情報更新

last update 11/16 18:46

ツイート検索

 

@orionaveugle
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

Stats Twitter歴
3,344日(2009/09/22より)
ツイート数
40,177(12.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年11月16日(金)15 tweetssource

8時間前

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

その他、中上健次『地の果て至上の時』、藤野可織『爪と目』、トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」、アラン・ロブ=グリエ「不滅の女」、J・G・バラード『ミレニアム・ピープル』、倉数茂「魔術的時空間」などにも言及しています。
 小説は「いかれころ」のクオリティに驚かされました。

posted at 16:19:50

8時間前

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

本日発売の「図書新聞」2018年11月24日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第四五回 「政治」がもたらすリミッターの解除を、押し返すための「いかれころ」が掲載されました。今回は引き続き小川榮太郎の性差別から議論を始め、「リベラル」でも乗っかってしまう「女叩き」を批判しています。

posted at 16:15:38

14時間前

@Ucromuki

後ろ向き3⃣@Ucromuki

「図書新聞」3375号
①面 じゃん\(^^)/

障害者文化論が専門の荒井裕樹氏×岡和田晃氏の対談
─差別を被った時の「闘う言葉」がバージョンアップしていない。
─「障害者も同じ人間なのに」という言い方。
「人間」という言葉は諸刃の剣になっている。
お二人の真剣対談に私、泣いちゃった。 pic.twitter.com/6Zj5PGXJTr

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 10:41:01

2018年11月15日(木)39 tweetssource

11月15日

@Ucromuki

後ろ向き3⃣@Ucromuki

「図書新聞」3375号
①面 じゃん\(^^)/

障害者文化論が専門の荒井裕樹氏×岡和田晃氏の対談
─差別を被った時の「闘う言葉」がバージョンアップしていない。
─「障害者も同じ人間なのに」という言い方。
「人間」という言葉は諸刃の剣になっている。
お二人の真剣対談に私、泣いちゃった。 pic.twitter.com/6Zj5PGXJTr

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 22:55:17

11月15日

@yasudahitoshi2

安田均@yasudahitoshi2

T&T完全版BOOK(箱の廉価版)に付く古典シナリオ「アンクル・アグリーの地下迷宮」(岡和田晃訳)チェック終了。後はこれのデザインを待って印刷にかかり、同時にアマゾン等で予約が出ます(今回は箱もそうだったので、おもちゃゲーム流通です。ヨドバシなど量販店にもあるはず)。あと少し^^

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 22:54:52

11月15日

@shimirubon

シミルボン 〜本も読書人も、オモシロイ@shimirubon

TRPG雑誌に発表したシナリオと同じ世界観による、自作短編「スカイ・アーク・マーダーズ」を完成させた朱鷺田祐介さん@TokitaSuzakuG 。スカイ・アークは恐竜時代の再現を進めている世界設定ということで、少年期からの恐竜への思いを綴っていらっしゃいます。 shimirubon.jp/columns/1674742

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 20:01:54

11月15日

@minami_aoyama

南青山(「沈黙はファシズムの承認」)@minami_aoyama

@orionaveugle 一連の講義テーマと取り上げる作品、良いですねえ。興味深いものばかりで、講義を聴きに行きたくなります。これまであまり可視化されていなかった小説世界の領域の測量図のようにも見えます。どこかで読めるようになるといいですね。

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 19:44:45

11月15日

@tokiwashizu

ときわ書房志津ステーションビル店@tokiwashizu

この度、志津ノーベル文学賞に選ばせて頂いた『ウラミズモ奴隷選挙』。
本日なんと笙野頼子先生がご来店下さいました!
ご覧の最高超絶POPと特製オビ、そしてサイン本を頂いております。
なんだかこちらが頂いてばかりで恐縮ですが、笙野先生、誠にありがとうございました!(日)
#志津ノーベル賞 pic.twitter.com/oXXe7gKC3P

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 19:33:42

11月15日

@yanuyanu33

やぬきけんじ。@yanuyanu33

第33回日本SF大賞受賞記念インタビュー――宮内悠介『盤上の夜』を語り尽くす!/宮内悠介(第33回日本SF大賞受賞作家)×草場純(ゲーム研究家)×岡和田晃(SF評論家/ゲームライター)(1/4)[2013年3月]|Science Fiction|Webミステリーズ! www.webmysteries.jp/sf/miyauchikus @web_mysteriesから

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 19:31:34

11月15日

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

吉里川べおさんが「TtTマガジン」および「ウォーロック・マガジン」に連載している「T&T研究室」を一気読み。人文科学的なディシプリンによって『トンネルズ&トロールズ』を素材としつた批評なのだけど、創作者への励ましにも満ちている。何より、べおさんのプレイング経験が説得力へ転化している。

posted at 19:30:46

11月15日

@fire_ree

Kang/コーヒーおかわり@fire_ree

別に路上のカウンターはCRACの独占物じゃないんで、ヘイトが許せない気持ちがあるなら自分なりの方法でやればいいんですよ。路上からヘイトをなくすっていうゴールにたどりつくならアプローチの仕方は自由。誰それが仕切ってるから辞めるっていうのは、それがあなたにとってのゴールだったってこと。

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 13:09:58

11月15日

@yasudahitoshi2

安田均@yasudahitoshi2

今日は特に打ち合わせもなく「仕事に励め」の日。ありがたいが「UUU見直し後、T&T完全版BOOKのデザイン」「TGFFの岡和田晃氏との対談」直しや「ロードス島戦記RPG」のあとがき、「グリッズルド拡張版」「エッセンレポート」GMマガジン記事、AFF2eスクリーン監修してたら……

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 12:12:22

11月15日

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

神谷光信「あるニヒリストの肖像 高橋義孝『ナチスの文学』の戦略」 。この記事と、神谷さんがオンデマンド出版された『片山敏彦』に触発され、国会図書館で『ナチスの文学』を読んだことがある(古本にはほとんど出ない)が、受けた印象については、ほぼ同じ。
blogs.yahoo.co.jp/kamiyafontenay

posted at 12:06:53

11月15日

@hywel_m

十海@幼女姫英語版配信中@hywel_m

主人公はNY市警の45歳のおっさん刑事なんですよ。ハードボイルドで宇宙の深淵の狂気にさらされても警察官としての誇りを貫き通す。だからどんなに規模がでかくなっても共感が薄れない。ラストには静かに感動する。読後感が、イイ。自信を持って老眼のきっついおっさんおばさんゲーマーに捧げたい。

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 11:48:12

11月15日

@hywel_m

十海@幼女姫英語版配信中@hywel_m

クトゥルフ神話ブックゲーム「ブラマタリの供物」読了。読んでるとどんどん頭がおかしくなる。狂気のどん底にないと見えないもの、行けない場所もある。知性をぎゅんぎゅんしめ上げてくる娯楽。楽しい。極力メモとらず、指を本に挟んで遊べるの、助かるしお手軽だし楽しい。書籍だからできる遊び。

Retweeted by 岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載

retweeted at 11:47:55

11月15日

@orionaveugle

岡和田晃_「図書新聞」新刊記念対談掲載@orionaveugle

ちなみに、ラヴクラフトを語る上ではレイシズムへの言及は避けられなませんが、ラヴクラフト作品に見られる差別意識の発露については、具体的な箇所を解説したうえで、「いわゆるポリティカル・コレクトネスの一つも配慮できずに、面白い作品が作れるわけがない」とし、差別の正当化を退けています。

posted at 09:52:25

このページの先頭へ