情報更新

last update 10/03 12:29

ツイート検索

 

@sorainu1968
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

Stats Twitter歴
4,644日(2010/01/16より)
ツイート数
88,113(18.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年10月02日(日)23 tweetssource

19時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

@sunahoko いえいえ、本に関係なくても、それはそれで滅茶苦茶うれしいですよ!
こちらも、ラムネとか、粉っぽいお菓子で口内の水分を奪われそうになると、いただいたラムネのこと、思い出したりしますからw。

posted at 22:55:36

19時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「一般的な書店」なるものにどのように助けられたか、そのような存在がどれだけ本好きにとって大事なものだったかについては、『定本 本屋図鑑』に収録の「本屋さんの五〇年」に思うところを書いたので、こいつ何言ってんの?という方にはそれを読んでもらえるとうれしいなあ、と思うのだった。

posted at 22:53:46

19時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「一般的な書店では並ばないような本」みたいなフレーズを目にしたときの違和感を、思わずいろいろ書いてしまったが、「一般的な書店」に並んでいる本を楽しんでいる人、救われている人、それらに育てられた人だってたくさんいることは、忘れられがちなので、何度でも書いておきたい。

posted at 22:52:08

19時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

旧版『本屋図鑑』のときは、あちこちでいろいろな出会いがあったんだよなあ。
今回の『定本 本屋図鑑』、本の出来には自分でも満足しているけれど、本を出した後のあれこれ(イベントなど)の機会をつくれなかったのは、ちょっと残念。

posted at 22:48:08

19時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

@bonkumahon こちらこし、今でもそんなふうに覚えていてくださってうれしいです。
福岡の人たちとつながりができ、熊本にも足を伸ばすきっかけになりました。熊本は今では大好きな街の一つです。しばらくごぶさたになっていますが、いつかイベント合わせでまた遊びにいきたいものです。

posted at 22:47:02

19時間前

@natsuhasha

夏葉社@natsuhasha

来月の14日に熊本の「蔦屋書店熊本三年坂」さんでトークイベントをやらせていだきます。本を読むということ、本をつくるということ、ひとりで仕事を続けるということ、そういうことをテーマに一所懸命しゃべります。19時スタートです。ぜひお越しください。
docs.google.com/forms/d/e/1FAI

Retweeted by 空犬(空犬太郎)

retweeted at 22:42:32

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

@bonkumahon ご購入、ご紹介、ありがとうございます。
書店員ナイトにいらしてくださったんですね。Tシャツのサイン、困るどころか、滅多にできない体験で、こちらもとても印象に残っています。

posted at 19:32:00

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「著者はこのおとぎ話のようなペンギンのイメージを払拭し、ペンギンのライフスタイル、誘惑のテクニック、生き延びるための秘策を通して“魚になりたがっている淫らな鳥”の複雑な世界と驚くべき真実を明らかにする」。
「淫らな鳥」笑。

posted at 19:29:47

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

当然、これらの違いは、新刊の寿命などにも大きく関わってくるわけで。
単純に、日本は絶版多い、英語圏は絶版少ない、ということではないと思うのだが。

posted at 19:28:11

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

日本と英語圏では、出版点数も人口比での書店数も違うし、書店における本の扱いも違うからなあ。日本の書店は雑誌やコミックの扱いが大きいのに対し、英語圏は雑誌類はスタンド売りで書店で扱っていないことが多いし。再販制の有無もあるし。

posted at 19:27:49

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「英語の本ならば20年前、30年前に出版された本でも、通販大手のアマゾンで新品を購入可能なことが多い一方、日本の本はすぐに絶版や品切れになってしまうと感じています」とあるが、数字が引かれていないので、あくまで個人の印象ということなんだろうが、ちょっと雑な比較ではないだろうか。

posted at 19:27:26

22時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「一般的な書店では並ばないようなユニークな新本」って、たとえばどんな本のことなんだろうか。
個性を売りにする本屋を紹介する記事に、しばしばこのような表現が用いられているが、毎回、なんとなく気になっている。「一般的な書店」の品ぞろえを低く見ているような、上からの目線が感じられて。

posted at 19:25:06

10月2日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

アントニオ猪木、訃報を受け、どうしていいかわからずに、とりあえず手元で観られる試合を次々に観返している。ストロング小林戦、IWGP優勝戦のホーガン戦、なんか、どれ観ても泣けて、情緒がちょっとおかしくなっている。

posted at 00:15:23

2022年10月01日(土)16 tweetssource

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

これは、今は品切れなのかな。
『アントニオ猪木自伝』(新潮文庫)。
自分目線の本だから、関係者が読んだら、おいおいみたいなこともいっぱい書かれているんだろうけれど、それも含めて、たまに読み返したくなる本なのだった。
これは復刊してほしいなあ。 pic.twitter.com/LO4KESkzNo

posted at 22:56:50

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

アントニオ猪木……ルスカ戦、ザ・モンスターマン戦、藤原戦、藤波戦。いろいろ観返しているのだが、もう、どれも最高だなあ。
こんなファイター、もう出てこないよなあ、と。

posted at 22:54:32

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

自分が子どものころに大人として活躍していたヒーローヒロインが、自分よりも先に現世から退出することになるのはある意味当たり前なのだが、それでもやはり、訃報に接すると、ふつうではいられない感じになってしまう。

posted at 22:54:04

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

オリジナルは、いい年をした大人がきてれつな機器を使ってゴーストハンティング、怪獣映画並みの破壊ありというのが良かったので、子どもたちがメインで、舞台が田舎というのはどうなのかなと観る前は思っていたが、これはこれでいいと思うし、ある意味、正統的な続編の作り方なのだろうと思った。

posted at 20:22:06

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

劇場で見逃していた映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』を配信で観た。主人公を孫娘にしたことで、スピルバーグみのある子どもたちの冒険要素増量になっていて、想像していたよりもよかった。主人公が科学おたくのめがね娘というのもいい。

posted at 20:21:12

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

アントニオ猪木。一般的な美男の基準からははずれたタイプなのかもしれないが、若い頃の猪木はまさにファイターの顔としか言いようのない面構えで、精悍さとか殺気がはんぱない。

posted at 20:17:44

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

アントニオ猪木のベストバウト。世代や好みによって違うだろうが、個人的には1986年2月6日、両国国技館のでの藤原喜明戦。新日本プロレスとUWFの頂上対決。いま観てもスリリングな試合だと思う。

posted at 20:16:36

10月1日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

アントニオ猪木……昭和の時代にプロレスを、ゴールデンタイムに放送されていたプロレスを少しでも体験した者にとっては、特別な存在、ヒーローの一人だろう。合掌。

アントニオ猪木さん死去、79歳 プロレス、政界で活躍 モハメド・アリと異種格闘技戦も www.nikkansports.com/battle/news/20

posted at 20:15:17

2022年09月30日(金)16 tweetssource

9月30日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

たとえば。ピーター・ディキンソン『キングとジョーカー』とか、イサベル・アジェンデ『神と野獣の都』とか。その作家、そのジャンルのファンが見逃していそうなのが混じっていたりするからなあ。
で、油断していると、見つからない、とか、古書価が大変なことに、とかの事態に。

posted at 20:14:17

9月30日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

読書推進はけっこうだが、なぜこういう取り組みの多くが「無料」ベースなんだろうか。
書き手も出版関係者も書店関係者も本で食べていることを忘れないでほしい、などと当たり前に過ぎることを、こういう記事を目にするたびに思ってしまうのは当方だけではないはず。

posted at 20:08:01

9月30日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「さまざまな読書施策」を進めているというのはいいんだけど、寄贈本を読めるようにする「ふれあい文庫」とか、「文庫を管理する市民ボランティア」育成とか、無料がベースの活動になっているように見える点が気になる。

posted at 20:07:32

9月30日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

さらに、旧版は中井英夫の解説のみだったのが、前田恭二の解説と明里千章の註解が収録されている。こういうのは悩ましいなあ。本文が違うわけではないからなあ。

posted at 20:04:24

9月30日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

金夜。仕事を終えて、一杯。夜空を眺めると、月齢 4.2の細くてきれいなかたちの月が。
毎晩のように、眺めていた月。このところ気持ちに余裕がなくて、久しぶりに目にした気がする。

posted at 20:03:39

9月30日

@BOOKSRUHE

ブックスルーエ@BOOKSRUHE

階段踊り場「『定本 本屋図鑑』原画展・町の本屋と本のはなし」は本日まで。

先月の朝日新聞の島田さんの記事で夏葉社さんの本を取り扱っている事、新たに知っていただいた方が沢山いらっしゃいました。
フェア終了後も夏葉社さんの本は1階に常設していますのでこれからもぜひご覧下さい。
そしてー twitter.com/BOOKSRUHE/stat pic.twitter.com/ZdrsVNKoOn

Retweeted by 空犬(空犬太郎)

retweeted at 19:06:07

このページの先頭へ