情報更新

last update 06/17 02:01

ツイート検索

 

@pubkugyo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

Stats Twitter歴
3,959日(2008/08/15より)
ツイート数
3,315(0.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年06月12日(水)2 tweetssource

6月12日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

ここでJenkinsは明確に概念工学的アプローチをとってる,つまりtrans rights movementにかなうかぎりでのgender identityの説明を探しており,どういうのが"かなう"かも議論してる.別の目的がありうること(たとえばJeffreys 2014の単著)にもいちおう言及がある.
www.taylorfrancis.com/books/97813157

posted at 14:39:15

2019年06月11日(火)8 tweetssource

6月11日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

もちろんこれを受け入れたうえで、言及ってのは(たとえば逮捕拘束とか傷害付与とかに比べて)とても軽少なことでしかなく、たとえどれほどの脅迫・罵倒・煽動でも、それに伴う自律性の尊重は最小限ですむから、ネットで軽く調べたぐらいでたいてい十分でしょ、という立場は魅力的なのかもしれない。

posted at 21:21:09

6月11日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

これはおそらく自律性への介入を正当化する1条件なんだと思う。他人やほかの集団に言及する際は、その言及の重大さに応じて、そいつの自律性を尊重すべきだ。それには、そいつが何を目指し何を考えているかをある程度知る必要がある。(何も知らずにたまたま尊重に成功するケースも排除しないけど)

posted at 21:11:12

6月11日

@filmartsha

フィルムアート社@filmartsha

【いよいよ本日!!!】

『プレイ・マターズ 遊び心の哲学』刊行記念
「遊び」をめぐる、ゲームスタディーズの新潮流、です🎮

【登壇者】
松永 伸司(ゲーム研究・美学)
吉田 寛(感性学・ゲーム研究)

ぜひお越し下さい🙇‍♂️

◎当日券あります
ジュンク堂書店池袋本店(19:30開演)
☎03-5956-6111 pic.twitter.com/SsZJey6rPs

Retweeted by kugyo W

retweeted at 14:00:21

2019年06月10日(月)5 tweetssource

6月10日

@humanworld_kuri

稲松@humanworld_kuri

舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究がありえるのかと。
www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/2 pic.twitter.com/xYIHkZnVP1

Retweeted by kugyo W

retweeted at 19:41:23

6月10日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

林斯諺 2008、"バドミントンコートの亡霊"(稲村文吾・訳 2014)、途中で探偵役がなぞめいた図形を描いてみせるところでこちらは内心「三角館!」と盛り上がった。安楽椅子探偵のは、手がかりの発見のくだりが難しいが、これはわりと自然な流れ(細部に見えた点が重要)。
a.co/hh5EG9n

posted at 19:29:09

6月10日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

まあ、倫理的な帰謬法みたいなのを見ると、
・何かを前提にするととんでもないことが当為になってしまう、
・しかしそれが当為であるというのは(単に反直観的であるというよりは)不公正だ、
・したがって前提は認められない、
と進むのがあると思う。これはほぼ“不公正なのが不公正だ”かも。

posted at 08:53:50

6月10日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

何かが不公正であることの源泉を探るのは真っ当である一方、
何かが不公正であることじたいが不公正であるというのは無意味だが、
何かを不公正だと非難することじたいが不公正であることはある。
非難は倫理的評価の1つなので、ほかの倫理的トピックとちがう問題(評価じたいの性質)が生じるのだな。

posted at 08:25:46

2019年06月09日(日)2 tweetssource

6月9日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

ゴマすりクソバードとかいうけど,ラドンは怪獣界の当事者で,彼の判断のおかげで,映画の各時点でだれがKingなのかが我々にもハッキリする側面がある.モナークの面々も同じで,我々とちがって怪獣の専門家集団なのだから,理屈がおかしく見えても我々には簡単に批判する資格はないかもしれない.

posted at 20:13:41

6月9日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

明日は(全国的に?)簿記の試験らしいのでがんばってください,計算ミスは見返せば見返すほどなくなります,私も初級の本番で4周ぐらい同じ計算をして漸進的に点数をあげました

(簿記はbookkeepingの音写なので,簿記と書くだけでダジャレを積める,マニ車のようだ) twitter.com/pubkugyo/statu

posted at 00:00:27

2019年06月08日(土)8 tweetssource

6月8日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

拡張セットでいいので、怪獣が来て都市をメチャクチャにするフレーヴァを入れてほしい。雰囲気でゲームをしたいんだ私は!

posted at 21:54:59

6月8日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

まあ、「即時効果」はソーサリー、「アクションカード」はアーティファクト(アンタップがある)、「永続効果」はエンチャント。「生産カード」は英雄譚か。
資源は海藻が一気に消えるラストぐらいしか困らないので、手元のカードで頭を使いたいが、各回の選択肢が少なく、あまり深刻に悩まなくてすむ

posted at 21:53:27

6月8日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

「つながる」もトンネルと都市への直接隣接とがあり紛らわしい。
「街コロ」(2012)みたいなゲーム感かな。
己の入り江の完成に向け、「永続効果」「アクションカード」「生産カード」を「獲得」(ボード外に並べる)して自己強化していくので、遊ぶときは同梱ボードよりずっと広いスペースが必要。

posted at 20:23:02

6月8日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

手番には「カード」を「プレイ」し、「アクションスロット」を選ぶ。その結果、そのカードは「獲得」されたり捨て札にされたりするが、「即時効果」以外は獲得するまで書いてあることに意味がない。なかでも、「アクションカード」は、同じ言葉を使っていながら、アクションスロットと特に関係ない。

posted at 18:51:55

6月8日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

このゲーム、非常に説明書が悪い。
まず、「初期都市」の定義がp. 6の図中にしかない、これは「プレイヤーボードの準備」に記載すべき(ゲーム開始時にボードに必ず置くものなので)。さらに、「主要都市」という紛らわしいが全く異なる用語とのちがいも説明がない。
また、カードの働きもややこしい。

posted at 18:51:55

6月8日

@yabusakiky

kyokoyabusaki@yabusakiky

『プレイ・マターズ』刊行記念、訳者の松永伸司さんと吉田寛さんのトークイベント近づいてきました。6/11(火)池袋ジュンク堂書店で19:30〜。松永さんと吉田さんの話がいっぺんに聞けるという今のゲームスタディーズに興味ある人ど真ん中なやつですよ。ご予約はお電話で→
twitter.com/filmartsha/sta

Retweeted by kugyo W

retweeted at 16:28:06

2019年06月07日(金)4 tweetssource

6月7日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft はい,直接批判する際には具体的な相手がいるわけなので,そのような具体的な指摘をしていくべきですね.また,先行研究にはいろいろな機能があることも納得しています.一元的な目的のために使っていくべきだ,という主張は(私は自分がそう主張したと思いますので)専横でした.

posted at 00:09:50

6月7日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

Jenkinsが2018/04に同じメディアに,Stockとは反対の立場での記事を書いていて theconversation.com/can-a-woman-ha ,記事どうし比較すると,提出した根拠の信憑性としてはあまり変わらないと言うべきかもしれない.いや,NatureのほうがFair Play for Womenよりまとも,みたいなこと言えるかもだが.

posted at 00:06:35

6月7日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

WebメディアThe ConversationにStockが2018/10に書いた記事 theconversation.com/why-self-ident は,トランス女性を性的襲撃者として表現するなどのかどで,学者による糾弾(Open Letter)を受けた.
docs.google.com/document/d/1Uv
糾弾のほうは論文を典拠とするが,Stockのほうはネット記事がほとんど.……ただし,

posted at 00:06:35

2019年06月06日(木)11 tweetssource

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft はい、いま私が典拠を出すべきだという文脈へと勝手に引き上げてるのは私自身であり、こういう場で一般に典拠を要求するのは基準が高すぎるというのは認めます。もともとのツイートの補足にも書いたとおり、ネットはそれにそぐわないのかもしれません。(基準が高まる文脈もあるとは主張したいですが)

posted at 07:30:47

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft ありがとうございます、たしかに気持ちの部分よくわかります。
件の寄稿によるその被害について(もちろん直接の言及に付されたトランス当事者が最大の被害者ですが)、私が他人ごと扱いしてる、ってことかもしれません。むやみに評価の文脈を持ち出すのは当事者フレンドリーな態度ではなかったです。

posted at 07:22:21

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft そんなわけでいろいろ書きましたが、そもそも私の主張(署名や声明について学者がとるべき態度はかくあるべし、というような)を裏付けるような研究を提示できなくて申し訳なく思います。私もなんらかあった上で言うべきだとは思ってます。

posted at 07:04:42

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft (ただ、ご指摘のとおり「賛同・不賛同を決める」だけで批判に値するとは言えませんね。これは私が怒りすぎました)
で、こういう性格の付与が、もとの声明への賛同のハードルを無思慮に高めてるという批判はもちろんあると思います(私は適切だと思ってますが、その説明はブログで改めてします)。

posted at 06:56:54

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft ありがとうございます。効いてるポイントを敷衍させてもらえれば、
私は、この声明への賛同を哲学者が典拠なしで表明すると、「学問的誠実さの問題」の3点に自ら抵触しちゃうと思ってます(一般の声明とはここで性格がちがう)。これは一見不合理なので、正当化の要求を受けてしかるべきだと思います。

posted at 06:53:43

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft はい、それは確かです。手抜きは一応の悪さを備える、というのを自明な前提として書いたことになると思います。これは評価の文脈では受け入れてもよいが、賛同の文脈では明らかでなく、たとえ私が評価の文脈で使っていたとしても、賛同の文脈に悪影響を及ぼす、というのがご懸念かと理解しました。

posted at 06:16:11

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft 目的については私は独立した主張と考えてます。あるいは、ほかの条件が等しくないときには、つまり目的その他の条件によっては手抜きが正当化される、と言うことで、価値中立的に「手抜き」という語を使ってるのだと言うべきだったかもしれません(そうは見えないというのは認めます)。

posted at 06:00:38

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft 声明・署名ってものの目的については、私はべつの考えを持ってます。賛同者が集まることは副次的で、たとえば(今回の署名について言えば)謝罪があることや、トランスの性自認を、現行の差別を考慮せず軽々に議論に付すのは不当だという態度が広まることなども、目的のひとつと言えると思うのです。

posted at 05:47:34

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft ご説明ありがとうございます。ご説明にあるような利益(緊急性?)に訴えた正当化は、それ自体には疑問ありません。(なお、不確実な状況での専門家の行動指針は工学者倫理で研究されている気がするのですが、特に深い正当化を見つけられてません)ただし、

posted at 05:40:55

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft (いちおう、直接の回答としては、
「(私には)~が不明だ」
と述べただけで、この手の私の無知についての私の主張に根拠はさしあたり不要なので、参照している研究などないがそれで正当だ、などと言えるかもしれません。しかし「~不明だ」を単なる知識主張ではなく非難として用いたことは認めます)

posted at 05:23:00

6月6日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@Zahlangabeheft 確認ですが
・何かの研究を参照して、ある声明を評価する
・何の研究も参照せず、ある声明を評価する
他の条件が等しければ、後者を前者に比して手抜きと呼べるのは明らかだと思ってます(手抜きを正当化する条件が何かは争える)。
それにも典拠がなければ自己論駁的だ、というご主張をお持ちですか?

posted at 05:10:10

2019年06月05日(水)3 tweetssource

6月5日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

もちろん、専門分野の研究者だから、あらためて先行研究なんか見なくても、ちゃんとよしあしがわかるので、特に手抜きというほどのことはない、ってこともある。
あと、問題は深刻なものの、インタネットは軽視してよく、いちいち根拠をまじめに開陳するには及ばない、というのもあるかな。

posted at 21:56:38

6月5日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

なんらかの声明の評価に、なんらの研究の参照もせず、学者として賛同・不賛同を決めるのは、少なくとも手抜きだと思う。責任をまっとうしてないとは言わないにせよ、なぜそんな手抜きをするのか不明だ。己にとって些細な問題だと思ってるのなら、わかる。(なにもかもに真剣に肩入れできはしないので)

posted at 20:43:21

2019年06月04日(火)13 tweetssource

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

*貞子vs伽椰子*(2016)、いま見るとバトルが物足りないな……ぜいたく…… / ふつうにしゃべってるひとが突然アタリが出たみたいに意味わからんたわごとをバーッと挟んで、また元の話に戻る、みたいなのわりと恐怖描写で見かけるが、最近そういうの自分の身に起きててやだな。調子悪いんだろうな。

posted at 21:45:31

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

たとえば、Anderson 2018, *Problematic: How Toxic Callout Culture is Destroy Feminism*で扱われてるのも、ポップカルチャーの作品への、不買を含めた倫理的糾弾が主だったと思う。
もちろん、call-out cultureはいまでは単に大勢でだれか・何か糾弾することを指して使われることが多いのだろうが。

posted at 14:23:27

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

call outってストライキを動員するって意味で、だからコールアウトカルチャーってのも単にバーカバーカって囃したてるだけではなく(それだけでもひどいが)、予約キャンセルなどで経済的に損害を与えてやろう(そしてそれをSNSで触れ回ろう)って現象なんだな。だからcancel cultureとも呼ばれてる。

posted at 14:02:56

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

議論を戦争の比喩で語るのもどうかと思うが,賭博の比喩で語るのもそんなにいいもんじゃないと思うんだよな.「賭け金をつり上げる」とか「手を晒す」とか,レトリックで勇敢さを不当に付与して,正当化を怠りがちだと思う.いや,みんな賭博になじみがあって,イメージしやすいのかもしれないが……

posted at 05:48:02

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

皮膚疾患により地表を避け海底ドームに住む人類,海中で争う遊撃式軍事兵器MM(マスタ・モンキー),情報企業の顔となった母「マミー」,それらは文学的象徴かと思いきや,物語の伏線でもある
奇病「LOGO病」や「富江」「ドラウパディー」とのやりとりはギブソンのビゲンド3部作のロゴマンサーも彷彿.

Retweeted by kugyo W

retweeted at 03:05:14

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

芸術SF18:紀大偉 1996,“膜”(in:白水・編訳 2008),SFミステリー!病床をともに過ごした臓器アンドロイドへの身体交換によって生き延びたのち海底都市のエステティシャンとなった「黙黙」(モーモ)は肌塗布式スキャナによって客の触感ログを盗み読んでいた,しかしその表層にはさらなる秘密が!

Retweeted by kugyo W

retweeted at 03:05:10

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

先月中に年をとったので、海中に都市をつくるゲームを買った。
「アンダーウォーター・シティーズ」(2018)は海草農場で酸素をまかないつつ、自らの入り江に海底プラントを建築していくワーカプレイスメント。海底都市ドームを実際に盤面に置ける(あたまに載せてはダメ)。
www.instagram.com/p/ByQbY1zg_8e/ pic.twitter.com/znf5Gpb29T

posted at 03:03:59

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

怪獣の名前ってどうやっても字面だけだとシラケてしまうので,劇中でしかるべき活躍があって,字面に抱いてたイメージを更新してもらうのが快感なんだよな(新ライダーが動くとカッコいいってのと同じ).小説でそれやるのは猛烈に難しいが,映画にはうってつけだと思うので,やってほしかった.

posted at 00:38:33

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

*ゴジラ キング・オブ・モンスターズ*(2019),スーパーXに「アルゴ」並みの機動力あったらな……
チラッと映るオリジナル怪獣名がギリシャ神話など由来なのも含め,言葉の外連味だけが不満だが,徹底して人間サイズ視点の怪獣描写はよかった.(特撮だと,セット全体を上から映すのも好きなのだが)

posted at 00:23:22

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@izumiumi ご連絡遅くなってしまったこと,重ねてお詫びいたします.izumiumiさんが個々の語彙を軽視しない姿勢をとっておられることは理解しますし,尊敬しているところでもありますので,なんとか回答できればなと思っております(その結果私になんらか不当な態度や前提があることがわかるとしても).

posted at 00:17:48

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@izumiumi 今回,「殴り合い」という語をあてるか否かに大きな力点があるんだと思います.私はご敷衍いただくまでそう気づかなかったので,25日の回答(twitter.com/pubkugyo/statu )で初めて触れる形になりました.同回答でなお確認なさりたい点から逸れてるとお感じでしたら.再度ご質問いただければ説明試みます

posted at 00:17:29

6月4日

@pubkugyo

kugyo W@pubkugyo

@izumiumi お返事たいへん遅くなり失礼しました.私も,質問に対して回答のまえに意図とか前提をただされるのは,不当とは言わずとも不愉快だと思います.ただ,ジェネラルに回答したうえでなお疑問が消えてないと推察した場合は,意図や前提の確認を挟んで問題ない,というのもまた,共有できると思ってます.

posted at 00:16:29

このページの先頭へ