情報更新

last update 05/27 01:38

ツイート検索

 

@sakuhinsha
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

Stats Twitter歴
2,952日(2010/04/28より)
ツイート数
18,863(6.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年05月26日(土)2 tweetssource

21時間前

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

『エリック・ホッファー自伝』と『魂の錬金術』の2冊、ネット書店の順位が跳ね上がってる……。何かあったんだろうか……。両方在庫少ない……。

posted at 12:31:34

2018年05月25日(金)1 tweetsource

2018年05月24日(木)1 tweetsource

2018年05月23日(水)4 tweetssource

5月23日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

作品社 新刊情報。松山洋平編『クルアーン入門』24日取次搬入。私たち日本人は、イスラーム教の聖典「クルアーン」(コーラン)をどう読めばよいのか? 読むために最低限必要、かつ、日本人が気になるところに焦点を絞り、深く・正しく理解するための“ツール”を提供する。 www.sakuhinsha.com/philosophy/269

posted at 15:06:43

5月23日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

作品社 重版情報。東江一紀、越前敏弥編『ねみみにみみず』2刷。迫りくる締切地獄で七転八倒しながらも、言葉とパチンコと競馬に真摯に向き合い、二百冊超の訳書を生んだ翻訳の巨人。知られざる生態と翻訳哲学が明かされる、面白うてやがて愛しきエッセイ集。 www.sakuhinsha.com/japan/26979.html

posted at 13:19:13

5月23日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集574 この人間の愚かさは、だれかによって注意され、改められなければならないが、それは悲しみや怒りによるよりも、笑いによって注意を下されるべきではないだろうか。(井上ひさし『日本の名随筆 本巻22 笑』より)

posted at 11:17:22

2018年05月22日(火)4 tweetssource

5月22日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

ちなみに本日のコロンビア大使公邸での仕事というのは、『外の世界』の著書ホルヘ・フランコさんへのマスコミ各社による取材の同席です。朝日、毎日、読売、日経の各紙、共同通信、文芸誌すばるに記事掲載予定です。 pic.twitter.com/89Zoe7C0cN

posted at 19:06:58

5月22日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

仕事でコロンビア大使公邸に赴いたところ、美味しい食べ物と飲み物でおもてなしを受けてしまいました。食いしん坊なのを一目で見抜かれたから、ではなく、すべての来客に同じようにふるまわれておりました。コロンビア最高。 pic.twitter.com/1CpNfu7uPF

posted at 19:00:46

5月22日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集573 夢の話と云うものは、一人がすると、他の者が必ずしたくなる。すると、前に話した者は必ず退屈し出すのだ。何ぜかと云えば、それは夢にすぎないからだ。(横光利一『日本の名随筆 本巻14 夢』より)

posted at 11:38:07

2018年05月21日(月)6 tweetssource

5月21日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

『外の世界』の著者ホルへ・フランコ氏がコロンビアより来日、本日セルバンテス文化センターで、同氏原作の映画上映と『外の世界』訳者の田村さと子氏を聞き手とするトークイベント、及びサイン会が行なわれました。100人を優に超える来場者で大盛況でした! pic.twitter.com/NvI9DtBYYt

posted at 21:23:44

5月21日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集572 我々が他人を知ろうとする時は、必ず自分に理解しやすいような秩序づけを意識的、無意識的にすると言うことだ。意識的にする例は二流批評家の作家論である。無意識にするのは我々の現実生活である。(遠藤周作『日本の名随筆 本巻13 心』より)

posted at 14:09:13

5月21日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

弊社の最新刊ハビエル・アスペイティア、八重樫克彦・八重樫由貴子訳『ヴェネツィアの出版人』をウラゲツ・ブログさんでご紹介いただきました。ありがとうございます!→ [注目新刊:アスペイティア『ヴェネツィアの出版人』作品社、ほか] urag.exblog.jp/238534049/

posted at 12:39:18

2018年05月20日(日)5 tweetssource

2018年05月19日(土)2 tweetssource

2018年05月18日(金)5 tweetssource

2018年05月17日(木)5 tweetssource

2018年05月16日(水)1 tweetsource

2018年05月15日(火)1 tweetsource

5月15日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集571 私は、現代において、もはやデカルト的な人間観は時代遅れであり、人間が限りない遠い過去からの生命の発展の結果として生れたと考える方が、最も科学的であり、哲学的であると思う。(梅原猛『日本の名随筆 別巻89 生命』より)

posted at 12:03:50

2018年05月14日(月)4 tweetssource

5月14日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集570 幼い子には、母親というものは大きな存在だ。完璧であり、清浄で、大地のようにひろくて、温かい。しかし岡本かの子は私にとって、別な強烈な印象だった。(岡本太郎『日本の名随筆 本巻42 母』より)

posted at 13:11:58

2018年05月13日(日)3 tweetssource

2018年05月12日(土)4 tweetssource

5月12日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

朝から取りかかっていた仕事にひと区切りついたので、取っておいたえびの頭をからあげにして食べる。カリカリして美味。これをつまみにビールでも飲みたい陽気だが、まだまだ仕事が残っており、残念ながらそうもいかない状況。 pic.twitter.com/ikOWKCUGjI

posted at 14:04:18

2018年05月11日(金)1 tweetsource

2018年05月10日(木)3 tweetssource

5月10日

@sakuhinsha

作品社@sakuhinsha

随筆名言集569 若い娘が一人でもゐる席では、青年といふものは、いくらか自分を誇張して語るものである。(津村信夫『日本の名随筆 別巻55 恋心』より)

posted at 10:56:05

このページの先頭へ