情報更新

last update 07/20 16:14

ツイート検索

 

@take_all_a
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

Stats Twitter歴
3,197日(2009/10/19より)
ツイート数
34,993(10.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年07月20日(金)12 tweetssource

18時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

人がほぼ途切れたタイミングで何とか撮影。南禅寺の境内をレンガ造のアーチ橋が横切るという伝統と近代のレイヤーが重なるところが面白いのだが、樹木が茂りすぎてお寺の建築はあまり見えないのが惜しい。 pic.twitter.com/xbwjOUcyMS

posted at 01:07:59

18時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

水路閣の上部。現役の水路橋なので当然水が流れている。ただし、安全上仕方ないものの、手すりが邪魔で水路は見えにくい。樹木も多すぎ。水路橋としての役割を説明するために、ビューポイントの整備を望みたい。 pic.twitter.com/9St4jGl183

posted at 01:32:44

2018年07月19日(木)27 tweetssource

7月19日

@haru9629

N.(はるさん)@haru9629

昨日のハイライト

クレカ会社から不正利用の疑いで電話かかってきて
「ご住所からちょっと遠い場所でして」
九州?
「いえもう少し西でして」
はあ
「エチオピアのアジスアベバで羊10頭」

エ チ オ ピ ア
ア ジ ス ア ベ バ
羊 10 頭 ご 購 入
止 め て く れ て 有 難 う

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 17:07:04

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

かなり日が経ってしまったが、田川市美術館(福岡県田川市)で開催中の本橋成一氏の写真展『在り処(ありか)』の関連イベントとして2018/6/16に同館で行われたトークイベントの内容をレポートしておきたい。 pic.twitter.com/nOK9E4dfpX

posted at 22:38:20

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

登壇者は写真家の本橋成一氏(右)、記録作家 上野英信のご子息である上野朱(あかし)氏(中央)、炭鉱の〈語り部〉に関する研究をされている東京大学総合文化研究科の川松あかり氏(左)の3名。以下、主な発言の要約を載せる。順序は多少入れ替えている。私のメモと記憶によるもので文責は私にある。 pic.twitter.com/DEjy7lRtk2

posted at 22:40:18

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

上野「1960年代、筑豊文庫にはいろんなカメラマン、マスコミ、学生ボランティアが来た。そのときの芳名録に本橋さんの名前もある。本橋さんは子供から見ると不思議な存在。ヘンなおじさんがいつの間にかいて、食べたり飲んだり。写真を撮られる相手が身構えていない」

posted at 22:42:00

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

本橋「炭鉱は写真学校の卒業制作のテーマだった。上野英信を読んで筑豊に行ったらちょうど筑豊文庫の開所式で、入れ、飲めと。車を借りて、英信さんと一緒に筑豊を回った。山本作兵衛さんにも会った。いま考えると贅沢な時間。一緒のときはほとんど撮らなかった。暗黙の内に付き合い方を学んだ」

posted at 22:42:55

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

上野「どこに自分の軸足を置くのか、英信がいろんな人に突きつけた問い。英信は、本橋さんを作兵衛さんに会わせることで、記録とはこう取るのだと示した。英信は、撮るな、来るなと言われて嫌われたこともけっこうあった」

posted at 22:43:54

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

本橋「英信さんはキチッとされていたが自分はいい加減だから(笑)。それと、文章に比べると写真は読み手の想像力に頼るところがある」

posted at 22:45:07

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

上野「本橋さん、川松さんという東京出身の二人が英信の著作で筑豊にハマってしまった。東京の二人がやってくれていることをありがたいと思う。今や筑豊では英信より川松さんの方が有名だ」

posted at 22:48:24

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

川松「本橋さんとは東京の映画館で初めてお会いした。筑豊には全身全霊で取り組まねばと思った。その割にはフラフラしている。映画『ナージャの村』は、本橋さんがその人達に会った感覚が乗り移って、友達に会ったような感じがした」

posted at 22:49:33

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

川松「私が写真を撮るとピンボケになってしまう」
本橋「ピンボケでもいい。そのとき何かあったのかなと見る人は考える」

posted at 22:49:52

21時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

本橋「山本作兵衛さんが本の出版で東京に来られたときご一緒したことがある。寝台車のハシゴやシートの寸法を測ったり、回転レストランで回転する時間を計っていた。記録魔だった」

posted at 22:56:35

20時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

前にもツイートしたが直前になったので再度。7/22(日)、直方市石炭記念館(福岡県直方市)の敷地内に残る救護練習坑道の内部が公開される。炭鉱の坑道を模したトンネル状構造物で、災害時の救護訓練を行っていた。 pic.twitter.com/F6dxCIxc72

posted at 23:33:13

20時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

建設時期は明治〜大正。各地の炭鉱から派遣された救護隊員がここで訓練を受けた。なお、見学は安全確保のため、出入り口から奥を覗く方法になる。直方市石炭記念館は直方駅から徒歩10分程度。駐車場はあるが台数は少ない。 pic.twitter.com/ZvobcuYDGy

posted at 23:34:26

20時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

直方市石炭記念館は、筑豊石炭鉱業組合の直方会議所として1910・M43に竣工した木造2階建ての建築だ。炭鉱経営者達の会議所である。現在は市の炭鉱資料館。福岡県の旧産炭地の炭鉱資料館の中でも、特に貴重なコレクションを持っている。 pic.twitter.com/F3Xg0h5YoL

posted at 23:41:35

20時間前

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

それと、館長である八尋孝司さんのトークが上手くて面白い。直方市石炭記念館に行くなら、くれぐれも聞き逃すことのないように。

posted at 23:46:00

2018年07月18日(水)13 tweetssource

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

7月18日

@po_polka

ポルカ社@po_polka

和歌山市のこども科学館の階段室かかっこいいコンクリートの螺旋階段だった。ファサードの水玉タイルかわいい。通りかかった時間が開館前で中には入れなかかったので(階段だけ受付の人がいいよと見せてくれた)ここもリベンジリストに入れた。1980年築だからぎりレトロフューチャーな展示期待できる。 pic.twitter.com/5Y52V6Xb0l

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 07:40:38

7月18日

@CoindotPindot

山岸史@CoindotPindot

差別が無知からくるものである以上誰でも差別者でありうる。食事時に何の悪意も無くただ知らなくてやってたことを「それお行儀悪いよ」と教えてもらいながら育つのと同じで、人間やっていくならそういう指摘を受けつつ変わっていくのは織り込み済みのこととして捉えていくもんだと思うけど。

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 16:13:59

7月18日

@CoindotPindot

山岸史@CoindotPindot

差別問題についてちょっと知れば、誰でも(当然、少数民族や障害者だって)差別者であり得て、かつ差別の基準も時代と共に移り変わるから、何が差別なのかを指摘し合って学んでいくもの、ということはわかるはず。「自分は差別者ではない」と言い切ること自体が差別問題に興味がないことを示してる。

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 16:14:04

7月18日

@take_all_a

タケ@ALL-A@take_all_a

筑後川の水害振り返る 久留米で企画展 読売新聞 #福岡 #久留米
www.yomiuri.co.jp/local/fukuoka/ 六ツ門図書館展示コーナー 9月24日まで 江戸時代の1720年(享保5年)に起きた水害から、1953年(昭和28年)の筑後川大水害までの間に起きた主な水害 古文書や絵図、写真など約100点

posted at 22:01:00

7月18日

@codanwalker

公団ウォーカーてるる@codanwalker

「ポエムが出てくるときは何かを隠蔽しようとしてる」という大山さんの指摘通り、「青空を取り戻す」という日本橋地下化ポエムの裏に隠蔽されているのは「河川管理者にとって悪夢のような『縦断占用』を一刻も早くやめさせる」という河川管理者長年の悲願。景観問題はあくまでも表向きの理由でしょう。 twitter.com/sohsai/status/

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 22:07:51

7月18日

@codanwalker

公団ウォーカーてるる@codanwalker

河川法ってめちゃめちゃ強いんよ。もはや敵なし。河川法の前では道路管理者もケチョンケチョンだし、水道や交通局みたいな公営企業に対しては、容赦しないんだから。つまり日本橋の件もそういうこと

Retweeted by タケ@ALL-A

retweeted at 22:07:58

このページの先頭へ