情報更新

last update 03/09 10:59

ツイート検索

 

@stoyofuku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

Stats Twitter歴
4,278日(2009/06/23より)
ツイート数
43,918(10.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年03月08日(月)2 tweetssource

12時間前

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

何しろ国内初のGIGAスクールなんだから、全知全能の神なんか居る訳がない。虎ノ門も教委も教員もみんな暗中模索です。こういう時に上意下達は上手く行かない。判断出来ないから先延ばし、とか、とにかくリスク嫌って安全側に判断を倒すと、簡単に首が絞まりますよ。教委のみなさん。

posted at 22:52:58

2021年03月07日(日)5 tweetssource

2021年03月06日(土)3 tweetssource

3月6日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

教科書には正解があるのかもしれないが、デジタル・ジレンマに正解はない。ジレンマなんだからどっちにしてもメリット・デメリットは生じる。だから、一方的にリスクと否定理由のみ並べたところで、「やらない」合理的な判断は導けない。

posted at 16:36:00

2021年03月05日(金)18 tweetssource

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

一方で、生徒指導上の面倒を回避するために抑圧的ルールを際限なく増やす回路に陥れば情報環境は死滅しますし、復活させるのは「やらかし期」対応以上に大変。だから「やらかし期」の学校は難しい舵取りを求められるのだ、と捉えていただきたい。

posted at 07:44:33

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

で、いずれも利用者が自律判断するために、立ち返るべき大方針を設定することが大切。例えば、米国コモンセンス財団の教材では❶安全に ❷責任をもって ❸互いを尊重する、とシンプルにまとめています。具体的な禁止・制限・許可細則はこれらに紐付けておかないと、子どもの自律を阻害します。

posted at 07:36:04

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

指導のアイテムは大雑把に、①利用規約・ルール、②基礎ICTスキルトレーニング、③情報モラル(デジタルシティズンシップ)④日常学級指導の4つがあるけれど、どれかに偏り過ぎてもいけない。バランスも配慮点のうちです。

posted at 07:28:47

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

だから、やらかし挑戦を「悪ガキが生徒指導を挑発する」的イメージで捉えるのは誤りです。むしろ「学校日常のデジタル化を達成するために何処に一線を引くのか?」経営センスがギリギリと問われる事だと捉えていただきたい。

posted at 07:24:22

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

ここで現状維持を優先させてルールを厳格側に倒せば、【チートといたちごっこの応酬回路】に嵌まるので、あっという間に、クソ不自由な情報環境が出来上がってしまいます。子どもも教員も面倒臭くなって使わなくなるので、死蔵・文鎮化の奈落に落ちるという訳です。

posted at 07:18:38

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

児童生徒はわくわく期から引き続き、新しい情報環境への旺盛な探索を行おうとする。でも、学校側から見るとそれがやらかしに見えて慌ててしまう。新しい情報環境には明確な学校ルールが設けられていないからです。

posted at 07:11:47

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

やらかし期の特徴は「学校での新しいテクノロジーの位置づけをめぐって冒険と挑戦が繰り返され、あらゆる課題が噴出する」こと。
もう一つ重要なのは、これはいずれ収束すること。経験談を総合すると2~3ヶ月という話。

posted at 06:58:39

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

GIGAスクール導入3期(わくわく期・やらかし期・安定期)は結構知られるようになってきたけど、やらかし期だけが解釈の一人歩きをしているなという印象がある。まあ、これは分かるけど、児童生徒は悪意をもってやらかす訳じゃないし、むしろこれは学校側体制の問題なんですよ。そこが重要。

posted at 06:55:31

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

40年説の翻訳はこちら「課題は、教育改革者が20年先のシステムを設計を試みるのに対し、教員は現システムに苦心し、保護者に至っては20年前のシステムを覚えているので、概念的ギャップは40年に及ぶ。これが政府や教育者が過小評価しがちな大きなコミュニケーションの課題である。」

posted at 06:41:06

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

これはICT文具論に通じるところがある。文具は学習者自身が時や条件に応じて「道具立て」出来る余裕が重要。教員がすべて使い方を指示して逸脱を許さなければ、学習者の自由がない教具になってしまう。

posted at 04:08:21

3月5日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

昨日の会議で、文科省は最近「個別最適化された学び」にかえて「個別最適な学び」を使うようになった、という発言があり、なるほどと思った次第。
「個別最適化された」では、提示解はひとつだけで、学習者側は選べない。選択肢は複数あって、最適を選ぶのが学習者自身という考えは大事。

posted at 04:03:01

2021年03月04日(木)9 tweetssource

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

ICT自体には道徳がない上に、どのように増幅させても結果生じるジレンマからは逃れられない。ただ、どの方向へ増幅させるかは、本人に有効な選択肢があって冷静に決められるようにしたい。教育的な関わりが出来るとすれば、ここが基軸になるでしょうね。

posted at 08:02:13

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

健康被害・IT利権・情報支配といったICTダークイメージの言説に乗れば、つかの間の情緒的充足は得られるかもしれませんが、結局ICT不適応に拍車がかかるだけで、長期的にみれば本人にも社会にもネガティブな影響しかないんですけどね。

posted at 07:54:49

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

我々は現代社会で生活する以上、ICTの毒を日々喰らってる訳で、純粋無垢な子どもをICTから守ろうとか、そんなの無理な事は分かってるはずですね。大人が日々使ってるモノに子どもが興味を持つのは当然なので。

posted at 07:34:10

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

それでなくても、公教育の大枠は19cのままで、いわゆる教育のなかの国家主義・産業主義な矛盾や宿題も解決出来ぬまま21cの情報社会に突入しているわけで、こうした背景を踏まえずに、ダークイメージのICTだけ批判したところで、歴史が巻き戻せる訳じゃないので。

posted at 07:16:40

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

たとえ専門家でもロジックで全て完結する訳ではなく、むしろ直観的イメージが認識や思考に影響を及ぼすので、(具体的書くと刺されるけど)子どもの教育に関わる業界の人は、未だにICTに対する原初的ダークイメージに翻弄されているように見えます。この呪縛から解かれるのは簡単じゃありません。

posted at 07:02:11

3月4日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

「ICTは道徳のない増幅機」なので、どんな妄想もグロテスク化する。オーウェルの1984的全体主義・超監視、チャップリンのモダンタイムス的合理化・労働搾取、IT利権・情報支配、依存と健康被害みたいなダークイメージばかり強化したら「そんなの子どもに触らせたくない」と思うのは当然ですね。

posted at 06:50:51

2021年03月03日(水)6 tweetssource

3月3日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

教委・管理職・実践者の連携が必要な上に、それぞれアンテナ高く機敏に動けないと、GIGAスクールは安定期まで引っ張れないし、走りながら課題解決した暗黙知を形式知に転換しないと後続は学べない。学校に新しい機構を定着させるのは大変な事なんです。少なくとも過去30年失敗してきた訳だから。

posted at 06:50:10

3月3日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

ちなみに成功2割もかなり盛ってる数字。私の見立てはもっと悲観的です。失敗した自治体が後々国策レベルの足を引っ張るので余計にヤバい。だから分かりやすく8割と言ってます。私はそういう立場だから、現場と教委に失礼とか、別にどうでもいいです。

posted at 06:36:54

3月3日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

あのね、これは政策論だし、走りながらなんだから根拠出るわけないでしょ。これは他のアドバイザ立場の人と肌感を情報交換して置いた数値。実践者・単校レベルで成功例はあっても、自治体単位の成功例はまだない(皆導入途中)。キーマンが異動したら即崩壊するくらい脆弱なんですよ。 twitter.com/goldpotechi/st

posted at 06:27:47

2021年03月02日(火)10 tweetssource

3月2日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

GIGA端末の運用に成功する2割の自治体が(保護者説得出来れば)学校日常のデジタル化を維持し、失敗する8割の自治体は更新期を乗り越えられないので、端末なしの奈落に落ちる訳です。国内の自治体間格差がいよいよ凄い事になりそうで、下手すりゃ訴訟モノですね。

posted at 19:59:15

3月2日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

GIGA端末持ち帰らせないとか、使わせるのは教員判断とか、決めてる自治体結構多いですけど、3~5年後の更新期のこと考えてるんだろうか、と思いますね。
学校に置きっぱでろくに使えない端末に4.5万払えって保護者に言えるか?って話ですよ。僕は説得出来ないな。

posted at 19:47:13

3月2日

@stoyofuku

豊福晋平: TOYOFUKU Shimpei (GLOCOM)@stoyofuku

「著作権はSTEMと違うじゃん」てツッコミはなしね(Aに一番関係があります)
皆さんがクリエータになったら?あるいは、文化を支援する制度設計やってみる?という、いかにもGLOCOMらしいお話になっております。

posted at 06:41:17

このページの先頭へ