情報更新

last update 04/06 07:38

ツイート検索

 

@rf2hw2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

  • 1,389フォロー
  • 769フォロワー
  • 8リスト
Stats Twitter歴
959日(2017/08/23より)
ツイート数
16,654(17.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年04月05日(日)9 tweetssource

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童の権利条約:3項[締約国は児童の最善の利益に反する場合を除くほか父母の一方又は双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係及び直接の接触を維持する権利を尊重する。9条1項[締約国は児童がその父母の意思に反してその父母から分離されないことを確保する。

posted at 21:31:39

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童の権利条約:40条1項[締約国は刑法を犯したと申し立てられ訴追され又は認定されたすべての児童が尊厳及び価値についての当該児童の意識を促進させるような方法であって当該児童が他の者の人権及び基本的自由を尊重することを強化し,かつ当該児童の年齢を・・・配慮した方法により取り扱われる

posted at 21:01:37

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童の権利条約:37条[締約国は次のことを確保する。(d) 自由を奪われた全ての児童は弁護人その他適当な援助を行う者と速やかに接触する権利を有し裁判所その他の権限のある独立の,かつ公平な当局においてその自由の剥奪の合法性を争い並びにこれについての決定を速やかに受ける権利を有する事

posted at 20:31:35

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

家事審判官が親の利益と子の利益を衡量するなどあってはならない。 子どもたちは両親の紛争など関係ないのであって、改正児童福祉法は「社会が守るべき人権は国益」といえるまでの改正がなされた。 国民から選ばれた議員は被害者に耳を傾け 、その国益である子の人権を守る為に粛々と制度改革すべき

posted at 20:01:38

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

世界のほとんどが共同親権。単独親権は日本と北朝鮮ぐらいです。もし北朝鮮と韓国が法を統一すれば北朝鮮が先に共同親権になる可能性もある。世界から取り残される日本の人権軽視国家、単独親権制度で紛争に巻き込まれる子どもたちを守っていく為に、児童の人権啓発活動を前のめりで取組んでいきます。

posted at 19:01:37

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

[人身取引]とは他人の人身で[利益や権利]と取引する事です。実子誘拐後に子どもを拘束し親に会わせず[親権、養慰謝]を交渉する[面接交渉]は人身取引の性格を持ち「面会交流」は子の人権として必要であり民法が改正れた。未だ残る面接交渉の容認司法は子の利益より親の利益を優先しています。

posted at 18:31:37

4月5日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

単独親権取合い法が無くなれば、取合う権利、それの為の利益衡量に意味が無くなるので必然的に弁護士の旨味も無くなる。子どもの人権を弄ぶ法制度が無くなれば、その旨味にしゃぶりつく弁護士が明らかに減少する。子どもの権利が尊重される日本として世界基準に辿り着く事が必ず来る。いつか必ず。

posted at 18:01:36

2020年04月04日(土)10 tweetssource

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

@ka_ys_on 福岡高決平成11年10月26日(民集54巻5号1607頁),などある。東京高決平25・7・3判タ1393・233の実務例などを示し、また大阪家審平成5年12月22日家月47巻4号45頁や横浜家審平成8年4月30日家月49巻3号75頁,東京家審平成18年7月31日家月59巻3号73頁を示していきましょう。

posted at 22:29:04

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

@ka_ys_on 浦和家審昭和57年4月2日(家月35巻8号108頁),東京家審昭和62年3月21日(家月39巻6号52頁),千葉家審平成1年8月14日(家月42巻8号68頁),岡山家審平成2年12月3日(家月43巻10号38頁),大阪家審平成5年12月22日(家月47巻4号45頁)

posted at 22:23:46

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

@ka_ys_on 面会交流の権利性を肯定する判例としては,東京高決昭和42年8月14日(家月20巻3号64頁),大阪家審昭和43年5月23日(家月20巻10号68頁),東京家審昭和44年5月22日(家月22巻3号77頁),大分家中津支部審昭和51年7月22日(家月29巻2号108頁)

posted at 22:23:36

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

@ka_ys_on はい。最高裁による面会交流の権利性を認める二つの決定を経て(最二小決昭和59年7月6日(家月27巻5号35頁),最一小決平成12年5月1日(民集54巻5号1607頁)),平成24年4月1日に民法766条が改正され,面会交流は実体法上の根拠を有することになりました。

posted at 22:23:01

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

子を誘拐し、一方親子を引き離し利益と権利を奪う。会いたい親に会えなくて精神的被害を受けているのは子どもである。面会交流権を行使できない法の無策は違憲である。別居の子が面会出来る法整備を求め国提訴(18/03/09) youtu.be/cKoVGEoFYUw

posted at 19:01:35

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

Facebookで過去の投稿が上がってきたら毎回ダウンロードする。どれだけ監護役を担って共に過ごした時間が長くどれだけ心通わせていても、調査官は連れ去り監護者への子の依存を安定として判決文まで誘導する。殊更子ども達も過去は消えず依存されず他方親に「会いたい」と訴えど浮動的と判断。

posted at 18:31:35

4月4日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

幼少期に良くも悪くもコミュニケーションを続ける事と、引き離され続けた状態とでは成長過程の思考の変化影響は大きい。 神戸市議会文教子ども委員会で河南議員に当方の演説を後方支援して頂いた。自身引き離された状態であり、会えない事が当たり前に育った。そういう思考のまま育ってきたとした。

posted at 18:01:35

2020年04月03日(金)22 tweetssource

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

子どもと親の面会交流に強制する制度がなく、無策だと言われていますが、児童福祉法に子の権利条約の「親子不分離の原則」を明文化すれば、面会交流をさせない児童相談所や監護親の一方的な子どもの「モノ」意識、私物化を回避できます。賛同お願いしますchn.ge/2NrnI5i

posted at 22:01:49

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

虚偽DVは事実上の推定が既判力となる。裁判官の自由な心証により経験則を用いて、ある事実から他の推定事実を推認する。争いのある事実に関して証拠から直接、又は証拠に基づいて間接事実を認定し、その間接事実に基づいて主要事実の存在を推定する。社会状況の変化に女性優位の経験則など時代錯誤。

posted at 21:01:49

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

子が行きたい方に行くこと、その児童の自由意思を尊重し意見表明権を尊重すべきである。様々な心的抑圧で拘束する事を軟禁という。その後、親権や監護権、婚費や養育費、慰謝料などを誘拐後の支配権行使で交渉するのは人身売買である。このコンプライアンスの低さがハーグ条約不履行国と非難を受ける。

posted at 20:31:48

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

子どもを私物化して平然とツイート。[お母様はお父様にあなたがとられてしまうんじゃないかと不安なんだと思います。私もシンママだからその不安は分かります。高校入学時に入学金と引き換えにパパと面会は多いです。]面接交渉の時代錯誤。今は面会交流に改正された時代であり明らかに人身取引。

posted at 20:01:50

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

なぜ子どもを私物にするのか。子どもにも健やかに元気に、未来に向かって生きる権利がある。シングルの人命や人権を無視した事件が相次ぐ。 抱きかかえるように商業施設駐車場から母子が転落2歳男児が死亡:大阪堺news.sen-shu.jp/archives/27350

posted at 19:01:45

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

なぜ子どもを私物にするのか。大阪2児餓死事件:2010年に発生した大阪市西区のマンションで3歳女児と1歳9ヶ月男児が母親の育児放棄(ネグレクト)によって餓死した事件。調査官や児童相談所、民生委員は責任を放棄。児童の権利を明確化した児童福祉法改正は7年後の2017月4月1日に施行。

posted at 18:31:42

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

子どもの権利団体による面会交流促進セミナーなど参加しよう!パンフレットや促進リボンなど調停委員に見せる事で支援団体がバックについている事を示そう!親権衡量を撃退し子どもを権利を守ろう!養育と養育に必要な費用は両方必要!子どもは支配親の「モノ」ではない。#児童虐待 #子どもの権利

posted at 10:31:38

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

一方親の同意なく子を連れ去る行為につき,国外へ連れ去れば子の利益に資すらず権利を害するが,国内で子を連れ去れば「子の利益に資する行為であり子の利益(権利)は害しない」と解せるとするならば不自然である。人権保障の観点においてハーグ条約は立法され諸外国の自国内であっても有効である。

posted at 05:01:40

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

共同親権,共同監護,子の連れ去り拘束,不自由の強要など相談は初回無料で受付中。メール可。 作文した書面を添削及び代書します。代書事業として有料行っています。くれぐれも私憤が強い方はご遠慮頂きます。面会交流支援事業は,まだお手伝いできません。悪しからずご了承ください。

posted at 04:32:29

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

わたし本当のパパにあいたい!eiga.com/movie/85107/幼な子われらに生まれ:再婚は夫婦でも血の繋がらない子どもにとればペアレンタルアテンダントである。親になる!とか親と呼べ!など傲慢であろう。そもそも里親であり身上監護者であり実親ではない。

posted at 03:31:40

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

間接強制する前に貴方を強要罪で告訴します。面会交流が写真?こっちが受け取った証明が貴方に出来ると思っている?貴方が送った形跡などこちらに無い。子どもを拘束し続けて子ども達は親を知る権利を奪われる。親子不分離の原則,両性原理習得の原則,貴方が支配し続ける事で子どもが強要されている。

posted at 02:31:44

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

身体に対する暴力又は生命等に対する脅迫は無かった。相手方の主張を解すれば「抵抗できる状態であった事が分かる。」受けたとする暴力は恐怖心を抱くようなものではなく暴力を恐れて拒めなかったと到底認められない。回避できる状況でありながらその場に留まり続けており「暴力や生命の危険」は無い。

posted at 02:01:45

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

morimasakosangiさん先行した連れ去りを誘拐罪と認定し始めました。未成年略取誘拐罪を親告罪から外す事を提言します。 ハーグ条約の非加盟国を跨いでも国内であっても ハーグ条約批准国である日本では自力救済を求めていない。司法は連れ去る前の管轄地に子を戻して判断するべき。

posted at 01:01:48

4月3日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

morimasakosangiさんへ 刑法第226条2項4を類推適用:児童の身柄を拘束し続ければ公訴時効が継続するので身代金を支払えば売り渡しが思料される。相手から養育費の要求があれど承諾出来ない。親権等権利や利益と児童の身柄の取引上で扶養の義務を果たす事は不法行為となる。

posted at 00:31:42

2020年04月02日(木)27 tweetssource

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

単独親権制度は違憲である。清原清国際弁護士:共同親権はいらない。単独親権もいらない。そもそも親権がいらないのだ。社会は義務と責任を持て。両親も社会の一員として義務と責任を持て。2019月3月29日 モーニングクロス youtu.be/PTSAgjDgZdg

posted at 23:31:48

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

告訴の受理は明らかに告訴要件を満たし犯罪構成の有無を確認した上で検察庁と協議の上で受理され,その後に厳格な捜査の行使が義務付けられている。告訴の受理は然るべき捜査の後に必ず検察庁に送致されるのであって告訴の結果が不起訴であるかより受理されることが懲戒に値する特段の事情といえる。

posted at 22:31:44

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

親権もしくは監護権を有しない親としての最低限の要求..他方の親権もしくは監護権を有しない親は未成熟子と面接(面会)ないし交渉(交流)する権利を有し,この権利は未成熟子の福祉を害することがない限り,制限され又は奪われることはない:東京家審昭和39年12月14日・家月17巻4号55頁

posted at 22:01:50

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

実子誘拐後、子どもを拘束して生活が安定を見いれば継続性の原則、現状維持の原則が当てられる。乳児を連れて出た父親は高級なミルクと監護協力者の元ですくすく赤ちゃんを育て、母親は「親権・監護権」を奪われ、乳児の母乳を飲む人権すら奪います。この国では先に誘拐し拘束環境を継続させたら勝訴。

posted at 21:31:53

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

婚費の際、相手方が有責配偶者であることの証明必須。有責権利者本人の婚姻費用分担請求が制限されることは多くの学説や裁判例が認めているとおりである(札幌高裁決定昭和50年6月30日判時809号59頁・判タ328号282頁、福岡高裁宮崎支部決定平成17年3月15日家月58巻3号98頁)

posted at 20:01:49

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

最高裁は連れ去りと公言!母親に依存した子の環境を拘束と認定。ハーグ条約は元の管轄地に子を返還する視線措置。抱き抱え返還拒否する事は精神的ダメージを報じられている。子どもの精神的依存性は国内の未成年略取誘拐も同じである。youtu.be/p-L9yasEC-g

posted at 19:31:45

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

完全な善人(監護親)と完全な悪人(被監護親)という、そんな両親の子であるという自分として子どもは二つのアイデンティティを持つことになる。このような極端な二つのアイデンティティを統合する事は容易なことではない。youtu.be/q383dvCupVY?t=

posted at 19:01:53

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

親の一方のみを親権者とし、もう一方の親の子に対する親権を失わせる民法819条2項は、法の下の平等を定めた憲法14条1項や憲法24条2項に違反し無効である。親の子に対する親権は人権であり子は福祉と利益を両親から保護される権利がある。一方の親権を離婚裁判で失わせる必要性は存在しない。

posted at 17:31:45

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

平成12年5月1日最高裁:民集第54・5-1607 父母の婚姻中は父母が共同して親権を行い、親権者は子の監護及び教育をする権利を有し義務を負うものであり、婚姻関係が破綻して父母が別居状態にある場合であっても、子と同居していない親が子と面接交渉することは子の監護の一内容である。

posted at 17:01:49

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童福祉法第一章 総則 第一条 全て児童は、児童の権利に関する条約の精神にのつとり、適切に養育されること、その生活を保障されること、愛され、保護されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られることその他の福祉を等しく保障される権利を有する。

posted at 16:31:55

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童の権利に関する条約第18条 1 締約国は、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという原則についての認識を確保するために最善の努力を払う。父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての第一義的な責任を有する。

posted at 16:02:01

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

日本国憲法第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

posted at 15:32:00

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

日本国憲法第二十四条2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

posted at 15:02:04

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

日本国憲法第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

posted at 14:31:53

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

日本国憲法第十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

posted at 14:02:08

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

全ての国民に児童は含まれるのであって、社会的身分や経済的、社会的関係に差が有れども、成人と同じく自由及び幸福追求に対する国民の権利を有する。その上、児童福祉法に基けば、その福祉は社会によって守られるべき権利を有する。

posted at 13:31:57

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての第一義的な責任を有する。その責任とは、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという原則についての認識を確保するために最善の努力を払うべき責任である。

posted at 13:02:14

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

つまり離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならないことから、子の福祉を守る権利として存在する親権はその責任として共同に有するのであり、児童は社会からその共同の権利を確保すべき尊重され守られる権利がある。

posted at 12:32:11

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

児童の権利を主軸に見れば、単独親権を定める民法第819条 父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。という法令は、児童福祉法を照らせば合憲とは言えず、共同に親権を有すべき法理を違憲とは言えない。

posted at 12:02:18

4月2日

@rf2hw2

aiseki1@gmail.com@rf2hw2

「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」甲子とは変乱!今の変乱に風を感じているなら立ち上がろう!誰に頼ることなく自分が立とう。振り上げるのは他人の拳ではなく自分の拳。前の時代にしがみついている奴は相手じゃない。もう子どもが自由に親と会える時代が来る。次の相手はその先にいる。

posted at 11:01:47

このページの先頭へ