情報更新

last update 10/19 06:31

ツイート検索

 

@parages
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@parages

yusuke miyazaki@parages

Stats Twitter歴
3,595日(2009/12/16より)
ツイート数
13,202(3.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月19日(土)2 tweetssource

2019年10月18日(金)3 tweetssource

11時間前

@parages

yusuke miyazaki@parages

授業で「~知ってる人ー!」って聞くとだいたいいつもはまばらに手が上がるだけだけど、今日の授業は管理社会論がテーマで、PSYCHO-PASS の名前出すと半分近くの学生が手を挙げてた。やっぱ好きな人多いんだね~

posted at 19:18:01

2019年10月17日(木)4 tweetssource

10月17日

@parages

yusuke miyazaki@parages

この区分は頑迷な新カント主義を意味しない。学生に責任ある教員がデマゴギーの担い手にならないための戒めである一方、まさに自らの行為の究極の意味は自分自身で答えるほかないという応答責任を個々人に負わせるための実存的問いかけである。トルストイやニーチェへの言及がそのことを示唆している。

posted at 16:47:31

10月17日

@parages

yusuke miyazaki@parages

今日の演習は、マックス・ウェーバー「仕事としての学問」を新訳(野口雅弘訳)で。学問の仕事は、人生や世界の意味を問うような価値判断ではなく、事実の確認にとどまる「知的誠実さ」に存していることが説かれる。あくまで事実/価値の区分に即して語りかけてくるウェーバーの情熱的な語りが印象的。

posted at 16:43:50

10月17日

@akashishoten

明石書店@akashishoten

対談 荒木優太さん×熊野純彦さん
困ったときの在野研究入門

9月に八重洲ブックセンター本店で行なわれたイベントの様子をアップしました。大学と在野、研究と批評、論文と翻訳、コミュニティについて存分に語っていただきました。ここでしか聞けない熊野さんの貴重な話も。 webmedia.akashi.co.jp/posts/2652

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 09:23:02

10月17日

@nhk_docudocu

NHKドキュメンタリー@nhk_docudocu

【21日夜・再】アナザーストーリーズ「マンデラと“ゆるし”~アパルトヘイトとの闘い~」は、21日(月)夜11時45分から再放送予定。
長い獄中生活を終えたマンデラ。白人へのゆるしを口にした理由とは?
ラグビーW杯での国歌披露に隠された秘話も![BSプレミアム]
www.nhk.or.jp/docudocu/progr

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 00:13:50

2019年10月15日(火)6 tweetssource

10月15日

@ogawa_kimiyo

小川公代@ogawa_kimiyo

米国の文学研究者、批評家ハロルド・ブルームが89歳で死去。詩人が先人に影響を受けながらも独創性を獲得してきた過程を論じた『影響の不安』(邦訳は2004年に刊行)はあまりに有名。「独創性」が重要なロマン主義文学の研究者に大きな影響を与えた。ご冥福をお祈りします。
www.theguardian.com/us-news/2019/o

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 10:36:12

10月15日

@parages

yusuke miyazaki@parages

懸案の事典項目の記事をようやく提出。デリダの著作にはあえて立ち入らず、伝記的証言に基づき、フランスのハイデガー受容の中心人物であったジャン・ボーフレ(有名なヒューマニズム書簡の相手)の反ユダヤ主義発言が、デリダとハイデガーの関係に落とした影について執筆した。

posted at 10:35:10

10月15日

@ChikumaGakugei

ちくま学芸文庫@ChikumaGakugei

【新刊情報】《ホモ・サケル》プロジェクト全4巻を完結させ、現代哲学を牽引してきたアガンベン。パラダイム、しるし、考古学――フーコーのエピステーメーを起点に、思想の展開や鍛錬の可能性に挑む、人文科学の方法論をまとめたものが本書。本文庫版では、岡本源太氏による新たな訳者解題を付す。 pic.twitter.com/CXzoDAVcYi

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 08:08:49

2019年10月14日(月)1 tweetsource

2019年10月13日(日)1 tweetsource

2019年10月12日(土)2 tweetssource

10月12日

@hosei_up

法政大学出版局@hosei_up

【近刊】ジャン・スタロバンスキー著/浜名 優美訳/井上 櫻子訳『告発と誘惑:ジャン=ジャック・ルソー論』(叢書・ウニベルシタス)◆名著『透明と障害』と対をなす批評家最晩年の著作。社会を告発し読者を誘惑する近代文学の創造は、民主主義の時代をいかに開いたのか。buff.ly/2M6GlOn

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 08:56:57

2019年10月10日(木)4 tweetssource

10月10日

@jimbunshoin

人文書院@jimbunshoin

【近刊】ディネシュ・J・ワディウェル著『現代思想からの動物論 戦争・主権・生政治』(井上太一訳)のカバーはこんな感じです。装丁は間村俊一さん。フーコー、アガンベン、デリダ、ハラウェイ、スピヴァク、キムリッカなど広範な思想家を動物という視座から分析する力作。www.jimbunshoin.co.jp/book/b471240.h pic.twitter.com/0kdoRPFAxr

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 08:20:58

10月10日

@nekonoizumi

猫の泉@nekonoizumi

「文芸批評の名著『透明と障害』と対をなす、著者最晩年に刊行されたルソー論。『社会契約論』や『エミール』『夢想』の作家が堕落した文明社会を激しく告発し…」
⇒ジャン・スタロバンスキー/浜名優美,井上櫻子訳
『告発と誘惑 ジャン=ジャック・ルソー論』
法政大学出版局 www.h-up.com/books/isbn978-

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 08:20:33

2019年10月09日(水)4 tweetssource

10月9日

@yuji_nishiyama

Yuji Nishiyama@yuji_nishiyama

ハンガリーでの今年のデリダ没後シンポは「獣と主権者」関連。クリストファー・ノリスなどが参加。編者ミシェル・リスによる寓話「狼と子羊」の詳細な読解、ピェール・ドゥランによるデリダの倫理の源泉をめぐる職人的発表などが圧巻。 pic.twitter.com/fLk8YA7TuR

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 06:32:10

10月9日

@yuji_nishiyama

Yuji Nishiyama@yuji_nishiyama

デリダ没後、ハンガリーとモントリオールで命日月にイベントが毎年開かれている。後者は今年は「歓待と身代わり ルイ・マシニョンの読者デリダ」。イスラム教のカトリック学者マシニョンという新たな視点で、デリダ歓待論を読み解く。 pic.twitter.com/FP4Tf8UijI

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 06:32:07

2019年10月08日(火)2 tweetssource

2019年10月07日(月)3 tweetssource

10月7日

@parages

yusuke miyazaki@parages

本来はAmazonレビュー自身がこういう機能を組み込んでおくべきなのだが、そうしない(できない?)理由があるのだろう。

posted at 05:40:44

10月7日

@parages

yusuke miyazaki@parages

クロ現が紹介していた、Amazonレビューの信用度チェックのできるサイトが有能。電化製品なんかは無名ブランドの場合、評価高が多くてもサクラだらけで騙されたこともあったが、これで安くて良い商品を見つけられそう。sakura-checker.jp

posted at 05:35:45

2019年10月05日(土)2 tweetssource

10月5日

@satodex

左藤青@satodex

小原拓磨「存在神論と神の死ーー哲学の始源をめぐるデリダのヘーゲル読解」(『哲学』70号、2019年4月号)、『弔鐘』論。自分が知らないことが多かったのもあり、最近読んだ論文では最強に面白かった。久しぶりに集中して読んだ。

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 06:11:52

2019年10月03日(木)1 tweetsource

10月3日

@uragetsu

ウラゲツ@uragetsu

書店さんでの店頭発売は7日以降になるものと思われます。2点とも〈哲学への扉〉シリーズですが、アガンベンの本は写真多数掲載につき判型もレイアウトも特別仕様です。|[取次搬入日決定:水野浩二『倫理と歴史』、アガンベン『書斎の自画像』] urag.exblog.jp/239608598/

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 07:45:47

2019年10月02日(水)3 tweetssource

10月2日

@suisei_sha

水声社@suisei_sha

【全文公開】座談会*文学としての人文知:研究座談会『文学としての人文知』は、〈文学〉が〈人文知〉と取り結ぶ新たな関係を描き出そうという試みです。発表内容は単行本として刊行する予定ですが、ブログにて、刊行に先駆け座談会の内容を公開します。www.suiseisha.net/blog/?p=11473

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 11:53:12

10月2日

@nonstopmasashit

Masashi FUCHIDA@nonstopmasashit

拙著『ルソーと方法』刊行にあわせて、honto選書ブックツリーを書きました。思考と語りの問題に焦点を当てた選書になっております!ブックツリーで本を見つけて、本を買おう!秋だし。まだ暑いけど。|「どう考え、どう語るのか」を哲学するための5冊 - hontoブックツリー honto.jp/booktree/detai

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 09:51:58

2019年10月01日(火)4 tweetssource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

10月1日

@ryosukekakinami

??????? ????????@ryosukekakinami

第36回新潟哲学思想セミナー「情の時代のポピュリズム──情動とカリスマから考える」にお呼びいただき、人生3度目の新潟です。www2.human.niigata-u.ac.jp/~mt/ningen/201 1度目はサークル合宿、2度目は表象文化論学会、いずれもほとんど街の景色を見ておりません。今回、少しはゆっくりできるのでしょうか…。

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 14:04:11

2019年09月30日(月)3 tweetssource

9月30日

@parages

yusuke miyazaki@parages

簡にして要を得た筆致でベンヤミンの活動を過不足なく一望できる。これからベンヤミンを読み始めようとする人は最初に手に取るべき、スタンダードな入門書になると思う。概説書として、三島憲一『ベンヤミン』(岩波現代文庫)と併せて読めば、ベンヤミン入門にはもう十分だろう。

posted at 09:00:44

9月30日

@parages

yusuke miyazaki@parages

柿木伸之『ヴァルター・ベンヤミン』(岩波新書)拝受。ベンヤミンの新書は、28年ぶり。初期のロマン主義論、言語論、翻訳論、暴力批判論、悲劇論、複製芸術論、パサージュ論、歴史哲学等々に加え、年譜も収録。ベンヤミンの批評を「時代の闇を死者とともに歩み抜く方法」と規定し、

posted at 08:59:25

2019年09月29日(日)2 tweetssource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

9月29日

@ttlrawi

澤直哉@ttlrawi

御園生涼子『映画のことば』、注文受付を開始します。2015年に惜しくも急逝した著者の、『映画の声』(みすず書房、2016年)に続く遺稿集です。前著には未収録の論文等を収録。四六判上製かがり綴じ(総302頁)/カヴァー・帯なし/表紙箔押し。私家版300部から余部を販売。|shorin-tessen.booth.pm/items/1572807

Retweeted by yusuke miyazaki

retweeted at 05:06:06

2019年09月28日(土)2 tweetssource

2019年09月27日(金)1 tweetsource

このページの先頭へ