情報更新

last update 07/23 07:10

ツイート検索

 

@snapwith
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

Stats Twitter歴
3,703日(2009/06/03より)
ツイート数
117,383(31.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月23日(火)4 tweetssource

2019年07月22日(月)35 tweetssource

8時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@goodmoon ハドソンのシナリオをやったヤツの話によると、トンキン版がほぼ原作通りで、ハドソン版はハドソン側の希望が入ったものになってます。で、最初はハドソン版が正史扱いだったんですが、イース5作るときの都合でトンキン版が正史になったとw

posted at 23:08:55

9時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@psyzans 88版は容量に余裕があるかわからず、店の絵も容量を稼ぐためにマップチップで組まれているのですが、MSX2版ではそこはちゃんとした絵になってるんです。その違いが大きいですね。そういやMSX2版は大浦さんがコンバートだから、その絵も大浦さんかも。

posted at 22:29:56

13時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@goodmoon そうです。五十嵐さんが退職した後、イースⅣの企画のとりまとめをした方だと思います。企画は3人ほどいたらしいので、早川さんがメインで考案したのかはわかりませんが、とりまとめされたのはほぼ確かです。ハドソン側からその話を聞いているので。

posted at 17:48:05

13時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@goodmoon 大浦さんは何も考えずに女神だからってのと「座りがいい」という理由で翼をはやすんですよ。それで女神像に翼がつき、イースⅡで都築さんが翼をはやし、結果有翼人設定に繋がっていったのだろうと。有翼人設定を作ったのが誰かは不明ですが、まとめたのが早川さんという方なのはほぼ間違いないかと。

posted at 17:37:43

14時間前

@minazuki13

水無月十三@月曜Q-15a@minazuki13

「僕の作品のパクリだ!」という男。聞けば彼の作品と自分のマンガが酷似しているという。本当に似ているのか確認するため、男の作品を読ませてほしいと頼むと「まだ頭の中にある」とのこと。どうやってソレを自分がパクったのか?と問うと「それが僕にも不思議なんですよ。どうやったんです?」と男。

Retweeted by 岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん

retweeted at 16:40:24

16時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

大学のその授業、ゲームが生まれた必然にはハードウェアの進歩、特にチップがあったりするんだけど、そのあたりも入ってるんだろうかとさらに興味。TiのTMC0280が登場したから「スピーク&レスキュー」が登場しえた、みたいなところもあるし。

posted at 15:29:05

18時間前

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@goodmoon そいでタイトルのあの絵が「フィーナ」なのかは、実はナゾなんです。女神であるのは確かなんですが、初期にイースの女神と決めて、タイトル絵を描いただけなんじゃないかと…なおフィーナとレアって名前を決めたのは宮崎さんです(多分)。

posted at 12:44:31

7月22日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@taninon アレをやらかした山根は、日本テレネットとかスクウェアを見てて「いっちょやったる!」って感じだったみたいですw ただあそこで出来たフォーマットは30年経っても使われるわけで、どんだけ一般性があったのかということですが。

posted at 01:24:14

7月22日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@taninon ただオタサーの姫と違うのは、イースⅡのほんの1-2年前まで、アニメをやること自体がディスクの価格や普及率などを考えれば「ムリムリムリ!」で「そんなことやるんだったら、もっとマップ入れよう」だったことですねw

posted at 01:15:24

7月22日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@taninon 端的に書けばオタサーの姫でゲームになかったに尽きるかと。当時、ゲームではようやくアニメを売りにする作品が出てきていたけれど、質が高いとは言い難かったと。そこに「まるでアニメみたいな」カッコイイオープニングが、スゴくカッコイイ音楽で登場した、ということかなと。

posted at 01:12:50

7月22日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

疲れてマンガ読んでたら「広告は誤クリックしやすいように置いてあるんだ」とネームに書いてあったんだけど、ゲームの世界ではそれはやらないのだよ…個人じゃないんだからさあ('A`)

posted at 00:47:16

2019年07月21日(日)28 tweetssource

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@nakayamaraiden @CMOStone まあ30年も前の作品ですから、分からなくてもしょうがないのですが、それを系統だって書いているゲームの歴史みたいなものが全くないのはイロイロ残念ですね。ぶっちゃけ日本のゲームの歴史をちゃんと残そうとすると、今がスレスレ限界なんですが…

posted at 21:57:27

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

今回、いろいろ調査していて「最近イースⅡをプレイした人」とか「どうしてリリアがそんなに人気があったか」が分からない人がいて面白かった。フィーナなんて超ヘッポコな絵が1枚あっただけなんだよ! と突っ込みたくなってしまったw

posted at 21:25:36

7月21日

@kenji_kaido

げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁)@kenji_kaido

池上さんの番組チラ見したけど、当確の山口の林芳正の態度ひどいな。自民が「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対」って公約出してたのは事実じゃん。そして政権取ったら「聖域なき関税撤廃を前提としていないTPP交渉には参加する!」と言いだしたのも事実。その指摘を取り消せとは何様。

Retweeted by 岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん

retweeted at 21:20:10

7月21日

@kenji_kaido

げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁)@kenji_kaido

うにょんは実際にキャメルトライの原案の元だと思います。タイトーに入る前にとあるコミケで作者の方から見せてもらったことがあって、たぶんその記憶が潜在意識にあったからキャメルトライが生まれた。 twitter.com/Piston_Q/statu

Retweeted by 岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん

retweeted at 20:26:16

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

久しぶりに「あなたのウィンドウズが危険です」系列に当たったんだけど、iframeとかで悪さ出来なくなったので、超小さなウィンドウを普通にユーザーが見えない位置に置いて、そこで警告音を鳴らさせるってワザを見てしまった。ブラウザ閉じれば終わりなんだけど、ぱっとわからないのがポイント。

posted at 17:16:47

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@psyzans そういうことです。イースチームは「順番に作る」が癖になっていたので、3もそうだったと考えられます。で、バレンスタイン城あたりで都築さんも辞めていて、これが多分11~12月。そのあとスタッフが入って、まとまったのが2月ぐらい。それを山根が見ていたと考えると恐ろしく筋が通っていると。

posted at 01:26:29

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@psyzans 僕が山根と会ったとき、山根はイースⅢのガルバラン島のイベントを見ていて、しかも彼は2月末にはファルコムを辞めているはずなんですよ。言い換えるなら2月の末にはほぼゲームが完成していたことになると。

posted at 01:15:11

7月21日

@snapwith

岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん@snapwith

@psyzans 当時のファルコムは広告展開を始めるのは「ゲームが3カ月後に完成する」と読めて広告を入れていく。言い換えるなら、完成が近くなってから広告を打つ。そこで春って言ってたゲームが7月に急に延期はおかしいという話。

posted at 01:10:07

このページの先頭へ