダー・キャッツの発酵教室』がまたまた再入荷しました。「今の資本主義から孤立した人達のカルチャーに興味がある」という著者なのだから、そりゃあただのレシピブックではありません。効率重視の世界への小さく静かな抵抗指南。ポートランド発名作ZINEの日本語版です。bit.ly/2zgrE3t pic.twitter.com/Iqkk786ZNJ

Retweeted by ワダヨシ

retweeted at 23:08:38

このページの先頭へ