情報更新

last update 12/13 13:48

ツイート検索

 

@rf2hw2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

  • 830フォロー
  • 453フォロワー
  • 6リスト
Stats Twitter歴
478日(2017/08/23より)
ツイート数
5,595(11.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年12月13日(木)4 tweetssource

2時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

全ての国民に児童は含まれるのであって、社会的身分や経済的、社会的関係に差が有れども、成人と同じく自由及び幸福追求に対する国民の権利を有する。その上、児童福祉法に基けば、その福祉は社会によって守られるべき権利を有する。

posted at 13:31:34

2時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての第一義的な責任を有する。その責任とは、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという原則についての認識を確保するために最善の努力を払うべき責任である。

posted at 13:01:35

3時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

つまり離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならないことから、子の福祉を守る権利として存在する親権はその責任として共同に有するのであり、児童は社会からその共同の権利を確保すべき尊重され守られる権利がある。

posted at 12:31:35

3時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

児童の権利を主軸に見れば、単独親権を定める民法第819条 父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない。という法令は、児童福祉法を照らせば合憲とは言えず、共同に親権を有すべき法理を違憲とは言えない。

posted at 12:01:40

2018年12月12日(水)11 tweetssource

21時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

@inotake77 いつも啓発有難うございます。
ハーグ条約とは「別居前の子どもの管轄権を照らし、別居前の管轄場所に子どもを迅速に返還させるための手続」であり「共同監護権者の一人の監護権を侵害する子の連れ去りは不法なものである」として日弁連創立60周年記念誌「日弁連六十年」では定義がなされています。

posted at 18:24:25

22時間前

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

フレンドリーペアレントルールが100日面会ではないだろう。子どもに対して両親が寛容な親になる原則の事。それは子どもの為に私憤を抑える事の出来る親であろう。私憤を抑えきれず子どもを連れ去り、子どもに当たり、心的にも肉体的にも虐待する親も多い。紛争が高葛藤?子どもには関係ない事です。

posted at 17:31:35

2018年12月11日(火)10 tweetssource

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

不作為は、ハーグ条約に違反して返還されるケースで仮にハーグ条約非加盟国アセアンから国を跨いでもハーグ条約違反ではない事。つまり仰る通り先行した連れ去りが罪ではない事。ゴールドマン法という外部からの圧力は非常に有効であり国連の制裁決議レベル。ハーグ条約は単独親権で有効とはいえない。

posted at 20:31:35

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

幸せってなんだろう。 それを貴方が教えてくれた。 貴方が居たから幸せを知った。 貴方の存在を感じている限り 私は幸せを感じているはず。 貴方の温もりを感じたくて 貴方の写真を毎日見ています。 感じているはずの幸せは まだ消えていない そう信じて今を生きる。いつか貴方に会う為に。

posted at 20:01:38

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

子どもを誘拐した貴方へ。その時から子どもの記憶は止まっています。写真を送りつけて来ても1時間会っても、奪われた時の記憶のままです。 その時は止まり続け存命価値が見出せないのです。だから時を進めます。 写真を送りつけてくる貴方の時間が止まって見えた時、私達は存命価値を感じるだろう。

posted at 19:31:34

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

子どもを誘拐されたら実子ロス症候群で鬱になる。すぐそこに死を感じる。生きている意味が見いだせない。そうです。貴方より弱い子どもたちは同じように実親ロス症候群に陥り、貴方以上に精神的ダメージを負っています。依存するしかない拘束に自分を見失っています。貴方しか助ける事は出来ません。

posted at 19:01:36

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

面会交流は、離婚後に非監護親によって行われる子との面会および交流のこと?親だけ?間違いです。民法766条: 父又は母と子との面会及びその他の交流は、その協議で定める。子の利益を最も優先して考慮しなければならない。とある。 面会交流は子と親が行う子の大切な利益であり子の権利である。

posted at 18:31:35

12月11日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

戦後の妻子を守る専業主婦という文化は父性優先で子の成長と家族の生活を守った。婚姻契約を軽視する司法の運用は厳格な父から回避する子連れ別居文化を作った。子どもの精神的安定を見て母性優先となったが専業主婦という文化は男女雇用均等法により見直された。今正に子連れ去り文化を見直す時です。

posted at 18:01:35

2018年12月10日(月)18 tweetssource

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

YAMASHITA_OKさんへ 先行した連れ去りを誘拐罪と認定し始めました。 ハーグ条約を違反しているかどうかの認定のみに絞り ハーグ条約の非加盟国を跨いでも国内であっても ハーグ条約に違反していないから罪とならない事を防ぐ為、未成年略取誘拐罪を親告罪から外す事を提言します。

posted at 18:31:34

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

外務省が「子の連れ去りは罪にならない」と公言。北朝鮮美女と国際結婚して美女が子どもを連れ去っても罪ではないと明言。北朝鮮と同じく世界から子ども拉致帝国と呼ばれ北朝鮮と同じ単独親権制。人権感覚の麻痺。自分たちは正しいと勘違い。自分の子どもを北朝鮮に奪われても尚、他人だからと正当化。

posted at 18:01:38

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

婚姻費用は民法760条を根拠とする。婚姻費用のうち養育費部分を除く相手方配偶者の生活費については婚姻関係の継続をが前提とする。つまり自ら婚姻関係の破綻を主張して、自らの生活費部分について請求する場合、相手方が有責であることを立証しない限り、禁反言・信義則に反し権利濫用である。

posted at 17:31:36

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

父と母の共同して親権を行うことが最も望ましいのはいうまでもない。子供は産まれたときから二親とは別個独立の人格を有し、その者固有の精神的世界を有し、固有の人生を歩むというべく、決して、母親たる被告の所有物ではないのである。平成11年12月21日静岡地裁判時1713-92

posted at 17:01:36

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

告訴に弁護士も含めよう。被略取者引渡し等罪:未成年者略取・誘拐罪、営利目的の略取・誘拐罪、人身売買罪、または被略取者等所在国外移送罪を幇助する目的で、略取され、誘拐され、又は売買された者を引き渡し、収受し、輸送し、蔵匿し、又は隠避させた者(227条第1項)

posted at 16:31:35

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

告訴に弁護士も含めよう。刑法225条:目的があることが要件の営利目的等略取及び誘拐罪:刑法61条人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。 教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする。刑法62条正犯を幇助した者は、従犯とする。

posted at 16:01:35

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

親権とは民法766条改正後、子の権利保護という保護的性格の観点から捉えられるようになり、親権は権利であると同時に義務でもあると解される(820条)。さらに子どもの権利条約が締結された現在、子どもは単なる保護の対象としてではなく人権の享有・行使の主体として捉えるべきとされる。

posted at 15:01:36

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

ハーグ条約不履行国に認定されゴールドマン法の制裁が懸念される日本は、世界から子ども拉致大国日本と非難されている。親権者の同意無き子の連れ去りは諸外国で誘拐罪となるが日本は略取誘拐罪を構成しない事で横行している。北朝鮮の拉致を非難する日本として日本は子の人権にどう向き合うのか。

posted at 14:01:35

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

離婚の主張を弁論主義から推定破綻で肯定し離婚幇助する衡量は健全な婚姻生活の破壊を是認し助長することに帰する。離婚訴訟して婚費請求するのであれば自身の生活費に当たる扶養分の請求は否定し未成年の子の実質的監護費用を養育費の分担として請求しうるに留まる。しかし裁判所は不当利得を見ない。

posted at 13:31:35

12月10日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

人身売買罪第226条2項 3営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的で、人を買い受けた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。4.人を売り渡した者も、前項と同様とする。面会交流は非監護親と子らの権利であり、利益を買い受ける為の面接交渉は改廃している。

posted at 13:01:34

2018年12月09日(日)8 tweetssource

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

児童の権利条約:3項[締約国は児童の最善の利益に反する場合を除くほか父母の一方又は双方から分離されている児童が定期的に父母のいずれとも人的な関係及び直接の接触を維持する権利を尊重する。9条1項[締約国は児童がその父母の意思に反してその父母から分離されないことを確保する。

posted at 21:31:34

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

児童の権利条約:40条1項[締約国は刑法を犯したと申し立てられ訴追され又は認定されたすべての児童が尊厳及び価値についての当該児童の意識を促進させるような方法であって当該児童が他の者の人権及び基本的自由を尊重することを強化し,かつ当該児童の年齢を・・・配慮した方法により取り扱われる

posted at 21:01:36

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

児童の権利条約:37条[締約国は次のことを確保する。(d) 自由を奪われた全ての児童は弁護人その他適当な援助を行う者と速やかに接触する権利を有し裁判所その他の権限のある独立の,かつ公平な当局においてその自由の剥奪の合法性を争い並びにこれについての決定を速やかに受ける権利を有する事

posted at 20:31:35

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

家事審判官が親の利益と子の利益を衡量するなどあってはならない。 子どもたちは両親の紛争など関係ないのであって、改正児童福祉法は「社会が守るべき人権は国益」といえるまでの改正がなされた。 国民から選ばれた議員は被害者に耳を傾け 、その国益である子の人権を守る為に粛々と制度改革すべき

posted at 20:01:36

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

世界のほとんどが共同親権。単独親権は日本と北朝鮮ぐらいです。もし北朝鮮と韓国が法を統一すれば北朝鮮が先に共同親権になる可能性もある。世界から取り残される日本の人権軽視国家、単独親権制度で紛争に巻き込まれる子どもたちを守っていく為に、児童の人権啓発活動を前のめりで取組んでいきます。

posted at 19:01:36

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

[人身取引]とは他人の人身で[利益や権利]と取引する事です。実子誘拐後に子どもを拘束し親に会わせず[親権、養慰謝]を交渉する[面接交渉]は人身取引の性格を持ち「面会交流」は子の人権として必要であり民法が改正れた。未だ残る面接交渉の容認司法は子の利益より親の利益を優先しています。

posted at 18:31:35

12月9日

@rf2hw2

子どもの権利ネット:ウェルウェル@rf2hw2

単独親権取合い法が無くなれば、取合う権利、それの為の利益衡量に意味が無くなるので必然的に弁護士の旨味も無くなる。子どもの人権を弄ぶ法制度が無くなれば、その旨味にしゃぶりつく弁護士が明らかに減少する。子どもの権利が尊重される日本として世界基準に辿り着く事が必ず来る。いつか必ず。

posted at 18:01:39

このページの先頭へ