情報更新

last update 08/06 04:22

ツイート検索

 

@takashifc
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

  • 199フォロー
  • 224フォロワー
  • 23リスト
Stats Twitter歴
4,359日(2009/08/31より)
ツイート数
2,227(0.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年07月18日(日)3 tweetssource

7月18日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

イングランドの例では、シェア20%から 90%に達するのはわずか 1 カ⽉だった。オリンピッ クの最中に、感染性がこれまでになく強いデルタ型が東京に蔓延することになる。』
従いまして、オリンピック期間の東京で、感染者が増えそうです。ワクチン接種を急ぎましょう。

posted at 09:27:31

7月18日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『COVID-19 を制御するのにはワクチンしかない。
世界はデルタ型に置き換わりつつある。デルタ変異ウイルス感染者は 1 週間で倍になる。デルタ変異ウイルスは、アルファ型の 60%感染性が⾼い。東京都では6 ⽉ 28 ⽇ から 7 ⽉ 4 ⽇のデルタ型のシェアが20.8%だった。

posted at 09:27:01

2021年05月10日(月)3 tweetssource

5月10日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『アルゴリズム思考術─問題解決の最強ツール』bit.ly/3ewmwhk読中。今年のベスト本の候補。アルゴリズムを深く理解し、日常生活に関連付けて多角的に説明する本。一つ一つの主張に、いちいち論文の引用や様々な分野の裏付けがあるので、骨太すぎて嫌いになれない。

posted at 06:00:01

5月10日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

このような思考法によって、ビジネスや人生の問題を多面的に捉え、切り口や解決への糸口が見つけやすくなるだろう。データサイエンスのプロジェクト関係者にもオススメできるし、学生のサブテキストにも良い。アルゴリズムは無味乾燥で無関係に思えるかもしれないが、実は人生においてとても役立つ。

posted at 06:00:00

5月10日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

機械学習で忌み嫌われている過学習を「データの偶像崇拝」と説明する。データにおけるノイズ(偶像)をアルゴリズムが拾いすぎて、本来の予測要因(神様)を軽視するようなものと説く。これはビジネスでも見られ、KPIを設定することで、大切にすべき顧客をないがしろにする話が紹介されている。

posted at 06:00:00

2021年05月06日(木)6 tweetssource

5月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

私はこの長い年月の間に身についた規律正しさを今でも保っている。自由は自らに課す規律の中に存在する、というのが私の口癖である。私の一日はまず、1時間半のジムではじまる。1時間の有酸素運動も厭わない。こうした厳しい規律を課すことで、今でもパワーと健康を維持できていると言える。

posted at 18:00:01

5月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

ストレスがあってもそれに流されたり、逆に攻撃的になったりしない人物。また、強い信念を持ち、その態度、ポリシー、発言によってチームだけでなく選手の人生やプレースタイルに影響を及ぼすことができる人物。経験豊かで、経験の浅い若い選手たちの理解を得ることのできる人物。

posted at 18:00:00

5月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

コミュニケーションは明瞭かつ継続的に行うこと、職務を遂行する上での下準備と分析には現在の科学技術を支えにすることが大事である。また、監督が選手たちを自分の提唱する理想の姿に近づけるためには、まず自分自身がそれを体現する必要があることを決して忘れてはならない。

posted at 18:00:00

5月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

監督とは、自分のやりたいことをはっきりと理解し、明確なビジョンと戦略構想を持った自分である。自分の考えを実行に移し、選手たちをその計画に賛同させることができる人物。ストレスや他人の評価やプレッシャーに屈しない人物であり、苦境に立たされた時でも、どっしりと構えていられる人物。

posted at 18:00:00

5月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

まずは自分自身が常にトップを目指し、最高のものを狙い、何事にも全力を尽くし、気を緩めることなく、どんな些細なこともおろそかにせず、一人一人の選手に注意を向けることのできる人物。以上。サッカーに限らず、ビジネスでも納得の内容だと思う。人生で必要なことはサッカーで学べるものだ。

posted at 18:00:00

2021年05月03日(月)3 tweetssource

5月3日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

タイプであり続けた。しかし、アーセナル退団時の環境は、まるで彼のような伝説的な監督でさえ、絶滅していく種族かのような印象を与える。本書は、競争的で変化の激しい環境において、理想を追求し続け、結果を残してきた男の生き様を示している。ビジネスパーソンにも有用な示唆があるだろう。

posted at 20:58:11

5月3日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

著者の誕生した1949年から、FIFAの役職に就く2019年になる。フランスとドイツの国境の村で生まれ、プロ選手から監督になり、伝説的な成功を収めた。まるでサッカーのための人生のようだ。昨今のサッカー業界はビジネス色が急激に強くなっていく一方で、著者はサッカー狂のように、クラブに恋に落ちる

posted at 20:58:04

5月3日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『アーセン・ヴェンゲル自伝 赤と白、わが人生』アーセン・ヴェンゲル著、短評。著者はフランス人のサッカー著名人で、イングランドのアーセナルというクラブで22年間も監督を務めた。国家的な名誉も受勲している。日本でも、名古屋グランパスを天皇杯優勝に導いた。本書のカバー範囲は、

posted at 20:57:56

2021年03月17日(水)1 tweetsource

2020年12月31日(木)1 tweetsource

12月31日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

井岡対田中、8回TKOで王者防衛。王者のジャブとパンチの正確さが勝因となった。王者は試合運びもうまく、100%の力を出さずに、効率的にパンチをコツコツ当てていって、いつの間にか決め手になった。ダウンは、全て左から。レフェリーストップは妥当。ジャッジ菅原は、7Rまでの採点で68-63で王者。

posted at 19:01:33

2020年12月26日(土)5 tweetssource

12月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

③は、睡眠がいかに重要か科学的に説く本。睡眠は百薬の長。人間は軽い睡眠不足にも耐えられない。30分の睡眠不足も学業や仕事の生産性に影響があり、若年期の睡眠不足は、老年期の認知症のリスクを高めるという。評者は、7時間以上眠るよう心がけている。おかげで、仕事に集中できていると感じる。

posted at 19:13:35

12月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

②は、ここ最近でベストの小説。3回くらい泣きそうになった。湿地の少女カイヤが、極端に厳しい環境でサバイバルする話。ベアグリルスによれば、湿地はきつい。虐待、家庭崩壊、極貧、プレイボーイにだまされる等、悲惨すぎる。希望を失わず、自然や生き物とたくましく生きるカイヤに勇気づけられる。

posted at 19:13:28

12月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

①は、ストア派哲学を一般人が実践できるように書いた本。ストア派の偉人たちの著書を引用し、著者が解説していくスタイル。日めくり形式なので、どこから読み始めてもいいし、どこでやめても問題ないので、挫折しにくい本。自分がコントロールできる自分の意思決定だけに集中せよ、という本。

posted at 19:13:21

12月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

12/26(土)の日本経済新聞で、2020年私の3冊という企画があったので便乗。今年は50冊くらい読んだので、今日の気分で選んだ。①ストア派哲学入門 ライアンホリデイ著、②ザリガニの鳴くところ ディーリア・オーエンズ著、③睡眠こそ最強の解決策である マシュー・ウォーカー著

posted at 19:13:14

2020年08月13日(木)1 tweetsource

2020年07月25日(土)1 tweetsource

2020年04月27日(月)3 tweetssource

4月27日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『三体』を読んでいる時に、hamaというニジェールのおじさんのインストゥルメンタルをよく聴いていた。プロモーションビデオもどことなく三体っぽい。この三体おじさんの音楽を聞くと、評者は秦の始皇帝のシミュレーションを思い出す。テーマソングにもオススメ。www.youtube.com/watch?v=Y80Ycc

posted at 06:02:00

4月27日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

まだコンピュータがない時代に、秦の始皇帝が3千万の兵士をコンピュータのパーツのように組み合わせて、天体予測シミュレーションをするシーンは圧巻であった。しかし、故障したコンポーネントが見つかると、ハードウェア扱いして、その兵士たちは全員首チョンパになる。声を出して笑った。

posted at 06:01:00

4月27日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

本書に『三体』というゲームが登場する。ゴールは、太陽の運行の法則性を予測すること。難易度が高すぎて無理ゲーであるが、登場人物が積極的にチャレンジする姿勢がいい。この無慈悲な設定のゲームにツッコミ。プレイヤーの網膜という生体情報(個人情報)を勝手に取得しているようで、恐ろしい。

posted at 06:00:00

2020年04月26日(日)4 tweetssource

4月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

本書は科学の専門用語が多く、科学的な素養があるとより楽しめるのも事実だ。とはいえ、評者も十分理解できていないし、それは本書を楽しむのに特に問題はない。最低限、地球が太陽の周りを回っていることを知っていれば十分だ。やや大部で知的で科学的な本にチャレンジしたい人にオススメだ。

posted at 20:12:43

4月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

筆者がエンジニアということもあり、本書はハードコアな科学をベースとした世界観が特徴的だ。そこでは、科学力が武器であり、道を開くものであり、科学的な知識がなければ生き残ることが困難であるように思われる。一方で、実践的な知識や行動も突破口を切り開く記述も興味深い。

posted at 20:12:15

4月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

ほぼ同等の質量の惑星が3つあると、それぞれの引力が影響しあって、それぞれの挙動を予測することが不可能という問題のこと。本書の最後で、なぜこれがタイトルになっているのか明らかにされる。本書を読み終わって、ようやく舞台設定が説明され、ついにストーリーが始まったことがわかる。

posted at 20:12:02

4月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『三体』劉慈欣著、読了。同僚のアメリカ人社員にレコメンドいただいた。450ページ近くのやや大部だが、様々な人々にレコメンドされているように、あまりに面白すぎて評者も一週間くらいで読み終わった。
『三体問題』というのは、古典的な物理学の問題である。

posted at 20:11:48

2020年04月11日(土)4 tweetssource

4月11日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

評者も読書習慣を身につけたく、インターネットサーフィンは週に60分、毎日8-9分以下とした。その分、毎日30分以上読書し、1~2週間で1冊読む予定。つぶやく前提で読書すると、記憶に残りやすい。子供が言うことを聞いてくれないと破綻するが、自分の人生を自分でコントロールする感覚を取り戻したい。

posted at 20:46:37

4月11日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

本書は、決して技術を否定するわけではなく、どう付き合っていくかを提示している。自分の人生で達成したいことに向けて、スマホが本当にベストか再考を求めている。アナログの価値も提示しており、散歩、手作業、コミュニティへの参加、ボードゲーム、電話のような意思疎通等が挙げられている。

posted at 20:46:22

4月11日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

マルクス・アウレリウスは、『充実した意義深い生涯を送るためになすべきことがいかに少ないか』と約1800年前に述べた。本書はこの主張の現代版であり、less is moreのコンセプトで、スマホをコントロールすべき理由や、その方法を提示する。一般向けに書かれた本であり、専門性も前提知識も不要だ。

posted at 20:45:08

4月11日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

『デジタル・ミニマリスト──本当に大切なことに集中する』カル・ニューポート著、shorturl.at/hrEO2 読了。誰もがスマホ中毒になり得る時代において、サブタイトルのように、深く考え、内省するための方針を与えてくれる本。著者はCSの博士(MIT)で、現ジョージタウン大学の准教授。

posted at 20:44:52

2018年03月04日(日)2 tweetssource

3月4日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

入門 ビットコインとブロックチェーン 野口悠紀雄著 読了。この技術がインターネット以来の革新性を持つ理由は、経済的価値を安価に送れること、情報の信用性を担保することである。その結果、中抜きが強みのIT企業も弱くなったり、1984のような監視社会になるかもしれない。item.rakuten.co.jp/book/15203319/

posted at 07:26:56

2018年03月01日(木)1 tweetsource

3月1日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

山中慎介選手、王座返り咲きならず。ネリのパンチが強かったからか、経年疲労なのか、1Rのジャブを食らってから流れが変わってしまった。念願のリベンジマッチなのに、体重超過の相手にまるでいいことなく敗れてしまったのも、ボクシングの一部なんだろう。
まずはゆっくり休んでください。

posted at 20:25:34

2018年02月26日(月)3 tweetssource

2月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

久々に経済セミナーを読んだけど、学者の記事は読み応えがあって面白い。
この号を読んでいると、もはや経済学というジャンルもよくわからなくなるし、ボーダーレスに勉強する時代なんだろう。
とりあえず、小島武仁先生のマッチングマーケットデザイン講義の記事をコピーして満足したところだ。

posted at 21:38:49

2月26日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

イェール大学の伊神満准教授の記事”ゲーム理論とAI”によると、経済学の貢献は3つあり、ゲーム理論によってアルゴリズムをチューニングすること、AIの中身の説明をすること、AIという技術を社会にどう生かすべきか提言すること、らしい。意外と多いぞ。この記事の元論文→ arxiv.org/abs/1710.10967

posted at 21:38:27

2018年02月10日(土)1 tweetsource

2018年02月06日(火)2 tweetssource

2月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

評者はこれを機会に、子どものプログラミング環境という方便で、ラズベリーパイを約75ドルで購入。www.amazon.com/Raspberry-Esse 10年くらい前のPCのスペックだが、日経Linux等を読むと様々な応用シーンがあり、不燃ゴミで捨てられることもあり、良いおもちゃになりそう。評者は真空管アンプに興味あり。

posted at 08:06:33

2月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

入門者のLinux 奈佐原顕郎著 読了 item.rakuten.co.jp/book/14440838/ タイトル通り、Linuxの入門書。本書の指示通り、掲載されているコマンドを実践していくと、初心者でも雰囲気がつかめる。本書の質疑応答が有用で、WindowsやMacとの哲学の違い等で、初学者がつまづきがちな点も配慮されている。

posted at 08:06:06

2018年02月05日(月)1 tweetsource

2018年02月04日(日)2 tweetssource

2月4日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

ゾーンの入り方 室伏広治著 item.rakuten.co.jp/book/15160517/ 読了。金メダリストかつ博士号保有者という稀有な肩書きを持つ著者が、大舞台で結果を出すためのヒントをくれる本。前向きで、古典を引用し、相反する概念(理論と実践、不易流行等多数)を消化吸収する著者に、とても勇気付けられる本。

posted at 09:32:27

2018年01月09日(火)1 tweetsource

1月9日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

ショートノーティスで恐縮ですが、datacampのキャンペーンで年間利用料が$300のところ、$150です。一部無料コンテンツもあるので、お試しあれ。英語とデータサイエンスが同時に勉強できます。英語でつまづいて、辛い時もありました。www.datacamp.com/promo/new-year

posted at 17:23:51

2018年01月06日(土)3 tweetssource

1月6日

@takashifc

Takashi SUGAWARA@takashifc

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤航陽著、読了。エッセイ調のビジネス書で、サブタイトルの内容通り。ITやブロックチェーンといった技術に裏付けられた新しい社会や経済のメカニズムを説き、従来軽視されてきた個人の感情や目に見えない社会的な価値に光をあてている。(続く)

posted at 22:57:59

このページの先頭へ