情報更新

last update 08/03 22:43

ツイート検索

 

@tatthiy
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

Stats Twitter歴
4,392日(2009/07/27より)
ツイート数
30,630(6.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年08月03日(火)1 tweetsource

2021年08月02日(月)11 tweetssource

8月2日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

今日は、BLPの教職員・学生スタッフ約80名が集まって春学期の授業の振り返り、秋学期の目標設定をしています。Zoomを使ってのオンラインミーティングですが、熱量の伝わるよい場になっています。常にチームの目標やビジョンを共有して、振り返る場を持つことはやはり大切ですね。

posted at 14:17:48

2021年08月01日(日)2 tweetssource

8月1日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

新しいことに挑戦するには、シンプルに体力と元気が必要だよね。思考が固まるっていうのもあるけど、たいていこれまでのことをやる体力と気力しかなくなってるケースも多いような。

posted at 20:46:01

2021年07月31日(土)1 tweetsource

2021年07月30日(金)5 tweetssource

7月30日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

組織の状態を数値化して把握することを、ダイエットするときに体重計に乗るという比喩で考えてみる。たしかに現状把握は大切だが、測る恐怖感や見られる恥ずかしさのような感情も理解して進める必要があるだろう。

posted at 19:28:16

7月30日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

組織開発をする上で、データが意味を持つのは「俯瞰して事実を捉える」という前提を揃える役割をしうるから。ただ、ちゃんとデータを使うのは意外に難しく、解釈ありきのデータ提示になったり、事実でしかないのにメッセージを強く感じてしまったりするので、扱い方には習熟がいる。

posted at 19:14:16

7月30日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

組織を動かすためには、自分ごととして捉えるのは前提として、ある意味、他人事のように客観的に俯瞰して状況を把握する力が求められる。没入しているのに、メタ視点を持つ必要がある。

posted at 18:38:44

7月30日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

「こんな問題があるので、それに対して、こんな改善策を実行しました」というのもいいけど、「問題なんてないけど、とりあえずこれやって面白がってやっていたら、こんな問題が解決しちゃってました」というアプローチも十二分にあり。

posted at 18:35:54

7月30日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

人から与えられた課題を解く力はたしかに必要。でも、大学にいるうちに、自分で勝手にやりたいことを見つけてアウトプットするような経験しておいたらいいなと思う。

posted at 18:34:08

2021年07月28日(水)4 tweetssource

2021年07月27日(火)2 tweetssource

7月27日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

研究のように一人で進める作業でも、一緒の場所でだれかと作業したほうがなぜか進む。細かな疑問が解消するのもあるし、作業は違えどがんばってる人が近くにいるのはプラスになる。

posted at 22:25:26

2021年07月26日(月)1 tweetsource

2021年07月25日(日)3 tweetssource

7月25日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

リーダーシップの話。→中竹竜二さんに聞く「リーダーシップとチームワーク」【後編】|NHK就活応援ニュースゼミ 【NHK就活ゼミ】 リーダーになっても、誰も言うことを聞いてくれない・・・、組織づくりから、“最強のチームとは何か”のヒントをうかがいました。 www3.nhk.or.jp/news/special/n

posted at 14:09:46

2021年07月23日(金)3 tweetssource

7月23日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

最近なかやまきんにくんのYouTubeよく見てるけど、5時のチャイムのくだりの中毒性が高い笑 内容的には筋トレとか食事の知識が短時間で学べてありがたい。

posted at 08:57:44

2021年07月22日(木)1 tweetsource

2021年07月20日(火)1 tweetsource

2021年07月19日(月)1 tweetsource

2021年07月18日(日)9 tweetssource

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

ずっと使っていたデュアルが環境武器となり、ナーフされる一連のプロセスは涙だったけど、仕事でもそういうことあるよね。武器の強さは相対的であり、トレンドに影響を受ける。もちろんコアとなる力があればそれは環境に左右されない。

posted at 16:52:50

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

これだけマスターとしておけば一生潰しがきく知識とかはほとんどなくて、常に環境変化に合わせて学び続けていかなくてはいけない!みたいなことはスプラトゥーンのアップデートがある度に体感的に学べました。

posted at 16:43:00

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

遊びを個人に閉じると、単なるわがままに見えてしまう。でも、他者のニーズありきの行動では遊びにならない。遊びは極めて個人的なものからはじまってよいが、結果として、コミュニティの目的と重なることが大切。極めて個人的でありながら、開かれている状態が理想。

posted at 15:56:04

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

遊びは余分なコストをかけるわけだから、すべての仕事を遊び主義でおこなうのはしんどい。でも、コスパ主義だけに支配された働き方は味気なく、さびしい。1つでいいから遊び主義的に取り組めるものを持つと、実験的で創造的な日々が訪れる。それが所属組織にもプラスになるものならなおさら楽しい。

posted at 15:51:05

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

与えられたハードルに対して、飛べるギリギリの労力で楽して飛ぶのがコスパ主義。そこに勝手に自分なりのハードルやルールを設定しなおして、自分のスタイルで飛ぶのが遊び主義。遊びが楽とは限らない。むしろめんどくさいことをしてたりする。

posted at 15:40:34

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

ゼミ生が新しいリーダーシップのワークショップを企画・設計しているので、せっかくなので自分もいくつか考える。「サウナ式フィードバック」「リモート憑依グループワーク」などのコンセプトが生まれたので実装したい。

posted at 15:33:39

7月18日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

文章を書くのは単純に大変な作業なので、なるべく気持ちが新鮮なうちに書くに越したことはない。これまで何度も経験しているけど、データ分析とかして、しばらく放置していると、書くテンションがめっちゃ落ちて、無駄にしんどくなる。自分がつらくない環境を自分でつくってあげないと。

posted at 15:17:33

2021年07月17日(土)1 tweetsource

7月17日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

キングダムの六将制度をみながら、シェアド・リーダーシップについて考える。現場の圧倒的スピードと強さを活かせるが、ビジョンの共有と忠誠心がなければリスクでしかない。強力な人材と覚悟がいるやり方。

posted at 20:54:43

2021年07月15日(木)4 tweetssource

7月15日

@tatthiy

Yoshikazu TATENO | たってー@tatthiy

長く安定して仕事の成果を出している人は、自分のスイッチを「オフする仕組み」もしっかり持っていると感じる。いつでもどこでも考え続ける力と、それに飲み込まれない力の両立は案外と難しい。

posted at 15:55:24

このページの先頭へ