情報更新

last update 11/26 03:51

ツイート検索

 

@summar2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@summar2

赤城耕一@summar2

Stats Twitter歴
4,105日(2009/09/01より)
ツイート数
32,661(7.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年11月25日(水)3 tweetssource

2020年11月24日(火)7 tweetssource

11月24日

@summar2

赤城耕一@summar2

@kawauso_M 220のリバーサルはプロラボでのエマルジョンのテストはされておらず、どこか軽んじられていましたが、グラフ誌や週刊誌などでは厳密な色再現の追求はないので個人的に積極的に使いました。フィルムの荷物が半分になり、単独のロケや海外ではありがたく。

posted at 13:19:12

11月24日

@summar2

赤城耕一@summar2

@nokton3514 Apertureの工作精度はカメラごとに違うし大きさもホントに24×36mmなのかよ、みたいなものもあるし、四隅の処理とかも違うし。ちなみにローライとハッセルなんか、同じ6×6判って言っていいのか?ん?キミ、みたいな違いがあったり。

posted at 09:32:45

2020年11月23日(月)6 tweetssource

11月23日

@summar2

赤城耕一@summar2

@kawauso_M 過剰な期待はしません。220は米国ではまだ認知されている印象ですが、欧州ではあまり知られてない感じがしますが、どうでしょう。

posted at 22:42:06

11月23日

@summar2

赤城耕一@summar2

@nokton3514 すみません。いや、加納さんが言わなかったら、まったく知らないままの人生を過ごしていたような。それを徹底矯正するのかは、また話が変わりますが、(笑)

posted at 18:07:13

2020年11月22日(日)4 tweetssource

2020年11月21日(土)7 tweetssource

11月21日

@summar2

赤城耕一@summar2

久しぶりにリアルのWS講評会終了。やはりリモートのそれとは天と地の差がある。作者の話を直接聞くこと、リアルでの写真プリントの強さを再認識している。よいグループ展ができることを確信しましたよ。

posted at 22:59:15

2020年11月20日(金)18 tweetssource

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

節操がねえぜ。でも御座敷がかかると集まるフリーの悲しさ。「間違い選び」の校正してますがヤバすですね。休刊誌の裏話はこんなこと言っても大丈夫か。発売日12/22から行方不明になりたい。“月カメ、復活するってよ!?”『激論! 間違いだらけのカメラ選び!!+α』がムックに!
cameraman.motormagazine.co.jp/_ct/17410892

posted at 17:02:09

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

銀座ルミックスでコムロミホさん写真展「The Decisive Moment / 決定的瞬間」。大胆なタイトル。パリの作品。誰のオマージュか分かろうというもの。冬季のヨーロッパのイメージって自分の経験では暗いから、モノクロだと陰湿になるがコムロさんの作品は逆ですな。25日まで。
lumix-ginza.jp/gallery/16

posted at 14:58:13

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

六本木のストライプハウスで千代田路子さん写真展「私は彼女と長い夢をみる」舞台は広島の修道院「黙想の家」。DMの作品から写真の厚み、奥行きを感じたのは久しぶり。光に敏感になり、作家自らが構築したモノクロのイメージは静かな中にも鼓動を感じる。本日19時まで。striped-house.com/now4.html

posted at 14:43:08

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

@5961Dobian ありがとうございます。ミノルタはMFのシステムは手放しておらず、現役使用中であります。αは潔くソニーへ。という割り切りをしております。

posted at 14:21:28

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

@sanzai6006 あー、申し訳ありません。筆者は時間を経ると解釈を変えたりするもので。たぶん途中まで書いて途中でパスし、少し時間を置いてから書き足したのかも。全体の推敲が甘かったですね。

posted at 13:44:11

11月20日

@summar2

赤城耕一@summar2

本日は、と、思ったら昨日がカメラ雑誌各誌12月号の発売日でございましたね。よろしくお願いしますー。

posted at 08:12:13

2020年11月19日(木)3 tweetssource

2020年11月18日(水)9 tweetssource

11月18日

@summar2

赤城耕一@summar2

@jetdaisuke コンシューマー製品の交換レンズの28mm焦点距離のレンズではこれまでのいちばんの大口径はF1.4ですかね。ボケはたしかに大きいけど、撮影していても意外に違和感がない感じです。

posted at 16:08:42

11月18日

@summar2

赤城耕一@summar2

研削非球面レンズはその昔は製造時に安定した精度を出すのが厳しかったけど、今は上手くいくようになったとか。でもコストはあいかわらずかかると。

posted at 12:29:34

11月18日

@summar2

赤城耕一@summar2

F0.8だとォーカシングは大変だと予想してましたが合焦点の切れ込みもよく使いやすく。29mmという実焦点距離の被写界深度がちょうどいいのか。35mm判換算画角が58mm相当というのも必然じゃないしマニアックでいい。こういうレンズは最初にカメラメーカーが発案してほしいよね。
www.cosina.co.jp/gallery/akagi-

posted at 12:23:22

このページの先頭へ