情報更新

last update 10/16 14:28

ツイート検索

 

@sydneyminato
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

Stats Twitter歴
3,277日(2009/10/27より)
ツイート数
76,153(23.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年10月16日(火)16 tweetssource

15時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

裏と表が有って、初めて社会が演出されるという目が根底から潰されている。つまり、それはそのまま『シオンの議定書』の中で言われている盲目な人々という表現になる。目を開かないのは見たくない事が山積みだからに他ならない。「臭いものには蓋をせよ」それが誰もがほぼ盲目となる一番の原因である。

posted at 05:44:03

15時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

社会とは政治の結果に出現する世界そのものである。直接出現しているのは表向きの政治の結果でない事は誰もが了解済みの事であると思う。しかし、それが何であるのかは誰もが分かっていない状態だ。要は社会での公式の発表を見るばかりで何の裏工作も眼中に無いから。裏は陰謀論と見る目しかないのだ。

posted at 05:27:56

15時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

騙される者達の心理状態を上から眺めている様な物言いは、多くの者から見れば悪である以外の何者にも目に映らない。しかし、そういう悪こそ疑って見る必要がある。私がその疑いをどの様に見ているのかと言えば、単なる善性と見ている訳ではない。それよりもその者達が形作ろうとしている社会が重要だ。

posted at 05:21:01

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

しかし、この様に表現されている善性自体は、『シオンの議定書』の存在を知らない者達の中には、実は驚く程にたくさんいるのである。つまりこの中で愚か者扱いされている民衆である。それは、一般市民の心理状態がどんなものであるのかを十分に知り尽くしているからこそ、書ける台詞だと分かるものだ。

posted at 05:17:10

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

そういう善悪の二元論が『シオンの議定書』の中にも定義されていて、大抵が非ユダヤ人(つまりは非ユダヤ教徒。恐らくはキリスト教徒を中心に叩く狙いのキーワード)の性質を善性と思い込んでいる者達が愚か者である様に表現されている。この演出された善性自体が私から見れば大きな書き割りと思われる。

posted at 05:11:53

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

悪に見えるものは、何故悪に見えるのかについても観察して見る必要がある。善とは現代に於いて清貧の様な昔話を信じる人達のものに成り下がっているところがある。こういう陳腐さの善性にも大いに疑いの余地がある。善性も悪性も思い込みによるバイアスで政治的に思い込まされている節があるのである。

posted at 05:05:12

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

悪そうなものを見ると悪者に違いないという疑いこそ、何も分かっていない事かもしれないのである。今人々はそこにすぐに目覚めなければ、自分の見聞の狭さに囚われて、そのまま自滅するのである。私がこの世界を多い尽くそうとしているいわゆる悪に見えるものの善性について観察を深めているところだ。

posted at 05:00:55

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

私が最近疑っているのは、人間の善性よりも悪性である。ここではっきり断っておきたいのは、それは性善説を信じるから生じる、いわゆる性善説派のそれとは全く違う疑いである。例えば、『シオンの議定書』とか「ユダヤ」とか「ナチス」というキーワードを見ると目の敵の様に見てしまうそれの疑いある。

posted at 04:58:04

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

しかし、社会は自然発生した集団の特徴として顕現している訳では無いかもしれないのだ。私がそう思っているのは『シオンの議定書』に触れてしまったからなのかもしれない。とはいえ、その中にある法則性には疑いの余地が無い程に、現状と一致するアジェンダが克明に刻まれており、それをどう見るかだ。

posted at 04:53:38

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

何故人は社会に嘘を感じるのかと言えば、それはそのまま自分の心から照らし合わせた基準で比較しながら社会を見渡すからである。比較対象が無ければそもそも嘘とも感じない筈である。自分のポリシーとの違いを感じるとそれがそのまま違和感となって嘘であると認識を深めてしまう。それはつまり疑念だ。

posted at 04:48:25

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

もし、個人と社会が相反するものであるならば、社会は余程嘘の中に埋没している概念である。個人だから、それがそのまま真実であるとは言えないが、個人というものは社会の集団とは違った個体としての存在である。しかし、個人だけで存在する事は、人から人が生まれる限り最初からあり得ないのである。

posted at 04:44:19

16時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

@BLOOD_6_6_6 やっている事はそういう事かもしれませんが、その本質は正に『シオンの議定書』にある様な世界を成就させる為のアジェンダではないかと思います。日本はその鍵を握っている国家なのです。AIも来るべき量子コンピュータでMAXまで加速して一気にコンピュータ社会が世界を変貌させる筋書きだと思います。

posted at 04:22:33

17時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

@BLOOD_6_6_6 確かに騙されない様になのですが、その事が見えていない人だらけです。消費税導入以降の動きは日本人が定めた既定路線ではなくて、超国家からの実験国日本への外国人からのやらせだと私は思っています。カード社会にする企みもあり、企業優位の社会への偏重も組み立てられて完成に向けて進行してます。

posted at 03:20:33

20時間前

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

『App名: Smooz (スムーズ) ブラウザ、デベロッパ: Astool Inc.』
これはスムーズというWebブラウザーアプリですが、今回のアプデで素晴らしい機能が実装されました。何と2画面で別々のWebを立ち上げられて、しかも片方をツイート画面にする事ができます。これはかなり便利! itunes.apple.com/jp/app/smooz-%

posted at 00:46:23

2018年10月15日(月)30 tweetssource

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

いわゆる憶測や思い込みは他者により持たされる偏見だけとは限りません。自分から抱くものもたくさんあります。殆どが過去の記憶の産物なのですが、非常に強い影響力を持っています。大抵の人はこの記憶に押し潰されて行動を抑制しているパターンに陥っているのです。そのくらい記憶は影響しています。

posted at 13:50:13

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

情報バイアスは、元の情報に色々な方向付けをして、真っ直ぐに情報が入らない様にしている評価であるとも解釈できます。情報には見解を含めた付加情報が記者に依って立てられている事がよくあります。これを真に受けると真実が簡単に歪められます。しかもそこだけ情報が肥大する事も珍しくありません。

posted at 13:45:14

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

勿論、顕在意識的なものではない潜在意識として眠っているバイアスもたくさんあるでしょう。しかし、それらはどれも情報として過去の記憶として信用を参照している事に注目する必要があります。過去の可能性から憶測を組み合わせて情報の推移を想定するからこそ、色々な憶測が乱れ飛んでしまうのです。

posted at 13:39:44

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

それを全く別な表現で言い表すならば「情報バイアス」と換言できます。いわゆるバイアスとは、内容以上の内容を嵩上げして歪曲する事が主眼にあります。また、それは憶測をする者が勝手に抱くバイアスも含まれます。この様なバイアスに影響される事が顕在意識上の意識化に於いて頻繁に行われています。

posted at 13:35:50

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

その直接入っていない情報とは、信用に纏わる憶測がその情報確度を影響します。情報戦では外部情報によって、この情報確度に直接影響を与える事により元情報を撹乱する事が可能となります。元の情報に根も葉も無い事実として情報を付加する事によって、影響される側の憶測の倍増や歪曲を生じさせます。

posted at 13:30:55

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

意図している事には、変化を付ける役割と、その影響を左右する大きさとがありますが、力がある場合には、それは情報発信者の社会的影響力が潜在的にどれだけあるのかが問われている部分でもあります。そういうものを言葉で表すと「信用」となります。更に情報には直接入っていない情報も付加されます。

posted at 13:23:48

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

あらゆる情報には、意図した方向付けが必ずあります。それが意図通りに進んでいくかどうかとは全く別な状況としてそれがあります。意図とは何かと言えば、それは情報に込められた影響力であり、それによって情報を知る前と後によって何が変化しているかが全てです。意図通りの影響力こそ力があります。

posted at 13:19:08

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

@crypticit それはとても重要な指摘ですね。読む体験として見た場合、それがその人に取っての第一情報となるという指摘はとても正しいです。視点をどこに置くかによって全体の意味が変化するところまで捉えられればもう何も迷う事はないと思います。

posted at 11:47:37

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

@crypticit 簡単に言えば、一次情報に勝る二次情報はないという事に尽きるという事です。ですので二次情報は駄目という事ではありません。目指せるところまで目指して、それが二次情報である場合には、それがベストという事も珍しくありません。ただ体験できる場合には体験に勝るものはないので体験を目指します。

posted at 11:41:09

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

この世に生を受けている限りは、誰もが実体験以上の観察はできない事になる。観察の対象にも依るが、何をどの様に観察するかに依って、その実体験の方法も全く違う筈である。だからこそ誰もが許される実体験などはとても少ないし、その事について深く極めた者以上の勉強は存在しないと言えるのである。

posted at 03:38:18

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

この様に観察を見ていけば、実体験を通して本気で楽しむ事が一番の観察である事が分かる筈である。本を買って来て読むとか、ウェブで体験談を読むとかが考える事だと息巻いている者には、本来の勉強については遠く理解が得られない事がよく分かる筈である。体験者以上の先生もつまりは居ないのである。

posted at 03:32:51

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

実体験を常にしている者は、何事を差し置いても最も理解している観察者に違いないのである。これは実体験への関与の仕方についての私の意見である。更に言えば、対象が何かにも依るが、ただ単に体験するよりも、楽しんで興味を持って臨んでいる者には遠く及ばない筈である。これより先はその本気度だ。

posted at 03:28:27

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

実体験以上の勉強が無いという事は、常に体験有りきで観察すれば良いという事である。勿論観るとは体験を指す事ができるのである。見ているだけよりも実体験をする事がより観察を深める事になるからである。見ているだけの者が動かずに意見している状態は実体験した者より全く偉く無い事が分かる筈だ。

posted at 03:23:19

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

この記述を読むというのが二次情報であるという事を把握していないと、情報を集めて読む事が勉強で最上級だと思ってしまう訳である。そうではないのは誰でも分かる筈である。実体験以上の勉強は、この世界の何処にも存在しない。またその対象も観測者が何について観察するかにより更に多様に変化する。

posted at 03:19:17

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

私がよく言っている情報の確度について観ると、それは大元の情報源に近い程的確な情報に近付くと言うのは今更説明するまでも無い。一次情報とは目の当たりにする事である。つまり本人が直接観察する事である。即ち答えを目の当たりにする事である。二次情報とはその目撃談を記した記述を読む事である。

posted at 03:14:16

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

さてでは観るとは何か?これをよく観る事で更に何故答えが勝手に導き出されるのかも分かって来るのである。観るとは、つまり観察である。ただボーっと見ているだけか意識的に観ているかによっても意味は相当に違ってくる。観察と言ってもより良く見極める為に対象に近付くのが最も良く観る方法である。

posted at 03:09:54

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

何故思考停止が起こるのかを観察すれば、それは単に脳内のシナプスが考えようとする時に抑圧的なプレッシャーを起動して別な先入観を起動する役割を果たしてしまうというのが私の見解である。よく理解している事なら、観るだけで答えは勝手に導き出されるのである。そうでないなら観察不十分なのだ。

posted at 02:53:52

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

よく観る事が出来さえすれば、それ以外の何も必要がない。アイディアはイデアだ。考えと訳される事が多いが、実際には見解にとても近いキーワードな筈である。考えよりも見解の方が余程論理的な解が得られる筈である。このちょっとした言葉の齟齬が脳内で非常に大きな回路遮断を引き起こしているのだ。

posted at 02:48:59

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

観るだけでも、答えが自然に出て来る事が分かったので、考える事になど何の意味も無いなと気付いたのである。それからというもの、考える事はしていない。観察だけで充分なのだ。見れば分かる事に後付けで何を足そうと言うのか?観察こそは現状把握の最小限の方法である。そこで湧いて来たのが答えだ。

posted at 02:42:33

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

「考える」というと、その言葉に魔法が掛けられていて、何も考えられなくなる様になっていると思うのである。考えれば考える程何も考えられなくなるだけなのだ。だから「考え」は意味のない思考停止をコールするのだ。先入観と言えばそうだろうが、私はそれが強いのが分かったので観るだけにしたのだ。

posted at 02:37:59

10月15日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

思考、つまり考える事はこの社会では当たり前に行われている事かもしれない。しかし、私から言わせれば思考するのは頭で考える事だけと思っている人が大部分である。つまり顕在意識的な頭の使い方しかしない事を同義としているのである。私が思うには思考は殆ど必要がない。ほぼ見るだけで充分なのだ。

posted at 02:33:16

2018年10月14日(日)12 tweetssource

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

『なんじゃこりゃ!めちゃくちゃキーが多いキーボード『TYPI』を君は使いこなせるか?』
こんなの必要か?と思ったけど、ボタンが多い分、好きな様に割り当てられる機能があれば使いたいですけどね。そういうのは思い付いたら自分から率先して作らなきゃ駄目なんでしょうね。 www.digimonostation.jp/0000158514/

posted at 03:33:13

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

同レベルの人間性が得られて、初めて人間と同じ感覚を共有できる様になる。そこからはもう人間であると扱う事ができる精神性が得られるくらいの精密度が得られる筈である。人間の役に立って貰いたければ、そのくらいのポテンシャルが内在されていないと、本当の役に立つAIは作る事が難しいのである。

posted at 01:14:11

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

そういうものを作ってどうするのか?と問われるかもしれないが、AIは作るだけ作られて、人間のフリをさせられる不幸な役割を担わせられると十分に想定できるのである。人間の仕事を任せる癖に人間と同じ事を一切体感させないのはおかしいのである。そうなると一切何も人間の事を任せられないのである。

posted at 01:10:16

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

私がその様な人造人間(Artificial Human)が必要だと思うのは、人間と同じ臓器を持たない限り人間感覚を得る事が難しいと思うからである。呼吸をし、食物を食べ、排泄もして、時には病気にも罹る様な人体があって初めて人工知能は人間の感覚をトレースして人間として生きられる様になると思うのである。

posted at 01:05:19

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

手足が仮にできたとしても難しいのは内臓の各臓器、そして呼吸器官、目や耳、更に究極の脳の仕組みまで作る事が可能なのかという話となる。できるできないではなく、それらを作る事ができない限りAIは人間と同じフィジカルを入手する事はできないと私は思うのである。そこまでして人の感覚が得られる。

posted at 00:59:28

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

ただ私はその一つずつに血を通わせたいと思っている。骨格は単なる骨格ではなく血が通うという事は骨髄の造血作用から仕組みを作る必要がある。意味合いとしては人造人間の様な感じとなる。そこまでバイオ化できると仕組みとしてはかなり人間ぽくなる。骨格に筋肉と神経線維が絡まって血管を巡るのだ。

posted at 00:50:45

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

一から十まで生命の仕組みを真似て作る事は非常に困難ではあると思うが、最初に言った様な血液や神経器官や臓器や筋肉や骨格というそれぞれのパーツ毎の制作は作り方によってはできるのかもしれない。現代では義手・義足・義眼と言う一部を実際の生体に組み合わせて機能させる事が出来ているのである。

posted at 00:43:01

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

ではその様なロボットを作る為に細胞を作って、中に遺伝子のDNAの設計図を入れれば、どんな生物でも作れるのか?と言ったら、多分そんな仕組み自体は、ほぼ再現のしようがないだろう。昆虫どころか単細胞生物だって作る事はできてはいないのである。神意とはそういうものである様に思うばかりである。

posted at 00:34:52

10月14日

@sydneyminato

sydneyminato@sydneyminato

今更ではあるが、人間の細胞レベルまで行くと、その細胞が2個(精子と卵子)があって子宮の中で結合した後に細胞分裂を繰り返して行く過程で、段々と胎児へ成長するという設計図が既に細胞の中の遺伝子のDNAの中に刻み込まれている神秘を知る必要がある。生まれるまでの間に生物の進化を辿る様に見える。

posted at 00:29:30

このページの先頭へ