情報更新

last update 05/25 16:05

ツイート検索

 

@okiraku_goraku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

  • 0フォロー
  • 2,090フォロワー
  • 54リスト
Stats Twitter歴
3,045日(2010/01/24より)
ツイート数
4,614(1.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月24日(木)3 tweetssource

5月24日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

もちろん現行の急行が極力遠方まで走るほうが良いとは認識した上ですが、小田原まで行かなくなった時点でその役割は快速急行に委ねて良いかなと思ったり、複々線区間の本数が今後も確保されるよう、どこか効率的に出来る部分が無いかなぁという事で思いつきのスジ引きでした。 twitter.com/okiraku_goraku

posted at 23:24:30

5月24日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田原口の各駅停車6両と新宿口の各駅停車8両を考えたとき、どこで両数調整をするかがポイントになりますが、以前千代田線直通準急が大野止まりだった時期のパターンを思い出し、町田と大野を両数変更点にしてみました。急行を本厚木折り返しとして大野~本厚木間は概ね現行通りとすると。 twitter.com/okiraku_goraku

posted at 23:20:47

5月24日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

久しぶりにスジ引きしてみたくなったので、小田急線の快速急行が開成に停車する場合の日中時ダイヤを考えてみました。今回のテーマは新松田の折り返しを無くす事が出来るか??ということで、仮に本厚木~新松田間の半数が6両で許容できる(以前は6両もありましたので)とした想定パターンです。 pic.twitter.com/SPX03kd3WE

posted at 23:18:43

2018年05月23日(水)1 tweetsource

5月23日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

阪急宝塚線の7月7日改正平日朝ラッシュ時ダイヤを公式プレスのソースに基づき想定してみました。分かっている日生エクスプレスと通勤特急スジをベースに現行パターンに準拠するとこんな感じでしょうか? 池田、石橋、蛍池、豊中の停車本数を根拠に合わせに行った感じですが… pic.twitter.com/KyWr8XPjKA

posted at 22:35:57

2018年05月22日(火)1 tweetsource

2018年05月21日(月)2 tweetssource

5月21日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

TX守谷駅の緩急接続を可能にした構内配線改良状況を確認しました。ここしか無いという絶妙な位置に渡りが設けられ、線形上の制約か本線ではなく構内引上線部分を活用しての設定のためか、待避する普通はかなり徐行する形になっていました。そのあたりは先日動画にしてみたのでご覧頂ければ幸いです。 pic.twitter.com/dliKMizocJ

posted at 08:29:10

5月21日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

TX守谷駅で緩急接続状況を見ました。午後時間帯でしたが相互乗換よりも駅乗降の方が多いくらいでした。しかし接続の意義は当然あり、起点方の追越しを快速の八潮通過のみとして普通スジを活かすパターンにした事に意味があるなと沿線の街並みの変化を観て感じた次第です。 pic.twitter.com/56YU5tgUD4

posted at 08:24:56

2018年05月20日(日)2 tweetssource

2018年05月19日(土)4 tweetssource

5月19日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

横浜生活から離れ一年半。気軽に相鉄線の調査ができなくなってしまいました。大和駅の掲示を見ると特急が混む感じの掲示になっていますが、改正から時間が経ち、実際他の急行と比べてどうなのか確認してみたい感じです! pic.twitter.com/eDtWAd5wSb

posted at 13:01:16

5月19日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【昔の時刻表大好きシリーズ】小田急線の時刻表の巻末に全駅のポケット時刻表が掲載されていましたね。切ってお使い下さいという形なのですが当然切れず(笑)。新宿駅の時刻表を見て特急と各停の設定の揺らぎで縦列が揃わないところに妙な歯がゆさを感じたり、、、今は綺麗になったと実感です! pic.twitter.com/pmJLtREX2v

posted at 09:33:06

5月19日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【約40年前の鉄道ダイヤ確認シリーズ】西武池袋線の朝ラッシュ時ダイヤです。停車駅の違う2種の急行、石神井公園に停まらない準急で15分サイクルを組んでいました。それでも基本あまり変わっていないと思える感じもしますね!! pic.twitter.com/6nlnubRlqf

posted at 09:21:26

2018年05月18日(金)2 tweetssource

2018年05月17日(木)1 tweetsource

2018年05月14日(月)2 tweetssource

2018年05月13日(日)4 tweetssource

5月13日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

新百合ヶ丘での上りの快速急行と急行の接続に関しては快速急行に利用が集中するものの、接続相手が急行でかつ新宿行という事である程度の混雑に留まっている面はありそうです。多摩線の急行はやはり新宿行で正解なのかなぁと感じた所です。準急が更に有るという現行ダイヤにおいてですが。 pic.twitter.com/l7A51f5UC8

posted at 23:57:57

5月13日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

代々木上原における急行と準急の接続はいずれかの遅延があった場合はしないケースもあるようで、実際今日は乗っていた急行の新宿発が遅れたため急行が代々木上原到着前に準急が出発していました。一方、成城学園前の緩急接続は余裕を持たせているため多少の遅延なら接続優先のようですね。 pic.twitter.com/bbBe6NlLyH

posted at 23:51:44

5月13日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

下りの場合登戸~新百合ヶ丘間は先発先着なので南武線の乗換等タイミングで多少バラつく感じでしょうか。上りの場合快速急行と急行の緩急接続が対面で状況確認できるため、混雑を避けて(着席を選択して)急行乗り通しをする流れもあるようです。到着時の混雑差が小田原系統と多摩系統で出ています。 twitter.com/okiraku_goraku

posted at 23:43:03

5月13日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田急線新百合ヶ丘駅の起点方で午後の2サイクル利用状況調査をしました。快速急行の利用が高いも急行が補助機能を果たしてある程度の混雑に留まるのが上下とも伺えるのが面白いところ。急行は幾分バラツキがありますが概ね小田原系統のほうが多摩系統より利用が高いですね。 pic.twitter.com/QnvQAngKtS

posted at 23:37:46

2018年05月12日(土)8 tweetssource

5月12日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【20年前のダイヤ確認シリーズ】小田急線の朝ラッシュ時ダイヤです。この数年前まで通学で祖師ヶ谷大蔵から利用していましたが、ホームで超満員の優等を2本見送り、そのあぶれた方々を乗せた幾分空いた列車に乗り込み下北沢手前で各停も超満員という体験をし、逃げ道の無い混雑に疲労蓄積でした!! pic.twitter.com/DtwWSIJwd2

posted at 14:30:00

5月12日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【約20年前のダイヤ確認シリーズ】京王線の朝ラッシュ時ダイヤです。通学で千歳烏山から乗っていましたが、到着段階で圧密された車内を見て「ここに乗り込むのか」と絶望を感じていた当時。とっても並行ダイヤでしたが概ねダイヤ通りには走れていたので、心を無にして立って寝ていた記憶が(笑)♪ pic.twitter.com/fXIroAvVHv

posted at 12:51:30

5月12日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【20年前のダイヤ確認シリーズ】1998年の小田急線日中時ダイヤです。特急4、急行6、準急2、各停8の20本構成でありました。今のダイヤは特急と急行の間のポジションとなった快急と旧急行と準急の間のポジションとなった急行がそれぞれの役割を担っている形ですよね。現準急は複々線化のプラスαかな?? pic.twitter.com/cB9YA4jtD2

posted at 12:30:41

5月12日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

ホーム延伸部分予定箇所を見ると確かにスペースはありますね。この延伸見込みがあってのダイヤ改正だったのか分かりませんが、小田原付近は区間運転の折返しに苦労している印象があって、もう少し系統を整理出来ないかとは感じます。が、さすがに新松田~小田原間4両各停は無いかなぁ…?? twitter.com/okiraku_goraku

posted at 00:33:53

5月12日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

遅ればせながら小田急の2018事業計画を確認しました。開成駅のホーム延伸に伴う快速急行・急行停車化はなかなかビックリな施策ですね。新松田~小田原間のいわゆる赤丸急行停車駅区間においては開成が最も多く、ダイヤサイクルの都合で日中時各停20分間隔化をしたこともあってのフォローかな?? pic.twitter.com/8ZikZi4GEi

posted at 00:30:59

2018年05月11日(金)2 tweetssource

5月11日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

運行異常時のダイヤ復旧の迅速化という記載もありますが、現行朝ラッシュ時の最ピーク時間帯に快速急行4本が各駅停車ホームに到着する設定であり、このあたりの各駅停車が10両だとダイヤ復旧の融通が利きそうでしょうか。となると最ピーク時間帯4本の各停が10両になる感じですか?何となくの推測です。 twitter.com/okiraku_goraku

posted at 21:24:43

5月11日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

遅ればせながら小田急の2018事業計画を確認しました。代々木八幡駅のホーム延伸部分の記載ですが、各駅停車の「一部」を10両編成でとか、効果部分も朝ラッシュ時における輸送力増強とあるあたり、全体的に10両化を推進していく感じではなさそうですね。今後も8両がベースなままに気がします。 pic.twitter.com/jN03pDZt1I

posted at 21:21:34

2018年05月10日(木)4 tweetssource

5月10日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

新宿方面と千代田線方面の利用比率は下りと同様概ね75:25でした。快速急行と急行(小田原系統)の利用が多くなっていますが立ち客少々なので妥当な所。唐木田急行という着席列車ができ、各駅停車も準急利用&急行乗り継ぎの流れが幾分できたのか以前より空いている模様で、全体的には良くなったかな? twitter.com/okiraku_goraku

posted at 07:26:14

5月10日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

先日実施した代々木上原駅の上り方面の利用状況データです。上りは千代田線が快速急行からの乗換えもしくは急行相互接続の直通という形で分散され、利用が下りに比べて幾分均等です。その中でも向ヶ丘遊園発が幾分利用が多いのは発駅の差というより接続する急行の利用が多いからかなぁ?? pic.twitter.com/MDgcH16Rmr

posted at 07:22:20

2018年05月08日(火)1 tweetsource

5月8日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

先日実施した代々木上原における下り方面到着時の利用状況調査データをUPします。新宿:千代田線方面は概ね75:25といったところ。新宿発の快速急行は概ねイーブンですが急行に利用差があります。また千代田線も直通準急の利用率が上原止まりに比べて高い傾向が分かります!! pic.twitter.com/AMoLoHJ1wE

posted at 07:54:04

2018年05月07日(月)5 tweetssource

5月7日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

代々木上原でも利用調査をしましたが、データ未整理のため明日以降報告します。取り急ぎ言いたい事は千代田線の小田急線直通のほうが上原止まりよりも利用が明らかに多かったという事ですかね。10分おきともなると狙い利用があるという事でしょうが、列車の行先を考えると、、、 pic.twitter.com/wPRDDtXW0r

posted at 00:21:39

5月7日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

準急を緩行線に走らせるというイメージが公式発表まで持てなかったので、千代田線直通は各駅停車メインかと思いましたが、準急で良いのかなとは今日の調査では感じました。が、決して各駅停車の利用は超えないでしょう。新宿発着の各駅停車は大事な設定である事も再認識です! twitter.com/okiraku_goraku

posted at 00:16:45

5月7日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

旧ダイヤでは味付け列車たる急行に千代田線直通及び多摩線直通という役割を持たせ、快速急行との停車駅差のなかで役割強化を図りましたが、新ダイヤでは停車駅差が無くなった事で新宿発着に固定しましたが、やはり多摩線系統の利用敬遠が避けられない感じです。空いてて良いのかもしれませんが。 twitter.com/okiraku_goraku

posted at 00:08:11

5月7日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

調査の感想ですが、やはり小田急ダイヤのキモは新宿発着の10分間隔の優等と各駅停車であり、現行で言うと優等は快速急行になりますね。これらは千代田線に振ってはならない必須列車だと判断します。千代田線直通、多摩線直通は利用を下げる要素になるのでキモ列車に役割を充ててはダメだと感じました。 pic.twitter.com/XwqaD2VE4A

posted at 00:02:41

2018年05月06日(日)2 tweetssource

5月6日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

上り準急は下りより幾分利用率が高くなっていますが、発駅の差があまり無い事から成城学園前~経堂間の集客要素が大きいのでしょうね。同区間は各駅停車と合わせて5分間隔なので前列車間隔分は集客できる形です。また急行スジとも離れているのも良いです。下りは急行接続&続行ですので仕方ない!! twitter.com/okiraku_goraku

posted at 23:55:01

5月6日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田急線下北沢にて土休日ダイヤ日中時の利用状況を上下1サイクルずつ確認してみました。急行が小田原線系統か多摩線系統かで利用に差が出ているのが確認出来たのと、準急は上りのほうが幾分利用率が高いも実態として「各停からどれだけ奪えるか、急行にどれだけ奪われないか」という位置づけです!! pic.twitter.com/1fK7XJE8ka

posted at 23:49:13

2018年05月05日(土)3 tweetssource

5月5日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田急線下北沢駅の時刻表ですが、全体のものが掲示されており、注釈で星マークがあると地下1階という判断になります。現在位置を把握する意味でも階別専用が別にあっても良さそうな気がしていますが、運用上の判断なのでしょうか。 pic.twitter.com/yAkuaLOpwe

posted at 08:27:28

5月5日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

JR横浜線町田駅の可動式ホーム柵の施設確認をしました。簡易タイプですが、構造と強度を考えるといいバランスなのかなと思ったりです。今後どのタイプかが集中的に導入、展開されるというより、条件で使い分けみたいな感じでイメージしていますが、どうなりましょうか? pic.twitter.com/PzzURQyXsk

posted at 07:54:50

2018年05月04日(金)8 tweetssource

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

【10年前の鉄道施策確認シリーズ】東武東上線は副都心線との直通に際して、池袋口の強化施策を打ち立てます。副都心線との直通による利便性向上も手放しに喜べない複雑な立ち位置っぷりが4つの項目の配置にも表れている感じです。それにしてもTJライナー施策は大収穫でしたね!! pic.twitter.com/QcPfMT7So6

posted at 20:02:23

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田急線登戸駅の施設調査をしました。出口専用の北口改札ですがオプション的存在のためか昇降設備は階段のみです。が、アクセスルートとしては配慮があり、既設施設を活かしつつ最短ルートを構築しているのは良いですね! pic.twitter.com/H8ZVdJAy8v

posted at 11:54:53

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

@hokutoseip はい、山手通りの線路上空付近から撮影しました。(iPhoneのカメラだと金網の隙間から撮れるのが良いですね) ホーム上に人工地盤を設ける訳ですから、それをある程度形にしないと下のホーム工事・実運用は出来ないかなと思っています。

posted at 01:14:10

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

@Kato_Akihiro 仰るとおり登戸~大野間をどう組むかというのが自身も先日の調査で意識したところであります。多少の混雑を許容すれば必須列車は優等と各停の各10分間隔であり、そこにどう味付けをして、どう接続をして…という所かと思いますがそれが悩ましい感じです。もう少し各所で調査してから考えます!!

posted at 01:11:38

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

@Kato_Akihiro 多摩線の利用客の方向性が新宿・町田両方面に向いているため駅の乗降・乗換要素が大きいですし、やはり拠点なのでしょうね。快速急行が登戸に停車する形になって遊園があるにせよ快速急行と急行は実質的に並行ダイヤになった訳ですが、その事で交互接続の必要性が以前より薄れているかと。

posted at 01:08:51

5月4日

@okiraku_goraku

おきらく娯楽工房@okiraku_goraku

小田急線梅ヶ丘駅の施設調査をしました。複々線化に伴い起点方の上り線側分岐が撤去され、棒線化に向けて枕木を置き換えている状況です。ホームの仮設部分はまだ手付かずで今後手が入ると思います。終点方の暫定ホーム部分は立入禁止になっているのみでした! pic.twitter.com/yHHOQageA9

posted at 00:13:55

このページの先頭へ