情報更新

last update 06/20 15:09

ツイート検索

 

@shin_eikai
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

Stats Twitter歴
3,004日(2010/03/31より)
ツイート数
15,055(5.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年06月20日(水)7 tweetssource

4時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

出向者は概ねもっと悲惨です。英語圏からの日本在住者の日本語のようなことになります。

英語圏での生活が英語力向上の特効薬と考えるのは、美しい誤解です。

日本にいても英語圏にいてもやるべきは、同じですね。工夫して、有効な学習法を見出し、一貫してそれでやる、それだけですね。

posted at 11:57:58

4時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

アメリカの英語プログラムでは英語力は伸びてなかったです。

僕は英検二級レベルで行った。何年かの貯金を使いながらですので、まじめに勉強した。それで、一年やって英検準一級レベルに行かない。それでも他の日本人よりかなり良い方。

これが厳しい現実。留学より日本でやった方が伸びます。

posted at 11:50:12

16時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@y_yt おっしゃる意味はよく分かります。英語の勉強のやり方は分かったつもりで、それを韓国語に応用すれば習得は相当早いはずです。

posted at 00:20:13

2018年06月19日(火)21 tweetssource

16時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 文化の違いは当然あります。文化の違いで喧嘩することは当然あるでしょう。僕も大きなことは言えません。しかし喧嘩をするのは、「相手を知らないから」というケースが多いですね。知らないと怖がる。怖がると相手を悪く誤解しやすい。ですから、子供達には民間の交流が必要なわけです。

posted at 23:51:25

19時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 屁もこけば、セックスもする。涙する時があれば、笑う時もある。お袋が恋しい時もある、、、同じです(笑)。文化はそう言った深い部分からの派生でしょう。文化の違いで、どっちが優れているとかで諍いしても仕方がないと思うのですね(西欧の植民地かはそう言った優越感がベースにあるわけでしょ)。

posted at 20:50:17

19時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 付き合う、これが一番です。ですから僕の生徒には英語は世界へのドアだと言っています。英語圏の者だけでなく、韓国や中国の人とも英語でコミュニケーションが出来ます。コミュが出来ないと友達、知り合いも出来ません。僕はムスリムもネガティブの感情はないです。友人がいてよく知っていますので。

posted at 20:42:47

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou どう言う「心性」ですか。日本でもとんでももたくさんいます。向こうもいるでしょう。新家さんも留学生をホームステイか何かさせて交流を持たれたらいいと思うんですね。人間皆同じですよ。

posted at 20:38:51

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 当時日本の国力はアメリカの数%に過ぎないでしょう。戦争に突入するのがいかにファナテイックだったか、ですね。威勢のいい軍部が後先考えないで大戦に突入。反対すれば「非国民」と怒鳴られる、そういった状況。治安維持法で監獄行き。国力がもともとないものだから、補給が途切れて餓死者続出。

posted at 20:32:30

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 「日本の文化伝統は他の国より優れている」優れているかどうかは、相対的な問題でしょう。日本の風土では優れているかもしれない。

「優れている」とか「誇り」がどうのこうのと言う人たちは、だいたい劣等感の裏返しだったりしますね。

posted at 20:26:01

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 僕は、世界国、東アジア州、日本県の住人だと思っています。韓国や中国の悪口は自分の国、つまり世界国の悪口になるのでまあ止めよう、と言う感じ。ワイワイ言い出すと、逆にいたるところに慰安婦像を設置されるでしょうね。あんまり頭の良いやり方ではないですね。

posted at 20:20:09

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou そうすると韓国も中国もへったくれもないわけですね。今は中国とは政治体制は違いますが、まあ石原慎太郎の言うように一党独裁が続くはずはありません。僕は世界国日本県の住人だと思っている。天皇家も天から降りてきたのではなく朝鮮半島からいらしたんだろう。

posted at 20:13:57

20時間前

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou 理想と現実があるのは承知しています。アメリカは元は分かれていました。お互い関税もあるし、テリトリーを巡って喧嘩もあった。それが13州が一つの国になった。関税も領土問題もアホらしくなった。僕は、それは最終的にそうなると思っています。今、国連の権限は弱いですけどね。

posted at 20:06:26

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

英語教授法で、評価法に関しての考え方、具体的評価法が組み入れられていない方が僕には不思議。

外部試験は「スピーキング」。実際には英語のコミュニケーションなのでリスニングも関わっています。そして、相手との適切なインターアクションも。

そう考えると、IELTS、ケ英検なんかはいいと思う。

posted at 15:24:12

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

留学がかかった重要なテスト。で、音漏れなど「テストでの公平性は完璧ではない」と言う人はいるでしょう。

しかし、スピーキングのテストがゼロの方が遥かに不公平だと考える。

自動車学校で全員の教官が完璧に公平になれないから運転のテストをしない、、こんな極端な事はしないのと全く同じ。

posted at 14:58:13

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

「話す力を測定するのは難しい」ですが、経験者であれば分かりますが、実はそんなに難しくはないです。

ですので、TOEFLやIELTSは毎年何百万もの受験者の話技能の測定が出来るのです。

TOEFL iBTはレーターは2人。2人の意見が明らかに違った場合、第三のレーターの登場です。

posted at 14:46:36

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

「スピーキングは人間力」とか、実際に英語のクラスとどう言った繋がりで教えるのか、ですね。言葉だけでは保護者にはサッパリ分からないと思います。クラスで実際にどうやっておられるか見せるとインパクトがより大きいと思いますが、どうしてそれをやらないんだろう?

www.facebook.com/story.php?stor

posted at 14:38:56

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

大学で第2外国語は何だったかよく聞く事があります。

たいてい、「スッカリ忘れてしまいましたが」の言葉が続きます。

僕のフランス語も影も形もないもんなぁ。第2まで外国語を履修する意味があるのかないのか。第1外国語にその分を集中させた方が良い気がしますが。

posted at 13:18:43

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@Matsuhiro 今アメリカでは中国人留学生の数がすごいですね。多分、卒業後はアメリカにかなりの率で残ると思います。中国にとってみれば、お金と頭脳流失ですが、アメリカから中国への送金がまた凄いらしいです。

日本に場合は中国からは就学生ですね。移民に門戸を開ける場合も、安い労働力しか考えてないし。

posted at 11:49:29

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

「移民が多くなると治安が悪くなる」

そうとも限らないですね。移民超大国のオーストラリアはかなり安全な国ではないかな。アメリカ人は8人に1人が外国生まれで、オーストラリアはなんと4人に1人。

差別がキツイとその反動で治安が悪くなる、という感じだと思います。

posted at 10:11:15

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

大阪、高校にスピーキングのテスト導入。鳥取もすでに試行方針とか。

1 目標->2 目標達成のためのカリキュラム->3 評価

評価は言語プログラムの三大要素の一つ。評価することによって、プログラムがうまく行っているか、どの点に問題があるか、カリキュラムを改良。

1〜3は一貫したものでないと。

posted at 08:11:26

6月19日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou スピーキングを評価するシステムですね。大阪府は大化けする可能性があると思います。橋下知事の時代から、やっと英語教育が実効的に動き出し。これは全国初でしょう。Z会と組むのはベストだと思います。ケンブリッジ英検と組んでいるので、良いコンテンツを作りそう。

mainichi.jp/articles/20180

posted at 00:10:59

2018年06月18日(月)11 tweetssource

6月18日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

外国語(リーディング80分、リスニング60分)ですので、2技能試験と呼んで良さそう。今のセンター試験は1.25技能の試験、、、、わずかにあるリスニングでさえ二度も聞くことができます。

posted at 22:53:59

6月18日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

検定教科書は「国際英語」志向の要領をベースとしているので、それこそ何でもありです。中一から本格的な英語学習が開始ですが、まず驚くのがクラスのセッティングが日本です。クラスの外でも日本で円を使って英語で八百屋で買い物。You are from America.なんて言う英語表現が平気で出てきます。 twitter.com/hinatakiyoto/s

posted at 12:39:25

6月18日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@ashikabiyobikou @whitefox3138 残念ながら、日本では混乱しないと我々教える側は目が覚めないと思います。

10年前は英検準1で、我々教える側で中学で1割、高校で2割でした。今は、倍以上に上がって来てます。何十年もこの傾向が続けば、文法読み偏重からの脱却は可能だと思いますが、問題は何十年も待っていられるか、ですね。

posted at 05:28:19

2018年06月17日(日)7 tweetssource

6月17日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

佐藤先生の意見と大体同じ。「特にスピーキングに関しては,現実問題として学校の一斉授業で教えるのは無理」の部分以外は。

東アジアの国々では日本よりクラスサイズは大きい。時限数も小以外はそんなに違わない。単純に彼らはやっている。それとティームティチングでクラスに先生が二人もいる。

posted at 17:11:37

6月17日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

@eigonodo @jumping5555 中国新聞ですね、記事は。

新聞記者さんは、実際のクラス、カリキュラムを取材することなく、記事を書いていますね。両タイプのクラスを実際に取材しないと。英語教育に関する記事が実際の英語のクラスをベースとしない、、驚くほかありません。そして、海外の英語のクラスも取材、比較すると。

posted at 12:25:42

2018年06月16日(土)5 tweetssource

6月16日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

リーディング:

1. TIMEを読む。
2. 分からない、曖昧な語(句)はハイライト。
3. そのページのハイライト部分を覚えているかチェック。
4. 全ページ読んだらハイライト部分を覚えているか通して一気にチェック。
5. 今度は同じTIMEを一気読み。

今より更に高みに行くには5.をやるしかなさそう。

posted at 11:51:06

6月16日

@shin_eikai

米原幸大@shin_eikai

TOEFLにスピーキングが入った理由は、クラスで発言出来ない学生を入れない為で、実際日本人留学生数はその後激減。英語圏のクラスは議論が出来ないとどうしようもない。

スピーキングに問題がある人は、議論の機会を膨大に得ても議論が出来るようにはならないです。然るべく英語力を上げない限りは。

posted at 09:42:53

このページの先頭へ