情報更新

last update 05/18 13:50

ツイート検索

 

@sadodentist
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@sadodentist

まもる@sadodentist

  • 662フォロー
  • 722フォロワー
  • 32リスト
Stats Twitter歴
3,913日(2010/09/01より)
ツイート数
8,394(2.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年05月17日(月)2 tweetssource

15時間前

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

スタッフさんを注意したり叱ったりするとき、相手に何を求めますか。

謝罪ですか。反省ですか。後悔させることですか。

個人の謝罪や反省は、組織全体の改善に繋がりません。

再発防止ための解決策をそのスタッフと共に考え、
解決策を医院システムに組み込むことが、院長の仕事です。

posted at 22:17:23 削除

2021年05月16日(日)9 tweetssource

5月16日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@memo_dent そうですね…基本的には電話連絡しています。
10代でも社会に出ている人は、本人の同意だけで治療を進めることもあります。

大変ですが、何かあったときトラブルが少なくなる(ような気がして)連絡してもらっています😅
本当に意味があるのかは分からないですが…

posted at 23:02:22 削除

5月16日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@d_haiji 有難いお言葉・・・涙
実際には毎日悩みの中です。
結局、歯科医院が患者さんに提供できるのは、医療というよりむしろ「人」だと思います。
Dr. DH DA DT それぞれの人間が資産であり商品であると思っています。
それだけに、人間関係のバランス調整が本当に難しいです!

posted at 21:47:11 削除

5月16日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@yq8PA58LHtBEzTk ありがとうございます。これまでに出会った色々な先生たちを思い出して書いてみました。
尊敬する先生はたいてい懐が深くて、人の話をよく聞いて、人をそそのかすのが上手い(笑)方々でした。

私は器が小さい小さい人間なので、いつかそうなりたいな~と思っています

posted at 21:09:22 削除

5月16日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@d_haiji 私もこれまでに出会った色々な先生たちを思い出して書いてみました。
尊敬する先生はたいてい懐が深くて、人の話をよく聞いて、でも重要なところは絶対に譲らない方々でした。

私は器が小さい小さい人間なので、そうなりたいな~と思っています(笑)

posted at 21:07:35 削除

5月16日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

器の小さい院長はまず否定と拒絶から入ります。
「駄目だ、できない、無理だ、やめろ」
頑固な割に言う事がコロコロ変わります。

器の大きい院長は受容と共感に優れています。
「そうか、良いね、やってみよう」
ニコニコと何でも受け入れているように見えて、信念は揺らぎません。

posted at 13:46:20 削除

2021年05月15日(土)2 tweetssource

5月15日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@KeJutaro ありがとうございます。
うちのような中小規模の歯科医院では、
慎重に採用して大切に教育するスタイルが効率が良いように思っています。
(どんどん採用してどんどん入れ替わるより)

posted at 15:22:20 削除

5月15日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

多くの医院は、院長先生が仕事しやすいように、
材料や道具を含め高度にカスタマイズされています。

勤務医の先生は、他人のために最適化されたシステムの中で働くことになります。

勤務医の出来が悪いように見えるのは、
能力の問題ではなく、
単純に「やりにくい」のかもしれません。

posted at 14:48:17 削除

2021年05月14日(金)4 tweetssource

5月14日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

医院の将来は雇うスタッフさんで決まります。

能力に加え、積極性・素直さ・粘り強さを持つ人材が貴重です。

ただ、それを一度の面接で見抜くのは困難です。

半日の医院見学をしてもらう。
院長とは別に、既存スタッフとも面接。
筆記試験を行う。

など、細心の注意を払いましょう。

posted at 21:35:15 削除

5月14日

@sadodentist

まもる@sadodentist

小児のう蝕予防

フッ素、フロス、キシリトール、食具の共有・・・。
論文はその効果をDMFT等の指標で判定する。

一方で地域の臨床家にとって、
う蝕予防の目的とはDMFTの減少だけでなく、
食習慣や衛生習慣を含めた、
健康的な生活習慣の獲得だと思う。

子供の歯だけでなく、人生が良くなるように。

posted at 13:00:31 削除

2021年05月12日(水)1 tweetsource

2021年05月11日(火)2 tweetssource

2021年05月10日(月)1 tweetsource

5月10日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

スタッフさんの失敗は目立ちます。
しかし、成功は目立ちません。

それは、単なる日常業務に見えるからです。
印象が採れた、プラークスコアが下がった、アポ調整が上手くいった。
目立ちませんが、全て成功です。

小さな成功を見つけ、褒め、感謝を伝える。
信頼関係の基本です。

posted at 23:50:58 削除

2021年05月09日(日)1 tweetsource

5月9日

@sadodentist

まもる@sadodentist

僕もコロナは100年に一度の危機だと思う。

でも、選手に「オリンピックを辞退しろ」と言えてしまう人のほうが怖い。

posted at 13:35:45 削除

2021年05月08日(土)1 tweetsource

5月8日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@sikakokenDEL 勝手な想像ですが、きっと先生は変化を楽しんでいらっしゃるのだと思います。
スタッフさんが減った(つまり他人がどうしたこうした)ことにフォーカスするより、「じゃあこの状況をどうするか」と主体的に物事を動かしていらっしゃるように見えます。
尊敬いたします。

posted at 08:46:26 削除

2021年05月07日(金)1 tweetsource

5月7日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

よく言われるように、他人は変えられません。
当然、強く叱ってもスタッフさんを変えることはできません。

物事が上手くいかない時は、相手の言動を改めさせるのではなく、自分が変わるチャンスです。

人ではなく、自分が動きましょう。

人生の主役は自分。
常に主語は「私は」です。

posted at 23:19:01 削除

2021年05月06日(木)1 tweetsource

2021年05月05日(水)5 tweetssource

5月5日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

信頼できるスタッフさんでも、その人とだけ親密にしたり、他の人を軽視する態度はとらないようにしましょう。

公平に、スタッフ全員に丁寧に接しましょう。
えこひいきは医院を歪ませます。

えこひいきされた人が辞めざるを得なくなったり、
逆に権力を握りお局様化する危険もあります。

posted at 20:31:31 削除

2021年05月03日(月)2 tweetssource

5月3日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

院長は孤独です。

もしも、馴れ合い、マンネリ化した医院で良いなら、スタッフと衝突せず、孤独も無いかもしれません。

しかし、新しい道に挑戦し続ける医院でありたいなら、院長は、スタッフより常に一歩前を行く孤独に耐えねばなりません。

優れた院長は孤独であり、孤高です。

posted at 16:55:27 削除

2021年05月02日(日)7 tweetssource

5月2日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@kusagi23 はい。
例えば対合歯の印象とか、どうしてもイージーに考えてしまうのですが、実際に咬合の精度に及ぼす影響は非常に大きいはずですよね(単純に考えて、咬合の半分は対合歯模型で再現するので)。
私も上手ではないので、日々勉強です。

posted at 20:22:38 削除

5月2日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@kusagi23 私は個人開業なので、他の先生のことは分からないのですが、今までの経験上、うまく行かないときは9割方私のミスだったように思います。
それらを技工士さんのせいにしたら、例えば印象材や石膏の扱いや管理・トレーの選択・補綴物の設計など、改善し成長できる事を見逃すかもしれませんね。

posted at 19:51:56 削除

5月2日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@ichiha_blog ありがとうございます。
自戒の念を込めて、思いつくまま書いておりますので、温かい目で見てやってください。
これからもよろしくお願い致します。

posted at 19:42:27 削除

5月2日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@rikosenna ありがとうございます。

私自身も勘違いをしたり傲慢になっているかもしれず、自戒のために書いています。

ともに歯科医療を支えるパートナーとして、技工士さんとは良い関係を築いていきたいと思っています。

posted at 19:28:05 削除

2021年05月01日(土)4 tweetssource

5月1日

@sadodentist

まもる@sadodentist

ズレているのは咬合器装着ではなく咬合採得。
出ていないのは技工精度ではなくマージン。

もちろん技工士さんが失敗する事もありますが、頻度は低いでしょう。

技工士さんに八つ当たりしてスッキリしても、治療の腕は上がりません。

posted at 17:07:03 削除

5月1日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

お世話になっている技工士さんには常に誠実に、丁寧に接しましょう。

多くの場合、エラーが起こるのは技工所ではなく診療所です。
変形するのは模型ではなく印象です。
ガタガタなのはワックスアップでなく形成です。

技工士さんに愛想を尽かされたら、治療のレベルは一気に落ちます。

posted at 16:51:38 削除

2021年04月29日(木)6 tweetssource

4月29日

@sadodentist

まもる@sadodentist

重要なのは、できないことをスタッフさん個人のせいだけにしないことです。
できない人の悪口を言ったり、愚痴っていても何も変わりません。
医院にとって何の得にもなりません。

医院の教育システム、理念の伝達、採用システムなど、自らが変化し改善していくことで、医院全体が成長していきます。

posted at 17:39:43 削除

4月29日

@sadodentist

まもる@sadodentist

③のようなスタッフさんを雇ったのは、残念ながら採用担当者の責任です。採用時にペーパーテストをするなど、基本的な理解力や知性を測る工夫をしましょう。
医療の仕事は高度なものです。こなすには基礎的な能力が必須です。

posted at 17:39:16 削除

4月29日

@sadodentist

まもる@sadodentist

②のスタッフさんには、医院の理念がしっかり伝わっているか確かめましょう。理念が不明瞭な医院では、何を頑張ればよいのか分かりません。教育システムには、技術知識だけでなく、理念を教える時間も必要です。
万が一、基本的な価値観が医院の理念と異なる場合は、勤務の継続は難しいでしょう。

posted at 17:38:35 削除

4月29日

@sadodentist

まもる@sadodentist

①のスタッフさんは、研修期間に色々と試して得意な分野を見つけてあげましょう。それが自信に繋がり、研修への積極性が出ます。自発的に練習すれば、苦手を克服する可能性もあります。
また、アシスト→受付など思い切った配置転換も有効なことがあります。

posted at 17:36:51 削除

4月29日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

いわゆる「できないスタッフ」さんにも様々なタイプの方がいますが、
おおまかに3種類に分けてみます。

①今の業務は向いていないが、違う業務なら高い能力を発揮するタイプ
②能力はあるが、やる気がないタイプ
③そもそもの能力が低いタイプ

posted at 17:36:01 削除

2021年04月28日(水)4 tweetssource

4月28日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@izaccrea こちらこそ、ご質問ありがとうございました。
反応してくださる方がおられると嬉しい気持ちになります。
今後ともよろしくお願いいたします。

posted at 23:08:45 削除

4月28日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@izaccrea 操作性を重視しています。
硬化時間までじっくりと機能運動を繰り返せますので、患者さんの形態と機能に調和した辺縁ができると考えています。
この方法をとるようになってから、完成義歯の辺縁を調整することはほぼありません。(咬合や粘膜面のアタリは調整します)

posted at 22:41:26 削除

4月28日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@izaccrea ありがとうございます。
私はティッシュコンディショナーを用いて辺縁形成をしております。
餅状になったところで辺縁に盛り、患者さんに機能運動をしてもらいます。
コンパウンドと比較し、全周を一括で辺縁形成でき、操作時間が長いため複数の機能運動ができる等のメリットがあります。

posted at 22:35:34 削除

2021年04月27日(火)9 tweetssource

4月27日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@mozohsinnsi ふと思ったのですが、健康保険も「保険」なのですから、リスクが高い人は保険料が高くなるのが当然なのですよね。

国民皆保険制度は大変素晴らしいですが、あまりにも平等なために不平等を生んでいる感も無くはないです(?)。

posted at 23:20:20 削除

4月27日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@mozohsinnsi もともとの保険点数を高めに設定しておいて、
プラークコントロールができる人は1割引き、
定期健診に通う人は2割引き、と、
健康的習慣を身につけると治療費が安くなるのはどうでしょう。
患者さんの意識が変わるかも?

posted at 22:43:27 削除

4月27日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@WYIOTcmSwXT4dtl おっしゃる通りだと思います。
中学生は小さな子供ではなく、しかし大人でもない。
何もかもが変化のさなかにある、特別な時期のように思えます。
貧困、学力格差、ジェンダー、人種、コロナ、、、私自身も地域で何ができるのか、考えさせられます。

posted at 22:29:06 削除

4月27日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@WYIOTcmSwXT4dtl 一時は経済的な理由で進学が危ぶまれたが、学習支援の担当の方から高校無償化の制度を教えてもらい、勉強にも熱が入って見事合格、という素晴らしい流れでしたね。
親子や友人との関係だけでなく、地域社会とのつながりによって人生が良い方に向かう例を見た気がします。

posted at 21:39:39 削除

2021年04月25日(日)3 tweetssource

4月25日

@sadodentist

まもる@sadodentist

81歳でお亡くなりになられた著名人の方に、それは寿命だ、コロナのせいではない、などとおっしゃる方がおられますが、
人の寿命を他人が勝手に決めてはいけません。

posted at 23:41:50 削除

2021年04月24日(土)3 tweetssource

4月24日

@sadodentist

まもる@sadodentist

口腔内で辺縁形成を行い、咬合床が安定するようになったら、上顎のロウ堤を軟化し、通法に従い咬合採得を行い、下顎の突起を印記します。

これは仮の咬合採得ですが、ある程度正確に水平的・垂直的顎位を得ておくと、後の治療ステップが非常に楽になります。

以上です。ありがとうございました。 pic.twitter.com/TTFe4F8UyD

posted at 22:33:48 削除

4月24日

@sadodentist

まもる@sadodentist

ご質問ありがとうございます。

私は総義歯の場合、仮咬合採得を印象採得と同時に行うことが多いです。

上顎はロウ堤、下顎には前歯部と臼歯部にそれぞれ突起をつけておきます。

突起の高さは、一般的な下顎ロウ堤の基準値を参考に作ると良いと思います。

本法は大学の先輩Drからご教示頂きました。 twitter.com/izaccrea/statu pic.twitter.com/DSmFAoW81d

posted at 22:32:49 削除

2021年04月22日(木)1 tweetsource

4月22日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

仕事では失敗や挫折があります。
もう嫌だ、投げ出したいと思う時もあります。

時々休みながら、粘り強く、しぶとく、道を探し続けましょう。

院長の仕事は長距離レース。それも、道がたくさんある不思議なマラソンです。

どの道を走っても自由なのが、院長に与えられた特権です。

posted at 20:47:50 削除

2021年04月21日(水)2 tweetssource

4月21日

@sadodentist

まもる@sadodentist

見ました。

優秀で使命感に燃えた若い看護師たちが、心身をすり減らし、次々に職場を去っていく。
重装備の防護服。患者に触れることもできず、笑顔を見せることもできない、理想とかけ離れた仕事。
食べるものも、寝る時間も、住む場所さえも自由にならない。
賞与は削減。

これがコロナ重症病棟。 twitter.com/nhk_n_sp/statu

posted at 21:57:56 削除

4月21日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@KeJutaro ありがとうございます。
自分への戒めとして書いています。
私自身、あまりできていないかもしれませんが・・・。

今後ともよろしくお願いします

posted at 08:58:04 削除

2021年04月20日(火)6 tweetssource

4月20日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@Musiba74868407 いえいえ、ありがとうございます。

感情のコントロールができなくて、私もずいぶん失敗してきました😢
最近、ようやく少しできるようになってきたかなあ・・・。
年をとって瞬発力がなくなっただけかもしれません(笑)

posted at 23:10:52 削除

4月20日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@Musiba74868407 ありがとうございます。
院長の心得は、自分への戒めとして書いています。

私は心が弱いので、人の態度や言葉で嫌な思いをした時には、
「悪い影響は受けない、悪い影響は受けない」
と念じています(笑)

じゃないと、全然関係ない次の患者さんやスタッフさんへの対応が悪くなってしまうので。。。

posted at 22:51:51 削除

4月20日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@gikoukaiketu ありがとうございます。
「院長の心得」は私自身への戒めです。
おっしゃる通りです。
二番目三番目の選択肢がとれるように、
すぐに反応しないで、一拍おくようにしています。

posted at 22:33:02 削除

4月20日

@sadodentist

まもる@sadodentist

院長の心得

不満や怒りをおぼえた時、それをそのまま口に出しても、良い結果になる事はほとんどありません。

頭にきた時は、すぐに反応せず、一瞬沈黙して
「どうしたら医院が良くなるか?」
と頭の中で繰り返し問いかけてみてください。

違った答えが出てくるはずです。

posted at 21:11:32 削除

2021年04月19日(月)2 tweetssource

4月19日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@koemimiST0509 ありがとうございます。
私自身も、歯科の人間として自省いたします。

私は施設のSTさんたちに、いつも助けて頂いています。
素晴らしいお仕事だと思います。

連携、うまくいくといいですね。

posted at 22:14:05 削除

4月19日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@koemimiST0509 チーム内で目的や目標が統一されてないのかもしれないですね。
その歯科の先生のお仕事が、その先生の中だけで完結してしまっていて、患者さんや関わっている他の方々の思いとズレがあるのかもしれません。

posted at 08:24:39 削除

2021年04月18日(日)21 tweetssource

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

14/14

色々一気にすっ飛ばしますが、完成義歯です。

顎堤が高度に吸収していても、
義歯床縁に適切な厚みがあることによって、
閉鎖が破れにくく、脱落しにくくなります。

下手糞が長々と失礼いたしました。
もし、ご意見やご質問がありましたらお気軽にリプください。 pic.twitter.com/0047RkjnDf

posted at 13:52:31 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

13/14

通法に従い、辺縁形成をして辺縁の長さを決定し、
印象採得を行います。

顎堤が吸収している症例ほど、分厚い辺縁になります。
最初は厚みに驚くかもしれませんが、
実際には「顎堤が吸収した分が印象材で埋められている」ことにすぎません。 pic.twitter.com/cD4riUgP1F

posted at 13:51:15 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

12/14

個人トレーです。

辺縁の薄いトレーを、辺縁形成で厚みを持たせるのは困難なので、
トレー作成時からしっかりと厚みを持たせるのがコツです。

(私は総義歯の場合、精密印象と同時に仮の咬合採得もするので、ロウ堤付きトレーになっています) pic.twitter.com/vkzqHlAEey

posted at 13:50:46 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

10/14

舌側歯肉縁残遺をマーキングします。
このラインを基準にして、顎堤の幅の平均値の厚みで、
印象用の個人トレーを作ります。

良い義歯を作りたければ、良い個人トレーが必要だと思います。
完成義歯をイメージして個人トレーを作ると、印象~完成~調整の段階で非常に楽になります。 pic.twitter.com/9jUadDlmdC

posted at 13:49:32 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

9/14

模型をよーく見て、舌側歯肉縁残遺を探します。
うっすらとスジがあるのを発見しました。
(慣れれば見つけるのは簡単です)
顎堤が吸収すると、舌側歯肉縁残遺は顎堤の頬側に存在します。

このラインは、前方では切歯乳頭につながっています。 pic.twitter.com/3BXCV64hle

posted at 13:49:04 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

8/14

実際の症例です。
特に前歯部で、顎堤が高度に吸収しています。
上顎前歯部が重度の歯周炎であったか、
あるいは長期間の不適合な義歯使用によって、顎堤が吸収してしまったのでしょうか。 pic.twitter.com/Ufb1r4uHD3

posted at 13:48:35 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

6/14

一方で、模型をよく観察すると、抜歯後にも
もともと歯があった部分の「名残り」があることが分かりました。

これを「舌側歯肉縁残遺」と呼び、もとの歯の「口蓋側の歯肉縁」におおむね一致していました。 pic.twitter.com/VTd1E7uKUX

posted at 13:47:30 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

4/14

生理的な総義歯とは、抜歯で失われた歯や顎堤を、
過不足なく元の状態に回復したものだ、という考え方があります。

もともと歯があった位置に、もう一度義歯で形態を回復できれば、
舌や頬粘膜の機能と調和したものになる。

外れにくく、邪魔にならない、良い義歯ができるはずだ、と。

posted at 13:46:04 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

2/14

前のツイートの写真と同じ症例の、旧義歯です。

床の大きさや概形はほぼ同じですが、
こちらの方が、床縁の厚みが薄いように見えます。

ところで、床の「長さ」については、
いわゆる辺縁形成によって決定されますが、
「厚み」について目安となる基準はあまり見かけません。 pic.twitter.com/AJo9T2LmNq

posted at 13:44:50 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

上顎総義歯床縁の厚さについて 1/14

顎堤が吸収した上顎総義歯では、維持を得られず難症例となる事があります。

床の適合や咬合など、考慮すべき点は多々ありますが、今回は「床の厚み」について述べてみたいと思います。

長文・駄文お許しください。
ご意見ご質問がありましたらリプ下さい。 pic.twitter.com/SmcaJNRaQJ

posted at 13:44:22 削除

4月18日

@sadodentist

まもる@sadodentist

@kokusiiii 表面麻酔を作用させ、ロールワッテを外したときに、粘膜がシワシワになっていれば表面麻酔がよく効いている、と自分は判断してます。
(あくまで個人的な考えですが)表面麻酔は十分な量で、時間は最低3分置く、唾液で濡れないようにする、という感じでしています。

posted at 00:32:32 削除

このページの先頭へ