情報更新

last update 04/23 09:16

ツイート検索

 

@rainbow_citybus
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

  • 0フォロー
  • 174フォロワー
  • 3リスト
Stats Twitter歴
1,206日(2015/01/04より)
ツイート数
760(0.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年11月10日(金)1 tweetsource

11月10日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

【お知らせ】現在、各種告知等については市交研公式サイトにて発信を行っています。お手数をおかけいたしますが公式サイトからのご確認をお願いします。

posted at 21:43:36

2017年09月01日(金)1 tweetsource

2017年08月29日(火)1 tweetsource

2017年08月25日(金)2 tweetssource

2017年08月20日(日)1 tweetsource

2017年08月19日(土)3 tweetssource

2017年08月18日(金)1 tweetsource

2017年08月17日(木)1 tweetsource

8月17日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

同じ1992年度車で更新を受けた車両の車内。
床材更新・モケット張り替えなどは他の年度の更新メニューと同じでしたが、非公式側の横向きシートを無くす大規模な座席配列変更も同時に行われ、登場時から大きく印象を変えた車内に。 pic.twitter.com/hSDgkKo2sd

posted at 23:50:14

2017年08月15日(火)3 tweetssource

2017年08月14日(月)1 tweetsource

8月14日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

なつかしの座席配列、バブリー仕様全盛期の1997年度車編。
1993年度車以降は写真の座席配列で落ち着き、5年間導入が続いたことから一大勢力に。乗客の流動に優れた車内だったためか、京都市交など他社局にもこの座席配列は波及しました。 pic.twitter.com/wwiXm5VfSU

posted at 22:32:34

2017年08月13日(日)6 tweetssource

8月13日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

かつては車齢7年前後で施行されることの多かった内装更新も、財政難が進んだことで1994年度車を最後に中断。
1995年度車以降は優先座席のモケット更新のみに留められるようになり、座席配列変更も見られなくなりました。

posted at 23:20:35

8月13日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

なつかしの座席配列、初期型ノンステ編(写真は1999年度車・いすゞ-西工)。
立席定員確保のために1台目の車イススペースに座席がなかったのが特徴。内装のグレードダウン等も挟みながら、2000年度車まではこの仕様での導入が続きました。 pic.twitter.com/7TqhCM82sw

posted at 19:28:59

2017年08月11日(金)4 tweetssource

2017年08月10日(木)1 tweetsource

2017年08月09日(水)6 tweetssource

8月9日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

1994年度に試験導入されたワンステ車の車内(いすゞ車・更新後)。
低床車という特殊事情もあって、ワンステ車に限り三方シートが一時復活。車イス対応の跳ね上げシートがあった都合で、珍しく優先座席が非公式側にあったのも特徴でした。 pic.twitter.com/cuegzNmjh4

posted at 00:28:10

8月9日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

1992年度車、未更新車の車内。
茶色基調の床に変わったほか、立客の流動をスムーズにする目的で三方シート風の座席配列を採用。思い切った座席配列変更でしたが評判は芳しくなかったようで、内装更新や未更新車の除籍とともに徐々に姿を消しました。 pic.twitter.com/CtpKyco55D

posted at 00:22:54

2017年08月07日(月)3 tweetssource

8月7日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

日野・ポンチョの車内(2011年度車)。
国産の小型車導入+標準仕様ということもあって、座席配列もオール前向きシートを採用。モケットやつり革・座席の形状も一般車と共通で、外車時代の車内から大きく変化しました。 pic.twitter.com/NOqEMwkay4

posted at 01:24:23

8月7日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

一般路線転用後。市営事業廃止の方針が決まった影響で転用計画が見直され、移管先に継承されない12両は'14/4再編で除籍。左奥に写る42-1692もシティバスに引き継がれることなく、新製2年での除籍となりました。
('13/4撮影) pic.twitter.com/0b0EkSr3tl

posted at 00:36:34

8月7日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

最後の新車導入となった2011年度車、日野・ポンチョの新車時代。
オムニノバの置き換え用として登場したものの、一般路線への転用がほぼ決まっていたため、一般塗装準拠の塗分けに赤帯を巻いての登場となりました。
('12/5撮影) pic.twitter.com/U4QVbMy2tJ

posted at 00:27:38

2017年08月05日(土)4 tweetssource

2017年08月03日(木)3 tweetssource

8月3日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

なつかしの座席配列、1999年度編(写真は日野車)。
コストダウンを進めた結果、横向きの優先座席を除いてP-規制時代の座席に逆戻り。公式側の2人がけ前向きシートも一部復活したほか、座席のモケットが変わったのもこの年度から。 pic.twitter.com/SD9ljiegdT

posted at 00:44:14

8月3日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

なつかしの座席配列、1998年度車編(写真は日野車)。
車種によって若干の違いはあるものの、前向きシートの座席をバケット式がハイバック式へと変更。化粧板も木目から無地に変わるなど、それまでのバブリー一辺倒から風向きが変わる仕様となりました。 pic.twitter.com/HZ78M9c3FB

posted at 00:40:52

2017年08月02日(水)1 tweetsource

2017年08月01日(火)2 tweetssource

8月1日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

運行系統表によると「IKEA鶴浜⇔梅田・大正Express」は1号系統、「USJ直行バス」は249号系統。系統番号を〇〇号系統と呼称させるルールも大阪市交から継承している模様。

posted at 23:28:52

2017年07月31日(月)2 tweetssource

7月31日

@rainbow_citybus

大阪市交研究会@rainbow_citybus

大阪市バスの時刻表非掲載便、今ではさすがに設定されていませんが2007年ごろまでは出入庫が絡む系統で運行されていました。ゾーンバス時代の名残が残っていた頃のむかし話。

posted at 23:46:47

2017年07月29日(土)3 tweetssource

このページの先頭へ