情報更新

last update 01/20 08:36

ツイート検索

 

@sayawudon
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

Stats Twitter歴
4,124日(2008/10/06より)
ツイート数
11,772(2.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月20日(月)3 tweetssource

5時間前

@kidkaido

海渡雄一@kidkaido

巽先生に賛成です。
森裁判長は、現在の科学技術水準では、噴火の中長期的予測は困難で、旧火山ガイドが予測できることを前提としているのは不合理だ、阿蘇四噴火は伊方原発敷地に到達したことは否定できないとしているのです。
社会通念は人々の意識が変われば、変えられるはずです。 twitter.com/VolcanoMagma/s

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 07:59:56

2020年01月19日(日)1 tweetsource

2020年01月18日(土)4 tweetssource

1月18日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

どこかの社は、まいどの奈良林さんコメントを使っていたが、火山や活断層が争点となっている裁判のコメントを奈良林さんにさせるのは、賛否両論をそろえるためという体裁優先で、あまりにひどい。無理筋の推進派学者コメントを載せなくても良い。

posted at 21:06:01

1月18日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

法判断」などと述べているが、釜江先生の専門は強震動なので、活断層の評価について地震本部の長期評価を覆すほどのコメントが出せるとは思えない。人選ミスではないか。高裁の決定本文を読むと、活断層については、裁判所はかなり丁寧に見ている。朝日東京は釜江コメントを使っていない。妥当は判断。

posted at 20:57:48

1月18日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

昨日の広島高裁の伊方差し止め、朝日新聞18日朝刊(大阪本社版)で釜江・京大特任教授のコメントを載せているが、いろいろ不可解。「長期評価の科学的正しさを、裁判所が専門的に検討できているのか疑問が残る」「運転差し止め判断につながるような「新たな知見とは思えない」」「科学的根拠に乏しい司

posted at 20:52:32

2020年01月17日(金)8 tweetssource

1月17日

@syukan_kinyobi

週刊金曜日@syukan_kinyobi

@sayawudon そう、佐田岬半島沿岸の活断層の危険性を認めたのは初めてです。『週刊金曜日』は2016年10月21日号でいち早く、広島大学の早坂康隆さんにインタビュー。その危険性をスクープしました(伊田浩之)

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 22:01:53

1月17日

@WEB_SEKAI

岩波書店『世界』編集部@WEB_SEKAI

地元消防士が初めて語る、福島原発事故。故から九年を経て初めて語られる事実があります。ジャーナリストの吉田千亜さんの渾身のルポ『孤塁 双葉郡消防士たちの3・11』刊行記念トークイベント/が、2月15日専修大学神田キャンパスで行われます。ご参加をお待ちしています。⇒websekai.iwanami.co.jp/posts/3062

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 17:36:36

1月17日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

「以上は中央構造線断層帯の活動に関連する考察であるが、中央構造線そのものの活動に伴う断層ついても検討しておく。(中略)
伊予灘南縁、佐田岬半島沿岸の中央構造線については現在までのところ探査がなされていないために活断層と認定されていない。今後の詳細な調査が求められる」p.31

posted at 16:59:00

2020年01月16日(木)1 tweetsource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2020年01月15日(水)2 tweetssource

1月15日

@IzutaroManagi

izutaro managi@IzutaroManagi

#福島県知事 は、#東電 追認としか思えません。
請求を集団で行うか個別で行うか。これは被害者が決めることで、加害者が集団は嫌とか個別はいいとか言う話ではありません。
知事は誰の立場を代弁しているのか。
記者さんは、取材を重ね、私にも何度も連絡をくださいました。

www.asahi.com/articles/ASN1G

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 21:32:30

2020年01月14日(火)3 tweetssource

2020年01月13日(月)4 tweetssource

1月13日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

【ゆる募】ハンセン病の報道で、日本の新聞の科学部、あるいは科学ジャーナリズムが果たした役割(あるいは果たさなかった役割)について知りたいのですけど、よい論文や本がありましたら教えてください。

posted at 22:16:48

2020年01月12日(日)1 tweetsource

1月12日

@ShotaHatakeyama

畠山勝太/サルタック@ShotaHatakeyama

今日は学内仕事の面接があったけど、「ミシガン州立大学に中国人留学生は4千人もいるのに、日本人留学生は40人しかいない、なんとかしたい」と米国人の教授が熱心に語ってくれて感動したけど、まさか100倍も差があるとは思っていなかったので驚いた。

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 12:10:44

2020年01月11日(土)1 tweetsource

2020年01月10日(金)1 tweetsource

1月10日

@Ishikawa_Tomoya

石川智也 イシカワトモヤ@Ishikawa_Tomoya

当たり前だが、この記事、非難囂々。これは「記者の視点」ではなく「検察の視点」。司法記者が「無罪の証拠を示さなかった」などと書く根源的な意味、つまり罪刑法定主義と推定無罪原則、挙証責任という近代刑事訴訟手続きへの無理解を露わにしたということが分かっているのかwww.asahi.com/articles/ASN18

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 07:59:51

2020年01月09日(木)1 tweetsource

1月9日

@torii0515

鳥居 セーラー服の歌人@torii0515

無限にお金があったら何に使う?

みんなからもらった回答を
ふんわりまとめると

安心安全で、ごはんが食べれて、貧富の差のない、教養も身につく村で
楽しい音楽フェスをひらいて、焚き火をする。

という感じやね。

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 12:24:37

2020年01月07日(火)1 tweetsource

2020年01月06日(月)1 tweetsource

1月6日

@noiepoie

菅野完の従兄弟の同級生のお兄ちゃんの彼女の先輩の友達@noiepoie

この議論はかなり危険

「内閣府は、倫理的にはNGだけど、まあ合法といえば合法な手段を使って、桜を見る会の資料を破棄した」

というのは極めて危険。

だって、「破棄した」とはまだ決まってないのよ。
我々の前に提出されたのは「内閣府は破棄したと主張している」という話でしかない。

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 21:48:33

2020年01月05日(日)3 tweetssource

2020年01月04日(土)2 tweetssource

2020年01月03日(金)2 tweetssource

2020年01月02日(木)4 tweetssource

1月2日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

「起きないと言う以外に道がない状況」ではありませんでした。中部電力は、「浜岡原発今も安全だけど、より余裕を増やす」という名目で、大規模な耐震補強を2005年から始めてました。www.chuden.co.jp/corpo/publicit
日本原電も、津波対策を2008年に着手。なーんにもしなかった東電が事故を起こした。 twitter.com/amiga2500/stat

posted at 10:35:35

1月2日

@yunishio

yunishio@yunishio

査読やピアレビューはおもに寄稿論文の体裁を見るだけで、内容の正しさをチェックするわけではないので、過剰な期待だと思います。
しかも、学会誌にまともな論文を寄稿するような学者が、一般メディアではデタラメなことばかりを言っている事例も枚挙にいとまがない。
twitter.com/sayawudon/stat

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 08:44:37

2020年01月01日(水)2 tweetssource

1月1日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

「市民(シビック)ジャーナリズム」とはどんなものか、そのとらえ方が狭すぎると思われる。「何を言っても許されるのが市民の強み。それが市民ジャーナリズムの武器」、床屋談義レベルである。
本題と関係ないけど、この記事の最後に規制委のバナー広告が出ていて驚いた。go.shr.lc/2MByuI8

posted at 19:07:58

2019年12月30日(月)1 tweetsource

2019年12月29日(日)2 tweetssource

12月29日

@MatsumotohaJimu

松本創@MatsumotohaJimu

焦点の疑惑や汚職について質問せず(させてもらえず)、会の模様も報じず(オフ懇)、くだらない挨拶に追従笑いして、挙句にツーショット撮影とか、バカすぎるだろ。もちろん自分の判断で欠席した記者もいたんだろうが、出席した記者のバカさ加減が記者会不要論を勢いづかせてしまう。

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 21:40:38

12月29日

@MatsumotohaJimu

松本創@MatsumotohaJimu

内閣記者会にどんな記者がおり、どんな慣行があるか知らん(興味ない)し、マスメディア批判はなるべく控えるようにしてたけど、さすがにこれはないな。一度中止を申し入れたなら、貫けばいいだろう。記者会なんて、団結して権力に対峙するためだけにあるんじゃないのか。
www.nikkan-gendai.com/articles/view/

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 21:40:29

2019年12月28日(土)2 tweetssource

12月28日

@sayawudon

添田孝史@sayawudon

同期の記者による連載。がんで弱りゆく妻、彼女から伝えられる滋味豊かな料理の艶かしいまでの魅力。つらいなあ。現在12話まで公開されており、展開は予想させられるものの、予告された今後公開予定の記事タイトルで泣きました。

僕のコーチはがんの妻:朝日新聞デジタル www.asahi.com/special/matome

posted at 23:52:56

12月28日

@akinojack

あきのかおり@akinojack

報道もお決まりの帰省や海外旅行出国ラッシュではなく、全く休めない人とその子ども達、帰る先や身寄りのない人達の過ごし方、施設や刑務所の年末年始など、もっと知恵を働かせた取材をして欲しい。

Retweeted by 添田孝史

retweeted at 22:59:19

このページの先頭へ