情報更新

last update 01/20 13:15

ツイート検索

 

@santouka
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@santouka

種田山頭火@santouka

  • 0フォロー
  • 6,461フォロワー
  • 610リスト
Stats Twitter歴
3,484日(2009/07/08より)
ツイート数
31,250(8.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年01月01日(火)10 tweetssource

1月1日

@santouka

種田山頭火@santouka

1940(昭和15)年1月1日 一草庵(現愛媛県松山市御幸山御幸寺)にて 山頭火
山頭火は翌2日から2月10日までの日記を残していません。次回は2月11日になります。

posted at 18:12:00

1月1日

@santouka

種田山頭火@santouka

“こゝに昭和十五年の元旦を迎へ恭しく聖寿の万歳を寿ぎ奉り、いよ/\肇国の精神を顕揚し、強力日本を建設して新東亜建設の聖業完遂に邁進し、もつて紀元二千六百年を光輝ある年たらしめんことを堅くお誓ひ申します。”

posted at 18:07:00

1月1日

@santouka

種田山頭火@santouka

自から僧に帰依し奉る 当に願はくは衆生と共に
大衆を統理して    一切無礙ならん
       願以此功徳 普及於一切
       我等与衆生 皆共成仏道

posted at 12:50:00

2018年12月16日(日)3 tweetssource

12月16日

@santouka

種田山頭火@santouka

1939(昭和14)年12月16日 一草庵(現愛媛県松山市御幸山御幸寺)にて 山頭火
山頭火は翌17日から12月31日までの日記を残していません。次回は2019年1月1日になります。

posted at 18:21:00

2018年12月15日(土)21 tweetssource

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

すべての点に於て、私の分には過ぎたる栖家である、私は感泣して、すなおにつつましく私の寝床をここにこしらえた。

posted at 15:32:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

知人としては真摯と温和とで心からいたわって下さる一洵君、物事を苦にしないで何かと庇護して下さる藤君、等々、そして君らの夫人。

posted at 14:44:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

京間の六畳一室四畳半一室、厨房も便所もほどよくしてある、水は前の方十間ばかりのところに汲揚ポンプがある、水質は悪くない、焚物は裏山から勝手に採るがよろしい、東々北向だから、まともに太陽が昇る(この頃は右に偏っているが)、月見には申分なかろう。

posted at 13:28:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

一洵君に連れられて新居へ移って来た、御幸山麓御幸寺境内の隠宅である、高台で閑静で、家屋も土地も清らかである、山の景観も市街や山野の遠望も佳い。

posted at 13:01:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

夜の敷布上掛はいつも白々と洗濯してある、居間も便所も掃除が行き届いている、食事もよい、魚類、野菜、味噌汁、漬物、どれも料理が上手でたっぷりある、亭主は好人物にすぎないらしいが、妻君は口も八丁、手も八丁、なかなかの遣手だった。

posted at 11:30:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

四国巡拝中の遍路宿で、もっとも居心地のよい宿と思う(もっとも木賃料は四十銭で、他地方よりも十銭高いけれど、道後の宿一般がそうなのである、それでも一日三食たべて六十五銭乃至七十銭)。

posted at 11:04:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

(ここで私は宿の妻君に改めて感謝しなければならない、まことによい宿であった、よい妻君であった、私はとうとう二十日近くも滞在してしまった(事(ママ)情がそうさせたのであるが、宿がよくなかったならば、私はどこかへとびだしたであろう)。

posted at 10:21:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

夜は高橋さんに連れられて安井さんを訪ねた、あるだけの酒をよばれる、揮毫したり、俳談したり、絵を観せてもらったりしているうちに、いつしか十時近くなったのでいそいで帰る、練兵場を横ぎりそこなって、うろうろしたけれど、さわりなく帰れた、そしてすぐ寝た。

posted at 09:34:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

高橋さんがいろいろさまざまの物を持って来て下さる、すなおに受ける、ほんとうに感謝の言葉もない、蒲団、机、火鉢、鍋、七輪、バケツ、茶椀、箸、そして米、醤油、塩。

posted at 08:40:00

12月15日

@santouka

種田山頭火@santouka

午前、高橋さん来訪、厚情に甘えて、新居へ移った、御幸山麓、御幸寺の隠宅のような家屋、私には過ぎている、勿体ないような気がする。

posted at 08:08:00

2018年12月14日(金)5 tweetssource

12月14日

@santouka

種田山頭火@santouka

藤岡さんを局に訪ねて郵便物をうけとる、いずれもうれしいたよりであるが、とりわけ健からのはうれしかった、さっそく飲む、食べる、――久しぶりに酔っぱらった。

posted at 09:40:00

2018年12月13日(木)3 tweetssource

2018年12月11日(火)4 tweetssource

12月11日

@santouka

種田山頭火@santouka

1939(昭和14)年12月11日 道後湯町、ちくぜんや(愛媛県松山市道後湯之町)にて 山頭火 ※逗留宿は推測
山頭火は翌12日の日記を残していません。次回は13日になります。

posted at 18:50:00

2018年12月10日(月)3 tweetssource

2018年12月09日(日)4 tweetssource

このページの先頭へ