情報更新

last update 07/02 04:53

ツイート検索

 

@sosaidkay
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

  • 377フォロー
  • 813フォロワー
  • 14リスト
Stats Twitter歴
865日(2018/02/19より)
ツイート数
12,594(14.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月02日(木)5 tweetssource

11時間前

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

マクセルのCMはワム!がまだ1stアルバムしか出してない段階での異例の大抜擢で、むしろ日本での露出が不当契約の問題なんかを好転させてくという流れがスリリングだった

posted at 03:04:08

12時間前

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

普通の家庭出身のジョージ・マイケルとワム!の成功と音楽的成長のあまりのスピーディーさ、ってのは西寺さんも書いてて自分も常々不思議に思っていたんだけど、周囲に恵まれた部分も大きかったのだなとわかった

posted at 02:53:57

12時間前

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

西寺郷太『噂のメロディ・メイカー』読了。ワム!に日本人ゴーストライターがいたという噂を検証していく「ノンフィクション風小説」だけど、思った以上に「マクセルUD II」の話で大変面白かった。そしてワム!はやっぱり凄いバンドだった pic.twitter.com/MwHEbT2x1x

posted at 02:44:42

12時間前

@vibechant

トオルa.k.a. スケル@vibechant

@sosaidkay @rjpn1 その件に関しては西寺郷太さん著「噂のメロディ・メーカー」に詳しく書かれています。1stで契約していたレーベルとの権利問題と2ndのプロモーションが絡んでいるのですがWham!以外にも80年代洋楽の話がたくさん出てくる面白い本なのでおすすめします。

www.hmv.co.jp/artist_%E8%A5%

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 02:32:25

2020年07月01日(水)17 tweetssource

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@rjpn1 すばらしいですねー。ワム!のFreedomがレコードと歌詞が違いますね。CM用の文句というわけでもなさそうだけど何だろう…

posted at 13:35:40

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

マクセルのワム!→スタカン→トンプソンツインズ、節操ないと感じたことなかったような。洋楽ってこういうものだと思ってた

posted at 08:27:32

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

当時は子供だったのでウォークマンを外に持ち出して聴くという使い方をした記憶はなく、「家で一番いい音でカセットが聞ける機材」として使っていた記憶

posted at 01:26:22

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

うわっ、我が家に初めて来たウォークマンこれだ。WM-F20。1983年のモデルらしい。未使用時に筐体をスライドさせるとカセットケースサイズまで縮むという謎のこだわりとメタリックな質感がカッコ良かった pic.twitter.com/F7LVL6IRHJ

posted at 01:09:00

7月1日

@utsunomiyakenji

宇都宮けんじ@utsunomiyakenji

3兆円のコロナ対策財源を利用して大学・大学院・短大・専修学校・高専の都内在住者に一律10万円を支給します。またひとり親家庭に一律20万円を支給します。上下水道料金の基本料金を今年度末まで半年間無料にします。学校給食を無償化します。国民健康保険料負担軽減のため均等割をゼロにします。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 00:28:47

7月1日

@utsunomiyakenji

宇都宮けんじ@utsunomiyakenji

不要不急の道路計画の見直したり条例を改正して特定目的基金の目的を変更するなどしてコロナ対策のために3兆円規模の財源をつくることができます。この財源を利用して都内の中小事業者の営業を守るために家賃・人件費などの固定費を支援するため1か月30万円を6か月合計180万円を42万業者に支給します。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 00:28:44

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

「政治家」が変態しか目指さない職業になりつつある中で、真面目に世直ししたい人はNPOだったり起業だったりで自前で動いてるみたいな状況はあって、しかし制度的に付与される権力はどうしたって「政治家」のほうが大きいというアンバランスさがありますよね

posted at 00:07:08

7月1日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

いまどき権力奪取に自己表現を感じてしまうような歪んだ人間でないと政治家なんかやらないよねってのはまあ、現都知事を見たって思うことですけどね…

posted at 00:04:59

2020年06月30日(火)6 tweetssource

6月30日

@dunkrock

D.D(ドリーミー刑事)@dunkrock

「政権を獲れない者」の向こう側にも多くの国民が存在しているということを忘れてしまっているような政治家には、絶対に政権を獲ってほしくないものですね…。政治は政治家の自己実現の手段ではないし、政権にはすべての国民を包摂する義務がある twitter.com/hashimoto_lo/s

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 23:57:39

6月30日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

「死票は避けるべき」っていう誤解を解かない限りは、「とにかく投票して投票率を上げよう!」って言ってもあんまり意味がない気が私はしてて。オトナの有権者の義務として投票率を上げて「当選しそうな人を選ぶ」をやってしまうと、結局個人の意思より情勢ありきの本末転倒な投票行動になってしまう

posted at 12:10:17

6月30日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

死票を避けるのをよしとする価値観があるせいで、「当選しそうな人」に入れるということにもなるし、「どうせ当選しないから投票もしない」ということにもなってしまう。本当は、落選した人の得票数も、支持層の存在として可視化されて力になるのに

posted at 12:02:54

6月30日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

入れた候補が当選しなければ「死票」である、って考え方がネックなのかもなあ。自分が入れた候補が当選しなくても、一票入れたらそれは得票数として記録に残って消えることがない。だから死票というのはない、って自分は考えているんだけど

posted at 11:56:59

2020年06月29日(月)5 tweetssource

2020年06月28日(日)14 tweetssource

6月28日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

『ピンク・フラミンゴ』でディバインが犬の糞をなめるときの曲ですよね、「(How Much Is) That Doggie in the Window?」って。あまりにもできすぎな…

posted at 21:26:21

6月28日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

1. その年代の多くの若者は非政治的であり、音楽とビートのためにレコードを買っている
2. 十代の反抗は成長過程のひとつだ、と言うのもいい
3. 時の政府の政治信条が何であれ、十代は反体制であるもの
4. 「ポップ」の反逆の最も過激な形態はパンクだったが、それは労働党政権のときに起きた pic.twitter.com/P5XL7UQGKP

posted at 21:16:01

6月28日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

87年の3月に再選を狙うサッチャーが、若者アピールをするために『Smash Hits』のインタビューを受けたと。その時のブリーフィング資料。パンクやポップチャートの簡潔で的を得た要約も面白いけど、「強調すべき主張」の部分が特に面白いなと思った。
www.margaretthatcher.org/document/205264

posted at 21:12:07

6月28日

@Cristoforou

saebou@Cristoforou

私マギーは大嫌いですけど、そうは言ってもメディアに出る前には必ずこういう知識を入れてくれるスタッフを抱えてきちんと準備してたっていうのはやっぱり政治家としては有能で、というのも今の日本やアメリカのトップはそういう発想もないのではないか…

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 20:41:05

6月28日

@Cristoforou

saebou@Cristoforou

サッチャー、首相就任後に過去に世間で流行ったパンクロックとはどういう音楽なのかについてレクチャーを受けてて、その時にパンクは1978年のセックスピストルズ解散で打撃を受けたと習ったらしい。 / “Margaret Thatcher papers: Sex Pistols, bread and keeling over | P…” htn.to/3ep6vr5jqv

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 20:41:03

6月28日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

「いや、本当は小西くんもベロ出しているのかもしれない。これは映画だよ、悲しくて、寂しい映画を作るのが好きなだけなんだよ、と。そうだったら良いんだけれど。彼が本当のシンガー・ソングライター作品を作ったら、それが分かるのだろうか。」

posted at 14:18:16

6月28日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@spazzspazz @asakopastelism そうですね、一般層までほんとに断絶してたのかなあ、ってあたりが私のそもそもの疑問でした。ハードコアパンクになってくると音的にもメタルと近づいてきたりするし

posted at 09:31:34

2020年06月27日(土)67 tweetssource

6月27日

@vibechant

トオルa.k.a. スケル@vibechant

@sosaidkay 中古屋の立場から言うとパンク/NWを手放すお客さんでHR/HMが混ざっていることはありますが、HR/HMのお客さんはパンク/NWを含め他ジャンルのロックが混ざっていることはないです。混ざっているのはジャズ/クラシックです。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 21:12:44

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@asakopastelism パンクが過去の否定ってことは思想的にはわかるんですけど、聴いてる人まで混ざり合わなかったというのがなんか不思議な感じもしまして。そんなにみんなが硬派な動き方をしてたのかなと

posted at 19:47:58

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@rjpn1 @some_speakers そうか、渋谷、大貫、伊藤でそれぞれラジオを持ってて、なんとなく棲み分けがあったのですかね。自分も渋谷さんのサウンドストリートは熱心にではないですが聴いてて、新しい音楽が普通にかかるなってイメージでした

posted at 19:34:32

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@rjpn1 @some_speakers ああ、特別にNW贔屓ということではないが常に新しい動きをフォローしていて、様式化して以降のメタルは扱ってなかったという感じですかね。たしか自分がRO本誌読んでたのって90年ごろでしたけど、主に「渋松対談」の人ってイメージでした笑

posted at 19:26:32

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@asakopastelism かなり独特な立ち位置ですよね。こないだヘレン&ザ・ホーンズのヘレンさんのインタビュー読んだら、モーターヘッドの妹分のガールスクールをテレビで見て参考にしたみたいな話をしてて。音も含めてやっぱりパンク寄りな感じありますよね

posted at 19:19:10

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@some_speakers 音像としてはたしかに歪みギターがパワーコードやリフを強調してるとメタルで、コードの塊をグシャッと面にしてるとパンク、みたいなイメージはあるかもですね。相互に浸食していて一概に言えませんけど

posted at 19:13:08

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@some_speakers HM対パンクスの喧嘩😂。なんか子供心にどっちも男性的で暴力的な音楽というイメージはあったかもしれません。それだけではない、ということに後から気づくわけですけど

posted at 19:10:07

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@some_speakers @rjpn1 渋谷さんといえばツェッペリン、というイメージが自分にもあるんですが、80年代のパンクNW派とHR/HM派の対立でいうとどっちの陣営に与してたんでしょうか? 爆風は当時はNW枠かとは思いますが

posted at 19:02:54

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@rjpn1 見た目とボーカルのマッチョ度ってあたりでざっくり分岐するのと、雑誌などでの意味づけでそれが一層強調されて、溝が走ってたという感じなのですかね

posted at 16:04:02

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

こないだアレックスさん追悼でショップ・アシスタンツの動画色々見てたらモーターヘッドをカヴァーしてるのがあって、カッコいいなーと思ったのと、やっぱりパンク寄りの文脈からも愛されてたのねという納得とがあった

Shop Assistants - Ace of Spades
youtu.be/wkVtBN5f7gw

posted at 15:53:07

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

逆にいうと80年代にパンク/NW系とHR/HM系が分かれてたのってどういう経緯なんだろ。音的には隣接するものも多かったはずなのに。洋楽誌の棲み分け?

posted at 15:45:15

6月27日

@rjpn1

rljp.@rjpn1

80年代はパンク/NW派とHR/HM派が完全に敵視合っていた印象が明らかにあり、私個人的な経験言うならば91年ぐらいにピクシーズ、アンスラックス&PEとかでラウド&ヘヴィーが大丈夫になって、メタリカのアルバムまで買ってしまった少し後にニルヴァーナ「ネヴァーマインド」だった。 twitter.com/yoursilentface

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 15:41:31

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

@minoradio あー、てことは自分はグルーヴィーな黒さがあるハードロックは聴けるけど、白い純メタルは聴けないって感じなのかな。そうかも…

posted at 14:16:14

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

あー、ディープ・パープルはたしかに演奏する楽しさが聴いていても伝わってきて好きかも。さっきRTした「パープル~レインボーを祖とする純メタル」というと、パープルはまだわかるのだが、レインボーが自分にはちょっとよくわからない

posted at 13:31:00

6月27日

@yanahiko02

やなひこ@yanahiko02

サバス(オジー)、AC/DC、ツェッペリンというのは、ポップアイコンとして使っていいメタル/ハードロックなのよ。だから、渋谷系やアパレルがシャレで使う。パープル~レインボーを祖とする純メタルは、ポップアイコンとして機能しないガチの芋として跨いで通られる。純メタルは舐められてるのよ。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 10:22:07

6月27日

@yanahiko02

やなひこ@yanahiko02

サバス(オジーソロ含む)とかAC/DCとかツェッペリンとか、小山田はメタル/ハードロックを取り上げる際にも、ポップに料理できる、シャレで済むものを選んでやっていたと思う。そこがまたメタル側から見ると小賢しいというか。グランジ勢の「サバスは有り」に似た感じ。パープルは入らない。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 10:22:03

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

エレキング別冊の写真見て、友達のバンドにギターで呼ばれてなんでも弾くみたいな時期が小山田にもあったんだなと思い。スケールはぜんぜん違うけど、近年のYMOとかオノヨーコに呼ばれてギタリストやってる姿はむしろ原点回帰に見えるようになった。 pic.twitter.com/ko1BcR8quc

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 10:12:15

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

なんか根がギタリストってのはこの数年になってようやく納得したというか。『コーネリアスのすべて』で高校時代のバンドの写真とか載ってて、いろんなバンドに呼ばれてなんでも弾いてたんだなーとわかり

posted at 10:06:16

6月27日

@HUE_HUE

HUE²@HUE_HUE

ライブの時も思ったんだけど、小山田さんって根はギタリストというかギター少年マインドをずっと持ってる人なんだなと。コーネリアスがどんどん音数も少なくなって歌も減ってテクノ的なアプローチが増えていってもギターは決して手放さなかったわけだし。ちょいちょい入れるHR/HM趣味も納得というか。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 10:02:41

6月27日

@HUE_HUE

HUE²@HUE_HUE

80年代にローティーンを過ごして後々バンド組むような人の最初の入り口がHR/HMだったって割とありふれたことだと思うんだよな。カーディガンズがサバスをカバーしたという話も、そもそもアズテック・カメラだってヴァン・ヘイレンをカバーしてたじゃんとも思うし。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 10:02:36

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

私は同世代とかではないけど、まあメタルを普通に通過する世代ではあったんだろうなとは思ってたかな。そのルーツをどのタイミングでどう出すかに否応なく批評性が出ちゃうだけで

posted at 02:05:25

6月27日

@spazzspazz

spazz@spazzspazz

お洒落系とメタルの関係は深読みしすぎだと思う
同世代だから分かるけど1回メタルを通過するのはごく普通だったから

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 02:01:17

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

Xのhideがめちゃめちゃコーネリアスを評価してくれて、69/96のリミックスアルバムに超力作を寄せることになるのも面白いっちゃ面白いんだけど、なんかピュアに真面目にメタルが好きな人をもてあそんではいまいか、って疑念は受け手の立場では常に感じていたな当時

posted at 01:57:00

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

まあ小山田くんがメタルが「普通に好き」ってとこと、渋谷系的なシーンへの逆張りでやってんだろうなーってのと、両方思ってましたね

posted at 01:46:41

6月27日

@naakass

魚か@naakass

そこでまあ69/96聴いてるとヘヴィーメタルサンダーとかやってて。。。ってなると、まああの人も普通にメタル好きなんだなあという素直な理解もあって。。で雑誌見ると8フィンガーマスターしたぜ!みたいなドヤ顔インタビュー載ってたりしてて。。。いやもうメタラーじゃん!みたいな感じが。。w

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:56

6月27日

@naakass

魚か@naakass

あと当時で言うと小山田君はコーネリアスやってたけど、ラジオなんか聴いてるとディオのアルバム聴いてて良かっただとか言ったりしてて。。渋谷系ってのはお洒落じゃないのか?って俺らは思ってたのに教祖様がディオのアルバムについて語ってるぞ!?みたいのがあって。。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:54

6月27日

@naakass

魚か@naakass

それじゃスウェディッシュポップってやつは変態だって理解があって。。その上でスウェーデンといえばメタルの世界だから、あいつらもメタルが好きなんだろうという理解もあって。。だからカーディガンズがサバスやオジーのカバー出しててもまあ納得できたんよね。。。素直に。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:51

6月27日

@naakass

魚か@naakass

渋谷系、渋谷から遠く離れた南大阪の僕ら下民高校生たちには本質が分からず情報を掘り下げるしかなかったんだけど、尖兵だったスウェディッシュポップについてはプロデューサーのトーレ・ヨハンソンってやつが影響力強くて、そいつは若い頃に音楽知るためにまずエレキギターを分解したって聞いて。。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:49

6月27日

@naakass

魚か@naakass

>RT これどうなんだろ?カーディガンズは謎感というかサバスとかメタル普通に好きだったんだろうなっていう素直な感じもしてたけど。。(当時はアメリカのオルタナ勢の中でサバス再評価が流行っててマライアキャリーがサバス好きって歌ってたりしてたし、テレビでオズボーンファミリーとか。。。)

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:46

6月27日

@Shimo_T

Tatsuo@Shimo_T

カーディガンズ聴いたの大学生になってからだから、メタラーがオシャレポップスやってる、よくあるパターンくらいにしか思ってなかった。ただ、よくあるパターンと思った例が今パッと思い浮かばない。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:44:06

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

そうそう、フレンチでソフトロックでジャジーなオシャレ感みたいなのが一般化してしまったので、フロントランナーは「次の一手」とばかりに「メタル」とか「ノイズ」とか「モンド」に手を出して、みたいな記号のゲームをしてましたねー(小山田ファンと思えぬ冷ややかな回想)

posted at 01:34:18

6月27日

@yoursilentface7

ヨアケノ@yoursilentface7

さっき相互の方とのやりとりで思ったけど、カーディガンズがサバスをカヴァーする謎感、あれがコーネリアス『69/96』の伏線なんだよな。

Retweeted by sosaidkay

retweeted at 01:31:03

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

なんか私の周りでの当時のカーディガンズの評価って、1stを聴いてオシャレだけどブラック・サバスもカヴァーしてる謎感がイイよね! って感じだった記憶がある。98年のアルバムは幻滅以前に単に聴いてなかったな

posted at 01:27:22

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

でもドクにはどこかで憧れてたかも。科学の知を信じて、知を信じることでロマンスもつかんでいく人。ジュール・ヴェルヌを読んでいる人間(女性)と、それだけで100年の時を超えて通じ合うっていうのはすごい熱い。ドクには文化の薫りがある

posted at 00:39:42

6月27日

@sosaidkay

sosaidkay@sosaidkay

マーティーっていう主人公は、思えば自分にとってよくわからない人だった。女の子とデートも楽しんで、ギターを弾けばチャック・ベリーに影響を与えるほどの腕前で、おまけにアクションにも強い。それでも個人の背景が見えてこない。「誰?」って感じがある

posted at 00:34:33

このページの先頭へ