情報更新

last update 07/24 17:45

ツイート検索

 

@oldmanincorner
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

  • 206フォロー
  • 2,007フォロワー
  • 85リスト
Stats Twitter歴
3,309日(2012/07/03より)
ツイート数
21,554(6.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月24日(土)10 tweetssource

6時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou そうですよね。その超人的スピードで書評したとしたら、『殺人は広告する』『ナイン・テイラーズ』『学寮祭の夜』を平行して書けたはずがありません。そもそも2年間に、書評すべき本がそんなに出版されていたとも思われませんし。

posted at 14:00:38

8時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 『イギリス風殺人事件の愉しみ方』の訳者が「愛してやまない」といった表現を愛してやまないらしく、64頁に2度、67頁、134頁、140頁に各1度(以降、数えるのをやめた)と270頁ばかりの本で繰り返し使うのも目障りでした。切り口のユニークな本だけに惜しいことです。

posted at 12:29:44

8時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 『ギルフォードの犯罪』のほか、セイヤーズが書評した364冊のうち、キングストン“Poison in Kensington”、ロラック“Death on the Oxford Road”、ウッドソープ“A Dagger in Fleet Street”、ヴァル廃人団ギールグッド他“Death at Broadcasting House”をことさら例示している意味もよく分かりませんね。

posted at 12:22:21

19時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@applemightyjack 古市氏はいじめられた経験がないのかも知れませんが、いじめ被害者は復讐よりも忘れようと努力しますね(体験者)。もし証拠動画を傍観者から提供され、そのとき仮にいじめっ子が有名人になっていたら、復讐を考えることはあり得ますが。その偶然が重なるのは10万分の1以下の確率でしょう(適当)。

posted at 00:58:24

19時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@applemightyjack 古市氏は、現在では、いじめられる側もスマホで証拠動画を撮ったりできると述べていますが、いじめられている当事者に撮影する余裕がありますかね。もし撮ったとしても、いじめっ子に取り上げられ、手ぬるい相手だったらデータを消すだけで放免してくれるかな。証拠動画を撮るとしたら傍観者でしょう。

posted at 00:56:15

2021年07月23日(金)9 tweetssource

23時間前

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

開会式 恥またらしい。まだ中止させるのを諦めない人たちの粘り強さを称えるものの、私はもう日和ってしまう。ねえスカタンの旦那。日本が金メダル1ヶ獲るごとに1万円ずつ国民に給付てしたらどないや。私らチョロい手合いは、手のひら返して声援に回りまっせ。えっ、反日非国民にやるカネはないって?

posted at 21:06:16

7月23日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

↘「元来ユダヤ人というものは人類の全部をナマケモノにしてコッソリと亡ぼしてしまって、ユダヤ人だけで世界を占領してしまおうと思って、昔から心掛けて来た人種だ」などと書かれているという 〝聖書〟 が出てくる。言うまでもなくヨタであって、ヨタであると作中で明言されていたのだけれども。

posted at 17:31:46

7月23日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

以前、夢野久作「悪魔祈禱書」をアンソロジーに入れようとして、こんなものを再録して自社の雑誌からユダヤ系企業の広告を引き上げられたら大変だと止められたものだ。↘

posted at 17:31:45

7月23日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

ひねくれ者の私には、このごリッパな意見は、「少年法が適用されるうちに悪事は済ませておけ」というのにも似た響きが感じられますね。

tweetsoku.com/2021/07/23/%e5 >>古市氏「子どもの頃のいじめは大人になったら時効。ちゃんと広めていかないと復讐社会になってキモイ」

posted at 17:01:43

7月23日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

一般人に無観客ソフトボールを 〝視察〟 させてしまったから、後付けで役職を与えておこうという発想ですね。遡って就任させれば、〝適切に処理〟 したことになる。違憲立法に合わせて 〝改憲〟しようというのと同じお家芸。しかし、多少は民意に添えるよう役職名は 〝不名誉最低顧問〟 でどうか。

posted at 13:15:48

2021年07月22日(木)1 tweetsource

2021年07月21日(水)1 tweetsource

2021年07月20日(火)9 tweetssource

2021年07月19日(月)5 tweetssource

7月19日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@sakosho88 @ibarakishimbun ご賛同多謝。カフェで読みたければ、まず正規手続きを踏んで借り、読みかけて肌に合わない、つまらないと感じたら返却、また別な本を借りればよろしい。いちいち煩瑣な手続きをしなくても本が持ち出せたら、利用者は増えるかも知れませんが、増えなくて構いません。そんな利用者は図書館の敵です。

posted at 01:24:29

2021年07月18日(日)23 tweetssource

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

貸し出し手続きを経ていない蔵書をカフェで読ませるのには異論がある。正式に借りた本なら何処で読もうが自由だが、汚したり傷めたりしない責任を利用者には負わせるべきだ。ibarakinews.jp/news/newsdetai #茨城新聞 @ibarakishimbunより >【茨城新聞】茨城県立図書館にカフェ開店 水戸、客席で本の閲覧も

posted at 23:05:43

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@fuhchin6491 このタイトル程度を読めば十二分でしょうが(それでも結構ある)、しかし戦後長篇だけですからね。ハードルを下げるなら、最初の2巻だけでも構わないでしょう(由利先生ものの『蝶々殺人事件』も入っていますが)。金田一沼の住民には叱られそうとはいえ。 pic.twitter.com/wwpxc7lSsd

posted at 11:56:16

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@fuhchin6491 時事的な話題をきっかけに読むのも悪いことではないでしょうが、時流に関係なく、名作とされているものは、ひと通り浚っておくべきだと考えます(などといって、死ぬまでに歌舞伎十番すら制覇できそうにない)。

posted at 11:17:34

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@y_m_sunadokei @unioo1 砂時計さんのご記憶どおりですね。横溝正史はこの豆六が大のお気に入りで、金田一役者として渥美清を推したことからして、豆六が金田一耕助の原型であるというのが私の持論です。

posted at 10:34:44

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 『イギリス風殺人事件の愉しみ方』で紹介された、「モルグ街」と同年の長篇『スーザン・ホープリー』もヒラヤマ探偵文庫で邦訳されて、居ながらにしていろんなものが日本語で読める時代になったというのに、視力も集中力も生命力も、目に見えて減退してきたというのが口惜しいところです。

posted at 03:07:57

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 幽芳『秘中の秘』が、乱歩が dis りまくったル・キューの作品だと藤元直樹氏が突き止め、『マーチン・ヒューイット』も訳した平山雄一氏がたちまち『完訳版・秘中の秘』を自費出版のは記憶に新しいですよね。

posted at 03:07:32

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 乱歩がこっそり明かしていた可能性もなくはないと思いました。そこで『秘中の秘』のあらすじを詳しく書いて小池滋先生に見ていただいたのですが、THe Dead Secret を読んだのはずいぶん前なので忘れているが、こんな物語ではなかったと憶うと、お教えいただきました。けっこう遠回りしたものです。

posted at 02:53:45

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou The Dead Secret に『秘中の秘』という仮タイトルを与えたのは江戸川乱歩なんですね。涙香『幽霊塔』や『鉄仮面』の原作特定にはあれほど執念を燃やした乱歩なのに、幽芳『秘中の秘』は「まだ調べていない」と放擲しています。その題名をコリンズ作品に流用したのは、あるいはこれが原作と突き止めて…

posted at 02:43:35

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

訳註で『月長石』の内容を紹介しているので、訳者が読んでいない筈はありません。英文で読んで誤読したのではないかというのは好意的に解釈しました。臨川書店のコリンズ傑作選には The Dead Secret は収録されていないのです。『「探偵小説」の考古学』でも習作と決めつけられています。 twitter.com/komorikentarou

posted at 02:37:35

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 『「探偵小説」の考古学』は、さすがに「カフ刑事」としています。しかし気になる点がなくもありません。未訳の作品も直訳で日本語代題名にしていますが、コリンズの The Dead Secret を『秘中の秘』とするのは、乱歩が幼少のみぎり探偵趣味を知り初めた菊池幽芳の作品と、紛らわしくって いけません。

posted at 02:21:50

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 『イギリス風殺人事件の愉しみ方』、それほど酷い翻訳をいう感じは受けませんが、ところどころ魚の小骨が引っかかります。『月長石』の Sergeant(巡査部長) Cuff を「カフ軍曹」と訳しているなど。訳者は『月長石』も英文で読んで、軍曹だと思い込んでいるのでしょうか。

posted at 02:06:24

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

@komorikentarou 生没年が一致しているので、その人でしょうね。索引がつけてあるだけでもマシではあるのですが、固有名詞の原綴が記してないので、裏づけに困ります。Alexander Sommerville ぐらいだったら見当がつくとはいえ。『「探偵小説」の考古学』は原綴入り索引つきというだけでも、訳出の意気込みを感じます。

posted at 01:55:54

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

『イギリス風殺人事件の愉しみ方』は英国限定なので、ポーのポの字も出てこない。それはいいのだが、「推理小説家アレグザンダー・サマーヴィル」(77頁)って誰だ。世界最初のミステリといわれる「モルグ街の殺人」(1841年)発表から44年後に死んで、その間に「推理小説家」になることが可能なのか。

posted at 01:44:41

7月18日

@oldmanincorner

新保博久@oldmanincorner

少しは内容のあるツイートをすべきだろうな。しかし『「探偵小説」の考古学』は読了するのに、どれだけかかるやら。『イギリス風殺人事件の愉しみ方』も訳された2015年に読みはぐって今ごろ繙いでいるが、どちらもポー以前にたっぷり費されているのが嬉しい。『考古学』は後半ようやくポーが登場。 pic.twitter.com/BilQubHpfT

posted at 01:39:19

このページの先頭へ