情報更新

last update 07/04 02:59

ツイート検索

 

@pluredro
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

  • 45フォロー
  • 2,405フォロワー
  • 100リスト
Stats Twitter歴
4,063日(2011/05/21より)
ツイート数
13,793(3.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年07月03日(日)11 tweetssource

5時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

担当者の1人は、「今チェックしているところです」って言ってきたんだけど、うちのサーバにアクセスした形跡がなかったので、証拠画像とともに「月曜対応になるんなら教えてくれ」と連絡したら別の担当者が登場。圧力をかけるのに成功。

posted at 21:40:27

5時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

WEBショップに突っ込んだアプリにいくつか問題があったんだけど、日曜なのにアプリの開発会社が対応して修正してくれた。大元がインドの会社だけあって、登場する担当者が、エキゾチックな名前なのが印象に残った。

posted at 21:37:47

17時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

ColesグループのKmartに相当するのが、WoolworthsグループのBIG W。Kmartで見つからないものがBIG Wに置いてあることもある。Coles、Kmartより、Woolworths、BIG Wのほうがこじゃれた印象で(個人的感想)、平均して若干割高かなと思う。
www.bigw.com.au

posted at 09:28:11

17時間前

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

Colesで買い物をしたら、レシートの下方をチェック。提携グループでの割引が表示されているので、別の店でレシートを見せるなどすればOK。ガソリンスタンドのColes Expressは、レシートでの値引きがないと、周辺の他社スタンドより割高な場合が多い。

posted at 09:18:49

2022年07月02日(土)1 tweetsource

2022年07月01日(金)2 tweetssource

2022年06月30日(木)1 tweetsource

2022年06月29日(水)6 tweetssource

6月29日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

電気工事は、午前中で完了。昨日、今日と続けて来てくれた人は、私と同じAcacia RidgeのTAFEに行っていたそう。田舎のほうだとTAFEや志望の職業にあったコースがないので、通学が大変。
#オーストラリア

posted at 12:39:19

6月29日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

「100人の集まりで、ワクチン接種を受けていた5人だけは感染しなかった」とか、「みんな死んじゃったけど、うちの家族だけは新型ワクチンのおかげで助かった」みたいな話がぼんぼん出てくれば、大勢が我先にと打つんじゃないですかね。

posted at 07:36:28

2022年06月28日(火)8 tweetssource

6月28日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

電気工事屋さんの今日の作業完了。07:00スタートで昼食をはさんで17:00まで。多分、1日仕事の予定が予想より時間がかかったんだと思う。明日、配線を繋ぎ変えて完了となる見込み。

posted at 16:12:19

6月28日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

#オーストラリア の会社は、見習いを合法的に安く使える。一方、技術系ビザの場合、最低年収は$53,900から。スキルもない、言葉も通じにくいとなると、会社は海外移民より割安な若年者を使おうとするだろう。

posted at 13:41:34

6月28日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

業者さんの1人は17歳の見習いで、時給$14だそう。同僚が帰ってくるまで1人で穴掘りを続けていて大変そうだったので、「ボスには内緒だよと」と言ってこっそりお小遣いをあげた。がんばれ若いの。

posted at 12:05:49

6月28日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

てっきり重機で掘るものだと思っていたので、手掘りを始めたときはちょっとびっくり。採石が車で踏み固められたところで大変そうなので、どこの誤家庭にもあるジャックハマーを供出。 pic.twitter.com/fWiLoYKSqo

posted at 10:27:24

6月28日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

奇跡が起きて、業者さん2人がほぼ予定どおりに来た。でも、電力線を埋めるのに穴を掘るシャベルを1本しか持ってきていなくて、「シャベル借りられるかなあ?」と聞かれたのが、 #オーストラリア クオリティ。

posted at 10:11:52

2022年06月27日(月)5 tweetssource

6月27日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

14~17インチぐらいで解像度FHDのモニタはモバイル用途のものが大半で、端子が本体側面に付いている。そうするとケーブルを引っかけてしまう恐れがあるので、工房では使いたくない。普通に売っている24インチぐらいのだとでかすぎ。

posted at 16:44:51

2022年06月26日(日)2 tweetssource

6月26日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

予定されている電気工事にあわせて、ガレージから車を1台追い出して、材木を工事が行われるところから動かした。あとは火曜日になって、業者から「ごめん、今日は行けなくなった」と連絡が来れば予定どおり。
#オーストラリア

posted at 13:35:46

2022年06月24日(金)4 tweetssource

6月24日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

20万円ぐらいの中華CNCは、ほぼ完組み状態で届くはず。で、組み付けは雑だったりするので、各軸の直角はしっかり確認、調整して、ボルト類はしっかり締め直してください。ちゃんと調整すれば、夜中の小人さんをゲットしたような気分にひたれます。

posted at 18:23:45

6月24日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

数万円のCNC加工機を買って「中華製はつくりが....」みたいなことを言っても、それは値段相応だから当然でしょうと。それなりに使えるものは、20万円ぐらいから。友人、知人がこれより安いものを買おうとしたら全力で止めます。

posted at 18:16:27

6月24日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

火曜日に業者が電力線埋設工事に来るので、庭を掘り返されたときに影響が出るところを片付け。木工職人の道は厳しい。

posted at 16:08:04

2022年06月23日(木)8 tweetssource

6月23日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

6040までの小型中華CNC加工機は、ほとんどがソフト側からスピンドルの回転を制御できない。CNC本体側のスイッチで回転のオンオフをして、つまみで回転スピードを調整。で、時々スピンドルを回転させるのを忘れてjobをスタートしてスピンドルを折ってしまう。

posted at 18:37:30

6月23日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

人口あたりの新規コロナ死亡で、台湾は今でも世界トップを維持。世界平均やアジア平均と比べると、酷さが際立つ。
ourworldindata.org/explorers/coro pic.twitter.com/fE8tXimxUp

posted at 11:45:21

2022年06月22日(水)1 tweetsource

2022年06月21日(火)3 tweetssource

6月21日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

#オーストラリア でも電気自動車普及の流れはあるけど、2~3年したら一度反省会となりそうな悪寒。日本市場で安心と思える後続距離の倍ぐらい走ってくれないと、日常使用に不都合がありすぎると思う。

posted at 12:01:43

6月21日

@pluredro

Junichi YANANOSE@pluredro

#オーストラリア は、走っている車のメーカーの幅が広い。私の生活圏では、ここ1、2年で、HavalやMGなどもずいぶん見るようになった。新車不足でとりあえず買える車を買って「なんだこれでいいじゃん」となったら、そっちにシェアが流れてゆく。

posted at 11:52:22

このページの先頭へ