情報更新

last update 08/02 08:17

ツイート検索

 

@summar2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@summar2

赤城耕一@summar2

Stats Twitter歴
4,354日(2009/09/01より)
ツイート数
34,506(7.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年08月02日(月)2 tweetssource

13時間前

@summar2

赤城耕一@summar2

文字数指定の読み間違えで、せっかく書いた原稿を、自らが大幅に削る羽目に。編集者に任せるかなあ。悩むなあ。

posted at 00:56:31

2021年08月01日(日)8 tweetssource

8月1日

@summar2

赤城耕一@summar2

@PhotoYoshiki 解決策。偉そうには言えません。本来は居酒屋でのバカ話から、肩をたたき合い、ヒントは得られそうですが(笑)。いま、それができないし。

posted at 00:14:11

2021年07月31日(土)7 tweetssource

2021年07月30日(金)3 tweetssource

2021年07月29日(木)6 tweetssource

7月29日

@summar2

赤城耕一@summar2

@BXGTI16V 録画やDVDでは観ない時代劇。たまたま合わせたチャンネルで、時代劇やってると見入ったり。あるいは時代劇専門チャンネルは良いね(笑)。

posted at 16:01:38

7月29日

@summar2

赤城耕一@summar2

大川成美×水咲奈々写真展「Canelé -カヌレ-」NIGHT GALLERY 高円寺。水咲さんのイメージとは異なるモノクロポートレート。湿度が高め、色気ありの好みの描写。定石的でないのがよい。本日21:00まで。
NIGHT GALLERY 高円寺
東京都杉並区高円寺北2-1-24

posted at 15:47:06

2021年07月28日(水)5 tweetssource

7月28日

@summar2

赤城耕一@summar2

両国のピクトリコで山口規子さん写真展「 ARTIGIANO 」(職人)。イタリアの根元近くサルデーニャ島に住まう職人たちを撮った高精度なプロの仕事。特有の光、屋内採光の美しさ、職人の眼の輝きにも注目。出かけられない今、鑑賞する意味あり。島の存在すら知らず。恥ずかしい。pictorico.jp/press-release/

posted at 17:10:39

7月28日

@summar2

赤城耕一@summar2

津田沼駅前の髙山寫眞館で開催中の潮 匡人さん写真展「go ashore, outta my neighbourhood - USHIO Masato Volume 7」
江戸川の中にある小さな島「妙見島」に「上陸」した記録。島で目立つのはラブホと工場という奇妙さ。被写体の魅力に頼らず、作者が自分で発見し、解釈した光景とは。8月1日まで。

posted at 15:48:06

7月28日

@summar2

赤城耕一@summar2

@match__box しかも、長くお会いしていない方だと、名前も顔も、うろ覚えになり、年賀状のお子さま写真だけみて、こちらでお会いした、どなたのお子さまなんだろうとなったりも。

posted at 00:11:29

2021年07月27日(火)9 tweetssource

7月27日

@summar2

赤城耕一@summar2

知人がヒドいモザイクや醜いシールを自分の子供の顔にかけたプライベート写真をSNSによく挙げるが、正直、拝見するたびドキッとなる。お子さんかわいそう。たんなる記念写真だし。お子さんの安全、人権への配慮は重要です。けれど、ご本人が投稿を認識できるまで待ってみたら。

posted at 23:19:20

2021年07月26日(月)4 tweetssource

2021年07月25日(日)1 tweetsource

7月25日

@summar2

赤城耕一@summar2

それにしても暑い東京。作例写真撮影に命懸けで挑む真面目なヲレを気取るつもりだったが、もうヤメにします。

posted at 13:34:19

2021年07月24日(土)10 tweetssource

7月24日

@summar2

赤城耕一@summar2

安掛さんの隣のニコンTHE GALLERY の企画展は小林 紀晴さん写真展「深い沈黙」。冬の枯れた山肌が刺さる。これも記憶を呼び戻すような仕事だが、自分はおそらくレンズを向けず通り過ぎる。情緒に救いを求めない優れた表現。Z7のポテンシャルを生かすことで肉眼の観察よりも感情を捨てられたのかも。

posted at 14:46:18

7月24日

@summar2

赤城耕一@summar2

新宿ニコンサロンで安掛 正仁さん写真展「朧眼風土記 」。子供を授かったことをきっかけに、作者の子供の頃の記憶を、写真をかりて現したとあります。ところが、安掛さんの写真だけあって、モノクロプリントの特徴的かつ高度な技によって湿度の高い念のようなものを感じることができます。8月2日まで。

posted at 14:33:32

このページの先頭へ