情報更新

last update 02/28 09:31

ツイート検索

 

@suzukimasatomo
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

Stats Twitter歴
3,916日(2009/06/10より)
ツイート数
15,920(4.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年02月27日(木)1 tweetsource

2020年02月26日(水)2 tweetssource

2月26日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

小さな頃から手を洗わず、洗えと怒られたら片手の先っぽを濡らした程度で誤魔化して生きてきたのに、自分史上MAX手をきちんと洗うようになった。命かかると自発的にやり始める。

posted at 22:54:42 削除

2020年02月25日(火)6 tweetssource

2月25日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

広域災害もパンデミックも有事の対応だ。国民の生命身体の保護のために地域の特性なく国が一律かつ迅速に情報収集し的確に個々人に要請又は命令し報道機関も通じて国民全体に情報提供を続けなければならない。ルールは当然に法律で定め権限も個人情報保護委員会に集中し自治体もそれに基づき動くべき。

posted at 23:57:09 削除

2月25日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

広域災害時の死者や行方不明者の個人情報の報道機関への情報開示、家族の同意ルール、もっともらしいがなぜ家族の同意かの根拠が不明。家族の定義も曖昧、6親等内の親族というが100名の行方不明者いたら親子兄弟や従兄弟まで探すのか。職員数名が調査と意向確認の電話するのか?要するに非開示と同義

posted at 23:48:40 削除

2月25日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

国に感染者に関する情報提供をもっと迅速にもっと的確にやってもらいたいと願っても、個人情報の権限ないんだから任意の基準を告示して各首長に要請するのが精一杯だろう。権限ない人に要望するのではなく権限を与える法律を作るのが先決だ。個人情報保護委員会に権限集約し本件は厚労省とやればいい。

posted at 23:27:08 削除

2月25日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

パンデミック対応なのに国民にいつ何を情報提供するか、個人情報が絡むと条例問題が。国に統一基準を求めるも権限は各首長のままなので徹底できない。さながら国防を自治体単位で右往左往しながらやっているようなもの。負けるべくして負ける。

posted at 23:10:44 削除

2月25日

@majin100

魔人ヒャクメルゲ👁@majin100

山本一郎氏「プライバシーフリークカフェ@ITセキュリティセミナー、」「まさかこんな形でコロナウイルス禍が直撃するとは思いもよりませんでしたが、主催する@IT(ITmedia)さんのご英断で無観客試合となりました」
lineblog.me/yamamotoichiro twitter.com/suzukimasatomo

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 19:41:08 削除

2020年02月23日(日)14 tweetssource

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

大企業は税金以外にもお国の仕事に人と金と技術と知恵を出している。公共的課題解決はビジネス投資にならないからスルーとか後回しというわけでもない。ビジネスといっても経営層、経済団体の目線では見える風景が違う。例えば、広域災害対応に電気通信キャリアもIT企業も献身的に努力している。

posted at 15:22:13 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@hotcoffee_cake 業界大手企業を中心に共同規制という言葉の前から官民協調で人を出してやってきた長い歴史があるわけで、官僚と現場の業務知識との共同作業なタコ部屋で法案を練ることも希ではなかった。大手企業はお国の裏方としてかなり手伝っている現実がある。衰退途上国となった今新たな形の官民協調が必要だ。

posted at 15:13:50 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

個人情報の利用、本人同意を得てからとかもっともらしいが思考停止の逃げ口上にもなっているので要注意。財産権の契約とは違う。必要と必然の適正な利用目的の範囲内で血流のように同意なく当然流通させねばならぬのが個人情報の一面として存在する。個人情報保護法は同意原則で起草されてはいない。

posted at 14:40:25 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

各社の技術シーズは広域災害やパンデミック、テロ対応など公共的政策課題で提言し展開していけば、社会の評価を勝ち取り信頼につながり次のビジネス展開でも冷静な評価を得られる。満員電車で顔認証のターゲティング広告とか誰の得にもならない馬鹿げた実験するから不信が先立ち何もやるなと言われる。

posted at 13:22:32 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

「新型肺炎で「神対応」台湾の天才IT大臣やエンジニア達に称賛の声」
www.mag2.com/p/news/439197
人のデータは法制度の整備が条例等の足回りがスパゲッティ状でもたつくが、法人番号や物のデータのトレーサビリティ確保やオープンデータ化は標準化政策と技術主導で民の力と工夫で先に進みやすい。

posted at 13:14:50 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

検討するのはルールの統一が必要だからであって、そこのあたりまえの前提すら明言できない弱腰姿勢だから毎度告示の任意ルールに落とす踏み込みの浅さで終わる。公立病院は厚労省の指針よりも個人情報保護条例が適用される。自治体ごとバラバラ問題は法律が引き取らぬ限り永遠に続く。

posted at 13:08:25 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@vivaSPQR 徹頭徹尾自分のことだけやな。まぁしょうがないか。
制度設計や立法政策に手触り感あるような、そういう問題に直面していけるような仕事にめぐりあえるといいですね。

posted at 13:06:26 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@vivaSPQR 司法権の独立など憲法や公共的問題に関心が薄ければ特に法曹などならなければいい。弁護士自治も返上し法務省の監督下に入ればいい。給費制度を支持するが、個人の銭金の関心事を公言する人が増えるなら受益者負担の論理が勝り国費投入の正当性を欠き世論の支持も失おう。他の資格制度と横並びでいい。

posted at 12:56:37 削除

2月23日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

西日本新聞「感染者の足取り公表に差 基準なく自治体手探り…「パニックに陥らないように」独自公表も」
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-
厚労省の何という幹部がこんな馬鹿なことを言ったのか。では未来永劫バラバラでいろ。
「厚労省は「地域や感染者の状況が多彩なため一律の基準はそぐわない」(幹部)」

posted at 03:06:53 削除

2020年02月22日(土)13 tweetssource

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

公衆衛生など必要なことへの個人データの利活用には及び腰で、顔識別システムでお買い物とか、マーケティングとか、広告とか。法律作らず民間認証制度でゲノム占い的民間診断とか馬鹿な利活用には邁進する。価値判断の根幹から狂っているとしか思えない。データ社会のお荷物がまた跋扈している。

posted at 23:52:42 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

初動では危険地域からの飛行機、船の搭乗者に国の用意したスマホアプリのインストールを強制するなどして入国後の個別連絡手段と位置情報を確保せねばならない。データなくしては指定病院へ行くよう指示もできず、分析と検証と対策もできない。プライバシーフリーク的にもそれは要検討課題である。

posted at 23:46:04 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

コロナの場合は現状これよりほかなかったではなく、コロナより致死率と感染力が高かった場合でも今回のような対応になったかもしれないという問題の検証だ。同時進行で次回に備えて論点を洗い出し、産官学民が熱いうちに対応策を考えねば、一段落すればメディアは美談探し、役所は先送りだろう。

posted at 23:37:08 削除

2月22日

@yutakashino

Yuta Kashino@yutakashino

(´-`).。oO( 単なる妄想ですが,今回の騒動が一段落したら,厚労省がクルーズ船やその他のデータを匿名化した上で全て公開して,Kaggleのコンペティションにすれば,感染数理モデルを作成できる人間が劇的に増え,感染症リテラシーも飛躍的に広まると思うのですが… )

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 23:31:52 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

現場医師職員本人と家族への風評被害が出ているという。誤解は情報の隠蔽ではなく正しい情報をメディアを通じてしっかり流し続けることで解消するほかない。報道官の配置は必要だろう。
なお、風評被害だというためには、アンダーコントロールであることをサイエンスで裏付けて説明する必要がある。

posted at 21:19:58 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

現場と本省をつなぐべきは正確なリアルタイムの情報であり、ウィルスではない。ゾーニングと検査の徹底は必須だろう。
現場を孤立させぬよう必要なリソースを適時に投入し続けるべきであり、現場が応答で手を患わせることのないよう記録係、報告係、報道担当官を別ルートで配置すべきではないか。

posted at 21:12:29 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

「陽性者が多く出た場合の業務への影響」だと?
公務員が国を告発するのは辛いところ、労組、野党、国民の世論の出番だろう。本件については、全官僚的にもどうよという案件。国の中枢の官僚らに自宅待機者が増えれば、国家の危機管理上の問題に発展するという意味では、政府、国会の問題でもあろう。

posted at 21:06:29 削除

2月22日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

これが事実なら、感染可能性が顕著な危険な職場で労働することを命じた本人の生命、身体、健康への配慮はもとより、保菌可能性のある職員と知りつつあえて無検査で職場復帰させることで生じる職場全域の労働者の安全配慮義務が問題となる。

posted at 21:01:16 削除

2020年02月21日(金)1 tweetsource

2020年02月19日(水)30 tweetssource

2月19日

@aono

青野慶久/aono@cybozu@aono

2/26(水)、私が提訴した別姓裁判の高裁での判決が出ます。午後1時15分から。コロナの影響で講演の仕事がなくなり、私も出席できることに。あと一週間。楽しみです!

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 23:59:57 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

(続き)それがもっとも現場を支援することでもあると思う。
 某先生のキャラは本当にどうでもよくそこで指摘された論点について淡々と回答し、不足している要員、スキルと物資は速かに補充するなど対策をとればいい。
 うざいとかクズは終わってから言えばどうか。以上です。

posted at 21:47:59 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

(続く)むしろ対応のための要員、スキル、防御服、医薬品、食料等、その他資源の不足、情報の不足、指揮命令、情報の流れ、方法論、スケジュール等全体マネジメントの課題などを洗い出し、現場の負荷を改善し目的を達成していくことが課題ではないのか。加えて情報の開示と報道であろう。(続き)

posted at 21:46:43 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

(続き)すなわち、パンデミックその他公衆衛生上の問題も同様に、必要とされる立法及び行政のあり方、個別のマネジメント一般の問題を論じるにあたって、ことさら現場担当官及び民間組織等の献身的努力を取り上げることは無用のことだろうと。これはすでに3.11でも同じことを言った。(続き)

posted at 21:44:15 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

大戦末期に片道切符の戦艦で出航した艦長以下将兵の忠魂を高く称揚し、それに憑依して語るようなことをせずに、むしろそうした犠牲を余儀なくした戦略戦術上の問題と政治外交上の問題を歴史的、客観的に科学的基礎をもって評価改善し二度と間違えないようにすることが重要であろうと。(続く

posted at 21:42:09 削除

2月19日

@masanork

楠 正憲@masanork

レッドゾーンでこのレベル?心配「乗員はマスクの着用、手洗い、アルコール消毒などの感染防御策を徹底するとともに、乗員の感染が確認された場合には同室の乗員も自室待機にするなど感染拡大防止を徹底している」 / “クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「…” htn.to/4gHLcT3LSb

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 12:49:04 削除

2月19日

@ga9_h

はしもとがく(橋本岳)@ga9_h

なお昨日、私の預かり知らぬところで、ある医師が検疫中の船内に立ち入られるという事案がありました。事後に拝見したご本人の動画によると、ご本人の希望によりあちこち頼ったあげくに厚生労働省の者が適当な理由をつけて許したとの由ですが、現場責任者としての私は承知しておりませんでした。

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 12:48:43 削除

2月19日

@jijicom

時事ドットコム(時事通信ニュース)@jijicom

「桜を見る会」前日に安倍晋三首相後援会が主催した前夜祭の会場となった「ANAインターコンチネンタルホテル東京」は18日、野党議員への同ホテルの回答と首相答弁が食い違うと指摘されていることについて、「国会での質疑に関しては、返答を差し控える」と説明しました。

www.jiji.com/jc/article?k=2

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 08:45:00 削除

2月19日

@keipierremulot

室伏謙一@keipierremulot

この記事おかしい。極めておかしい。GDP速報値の大幅マイナスは消費税増税強行の結果。しかし後発的なコロナウィルスの話だけ書いて、それで煙に巻いて、消費税増税の話に一切触れていない。メディアの役割は、国民の目を現実から目を背けさせるためにあるのではないはずだが。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-

Retweeted by 鈴木正朝

retweeted at 02:13:27 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

マイナンバーの全部を肯定しているわけではない。当初は給付付税額控除とセットで構想されていた(否定する先生もいるが)。消費税増税と軽減税率、加えてポイント制となると、なんとも。そして今般コロナ問題で経済失速の原因が消費税増税とコロナと複合し、消費税増税の評価の曖昧化を許しかねず。

posted at 01:50:55 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@tanakayasuyasu 大変でしょうが、まずはマイナンバーの本を読んでみてください。また民間個人識別子とスマホのデータ管理の実態にも目配りしてみて下さい。番号法で管理しているマイナンバーで生ずる脅威の程度と野放しの現状との対比も考えて、緩めるところ締めるべきところを考えてみるといいのではないでしょうか。

posted at 01:40:39 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@tanakayasuyasu それは現状維持です。それも選択肢の一つで最終的には民主的決定の問題です。2055年に人口は8800万人になります。生産者人口がその半数になり、支える側と支えられる側が1対1になります。次世代産業を興し電子政府化で効率化を図らねば、医療、介護、年金の大幅減額を余儀なくされ死人がでます。

posted at 01:36:55 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

年金問題は、データベース管理の杜撰さということもいえる。管理社会も死だが、無管理社会もまた死である。
どこを締めて何を緩めるか、無定見にデータサイエンスも法理論もなく不安だけでアプローチすれば、データ社会は遠ざかる。
そこを明らかにして文字化して説明するのが情報法の役割でもあるが。

posted at 01:14:08 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

交通事故は、都市設計とMaaSと自動走行で劇的に減少することは明らか。データ社会のブループリントをどう描くか。ディストピアにならぬよう何をどう工夫するか、夢物語としないように取り組むべき。やらねばトヨタも日産もホンダも三菱も自動走行車は国外に逃げていく。雇用も法人税も逃げていく。

posted at 01:06:38 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

国が国民の所得を捕捉せずにどうやって所得税をとるのか。預貯金すら確認できずとなれば富裕層は楽勝で脱税できる。税の公平な負担は夢幻。プライバシーの権利も個人情報保護法も誤解が蔓延し感情の発露でしかなくなれば、真の脅威は防げず、納税が滞れば財政は破綻し社会保障制度も生存権も潰える。

posted at 01:01:53 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

一定の法目的を達成するにあたってメリットを最大化しデメリットを最小化するのが立法政策だ。交通事故を防止するために全自動車を否定するが如き発想では現実の社会は維持できない。データ社会に向けてのメリットもデメリットも茫漠としていては次世代に向かう他の先進国とは別の道を歩むことになる。

posted at 00:49:13 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

年金、介護、医療の給付行政の番号管理は受け容れるが、税金等国民の義務に関わる番号管理のみプライバシーの権利の侵害なのか。年金、介護、医療の財源が細る中でトータルの給付状況を基礎に生存権の保護を図ろうとする場合、国の独立したDB間の連携を何をもって実現するか。番号で突合はダメなのか。

posted at 00:44:54 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

情報管理の怖さをマイナンバーの否定をもって対応する。その雑駁さの帰結が、マイナンバーの脅威をして情報漏洩としか言えない現実である。真のリスクを認識し制度設計に反映できない国にデータ社会の福音はやってこない。永遠に保護と利用のバランス重要と天秤の絵でも描いて誤魔化していくほかない。

posted at 00:28:27 削除

2月19日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

何をもってディストピアと考えるか。個人情報保護法は何を真の法目的としているか。個人にとって何が一番最悪なデータの取扱いか。保菌者発見、車両ごと全員感染の蓋然性が極めて高い場合の緊急措置。車両単位の位置情報は有効に使えるように。個人データは公衆衛生の適用除外、適正な利用とは何か。

posted at 00:19:35 削除

2020年02月18日(火)11 tweetssource

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

もし勤務中に致死率の高い保菌者と長時間接触したとわかった場合、親でもある社員は、直ちに子どもや配偶者の待つ自宅に帰るのか。最寄りの大きな病院まで満員電車で移動するのか。タクシーを拾うのか。救急車を呼ぶのか。組織の管理部門も我々もいざとなるとこうした場合の基本動作をわかっていない。

posted at 23:49:09 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

スマートシティやMaaSなら、立入禁止の区域が法律に基づき指定されたら、全交通機関のそこへの移動を一斉に差し止めることができる。当該目的地へのチケット確保もキャッシュレス決済も停止。各車両の位置情報に基づき待避行動のアナウンスや、保菌者のいる車両ごと適切な最寄り病院に搬送もできる。

posted at 23:42:46 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@36YgpfgbB6LcI6T スマートシティやMaaSなら、立入禁止の区域が法律に基づき指定されたら、全交通機関のそこへの移動を一斉に差し止めることができる。当該目的地へのチケット確保もキャッシュレス決済も停止。各車両の位置情報に基づき待避行動のアナウンスや、保菌者のいる車両ごと適切な最寄り病院に搬送もできる。

posted at 23:42:14 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

致死率がコロナの数倍の患者がふらりと近所のかかりつけ医のところを訪れたら、待合室の病人は全滅、防御服のない医師も看護師も受付スタッフも全滅。パンデミックになれば人手不足必至となる医療従事者から倒れていくことになる。すでに法律があるではなく情報流通の観点からも点検と手当が必要。

posted at 23:26:18 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

コロナで論点を洗い出し致死率がコロナのn倍、生物兵器の使用やテロ、故意に撒き散らす患者、判断力のない人間の存在を想定し、可能な限り手当しておくべき。有事においては行政庁の命令、行政庁と自治体と民間の協力、平時の計画と訓練が要になる。医療面は災害対応ともかぶる。セットで検討すべき。

posted at 23:21:06 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

今日は昨年から約束していた講演に経団連会館まで行ってしまったが人が集まるとなれば勝手に欠席もできない。神事、マラソン、野球など大きくなるほどに主宰者は迷うだろう。だからこそ法律の根拠をもって行政庁がサイエンスベースで判断し命令を発する必要がある。中止の決定は誰にとっても困難だ。

posted at 23:09:43 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

パンデミック対応、情報流通の観点から必要な立法的手当をすべしというと人権侵害ツールになりかねないと懸念を示す人がいるが、超法規的ブロッキングの時のように用意がなければ安易に超法規的措置を求める人達が法曹、政治家の中にもいた現実を見るべきだ。濫用防止もセットで立法するのは当然だ。

posted at 23:02:34 削除

2月18日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@shinhyan それは失礼しました。ただ神事だからどうこう、毎年やっているからどうこう、地域住民の快不快がどうこうではなく、サイエンスベースで毅然と命令できる法律を整備し判断の運用と検証を積み重ねるべきだと思います。コロナレベルだから判断に揺らぎがでているしそれでいいことになっているのでしょう。

posted at 19:18:20 削除

2020年02月16日(日)22 tweetssource

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

未来のことは誰も予測できず。致死率が高ければ高いほど判断は容易で、微妙であればあるほど迷うし、初期であればあるほど迷い、拡大すればするほど容易。初期に封じ込めが鉄則だけに、わからんときに念のためをやるのが政治なんだろうな。いろんな意味で政府決定にすがらねばならんことになると思う。

posted at 22:17:25 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

ラグビー、マラソン、五輪とこれが数千万円、数億円、数兆円動くイベントとなれば、意思決定以前にそろばんはじけずフリーズするだろう。
かくしてパンデミック加速に動いたと批判されるか否かも結果次第。

posted at 22:16:50 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

産経新聞「新型肺炎感染者の行動歴など情報公開が課題 統一基準を求める声も」にコメントが掲載された。趣旨は今までのTweetのとおり。むしろ2000個問題を放置し自治事務としながら都道府県が統一基準を国に求めるのは筋違いだろう。個人情報の取扱いは本来、法律マターだ。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-

posted at 22:14:26 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@AttractiveMusic 季節性インフル並かどうかは別としてコロナ対応の世論があるうちに論点出しして本格的なパンデミックやサリン事件等バイオ系テロ対策とともに広域災害対策と被る部分も整理して、さらにデータ社会への転換含めて前倒しで推進策に踏み込まねば喉元過ぎるとまた元の木阿弥、立法論は停滞するという意見。

posted at 21:21:28 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

サリン事件もパンデミックも生物兵器を作る人たちはしっかり観察していると思う。無条件降伏以降、ナショナルセキュリティに罪悪感を抱き、そのための思考と感性が衰えすぎた社会では非道かつ冷徹な一面と歴史の偶然と悪魔的な人間と組織の存在を忘れ過ぎているとは思う。

posted at 17:13:10 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@0waki 軽率に批判せずに一連のTweetをご覧ください。むしろ軽率な超法規的な政策に警鐘をならし運動してきた側です。また医療情報を用いたハンセン病患者等人間の選別と強制堕胎などの人権侵害に対応するための個人情報保護法制に転換することを訴えています。

posted at 16:50:38 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

平時も有事もデータ社会への転換期にある。
渦中にはあるが、このコロナを契機に災い転じて福となせるように、風邪を引いても出社出張する社畜的働き方から在宅勤務へ、オンラインでの教育の拡充へ。家族の安全と社会のあり方を思えばデータ社会の未来図の描き方、見え方も変わってくるはずだ。

posted at 16:46:44 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

個人データの取扱いまで自治事務に残すのだと言うのなら、処理情報と散在情報の補助線を引いて、何をどう統合し国と地方の役割分担を見直すという理論的問題に取り組めないのなら、紙文書とデータの違い、匿名と仮名の違いすらわからないのならデータサイエンスとAIの世界的潮流から脱落するほかない。

posted at 16:41:52 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

そして全国知事会は、死者や行方不明者の公開の基準を国に決めて欲しいと要望を出す。いや地方分権で、自治事務で、条例マターではなかったのか。毎度、場当たり的でご都合主義的な要望になってしまう。いや個別問題だと強弁するのかもしれないが。はたしてそうであろうか。

posted at 16:35:49 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

しかし、ここで裏取りの対象となる警察は47個に分立し、都道府県庁、市区町村役場は実に1800近くにふくれあがる。それぞれが独自に死者や行方不明者の実名を記者に開示するかどうかを決定する。日本全国のパンデミックの状況把握、広域災害の全域の数字の裏取りはまだらになるのは構造的問題だ。

posted at 16:33:41 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

新聞協会の先達が平15年法に至る反対運動で勝ち取った個人情報保護法76条1項の報道機関の適用除外と2項の報道の定義を見よ。「「報道」とは、不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること」ここで客観的事実とは5W1Hを確認することだろう。名無しさんが死にましたで報道になるか。

posted at 16:28:56 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

実名報道の前提となる、記者の取材、裏取りの重要性を疑ってはならない。役所が100名といったら、氏名を確認し数を数えてから報道するのが報道のいろはのいだ。投げ込まれたプレスリリースを見て写し書きするなら新聞社の看板を降ろして記者を辞めるべきだ。ただの売文稼業の社畜筆記係でしかない。

posted at 16:24:25 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

実名報道で自信なさげに揺らぐメディア。遺族に配慮しろと言う国民。政府が発表する死者の数を信じることができるのか。大本営発表を信じ自助の機会を逸するか、疑心暗鬼で自警団を作り社会分断と不安を助長しパンデミックに人災が加わる。これが報道の自由と相互信頼のない国の末路である。

posted at 16:21:57 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

今、令和2年改正、令和3年改正と続く中で、広域災害やパンデミック対応に直面しその弊害を自治体も国民も感じているところでその論点を明確化し政治が動き2000個問題を解消しなければ、また現状維持の先送りと特別法で拾えるものは拾うだけの弥縫策になってしまいかねない。今が最後の機会だろう。

posted at 16:15:21 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

国と地方は対等です。自治事務については首長が責任を負うことになります。EUや米国政府に対して、2000首長が面前に立つことはありませんが、日本政府は常に2000自治体との国内調整を図りながら対外交渉を余儀なくされる構図にあります。
国内パンデミック対応のネックの一つにもなっている。

posted at 16:10:59 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

そもそも個人情報はその定義や取扱いルールに地方ごとの特徴が現れるべき性質のものでしょうか。またかかる必要性を示す立法事実はありますか。EUでは加盟各国の主権を超えてEU全域に一つの法律(GDPR)にしました。日本政府もダボス会議で日米欧のData Free Flow with Trustを掲げました。

posted at 16:07:23 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

現行個人情報保護法も5条で個人情報は地域の区域の特性に応じて取り扱うべきこと、10条で国と地方が協力してこれに取り組むべきことを謳っています。そもそもの設計思想が地方分権的で、地方自治法もまた自治事務の一つとしています。現行法は基本仕様が2000個併存型なのです。だから立法論なのです。

posted at 16:03:27 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

個人情報保護制度を国に先駆けて取り組み優秀な官僚を抱え適切に運用してきた東京都など大規模自治体は、何の問題も感じていない。スマートシティもMaaSもセキュリティ対策も都で完結できる構想に閉じている。過疎地中心に全国的視野で見るべき弊害に直面することが少ないという問題があります。

posted at 15:55:30 削除

2月16日

@suzukimasatomo

鈴木正朝@suzukimasatomo

@stgb25 だからこそアーキテクチャーの議論が起きていて、そこにどういう魂を入れ込むかなんでしょうね。面前の個人情報保護法制2000個問題の解消から目を背ける役所がやっても宙に浮いた話しになるのですが、やっている先生らは極めて真剣だろうとは思います。もう少し法的知見に明るい技術者も欲しいですね。

posted at 15:52:39 削除

このページの先頭へ