情報更新

last update 07/11 18:54

ツイート検索

 

@pluredro
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

  • 46フォロー
  • 824フォロワー
  • 44リスト
Stats Twitter歴
3,341日(2011/05/21より)
ツイート数
8,250(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月11日(土)5 tweetssource

9時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

読んだ本。
「Left For Dead: My Journey Home from Everest」
www.amazon.com/dp/B014DN7N6I
1996年のエベレスト大量遭難から奇跡的に生還した人が書いた本。エベレスト登山部分は全体の一部なので、1996年の遭難を追いかけている人には物足りないかも。私もほかの本を先に読んで後回しにした。

posted at 17:47:11

17時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

米国の陽性率は8.07%まで上昇。捕捉できない陽性者が大勢いるということ。イタリアを越した南アは、16.13%→23.72%に。検査すればするほど陽性者が見つかる酷い状況。日本の陽性率も上昇しており、仮に検査数が増えていたとしても、それより速いペースで増える陽性者数に追いついていない。 pic.twitter.com/24qIJj9sjX

posted at 09:46:24

17時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/10)
世界全体での致死率(CFR)は、4.54%→4.46%に。7/6頃一週間の検査陽性率を反映。多くの国で前回確認時より上昇。VIC州で感染拡大のオーストラリアは、0.07%→0.30%に。収束したかに見えたスイスも0.36%→1.02%に。 pic.twitter.com/F2SXaWCTI3

posted at 09:46:23

20時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/10版
日本の致死率(CFR)は4.6%まで低下。ロシアは、日々150人前後の死亡が継続。検査数、陽性者数が多くCFRは低いが、死亡数は多く改善もしていない。スウェーデンは、ここ4週間、1日平均24.5人が死亡し、その間のCFRは2.6%。CFRの低下は、世界的な傾向。 pic.twitter.com/c03Ads0VtZ

posted at 06:08:20

20時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/10版
日本は、陽性者数累計の週間増加率が9%近くまで加速。1ヶ月で43.6%増の3万人超となるペース。直近の検査陽性率も上昇しており、よろしくない。オーストラリア、イスラエルも、大きくなった傾きが落ちてこない。フィリピンは、ただでさえ大きい増加率がさらに上昇。 pic.twitter.com/iV6Vw4BI8O

posted at 05:58:18

2020年07月10日(金)9 tweetssource

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/10)
世界全体での致死率(CFR)は、4.54%→4.50%に。ヨーロッパの国は、あまりCFRが低下しない。陽性者増のペースが落ちているからか。フィリピンがオランダを越した。感染拡大のペースが落ちていないので、多分、ベルギーや中国も追い越す。 pic.twitter.com/TZtbz4336V

posted at 08:50:17

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

#オーストラリア VIC州の高層アパートで起きているコロナ集団感染。建物によって蔓延状況に大きな違いがあり、53人の陽性者が見つかった建物があるかと思ったら、陽性者が0だった建物も。被害の小さかった建物では、移動、外出制限を緩和。
www.abc.net.au/news/2020-07-0 pic.twitter.com/xMlyHMEY5Y

posted at 06:18:56

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡抑止状況グラフを更新
比較対象国の中で、日本の勢いは、イタリアについで低い。ただし、イタリアは陽性者数増加率も漸減しているが、日本は5月末から上昇している。ほとんどの国で勢い(増加率)は落ちているが、分母(死亡数累計)が大きくなっているので、1%の重みは大きくなっている。 pic.twitter.com/LyWxAaYOpO

posted at 06:09:26

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

世界全体では週に12%以上増のペースで陽性者数累計が増加。これが1%程度まで落ちてこないと、自国だけ収束してもこれまでの生活には戻れない。週1%増でも1年で68%増。感染が収束しない国から人が流れてくると再燃するので、海外との往来は制限される。今は、最悪の状況がさらに悪化している。 pic.twitter.com/XinGVkbZoq

posted at 06:05:20

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナの勢いのグラフを更新。
日本は5月末頃がもっとも勢いが落ちていた。オーストラリア、イスラエルは、週0.6%増程度までペースが落ちていたのに、その後急上昇。韓国も上昇したが週3%を切る程度にとどめている。米国は分母が大きいのに、週8%増を切ることはなかった。今は週13%超のペースで増加。 pic.twitter.com/mFjPK37M4a

posted at 06:05:19

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/9版
各国とも傾向に変化なし。日本は、日々の感染者数が増え続けているので、致死率(CFR)は、この先も当分下がってくると予想。グラフには出ていないが、45,000超の陽性者が出ているシンガポールは、死亡数26人でCFRは0.06%。世界平均は4.5%。 pic.twitter.com/nuTUwjcdcD

posted at 05:26:39

7月10日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/9版
日本、オーストラリア、イスラエルのグラフで、上向きの反りが顕著に。とても深刻。韓国は5月末頃までペースアップしたが、以降は週3%弱の増加率を維持(決して低くない)。シンガポールは、母数は大きいものの増加率を下げてきている。 pic.twitter.com/6xAQdA2BjT

posted at 05:18:27

2020年07月09日(木)5 tweetssource

7月9日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/09)
世界全体での致死率(CFR)は、4.57%→4.54%に。陽性者増加の勢いが落ちないイスラエルが、スイスを越した。南アも勢いよく増えており、欧州各国を抜くのも時間の問題。表の下から4カ国は、24時間の死亡者が0だった。 pic.twitter.com/0Zbw1MTQPV

posted at 13:07:56

7月9日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

@kawachorigami 先のBrass pilot bitだと、2平方センチ、厚さ5mmぐらいのパーツでも手持ちでOK。似たような作業で、24,000rpmで削ったあと、回転を少し落として、2回目で焦げを落としたりしてます。でも最後の角は残るので、仕上げたり仕上げなかったり。

posted at 09:39:44

7月9日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/8版
日本の致死率(CFR)は4.8%まで落ちてきた。ただし、検査陽性率が上昇しており、陽性者の捕捉が追いついていないこと、コロナ統計に含まれない超過死亡があることを考えると、実態は不明。イスラエルはCFRが1.1%と低いが、死亡数を上回るペースで陽性者が増えている。 pic.twitter.com/OrZucS1CJm

posted at 06:27:34

7月9日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/8版
日本で全国に緊急事態制限が発せられた4/16は、週に70%ほど陽性者数累計が増えていた。今は7%を上回るぐらいだが、分母が大きくなっており、1%の重みが違ってきている。グラフ中、シンガポール、韓国は比較的傾きが小さいが、収束と言えるほど増加ペースが落ちていない。

posted at 06:20:11

2020年07月08日(水)13 tweetssource

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

RNAの断片が見つかるようなのじゃなくて、本当のコロナ再感染がそろそろあってもおかしくないと思うんだけどどうなんだろう。再感染で未症状でもやっぱり他者に感染させるとなると、「一度かかったから大丈夫」みたいな油断で拡げてしまいそうに思う。
#自分用メモ

posted at 17:49:37

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

NSWの首相が、メルボルンでのコロナ感染拡大をうけて、州境の通行制限を厳しくするみたいな話をしているが、以前、NSWで日々市中感染が出ていたときは、「QLDなど、ほかの州が州境を開けてくれないのでむかつく」っぽいことを言っていた。ダブルスタンダード。
www.smh.com.au/politics/nsw/e

posted at 11:13:54

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/08)
世界全体での致死率(CFR)は、4.61%→4.57%に。CFRが低く優秀とされていたドイツの4.59%より低くなった。南アがトルコ、オーストラリアがマレーシアを越した。南アは週に40%程度の増加が続いており、収束するきざしが見えない。 pic.twitter.com/CoDMeg0CHW

posted at 10:29:43

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

ツイッターに流れてくる話を見ていると、失敗に向かって突き進んでいるなあと思うことが多々。移民弁護士が推奨しないことが、情報交換、共有されていたりする。移民局のサイトを見て理解できない人は、信頼できるプロに依頼したほうがいいと思う。

posted at 07:39:17

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

移民エージェントを通さず行われた申請の47%が拒否されたとか、必要書類を全部揃えてから申請しろみたいなことが書かれている。同様の情報はエージェントのサイトや移民関連フォーラムにもあって、その道のプロが、やるべきこととやっちゃいけないことを案内してくれている。

posted at 07:32:18

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ禍以降、 #オーストラリア のパートナービザ申請、永住権がらみの話を目にする機会が増えた。当事者は、下記記事のようなことは、把握しておいたほうがいいと思う。
cruxmigration.com.au/2018/11/01/6-i
www.sbs.com.au/language/engli pic.twitter.com/sE2a5kAhwx

posted at 07:29:15

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/7版
ここ1週間の死亡者数累計の増加率は、ロシア12.3%、イスラエル6.0%、フィリピン3.8%、スウェーデン2.3%、オーストラリア1.9%、韓国1.1%、日本0.5%だった。分母が大きいのに増加率が高いロシアは深刻。日々の陽性者数があまり減っていないので死亡数もなかなか落ちてこない。 pic.twitter.com/XxZYmwUiOd

posted at 07:10:07

7月8日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/7版
日本は陽性者数が増えつつ直近の陽性率が上がっており、これはまずい傾向。ここ1週間の陽性者数累計の増加率は、イスラエル27.6%、フィリピン27.2%、オーストラリア10.5%、スウェーデン8.0%、日本7.7%、韓国3.0%、世界平均は12.8%だった。 pic.twitter.com/hRCNSdxVce

posted at 07:03:18

2020年07月07日(火)9 tweetssource

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

6週間もロックダウンをして、それに伴う補償をすることを考えたら、マスクを配って市中感染0が2週間ほど続くまで着用を義務化したほうがはるかに安い。

posted at 21:13:53

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

エアロゾルなどによるコロナの感染を軽視してるとして、WHOに公開書簡をぶつけたLidia Morawska氏らによる論文。いいかげん、コロナが空気を介して伝染することを認めて対処しようぜみたいな内容。5µmの飛沫は10mも飛ぶよみたいなコメントも。
academic.oup.com/cid/article-pd pic.twitter.com/pBmx0B8Snu

posted at 21:03:45

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

#オーストラリア VIC州は、州都のメルボルンを中心に6週間のロックダウンに突入する。やたらと検査拒否率が高くて、検疫隔離のホテルでは、民間警備員が感染拡大に貢献していて、市中感染がおさまらないのにBLMの抗議集会をやってたら、えらいことになってしまった。
www.beaudeserttimes.com.au/story/6823124/ pic.twitter.com/WFuulDOGqO

posted at 17:11:47

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/07)
昨日は画像アップ忘れ。
世界全体での致死率(CFR)は、4.64%→4.61%に。南アがドイツ、イランがイタリアを越した。直近の検査陽性率が落ちていない国は、順位を上げてくる。オーストラリアは、近いうちにマレーシアを追い越す。 pic.twitter.com/ZBieBYL7OW

posted at 11:09:03

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/6版
陽性者数と同様、スウェーデン、フィリピン、韓国はデータが更新されなかった。尤も、陽性者数ほどグラフが乱高下しないので、見える傾向は変わらない。イスラエルは、感染再拡大に応じて増える死亡数を下げられない状態が続いている。 pic.twitter.com/LZiupTD3vm

posted at 05:39:31

7月7日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/6版
データが更新されていない国が複数あった。フィリピンもそのひとつで、シンガポールに追いついている頃なのに、グラフが折れ曲がってしまった。イスラエルは陽性者数累計が週に約20%増、日本、オーストラリアは、7%増ぐらいまでペースを上げてきている。 pic.twitter.com/t6968JLcvB

posted at 05:34:08

2020年07月06日(月)13 tweetssource

7月6日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

@debikun2000 6月の1ヶ月間だけだとCFRは4.1%、昨日までの2週間だと0.9%です。弱毒化なのか、感染力アップで若い人の感染割合が上がったことでCFRが下がっているのか、もうちょっと情報が欲しいところです。

posted at 17:27:23

7月6日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナウイルス(COVID-19)ステータス (2020/07/06)
世界全体での致死率(CFR)は、4.69%→4.64%に。日本のCFRも5.0%まで低下しているが、世界平均との差は開いている。インドがロシア、フィリピンがポルトガルを越した。インド、フィリピンとも、陽性者の増加ペースが衰えない。

posted at 13:46:51

7月6日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

日本のコロナ推移グラフを更新。
厚労省がやっとコピペできるデータ www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/k を公開したので、検査関連データに反映。陽性者数と死亡者数はNHK。検査数は4月中旬から横ばいなのに、6月から日々の陽性者数が顕著に増加。収束することなく感染拡大がぶり返したことが見てとれる。 pic.twitter.com/GKEA4XoJXa

posted at 05:26:55

7月6日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ死亡者数推移 7/5版
報告される陽性者数だけが増えている日本は、致死率(CFR)がさらに低下し4.9%に。現在の重症者数は32人と少なくなっており、まだしばらくはCFRが下がる見込み。ただし、入院者数は増加しているので、しばらくすると重症者、死亡者も増えるかもしれない。 pic.twitter.com/Olk8VNZbSg

posted at 05:21:41

7月6日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

コロナ陽性者数推移 7/5版
厚労省検査数データ www.mhlw.go.jp/content/pcr_ca を反映。最近の、日本の検査陽性率急上昇は、とてもまずい傾向。蔓延が激しいオーストラリアのVICは、国際線迂回、一部ロックダウン、大量検査などで封じ込みを狙う。スウェーデン、フィリピン、イスラエルの傾きがほぼ同じに。 pic.twitter.com/fvJjeQ8sWJ

posted at 05:17:17

このページの先頭へ