情報更新

last update 06/20 04:36

ツイート検索

 

@takagi1
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@takagi1

TAKAGI-1 高木 一@takagi1

  • 3,790フォロー
  • 927フォロワー
  • 21リスト
Stats Twitter歴
4,342日(2009/08/01より)
ツイート数
46,782(10.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月20日(日)10 tweetssource

2021年06月19日(土)50 tweetssource

13時間前

@takagi1

TAKAGI-1 高木 一@takagi1

【!】日本を、3つエンジン(トリプル・エンジン)から、4つエンジン(クアッド・エンジン)へ。我が国をよりよくするためには、社会の知性が強靱になる必要があります。「4つエンジンの日本にしよう――知性強靱社会の実現のために」 bit.ly/1PFsRmw

posted at 22:00:18

19時間前

@seizigakutan

政治学たん@seizigakutan

「長期にわたる平和は(中略)卑しい利己心、怯懦や懦弱の風をはびこらせて、国民の真意を低劣にするのが一般である」と書いたのはあのカントです。パックス○○の後○○を表す帝国が衰退していったのもある種必然とも言えないでしょうか。これを文明の栄華盛衰として捉えたのは歴史家のトインビーです

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 16:46:14

21時間前

@vZHtEoXRL88iq0L

あすか@vZHtEoXRL88iq0L

@aka_saka_ki ミキサー車乗りの運転手さんも お片付けする時にコンクリ水が目に入ったら 流水で10分洗ってね!!
コンクリは強アルカリです!!
眼科でコンクリ入った伝えてね。
センセも30分洗浄しはるよ。
その後まだ大学病院回されてまた30分洗って 専門的な検査だった。
間に合った。
労災案件です!!

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 14:11:01

21時間前

@aka_saka_ki

アカサカ@aka_saka_ki

先生「ハイターみたいなアルカリが目に入ったら最初の10分が勝負、とにかく流水で流し続ける、それ以上経ったら目に染み込んでしまうので、眼科に来てももうやることはない」
だそうなのでみんなも最低10分は流水で洗いつづけよう!

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 14:10:51

22時間前

@P239

しお@P239

SFやアニメに登場するスパコンのデザインが自由な形で描かれてることを楽しんでこれたのにはクレイの円筒形スパコンとかの概観のおかげもあったと感謝してる。今でも「らしさ」のある概観で嬉しい / “国立天文台 | 世界最速の天文学専用ス…” htn.to/ms9NMcUJ

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 13:33:03

6月19日

@tokobap_church

所沢バプテスト教会@tokobap_church

7月号✨

“娘 …「必勝は祈らない」と言ってきたよね?…

父 …自分がすべきことはしたうえで、神様が良いことをなしてくださると信じて神様に委ねる…「計るは人、成すは神」…人間の働きを実らせてくださるのは神様だからね”

ピリピ2:13

#加藤一二三
#ひふみん
#福音宣教
#オリエンス宗教研究所 pic.twitter.com/P8qcwZqFpH

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 10:55:42

6月19日

@bluebacks_pub

講談社ブルーバックス@bluebacks_pub

【「目利きが選ぶ3冊」で★5つ!】
昨日の日経新聞夕刊にて、ブルーバックスの『理系女性の人生設計ガイド』をご紹介いただきました。

サイエンス作家の竹内薫さんによる書評。
「豊富な取材を元に、男女三角の理想と現実を理系目線で分析した好著だ。」
星5つ、どうもありがとうございます! pic.twitter.com/id7YPBx5C4

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 09:42:04

6月19日

@ogawa_kimiyo

小川公代@ogawa_kimiyo

本書ではアイリス・マードックも紹介されているが、私も今ちょうど彼女の『善の至高性』を読んでいる。マードックの「正しい選択というのは、他者を正しく評価したがらない内的ビジョンをきちんと制御できて、はじめて可能になる」という思想の背景にシモーヌ・ヴェイユのいう「現実の注視」があった。 pic.twitter.com/a2Qp0IcQo1

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 08:26:32

6月19日

@ogawa_kimiyo

小川公代@ogawa_kimiyo

『女性の権利の擁護』のウルストンクラフトやミルを支えたハリエット・ミルなどの波乱に満ちた人生にも触れてます。ジョージ・エリオットは「わたしたちは学問を探究する自由さえ勝ちとることができないのです」と苦悩しながらも、シュトラウスとフォイエルバッハの翻訳を手がけるほど哲学に没頭した。

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 08:26:22

6月19日

@ogawa_kimiyo

小川公代@ogawa_kimiyo

レベッカ・バクストン、リサ・ホワイティング編『哲学の女王たち もうひとつの思想史入門』(向井和美訳、晶文社)で紹介される女性哲学者の生き様にエンパワメントされます。「哲学は男性のもの」という考えによって排除されてもなお哲学することをやめなかった女性たちの力強い言葉が詰まってます。 pic.twitter.com/4OBXCSDZnx

Retweeted by TAKAGI-1 高木 一

retweeted at 08:25:32

このページの先頭へ