情報更新

last update 09/25 08:31

ツイート検索

 

@stoyofuku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

Stats Twitter歴
4,843日(2009/06/23より)
ツイート数
48,937(10.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2022年09月24日(土)1 tweetsource

2022年09月23日(金)6 tweetssource

9月23日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

子ども達は社会とつながってる認識はあるの?
社会は所与条件で、変えられないと教えていない?
貧困も不適応も全部自己責任だと思ってない?
不都合な真実が自責に向かうだけでは、当事者として社会課題解決の思考・対話・はたらきかけが出来る訳もない。他人事の探究活動をやっても意味はないのです

posted at 08:34:21

9月23日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

直面する課題の解決やライブな知恵の交換にはスピードが必要。だからネットやSNSの重要性が増すのは時代の必然なのです。でも、既存の権威や体制を守りたい人々にとっては厄介モノ。だから過小評価して排除してなかったことにする。守りに入ればいずれ衰退するのに、それ以外に手がない。愚かですね。

posted at 07:49:03

9月23日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

研修機会を待つより、自らアクティブに情報収集すれば、どこかに同じような事を考えてやってみた人を発見出来ます。学校や地域の枠組みを超えてつながってしまえばいい。ネットは自ら学ぶ人には不可欠なツールです。

posted at 07:42:35

9月23日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

研修や講演で「ICT活用やデジタルシティズンシップのいい事例ないですか?」と聞かれる機会が多いのですが、GIGA展開は全国一律なので遠くに行かなくても結構地元にあったりします。問題はお互いに近隣の学校の情報が得られないことなんですよね。

posted at 07:39:33

2022年09月20日(火)1 tweetsource

2022年09月19日(月)6 tweetssource

9月19日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

昨日はふらっとアンコンシャス・バイアスの勉強会に参加。学部心理学講義の認知バイアスで扱う話がたくさん。道徳やモラルとはアプローチが違う。デジタルシティズンシップが立脚するのは、倫理であり科学的合理性なのです。

posted at 09:22:30

9月19日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

先生と参観者だけが答えを知っていて、生徒が知らないみたいな設定の授業は好きじゃない。というか知的探究心につながらないので、子どもに話しかけようとも思わない。教員=生徒パラレルの統制されたコミュニケーションは古典的一斉授業の見せ方としては美しいかもしれないけど。

posted at 09:00:23

9月19日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

近代の教育方法論は「教える都合」から始まり、20世紀後半には「学ぶ側の思考や特性」に注目した。
素朴な学習観(単純な注入)で知識定着するなら、学習の方法にあれこれ悩む必要はないのです。でも現実はそうではない。学ぶ側の思考を読み解くことが大切。ピアジェやヴィゴツキーはその入口です。

posted at 08:52:38

2022年09月18日(日)24 tweetssource

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

ネット情報を漁る上では必須の「情報信頼度の検証」と合わせて重要なのが、得られる膨大な情報を活かす問い。ググって一発で答えが出るような問いを立ててはいけない、はもう当たり前になってほしい。子どもに馬鹿にされますよ。

posted at 11:02:49

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

別スレで北海道土産論争が起こってるw
六花亭だったらバターサンドじゃなくて、六花亭店舗でしか買えないものがレアでおすすめ。個人的にはシフォンケーキ・豆大福・べこもち。帯広の本店に行くとケーキも買えるらしいよ。

posted at 10:27:24

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

教科書が信用出来ない、教科書以外のソースが欲しい、そうなったら俄然強力な助っ人になるのが司書さんです。紙もネットも含め広大な海をナビゲートしてくれる頼もしい存在。そこにコストかけずに何が教育だ、学力向上だっていうんだ?!と私は思います。

posted at 10:22:51

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

【インプット偏重】一斉授業で情報伝達・習得させるだけなら1人1台で十分でしょう。でも、教育ニーズは【アウトプットとコミュニケーション志向】に変わりつつある。作品構成・編集・共有のステージで必要なのは、メディアセンターたる図書館なんですよ。

posted at 10:19:42

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

一方でこんなに素敵な学校もある。図書館は単に貸借や読む場所だけではありません。知的好奇心を喚起したり、メディアとの付き合い方を紡ぐ大切な場。僕はICT推進派だけど、図書館や司書さんが不可欠だと考えるのは、メディアを扱う統合的な機能を持っているからです。 pic.twitter.com/u5rnCMPaR8

posted at 10:14:44

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

図書室が半ば物置みたいになってる学校も良く見るんですよ。こんな学校で読書指導とかどうやってるんだろう?とか思いますよね。少なくとも、手に取って読んでみようかな?的な興味関心が起こるような仕掛けがまったくない。

posted at 10:01:22

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

学校の機能が軽視されると、余計なものはどんどんなくなります。学校図書館の形骸化もその一つ。予算かけない自治体の図書館はホントにすっかすかです。教科書に教えるべき事が書いてあるなら、勉強以外の読書指導は形だけでいいし、図書なんか古いので十分だし、司書もいらないよね~

posted at 09:55:39

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

子どもは生活レベルでネットにどっぷり浸かってるので「調べ学習は紙媒体で」とか先生が言いだすと、ひどくがっかりするでしょうね。彼らが欲しいのは情報の真偽を見分ける知恵なのに、紙媒体の虚構に囚われている哀れな大人からは何も学べません。「ああ、もう結構です」と言われますよ。

posted at 09:47:50

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

著者として出版に関わると業界の中の事が透けて見えたりするんですけど、教育業界の初版部数とかを教えてもらったりすると、twitterでフォローいただいてる方がよっぽど影響力大きいと思いますよ、ほんと

posted at 09:16:37

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

デジタルの世界では随分前から「プロシューマー」化が指摘されていて、誰でも作り手送り手になれる訳で、紙媒体だってそうなりつつあるわけです。つまり、媒体レベルで情報信頼度を議論するのはもう意味がないってことですね。

posted at 08:59:57

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

「調べ学習は紙で」主張には、紙書籍の象徴たるプロ出版に信頼度評価は預けて、一般人は媒体を引くだけでいい的な発想がありますけど、トンデモ本で儲けている業界を目の当たりにすれば、そんなのもうとっくに壊れてるんですよね。

posted at 08:56:51

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

書籍を使う一般的なメリットは出版・流通にかかる莫大なコストが内容品質を担保する構造をもっているからです。名の通った出版社が同人誌・自費出版より信頼度が高いとされるのは、売るために書き手・編集・装丁にお金をかけるからですね。

posted at 08:46:38

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

日本は毎年新しい教科書を使うので、正解は全部書いてある前提になっちゃうんですけど、フィンランドの社会の先生は「(図書館置きの)3年前の教科書なんて使えないから、自分で書き直してます」とかおっしゃる。

posted at 08:41:43

9月18日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

調べ学習で紙媒体かネットかみたいな話はよく質問されるのですが、どんな学問領域であっても情報には鮮度があります。予算潤沢な公共・大学図書館なら別ですが、20年前の辞書を平気で並べているような学校図書館で出版年が古い書籍群とネットを比較しても、なんだかなあということですね。

posted at 08:38:59

2022年09月10日(土)1 tweetsource

2022年09月08日(木)2 tweetssource

2022年09月07日(水)1 tweetsource

2022年09月06日(火)4 tweetssource

2022年09月05日(月)17 tweetssource

9月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

目の前の課題を一刻も早く何とかしたい、という事は結構多くて、だから、IDE環境にラフコード書いて走らせながら精緻にする、ってやりかたが染みついてるんだけど、エラー修正機能やデバッカに依存して何が悪いの?「教育的じゃない」とかなんでそういう議論が出てくるのって思いますわ。正直。

posted at 09:44:16

9月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

@abee2 先生ほどじゃなけど、自分もFORTRANで紙コーディングやIBMカードパンチャーを使った世代でもありますが。あれは二度とやりたくないです。根詰めて人力でコード見直しするとか、意味ないもの。エラーチェックはコンピュータでやれ、ですよ。

posted at 09:42:53

9月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

IDE前提のプログラミングはコードを一字一句間違えない事より、まずはラフに打ち込んでエラーフィードバックを元にコードの完成度を高める使い方が一番無理がないし、時間効率も稼げるように思うんだけど。入試の紙上デバッグ前提だと、そういうのとは別の能力が求められそう。

posted at 01:13:27

9月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

@ukkaripon @nakano_lab だったら、DNCLと酷似するPythonに無理矢理言語選択を寄せるより、どうせCBTにするなら、テスト画面上で学習者の好きな言語に切り替え出来るようにすればいいじゃん?ってことなんですが。
まあ、教える側の都合を考えると、生徒によって選択言語が違うってのは単に面倒くさいもんね。

posted at 01:03:45

このページの先頭へ