情報更新

last update 11/17 11:30

ツイート検索

 

@sugaharahare
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

  • 13フォロー
  • 167フォロワー
  • 2リスト
Stats Twitter歴
627日(2018/03/01より)
ツイート数
2,312(3.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月12日(木)1 tweetsource

9月12日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

ボルトンみたいな危ない人が政権から去ってよかった。トランプも危なっかしいが少なくとも戦争をしようとは思ってないからな。
戦争とは、あまり考えてない人ではなく、ある考えに深くとりつかれている人たちが起こすものなのであろうか。

posted at 23:27:38

2019年09月04日(水)1 tweetsource

9月4日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

永久保さんの漫画『咲良の居酒屋歳時奇』 すごく良かった。いい波動。最近の彼は波動を描き分けられる。神仏の波動も描ける。
稲荷神社の狐さんたちが活躍する楽しい作品である。

posted at 01:26:48

2019年09月03日(火)3 tweetssource

9月3日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

「あさぎり」さんの本で「張る力」と言っていたのはこれかと。しかしこの本の方がはるかによく説明してある。
単なる「脱力」ではなくて「膨張感」なのだ。

posted at 18:06:23

9月3日

@kn_seitai

心身楽道/弘明寺カイロ整体院@kn_seitai

「健康法の極意3」を改訂して「パフォーマンスを上げる呼吸法」に改題しました。
上級編に入れる予定だった内容を加えて加筆・修正しています。
自動では更新されないので、お手数ですがカスタマーサポートに連絡してください。
2~3週間後に値上げ予定です。

amzn.to/2UiBa09 pic.twitter.com/0kzuFiwoxH

Retweeted by 菅原晴

retweeted at 17:47:47

9月3日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

『筋力を超えた「張力」で動く!』
っていう本を読み始めたんだけど、これがめちゃ面白い。必読ですね~
気のコンセプトは使わないんだけど、いろんなことが解明されていく感じ。

posted at 17:47:04

2019年08月25日(日)2 tweetssource

8月25日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

しかしこれは、氣のコンセプトはないがほぼ内家拳と同じものだと言っていい。
内家拳を追求したい人は大いに参考になるだろう。
中国の老師が解説してくれないことを語っている。
ただ、見たからといってできるようになるわけではないが・・

posted at 10:55:16

8月25日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

リャプコ父子のDVD『相手の身体を内側から動かす』を見始める。
そのものずばりのタイトルですな・・
1枚目を見て気づいた。これは、自分と相手を気でつなげてしまうことを前提としている。だから、相手の緊張がどこにあるかわかるのだ、と。

posted at 10:53:21

2019年08月23日(金)3 tweetssource

8月23日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

人体を模したマネキンは、指先一本で倒すことができる。一切の防御反応を相手に起こさせなければ、マネキンと同じことになる。

posted at 14:09:14

8月23日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

ほとんどの人が分かっていないと思うことは、「全てを肯定する」という方向へ行かなければ、本質的な進歩はないということだ。地球人の習慣から出ていかなければ、真理はわからない。

posted at 00:45:45

8月23日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

なぜ、力を入れても押せないものが、力を抜くと簡単に押せるのか?
それは、完全に脱力した状態で相手に触れることができれば、相手はその瞬間に緩んでしまうので、その瞬間はわずかな力で動かすことができるのだ。
これが、武道と治療に共通する原理である。
・・ようやくここまでわかった。

posted at 00:34:06

2019年08月22日(木)6 tweetssource

8月22日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

スプーン曲げ、ならぬ、フォーク曲げをやってます。しかし、よく曲がりますね。
かく言う私は、かなり前にスプーンを曲げたことがあるが、最近はやってない。
いつでも、人前でも簡単にできるようにする、となるように練習してみるかな。
youtu.be/X7MKWxkOTL8

posted at 23:25:53

8月22日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

ようやく『武術家のための24式太極拳』を読んだ。今回はだいぶ理解できたと思う。
この三部作、かなり内容が濃かった。

posted at 22:46:23

8月22日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

対人練習ものっているが、連続写真だけではほとんどわからない。このやり方は昭和時代からのものだし、今どきは、動画を作ってそのQRコードでも載せてもらいたい。
出版社の思惑は、売れそうならDVDを作るから、ということかもしれない。

posted at 13:48:58

8月22日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

真北さんの『誰にも聞けない太極拳の「なぜ?」』と『太極拳のヒミツ』を再読し、かなり難しい『武術家のための24式太極拳』にとりかかっている。
私はスコットとかいろいろやってるけど、この本だけで理解する人はあまりいないだろうな。

posted at 13:43:32

8月22日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

私は、WEBを見ていると「緩消法」の広告がしょっちゅう出てくるのだが、テレビを見ていたら、J3チーム八戸のユニフォームに緩消法と入っているのでびっくりした。
緩消法は・・たしかにある程度効果はあるけど時間がかかるなあ、という感じがした。

posted at 13:41:54

2019年08月21日(水)1 tweetsource

2019年08月20日(火)13 tweetssource

8月20日

@fun_Taichi_bot

太極拳com@fun_Taichi_bot

太極拳は、頭(意識)を使って精神エネルギーを足から手へと伝達する訓練である。他にも有益な効果はあるが、「足から手へのエネルギーの伝達」がエネルギー中心の太極拳の根本的な定義である。 『太極拳パワー』(スコット・メレディス)amzn.to/1zUqW6m

Retweeted by 菅原晴

retweeted at 18:57:53

8月20日

@fun_Taichi_bot

太極拳com@fun_Taichi_bot

練習相手の身体に緊張を見つけたら、それが相手の中心ラインにあろうとなかろうと、自身がどんなポジションを取っていようと、相手を手中に収めたのも同然だ。 『太極拳パワー』(スコット・メレディス)amzn.to/1zUqW6m

Retweeted by 菅原晴

retweeted at 18:57:23

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

それをどうして「甲野は全然ミカエルに勝てない」なんて見方をするんでしょうね。よっぽど甲野さんを落としたいのか、了見狭いね。

posted at 01:41:31

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

『システマ剣術』の一日目に甲野さんが出ていた件。別にあれはミカエルと「勝負」してるわけじゃない。ミカエルのセミナーなんだから、俺の方が強いのを見せてやるなんてことをやるはずがない。普通に、実演のために求められる役割をしただけのこと。

posted at 01:41:31

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

ミカエルは「恐怖心を克服した者が勝つ。勝負は手を合わせる前に既についている」などと言っていたな。昔の剣豪みたいでかっこいい。
ミカエルは相手の剣のある場所を叩くだけで、相手の緊張を引き出して無力化することができるようだ。

posted at 01:38:31

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

逆にシステマが持っている、東洋の武術にはない特質は、恐怖心と向き合っていること。そして「力を入れた状態でリラックスする」ことを重視すること。東洋ではそもそも力を入れようとしないが、システマは力を入れてリラックスしようとするのだ。

posted at 01:28:52

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

システマは優れたメソードだが、私がこれまでにデメリットとして感じたことは、次の通りだ。ただし本やDVDでの知識からのものだから、そういう前提で。
1.氣のコンセプトがない
2.螺旋の勁について触れてない
3.関節の自然な動き方について指導していない
4.緩ませ方のメソードは十分なのか

posted at 01:25:25

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

システマでは緩ませるのを重視しているが、どうやって緩ませるのかという方法論は、メインとしては呼吸と、一度緊張して脱力する、というものだ。シャシュカ(刀)を持つのはいい方法だが、呼吸と緊張・脱力だけでそんなに深部まで緩むものだろうか。緩ませ方という点では則本氏のメソードに分がある。

posted at 01:18:55

8月20日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

講習DVDではミカエル、ダニールの高度な技をたくさん見ることができるが、この実演を見て、ペアワークを10分ずつやったところでセミナー参加者ができるようになったとは思えない。見たところ50人はいそうだし、できない人同志で練習してもね? 本当にできる人に少人数で何回も指導されないと無理よ。

posted at 01:13:51

2019年08月19日(月)3 tweetssource

8月19日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

北川貴英『ストレスに負けない最高の呼吸術・システマ式シンプルブリージングワーク』という本(タイトル長い)、中古で入手。
かなり盛りだくさん。

posted at 18:06:52

8月19日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

結局システマでも、自分は緩んでいて相手の緊張を見つけてそれを利用して制するようなので、原則は太極拳と全く同じだな、と確認した。

posted at 16:18:08

8月19日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

システマ剣術、ダニールによる剣を使わないボディワークもあり、次々と攻撃をさばいていくわけだが、どうも「氣」を使っているとしか見えない。柔術の動きにも似ているように見える。ダニールの緩み方は印象的である。見ているだけでこっちも緩んでくるような。

posted at 00:47:33

2019年08月18日(日)5 tweetssource

8月18日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

腕だけでも緩みを発生させられるが、剣(あるいは棒)が効率がいいのは、腕が長くなったのと同じことなのだ。その分だけ「てこの原理」みたいなもので、微細な調整が容易になる。が、慣れてくれば腕だけでも微細に合わせることができる、てことではなかろうか。

posted at 22:57:20

8月18日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

中心線は、最初人に合わせてもらって、頭頂まで気が突き抜けた感覚がわかれば、それから自分で探していける。合ってるか合ってないか自分でわからないというのでは進歩できない。まずセンサーを作らないと。

posted at 22:49:42

8月18日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

しかし、力を抜いて気を通して、壁からはね返るなんてことは、太極拳教室の人の99.9%以上はできないことなのに、順を踏んで教えたら始めて数ヶ月の人もできるのだ。ほぼ「失伝状態」の中、これが人間の可能性であることを知らしめねばならぬな。

posted at 22:46:25

8月18日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

いろいろやってみて、剣を持たないでも腕を伸ばしてるだけで緩みを発生させることができるようになったな。腕から全身へ、さらに深いところへ緩みが伝わる。
それがどういう意味を持つのか、いちいち説明はしないが(^_^; 実は画期的なことである。

posted at 22:42:33

8月18日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

さらにリャプコのDVDへ追加投資。
真北さんの本ももっと精密に読み込むか。
彼の最新作『武術家のための24式太極拳』はまだあまり理解できない・・

posted at 16:10:52

2019年08月17日(土)6 tweetssource

8月17日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

また、腕を下に伸ばす、足に気を通すのは、腕を横に伸ばすのに比べ難易度が上がる。
いちばん新しい人が勘が良く、壁ではね返ることはできるようになった。

posted at 23:54:44

8月17日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

今日は太極拳教室で、則本氏講習の復習をした。力を抜いて気を通す、まずはそこから。
わかったこと。腕を伸ばして、それをキープしたまま力を抜いて気を通すと、ゆるみの反応が起こる。それができるようになってから、壁に手を当てて→人を押す、の順番でやるのがいい。

posted at 23:54:43

8月17日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

いや、『システマ剣術』とてもいい。内容が深いのでちょっとずつしか見られないが。実際の講習だと時間内に消化しきれないと思うのでDVDはありがたい。ミカエルの他のDVDも見るか。
この夏、ミカエルと『五禽戯健身法』そして則本氏『武道に学ぶ』と身体操作の研究ばかりである。

posted at 14:23:38

8月17日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

言いたいのは、そういうことができるようになることに 大きな価値を置いていない人が多いということだ。

posted at 10:34:19

8月17日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

たとえば、たまたまこのツイートを見ている人の中で、自分の正中線をどう合わせるかがわかる人はどのくらいいるのだろうか?

posted at 00:33:29

2019年08月16日(金)8 tweetssource

8月16日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

それと、ロシア語としてはミカエルじゃなくてミハイルだと思うが。
ミカエルの方が大天使みたいでかっこいいから??

posted at 21:58:43

8月16日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

このDVDにはなぜか甲野善紀さんが登場。
ミカエルに比べてレベルがどうのと言う人がいるが、そのように比べて言われるリスクを冒してまで、ミカエルから何か学ぶことはあるかと出てくるというのが、甲野さんの偉いところではなかろうか。

posted at 21:55:53

8月16日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

ミカエル・リャコプの『システマ剣術』というDVDを買う(中古だが)。この前のシャシュカ・ワークが印象に残ったのと、「剣と一体になる」などのコンテンツに反応。私はいちおう太極剣をやったのだが、そういうことは誰からも教えられたことがない。

posted at 21:55:52

8月16日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

もっともAKBモデルも限界に近づいている。総選挙中止、NHK番組の終了など人気低下は鮮明だ。そこへNGT問題なので。

posted at 10:49:28

8月16日

@sugaharahare

菅原晴@sugaharahare

気がついたが、高校野球とは、技術レベルは高くないが、身近な子たちがだんだんうまくなり成長するのを楽しむという、AKBにも似た日本人的テイストなのだ。
秋元康は「K-POPはプロ野球で、AKBは高校野球」と言ったというが、それはレベルが低いから駄目ということではなく、育成ゲームだということ。

posted at 10:45:51

このページの先頭へ