情報更新

last update 06/26 02:48

ツイート検索

 

@ryuji_fujimura
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

Stats Twitter歴
3,647日(2009/07/02より)
ツイート数
75,977(20.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年06月25日(火)7 tweetssource

21時間前

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

昨日は久しぶりに東峰村へ。旧小石原小学校利活用のワークショップを重ね、実施設計を終え、もうすぐ着工という2017年7月、土砂災害に見舞われ大きな被害を受けた。復興はまだ道半ばであるが、2年ぶりにプロジェクトを再開することになった。帰り道に車窓から眺めた復興工事の風景。 pic.twitter.com/yO3jFSXgn1

posted at 09:35:49

12時間前

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

岡崎市役所にて打ち合わせ。委員会のあとまちづくりデザイン課にて打ち合わせ。4年前の岡崎デザインシャレットで検討してきたことがいよいよ試されてきている。

posted at 18:27:57

12時間前

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

岡崎で川に向かった建築ができたのは初めてであろう。公共が関わるプロジェクトで川に向かって建築を建てるという規範をつくり、民間プロジェクトへの波及を目指す。これも大きくは「おとがわプロジェクト」の成果と言えるかもしれない。 pic.twitter.com/q2RQLlozLE

posted at 18:37:58

2019年06月24日(月)7 tweetssource

6月24日

@yonezawatakashi

米澤隆@yonezawatakashi

両世代の狭間にある僕としては、序盤はおとなしく静観させていただいていたのだが、周囲に促されるかたちで徐々にエンジンを回転させ、
「リノベーション出発世代における新築問題」など意気揚々と批評めいたことを語っていると、まるで藤村さんみたいだとツッコミを受ける状況に。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 21:55:53

6月24日

@yonezawatakashi

米澤隆@yonezawatakashi

僕より年下世代が多数参加し、いつも間にか、僕が最若手だった時代は過ぎ去り、参加者の間でも中ほどの年齢に差し掛かっていることに気がつく。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 21:56:43

2019年06月23日(日)11 tweetssource

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

大学院研究室の教育においてトレーニングとして適切な負荷を掛けることが大事だと再認識。知識を得たい、技術を得たい、議論できるようになりたい、と言いながらマイペースにやっているといつまで経っても技能が向上しない。自ら学ぶことができるようになるまでコーチが必要。

posted at 11:16:21

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

コーチングをトップがやっているようだと組織としては停滞する。M1・M2・D・助手・教員が各ステージでコーチングをシェアする体制にしたい。

posted at 11:19:16

6月23日

@sho000

松川昌平Shohei MATSUKAWA@sho000

先生に言われたからやる。研究室のプロジェクトだからやる。研究テーマが見つからないから先輩の研究を引き継ぐ。教員の事務所の仕事を手伝う。どれもそれ相応のトレーニング負荷をかけることができるけど、内発的好奇心が駆動されないと長続きしない。好奇心は人生のエンジン。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 16:18:25

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

内発的動機に期待して見守るのが基本だが、人数増えて来ると内発的動機で高いクオリティに達せる人に出会える確率より停滞したままの人たちが組織を停滞させるデメリットのほうが増える気がするので積極的に介入することにした。構成員のレベルによるが「ボトムアップ」にもいろいろあるように思う。

posted at 16:23:46

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

最近学生から出てきて面白いなと思ったアイディアは合同ゼミならぬ「交換ゼミ」。学生と教員を交換してみたら成果が変わるか否か。教育の方法論や理念も学生に依存するので面白いアイディアだと思う。近々やってみたい。

posted at 16:26:44

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

先生に言われたからやる。研究室のプロジェクトだからやる。研究テーマが見つからないから先輩の研究を引き継ぐ。教員の事務所の仕事を手伝う。ことが好奇心を駆動することもある。

posted at 16:29:28

6月23日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

M1は負荷を掛けスキルアップしつつテーマを定め、M2はそれぞれ内発的に好奇心を駆動し開放、が理想。M2になってまでレジュメの書き方のレベルで赤入れとかしたくない。

posted at 16:44:10

2019年06月22日(土)17 tweetssource

6月22日

@vonmant

ITO mutsuko@vonmant

藤村先生の建築概論、本日は設計プロセスの話。とてもわかりやすい。

個人的には代謝建築論の冒頭の記述を思い出した。建築の設計が少しはできるようになってきたと思うこの頃でも、あくまで設計に必要な知識とその形式的な手続きがわかったにすぎない。設計のプロセスを説明できるにはまだ遠い。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 00:17:35

6月22日

@Tzwei_0221

tetsu umehara@Tzwei_0221

藤村研中山研合同ゼミ、助手のお二人のレクチャーと熱のこもった議論。建築言語の抽象性と自律性などについて。勉強になったのはもちろんのこと、藤村研の議論に対するレスポンスの早さに舌を巻くと同時に研究室での議論を透明化することが藝大でこんなに面白いものになるとは…

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 06:57:22

6月22日

@F_sho22

Fujimoto Shodai@F_sho22

中山研藤村研合同ゼミに参加。

建築を語る際に、(体制/ストリート)の様な二項対立関係の一方をディスることで自分の立場を強める語り方ではいけないこと、オリジナルの語り方を考えていかへんとあかんことを実感。カウンターを打つことがカッコいいなんて単純な問題ではないと。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 06:59:46

6月22日

@SuganumaTomoka

菅沼朋香│Tomoka Suganuma@SuganumaTomoka

藝大修了したら中央線沿いのレトロアパートに住んで服飾雑貨のブランドを作ろうと思ってのに、藤村さんに会って、縁もゆかりもない埼玉県の超高齢ニュータウンに移住しちゃったんだよなぁー。

(服飾は今でもやりたいとは思ってます!)

👇3年前に書いた「移住計画」
note.mu/suganumatomoka

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 18:18:56

6月22日

@architect01pro

建築巡礼。@architect01pro

こども机の接合部を各隙間の遊びを0.2、脚を若干外開きにして、接合部をバネでつなげて再設計。モデリングした形が3Dプリンターでそのまま出力されるから、ミリ単位以下で設計できるのが快感。ようやく使える机ができた。比率や形態は再検討の余地あり。これからも設計⇄制作の行き来をしていきたい。 pic.twitter.com/NBc44IE3tT

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 19:58:17

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

愛知淑徳大学にて8/31から始まる「ちのかたち愛知巡回展」の会場デザイン案の講評へ。エスキスを繰り返し進化してきた004案5案の講評。統合005案の作成にむけて概ね方向性を定める。いよいよ実施設計フェイズに。盛り上がっていきましょう! pic.twitter.com/qy13CPwfZP

posted at 20:01:03

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

書籍から考えると8章で8セクション。会場の空間から逆算すると6セクションくらいが妥当だと判断し超線形・記号・記号から連続へ・連続・集合知・新作としてまとめる方向へ。実施設計フェイズでは設計・広報・グラフィック班に分かれ作業。7/20から製作へ。

posted at 20:09:38

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

愛知淑徳のスタジオでは4月以来、ずっと個人で案出し→班ごとに統合、の繰り返しで進めて頂き、進捗はSlackで共有させて頂いてきたので訪問は2回目だが作業はスムーズ。今日も統合005案の作成にむけてシャレットで全員で案出し→班ごとに統合、で概ね方向性を定めることができた。

posted at 21:17:29

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

集合知のコンセプトで、コンペや選抜にせず、あくまで全体を並列に扱うことにこだわっている。訓練の成果で、全員がそれなりに案を出し、ディスカッションできるようになっていた。全員が何でもいいからアイディアを出すようにする。そうすると雰囲気が全然違ってくる。

posted at 21:18:58

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

設計では特徴表現の学習が一番難しい。ジャンプしない、枝分かれしない、後戻りしない、である程度蓄積することの大事さは教えられるが、特徴を掴んだり、簡略化したり、全体像を再定義したりするセンスはある程度メタレベルから持ち込む必要があるのかもしれない。

posted at 21:22:17

6月22日

@architect01pro

建築巡礼。@architect01pro

こども机、父に見せたら「バネの部分は机の補強かと思いきや接合部の補強。企業でコストを考えるとまず先に削られる部分だな。(全体的に)こんなデザイン、誰でも考えられる。新しさがない」と酷評されたからちゃんとデザイン考えよ…。 pic.twitter.com/rJRRqMoh9Y

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 21:47:52

6月22日

@fujisaki_k

藤崎圭一郎@fujisaki_k

須永剛司先生の著書『デザインの知恵』の言葉で最も心に響いたのが「自己を対象のなかに置く・知」。デザインする主体と対象を分離せず、私自身がデザインする対象の中に埋め込まれていると認識することで、行為と思考が一体化した「やって・みて・わかる」という知が立ち現れる。自己言及型の創造知。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 23:05:13

6月22日

@fujisaki_k

藤崎圭一郎@fujisaki_k

「私」を主語にするのは個人の自己表現だと捉えられがちで、都市計画や大きな市場を扱うビジネスでは「私」を主語を避けてプロジェクトを説明するのが流儀であるのは理解できるが、それを発想プロセスの源から行うとすっぽり「私」が抜けた、与えられた問いへの「正解」しか並ばなくなるのではないか。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 23:05:16

6月22日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

須永流「自己を対象のなかに置く・知」は近代以後の建築のみならず、都市計画でも随分前から試されてきていると思う。60年代には対抗的だったものがまちづくり(80年代初頭)、社会実験(90年代末)を経てタクティカル・アーバニズム(2010年代)に至る。

posted at 23:13:37

2019年06月21日(金)18 tweetssource

6月21日

@ichikawakoji

市川紘司@ichikawakoji

建築雑誌の担当号が終わったと思ったら建築討論の担当号が始まり、それがある程度まとまりってくると建築雑誌がまたくるというループ。はやいとこ落ち着いて自分の文章を書きたひです…

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 01:12:23

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

中山研藤村研合同ゼミ了〜。めちゃくちゃ面白かった。第一部は両先生が関わっている「島京2021」というテーマで行われるワークショップの課題をグループシャレットで。その後、講評。第二部は助手レクチャ。両研究室の性格の違いが良く、混ざるととても議論が豊かになる関係。もっとやりたい。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:32:55

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

第一部の本来の目的である、やってみた感想とかをここで。個人的には問1と問2があって、それにしっかり応える形式が良いかなと思って、そんな感じを進めたけど、他の班を見てみると結構全体提案で解いていたので、ふむふむとなった。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:32:57

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

問1はかなりマクロな視点が必要だと思って進めた。問2は実は規模感が設定されているので東京という都市像に対してかなりミクロになる(はず)。問1と問2でそのマクロ感とミクロ感を上手く捉え、形式的に説明する、というような、プレゼンも見てみたいなと思った。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:33:06

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

第二部、助手さんのレクチャーというか、今考えていることを聞く!!年齢層的にも先生の年代と学生の年代のちょうど間ということもあり楽しみだった!(特に山川さんのちゃんとした話、実は一年半居てまだ聞いたことなかったので!!)(湯浅さんの話も修了制作から聞けて自分のことのように聞けた。)

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:33:13

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

山川さんの話。街なか、都市で如何に人々が情報を読み取れるか。またその読もうとすること、その行為への価値という動機。僭越ながら思ったことを書くと、「読ませる場所を用意はしているが読めなくても良い(仕方ない)」という態度なのか、「やっぱり読んでほしい」のかが気になった。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:33:22

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

意味づけ"させる"というか、主体と客体に対して自身がどこに立って、それを"与える"のか。(という感覚?)そういうものなのかも知れないが、アフォーダンス(自体を作っているのか?)とかユクスキュルの環世界の概念をよく見るせいで、そういうの気になってしまった。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:33:30

6月21日

@connie_tkht

コニシ タカヒト@connie_tkht

いろんな語り口はあるが、唯一自分があんまりできないというか、恐らく芯が出ないだろうなと思った語り口として聞いていた湯浅さんの話。(凄く面白かった。)その視点、とっても大事だと思うし、自分がどう思うか・考えたいのか、というの考えなければならないなと改めて。

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 07:33:43

6月21日

@ryuji_fujimura

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

大宮でヒアリングのあとOECで久しぶりにレクチャーさせて頂く。UDCOは大宮に欠けているビジョンの推進体制にしっかり位置付けられるべきなのだと思う。今年は世論形成に本気を出す。

posted at 23:35:12

6月21日

@mochalattechoco

生田目 一馬/Kazuma Namatame@mochalattechoco

学会誌の建築雑誌6月号パラパラめくっていたら平松さんの論考が。
都市のESGを促進させるにはガバナンスやマネジメントがより一層重要になり、特にエリアマネジメントを行う地域組織は継続的なモニタリングができるので、今後果たしうる役割は大きいのではないかとのこと(もちろん国や自治体も)。 pic.twitter.com/KqNVYkSiRb

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 23:55:07

6月21日

@architect01pro

建築巡礼。@architect01pro

昨日の中山藤村研合同ゼミはシャレットワークの後、助手レクチャだったから、手を動かす→プレゼン→レクチャの流れが良かったな~。中山研はボトムアップ、藤村研トップダウン的に考えていて、研究室が違うだけでこんなに考え方も違うんだなあとしみじみ。お二方の似顔絵もシャレット式にスケッチ(笑) pic.twitter.com/HVLQc9wwa8

Retweeted by Ryuji Fujimura

retweeted at 23:58:09

このページの先頭へ