情報更新

last update 02/23 02:10

ツイート検索

 

@t2cjp
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

  • 39フォロー
  • 306フォロワー
  • 20リスト
Stats Twitter歴
2,868日(2011/04/19より)
ツイート数
13,934(4.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月20日(水)1 tweetsource

2月20日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。334回目のお題は「再燃の曲」。何かのきっかけで再燃した曲の話。川村さんは村下孝蔵さんの「初恋」だそうだが、「ラジオがきっかけで…」という事も「あるある話」なのでは。 radiocloud.jp/archive/am1

posted at 21:41:25

2019年02月17日(日)1 tweetsource

2019年02月15日(金)1 tweetsource

2019年02月13日(水)2 tweetssource

2月13日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。333回目のお題は「語られる一杯…」。前回に引き続き、ラーメン屋の話。好きな人は好きなのだろうが、長続きしないイメージが。長く続けるのが難しい商売なのかも。
radiocloud.jp/archive/am1

posted at 04:59:53

2019年02月10日(日)1 tweetsource

2月10日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

平塚市特注の防災ラジオが好評 100台追加募集 www.kanaloco.jp/article/387641
「神奈川県平塚市が特注で生産した防災ラジオが人気」だそうで、「2018年に有償配布の募集をしたところ、生産した千台を超える希望が寄せられ、市は新たに約500台分を増産した」との事。

posted at 06:45:31

2019年02月09日(土)1 tweetsource

2019年02月08日(金)2 tweetssource

2019年02月07日(木)1 tweetsource

2月7日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

関東地域におけるラジオの強靱化《民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定》 www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/p
「総務省は、2019年1月31日付で『無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)』の交付決定をした」との事。関東総合通信局管内ではアール・エフ・ラジオ日本の1社のみ。

posted at 23:47:39

2019年02月06日(水)2 tweetssource

2月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。332回目のお題は「一杯来るまで仕掛けがいっぱい」。「こだわり」のラーメン店の話。お店側の都合を優先しているとすれば、いかがなものかとは思うが。
radiocloud.jp/archive/am1

posted at 06:26:02

2019年02月04日(月)1 tweetsource

2019年02月03日(日)1 tweetsource

2月3日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

深浦、エフエム青森の音質クリアに www.toonippo.co.jp/articles/-/147
「青森県深浦町が国の補助事業を活用して設備を整備し、エフエム青森が免許を受けて放送する公設民営型の中継局が開局した」そうで、「町はFMラジオ放送を活用し、一般家庭に防災ラジオを導入する方針」との事。

posted at 23:44:46

2019年02月02日(土)2 tweetssource

2019年02月01日(金)1 tweetsource

2019年01月30日(水)4 tweetssource

1月30日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

@abex795 どういうコンテンツが好まれるか否か、という部分は嫌でも可視化されるでしょうね。今までは広告主が判断する指標があまりにもボンヤリしてましたので。

posted at 22:15:50

1月30日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

記事によると、この「リスナーファインダー」は、「電通がPeopleDrivenDMPをベースに開発した」そうで、「radikoでリスニングされている自局の聴取ログデータを1分単位で可視化する」との事。傾向を測るのは重要だが、テレビのように、視聴率絶対主義とならなければいいが。

posted at 09:30:16

1月30日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

リスナー状況をリアルタイムで可視化、TBSラジオがダッシュボードの運用開始 tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/
「TBSラジオは、生放送スタジオなどにリスナーの聴取状況を表示することによって番組制作に活用できるデータダッシュボード『リスナーファインダー』の運用を開始したと発表した」そうです。

posted at 09:28:25

1月30日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。331回目のお題は「あまたの説より生の声、かも」。前回に引き続き、箱根駅伝の話。ケニアが強いのは、やはり習慣によるもの、なのだろう。 radiocloud.jp/archive/am1

posted at 09:26:05

2019年01月27日(日)1 tweetsource

2019年01月24日(木)1 tweetsource

2019年01月23日(水)1 tweetsource

1月23日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。330回目のお題は「三十年前の衝撃ふたたび」。箱根駅伝の話。果たして、関東近郊以外での需要はあるのだろうか。正月にコンテンツを埋める役割の一つのように感じるが。 radiocloud.jp/archive/am1

posted at 05:33:35

2019年01月22日(火)2 tweetssource

1月22日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

この政令案は、「第一級・第二級陸上特殊無線技士、第二級・第三級総合無線通信士の操作の範囲に、コミュニティ放送局及び受信障害対策中継放送局の無線設備の外部の転換装置で、電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作を追加する等の電波法施行令の改正を行うもの」。

posted at 22:24:30

2019年01月20日(日)1 tweetsource

2019年01月18日(金)1 tweetsource

2019年01月16日(水)1 tweetsource

1月16日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。329回目のお題は「2019年の初『そうだったのか!』」。年末年始のCMソングと通販おせちについて。おせちの由来は、結構なこじつけのような気もするが…(笑)。もちろん、丁寧な仕事は重要である。 radiocloud.jp/archive/am1

posted at 06:32:21

2019年01月14日(月)4 tweetssource

1月14日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

防災無線の代替としてコミュニティFMに任せるのであれば、事業者に丸投げするのではなく、放送内容の充実を求めるとともに、緊急時には適切な対応が取れるか、行政としてしっかり責任を持つことが重要である。代替措置をSNSやメールだけにするのは問題。

posted at 07:06:18

1月14日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

記事によると、「横手市は8地域のうち4地域で防災行政無線を運用しているが、2022年11月末で全廃する」そうで、「面積が広く、多くの屋外拡声子局が必要になるため、市全体で約23億円に上る整備更新費がネックになった」との事。

posted at 06:54:08

2019年01月11日(金)2 tweetssource

1月11日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

また、他の意見では、「東海地方の夜の番組で、パーソナリティーが自分の読む台本がないことに対し、1分以上にわたり、放送上でスタッフを叱責する場面があった」との事。どういう叱責の仕方だったのかは分からないが、適切とはいえない。

posted at 07:25:42

1月11日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

BPO「2018年12月に視聴者から寄せられた意見」 www.bpo.gr.jp/?p=9780 から。「ラジオ番組で出演者が『私の娘はまだサンタを信じている。早めにプレゼントを置き、サンタがたまたま早く来たという設定にした』といった話をした」との事。この手の話は止めたほうが良い。

posted at 07:23:02

2019年01月09日(水)1 tweetsource

1月9日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオクラウド「川村亜未 午前1時のシンデレラ」。328回目のお題は「平成終わりの漫画読み 番外編」。「ちびまる子ちゃん」とさくらももこさんの話。こちらも「サザエさん化」していくのだろうか。お悔やみ申し上げる次第。 radiocloud.jp/archive/am1

posted at 02:11:50

2019年01月07日(月)1 tweetsource

1月7日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

放送局、テレビ視聴データ収集 ネット通じ、拒否可能 this.kiji.is/45454160060763
「民放キー5局は、1月21日から15日間、関東地区のテレビ数百万台の膨大なデータを試験的に初めて共有化する」そうで、「将来的には番組制作や広告営業に活用したい考え」との事。

posted at 20:59:50

2019年01月06日(日)9 tweetssource

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

@meicks 制作側に気に入られたり、ギャラや事務所との関係などで、何故か起用が続いている、という事はありますね。その辺りは関係者でないと分かりかねる部分ではありますが。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

posted at 08:50:08

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

@jiguiwa2017 別な時間帯に移ったのかと思いましたが、どうやら、2018年一杯で終了してしまったようです。TBSラジオでは珍しい番組形態だっただけに、終了は残念です。

posted at 08:46:51

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

@ezo_mino 防災無線のように一方的、かつ事務的な情報伝達であればそれで充分なのでしょうけど、普通のラジオ番組まで機械に置き換えてしまえば、聴く人は相当減ると思います。

posted at 08:39:51

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

考えようによっては、カミカミの素人パーソナリティよりも、拙いとはいえスラスラと読み上げるAIパーソナリティのほうが良いという事があるかもしれない。ただ、それでリスナーは納得しているか。納得しているなら問題無いが、局の都合だけで機械に置き換えたとするなら、些か乱暴ではないだろうか。

posted at 01:14:14

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

天気予報を合成音声で自動生成するシステムは、以前から存在するし、「リクエスト+メッセージ」という、シンプルな番組構成なら、現実的にAIに置き換え可能だろう。果たして、それがラジオに求められている部分なのか、という部分を除けば。

posted at 01:06:31

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

この手の記事は度々見掛けるが、「人材不足」よりも「予算不足」という部分が大きい。コミュニティFMなら尚更である。「その道のプロ」を集めるのは予算的にも不可能だから、どうすればコストを掛けず喋らせることが出来るか、というところに重点を置いているのだろう。

posted at 00:55:11

1月6日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

ラジオを再発明する放送システムをFM局が独自に開発 機械学習が拓くラジオの未来、エフエム和歌山が語る ascii.jp/elem/000/001/7
「コストと人手をかけずに長時間放送したい、そんな思いからエフエム和歌山ではクラウドを活用した放送システムを構築、活用している」との事。

posted at 00:44:39

2019年01月05日(土)1 tweetsource

1月5日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

TBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」が2018年いっぱいで終了したが、後番組は「Fine music」の拡大。その前の時間に放送されていた「THE ARTIST BOX」の後番組である「ラジオアーカイブ」とは一体何だろうか。番組表にもタイトルしか載っていないところが逆に気になる。

posted at 21:12:21

2019年01月04日(金)1 tweetsource

1月4日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

@abex795 そうですね。本筋としては合っていると思います。東京から流れてくるものを受け取っていれば、何もしなくても勝手に経営が上向いた時代ではないでしょうし。各局が創意工夫しないといけない事には変わりないです。

posted at 00:34:51

2019年01月03日(木)3 tweetssource

1月3日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

もし「マスメディア集中排除原則」が無くなれば、経営的に余裕がある地方紙は地域内のメディアを支配するだろうし、現状でも既に規制内で支配している。新聞も経営が大変な故に、その影響力を維持しようとしているのである。 www.tele.soumu.go.jp/j/sys/media/in(*2019/1/7までメンテナンス中)

posted at 20:48:44

1月3日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

また、記事内に出てくる「地方ラジオ局役員」という人物のコメントも意味不明。「隙あらば新聞社がラジオ局の資本を引き上げたいはずだが、地方ラジオ局を買収したい企業などいない」との事だが、全国紙やキー局を中心に、認定放送持株会社制度を緩くしてローカル局を支配したいのが現実。

posted at 20:44:42

1月3日

@t2cjp

take2-chances@t2cjp

全国100局、飽和する「ラジオ」は生き残れるか 「規制」で生き延びてきた業界が直面する課題 toyokeizai.net/articles/-/257
ツメの甘い記事。地方のラジオ単営局は自社制作番組と人員の削減が中心だし、兼営局はテレビの収益で延命しているのが実態。「規制」で延命されてきたわけではない。

posted at 20:43:29

このページの先頭へ