情報更新

last update 10/19 09:37

ツイート検索

 

@sorainu1968
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

Stats Twitter歴
3,564日(2010/01/16より)
ツイート数
67,704(18.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年10月18日(金)5 tweetssource

15時間前

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

仕事の用事を終えて、食事を済ませて宿に戻ったところ。郷土料理を出している感じのいい飲み屋に寄ってきたのだが、これが当たりで、とてもいいお店だった。土地のおいしいものをいろいろ食べられて、満足。

posted at 20:57:54

2019年10月17日(木)7 tweetssource

10月17日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「特集「観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~」を掲載しており、全ページのPDF版を公開しています」。/ 公益財団法人日本交通公社、機関誌『観光文化』243号のPDF版を公開:「観光と図書館」を特集 | カレントアウェアネス・ポータル current.ndl.go.jp/node/39282

posted at 20:28:49

10月17日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「月数冊しか読まない人は、迷わず「紙」でいいでしょう。月何十冊も読む、あるいは移動中やスキマ時間も読書三昧で過ごしたい多読家の人には、「電子」のメリットは大きいです」。/ 「電子書籍」と「紙の本」それぞれのメリットを整理してみると ...ダ・ヴィンチニュース ddnavi.com/serial/571205/

posted at 20:28:33

2019年10月16日(水)40 tweetssource

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

オールディスに、ゼラズニイに、ルーシャス・シェパードまで。竹書房文庫のSF作品のラインナップ、なかなかすごいものになってきたなあ。これからも続くのかなあ。SF読みとしては気になるところ。

posted at 22:59:26

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

先のディック・ブルーナの本、1点だけ、気になったのは、本文では「うさこちゃん」が主に使われているのに、副題は「ミッフィー」となっている。何か理由があるのだろうか。(どこかに書いてあったのを見落としたのだろうか。)

posted at 22:58:25

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

『ディック・ブルーナ ミッフィーと歩いた60年』(文春文庫)、読了。いい本だった。子どもたちにすばらしい本を届けることに人生をかけた人の話がおもしろくないわけはないのだった。

posted at 22:57:28

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

関係者のコメントを次々に並べていくスタイルは映像ドキュメンタリーにはよくある手法だが、本だと、このスタイルはしんどい感じ…。すごく時間がかかってしまった。まさか、ジョイ・ディヴィジョン関連本をこんなに楽しめないとは……。

posted at 22:55:38

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

そのような書き方が嫌いなわけではないのだが、すごく好きか、乗れているか、と言われると微妙。昔のほうがよかった、みたいな言い方はクリエイターに失礼だし、自分の読みの狭さを認めるようでもあるんだけど、保坂作品についてはそんなことを思うようになってしまって、自分でもちょっとさびしい。

posted at 22:55:08

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

最近の保坂和志作品は、一文に複数の主語が混在し、読点・句点の使い分けも自分のリズムに合わせた自由なものにするなど、破格で、好みが分かれそうなもの、読み手を選びそうなものになっている。本作も保坂節全開。

posted at 22:54:48

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

旅先(出張含む)の楽しみは、ブックスポット、野鳥、地ビールの3つです。往復の車中の楽しみは読書です。つまり、旅(先)であろうがなかろうが、やってることは同じ、ということですね。

posted at 22:48:33

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

号泣といえば。パパが夜、何やらテレビの前で涙を流しているので、何事かと思って画面を見ると、パパが観ていたのは『帰ってきたウルトラマン』だったという事件があり、家族にたいそう呆れられたことを思い出す。以来、テレビの前でパパがどのようなことになっていようとたいていスルーされている。

posted at 22:26:53

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「ココマルシアター」の件、吉祥寺利用の映画好きとして、びっくり。ちなみに、「ココマルシアター」は一度も利用したことがないまま、閉館に。

posted at 22:18:48

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「早川書房は、本書がアメリカでSFファン以外に浸透したことに目を付けた。同社がターゲットに据えたのはビジネスマン。そして、物語で活躍する科学者に近い、エンジニアやプログラマーだった」。/ 中国SFブーム、日本にも到来 『三体』が10万部突破 : NIKKEI STYLE style.nikkei.com/article/DGXMZO

posted at 22:15:09

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

先の記事、「地名に「本」とつくだけあって、“本の街”として知られています」にはさすがに笑ってしまったw。「だけあって」ってw。「日本」全国に「本」を含む市町村がどれだけあるかを思えばねw。「本町」という、どストレートな町名だってあるわけだし。

posted at 22:13:31

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「臨時休館中もしくは復旧未定の図書館や、一部エリアやサービスが利用できなくなっている図書館があります。また、道路状況により移動図書館の運行を休止している図書館もありま」。/ 令和元年台風第19号による図書館への影響 | カレントアウェアネス・ポータル current.ndl.go.jp/node/39264

posted at 22:09:22

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

新刊書店に、複合型の展開など、いろいろな手が必要なのは事実だろうが、「本の販売に集中した店舗」だって必要だし、何より、本来的にそのような業態である書店が「本の販売に集中」しなくなったら、いったい本好きはどこでどのように本を買えばいいのやら。

posted at 22:03:38

10月16日

@sorainu1968

空犬(空犬太郎)@sorainu1968

「日本の書店は店舗形態の変革が遅れている。蔦屋書店はあるが、書店の主流はいまなお「紀伊國屋書店」「三省堂書店」「八重洲ブックセンター」など、本の販売に集中した店舗が多い」。すごいな。「書店」が「本の販売に集中した店舗」だと批判されているよ(苦笑)。

posted at 22:03:00

このページの先頭へ