情報更新

last update 07/29 03:55

ツイート検索

 

@siskw
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@siskw

siskw@siskw

Stats Twitter歴
4,411日(2009/07/02より)
ツイート数
95,783(21.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月28日(水)2 tweetssource

2021年07月27日(火)7 tweetssource

7月27日

@siskw

siskw@siskw

分かりやすいのはPS5で、ハードが買い占められた結果ソフトがさっぱり売れずメーカーが離れてしまっている。
プラモデルも同じで転売ヤーに買い占められると、作例が減りフィードバックも減り良い製品発展も無くなる。結果、転売ヤーに利益が出なくなり売れなくなるので市場がなくなる。

posted at 22:33:11

7月27日

@siskw

siskw@siskw

「転売は投機」は間違ってるんだよね。製品の価値の多くは造り手と受け手のエコシステムに価値がある場合が多いから。
そのサイクルに転売ヤーが金銭目的で加わってくると、受け手から作り手へのフィードバックが滞るのでエコシステム自体が止まってしまい、結果的に市場自体が無くなるんだよなぁ。

posted at 22:22:46

7月27日

@siskw

siskw@siskw

感染者数は感染から1週間前後ズレてると考えるとまだまだ増えそうだなぁ。1日1万人くらいになりそうだけど、そこまで測れるのかな。

posted at 18:06:55

7月27日

@siskw

siskw@siskw

@kyuyokaitori 原本を提出する際にGoogle Formで各項目を入力してもらって、そこから出力データを取り出す方が楽かもですね。

posted at 11:49:06

2021年07月26日(月)4 tweetssource

7月26日

@siskw

siskw@siskw

BIMレベルの話を聞いてるんだけど、やっぱり建物のデータ化に拘泥しちゃうのはよくないなぁ、というお気持ち。
業務とBIMの相互関係をうまく取り持たないといけない。

posted at 11:14:11

7月26日

@siskw

siskw@siskw

BIMを使うことが目的になってしまってるケースをよく見るんだけど、これを回避するには「生産性を上げる」という目標とビジョンの方をチームで共有しないといけないんだろうな。
例えば温度センサー情報をBIMモデルに表示したとして、それはどのように生産性を改善するといえるのか?

posted at 02:32:31

2021年07月25日(日)7 tweetssource

2021年07月24日(土)23 tweetssource

7月24日

@siskw

siskw@siskw

@ShogoNu そうですね。無理にBIMモデルに情報を足さなくてよくなったのですが、一方で「じゃーどこに情報おくべきなの?」って問題があります。図の一番右のクラウド部分ですね。
BIM360/Forgeを使うとここがうまく立ち上がるので、いい感じに使ってもらえると良いのですが、日本だと開発絡むとなかなか…。

posted at 14:19:55

7月24日

@siskw

siskw@siskw

重要な会議に提案書を出すとき、いろんな人から「一言でいいからこのキーワード入れて欲しい」ってお願いされるあの感じに似てる。複数人から部分的に要求される結果、全体像がばらばらになる。
厄介なのは、依頼する側は「ちょっとだからたいした影響はない」と思ってるんだよね。

posted at 03:48:23

7月24日

@siskw

siskw@siskw

開会式はいろんな立場の人達への配慮を感じたという意味では、非常に日本らしい多様性のある演目だったと思う。
1コンセプトでストーリーをちゃんと作る演出は「○○さんへの配慮が足りない」って判断されがち、というかなんというか…。

posted at 03:42:34

7月24日

@siskw

siskw@siskw

プロジェクト管理側から考えると、BIMモデルから取得できる情報はBIMモデルから取れば良いですが、BIMモデルに入力しなくても良い情報もかなりあります。
BIMモデルに入力するより、クラウド側で処理する方がコスト的に低くなるんですよね(RevitやArchiCADにデータを戻す必要も特にない)。 pic.twitter.com/ZA2HuMhgTl

posted at 03:32:35

7月24日

@siskw

siskw@siskw

なぜBIMを主体にせずにプロジェクト管理サービスを主体にするのか。
ひとつの理由は前述した通り、BIMモデルは業務連絡を取り扱えないからです。BIMデータファイルが交換される際にメールなどで業務連絡が別に行われます。
BIMモデルと業務情報は本質的に性質が異なるんですよね。

posted at 03:24:42

7月24日

@siskw

siskw@siskw

NBS ChorusとNBS Sourceの関係を見ると、別にBIMは必須ではないんですよね。BIMがあった方が使いやすい、程度の扱いになっています。
この温度感が非常に重要で、BIMが主体なのではなく、プロジェクト管理が主体になりBIMが付属すると便利さが向上する、という立て付けになってるんですよね。

posted at 03:22:35

7月24日

@siskw

siskw@siskw

BIMは利用するけど別にBIMに全部の情報を入れなくて良いよね、というのが今の欧米の動きだと思います。例えばイギリスのNBSはすでにNational BIM LibraryからNBS Sourceに切り替えていて、同時にプロジェクト管理サービスにあたるNBS Chorusを立ち上げていたりします。
www.thenbs.com

posted at 03:12:24

7月24日

@siskw

siskw@siskw

コメント頂いて恐縮なのですが、BIM360はBIM管理環境ではなくプロジェクト管理サービスです。
これは非常に重要で、プロジェクト管理サービスから見た時にBIMは一部だけなんですね。
クラウドを前提とすることで、BIMにがんばってデータを集約しなくてよくなった、というのが大きな転換点なんです… twitter.com/ShogoNu/status pic.twitter.com/h3ahVY0zaZ

posted at 03:08:25

7月24日

@siskw

siskw@siskw

コロナで練習とか人数とかいろいろ制限されてしまったんだろうなぁ。おつかれさまです。

posted at 00:01:07

2021年07月23日(金)42 tweetssource

7月23日

@siskw

siskw@siskw

ソーシャルディスタンスを守った上で演出を考えないといけないの大変だよなぁ。

posted at 20:29:27

7月23日

@siskw

siskw@siskw

あくまで個人的な意見だけど、2021年の今のタイミングでBIM業務フローを考えるならば、ソフトウェアだけの世界とクラウド(≒CDE)を前提とした世界では、使うべきツールも実現できる結果も全く違ってしまうんじゃないかな、というお話。

posted at 01:36:26

7月23日

@siskw

siskw@siskw

改めて重要な点を強調しておくと、ソフトウェアが「個人の能力の拡張」であるのに対して、クラウド(≒CDE)をベースにした場合、その業務改善の対象範囲はデータファイルだけではない。
そこにはコミュニケーションも含まれており、「プロジェクト全体の効率化」が目指せる仕組みになっている。

posted at 01:31:44

7月23日

@siskw

siskw@siskw

最初を見返してもらえれば分かると思うけど、クラウド以前ではソフトウェアの能力によってBIMで実現したいことが制限されていたが、クラウドを利用するとその先でデータを取り出してやりたいことが実現できるようになる。 pic.twitter.com/2t55UrLXTG

posted at 01:17:53

7月23日

@siskw

siskw@siskw

Lastpassが落ちてるっぽいんだけど、他のサービスはだいじょうぶなんかな。

posted at 00:51:00

7月23日

@siskw

siskw@siskw

で、ここが最も重要なんだけど、このデータ・ストレージとデータベースがひとつのクラウド(≒CDE)で管理できるようになると、何ができるようになるか、という部分。
これが冒頭の話につながって「BIMで実現したいことをクラウドでどう実現するのか」に置き換わるんだよね。

posted at 00:38:09

7月23日

@siskw

siskw@siskw

@net_heads 指摘事項って活用されてます…?Teams+Plannerみたいなことができるんですけど、指摘事項を単体で(図面にピンを刺さずに)作れることを知ってる方が少ないんですよね…。

posted at 00:35:36

7月23日

@siskw

siskw@siskw

しかし、データファイルとデータベースを別々のクラウドで管理する必要はなく、一緒に取り扱うことでいろいろ発展することが容易に想像できる。そのためクラウド(≒CDE)に求められるのはこの両方を同時に取り扱うことであり、ここを各社がいろいろ試行錯誤しているように思える。 pic.twitter.com/yzftcCqs3H

posted at 00:25:38

7月23日

@siskw

siskw@siskw

プロジェクト管理サービスは業務情報をデータベースで管理する。コラボレーションツールとは情報の扱いが異なる(フロー情報とストック情報)。
Salesforceのような業務管理クラウドサービスを建設業向けにしたものが数多く登場している。 pic.twitter.com/qZj8CPmCl9

posted at 00:13:27

7月23日

@siskw

siskw@siskw

SlackやTeamsのようなチャットベースのコラボレーションツールでは、メールによるコミュニケーションの代替が目指される。各メンバーが個別に連絡するのではなく、プロジェクトの連絡を集約し(アクセス権の範囲内で)メンバーが誰でも同じ情報にアクセスできるようにする。Transparency in business

posted at 00:01:11

このページの先頭へ