情報更新

last update 02/19 02:58

ツイート検索

 

@tegit
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tegit

てぎ@tegit

  • 1,351フォロー
  • 907フォロワー
  • 50リスト
Stats Twitter歴
3,615日(2009/03/29より)
ツイート数
44,313(12.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月18日(月)17 tweetssource

2月18日

@sona99

ソウ@sona99

自分CG屋だけどAfterEffectsもそこそこ触るから撮影の話めちゃくちゃうなづいてたんですよね。というかそのへん含めてCGWORLDの取材くらい認めてくださいサンライズさんお願い!!

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:14:01

2月18日

@tamashiill

魂@lovelive!aftertalk?@tamashiill

酒井監督の言葉で嬉しかったのは「登壇する予定が予め組まれていたわけではなかった。こうして無理して沼津で登壇させてもらったのは皆さんに直接感謝を伝えたかったから。沼津を、サンシャインを、好きでいてくれてありがとうございました。」というもの。
でもさ、感謝したいのはこちらなんすよね。

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:15:30

2月18日

@tamashiill

魂@lovelive!aftertalk?@tamashiill

実はソウさんと真面目に劇ラ!と劇サ!における作劇比較論みたいなやつも話したんだけど、あまり公に話すとメンドクサイやつなので、多分表には出ないですね。。

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:16:03

2月18日

@sona99

ソウ@sona99

@tamashiill 魂さんと話して、今日の監督の「自分の作品の感動のさせ方は日本映画的」という言葉の意味がはっきりと分かりました。2期放映後に監督がつぶやいていた「万人向けではない」というのもたぶん今日のその言葉につながっていて、なるほど・・という感じでした・・!

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:16:08

2月18日

@pumpkin_crack

鈴木ピク@pumpkin_crack

『女王陛下のお気に入り』重厚な中世コスチュームプレイものっぽいパッケージングだけど実際観たら本当奇抜で変な映画だから でも女×女×女の陰謀劇でこの上なくシンプルだから、誰が観ても変で面白いと思う もしかしたら少し哀しみも残る

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:17:03

2月18日

@sakatalk

逆針(サカハリ)@sakatalk

浦ラジでMWのドルフィンの話になったときとかちょっと声弾ませてたし、しゅかしゅー踊るのすごく好きだし自信持ってるんだなぁって思う。そういうとこ素敵。

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:23:23

2月18日

@Cristoforou

saebou@Cristoforou

マンデヴィルの旅行記とか中世~近世のへんてこ伝説本の画像をずーっと見てたら頭おかしくなりそうなんですが、でも「欧米では堅気の女はミニスカートなんかはかない」みたいな差別的海外デマを流してる今の人に比べれば「世界の果てにはヒツジがはえる木がある」とかのほうが面白いだけマシじゃない? pic.twitter.com/Pbdct8nHqI

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:24:08

2月18日

@Kenichi_Kaneko

金子賢一@Kenichi_Kaneko

劇場版シティーハンターへのご感想、その中で「パイソンに弾を込めた時に最後にするアクションがなかった、あれがカッコよかったのに」といったご意見拝見しました。今回、あのスナップロードアクションはあえてNGにしています。あのアクションは銃にダメージを与え精度を下げる行為だからです。(続

Retweeted by てぎ

retweeted at 01:16:37

2月18日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』、観ているあいだはすっかり忘れていたのだけど(日常的に使っている京王線とC&Cカレーにすっかり事前教育されてしまっていたというのもある)、そういや昔はこの作品が苦手だったのだった、と思い出した。倫理を外れたお調子者が享楽的に振る舞いながらも肯定されるところが。続

posted at 01:22:40

2月18日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』、やっぱりそれは自分よりちょい上世代でこの作品を楽しく受け止めてた世代に対する偏見(「バブルで楽しい思いしやがって」)も影響してのことだと思う。で、今回の映画の悪役、そういう意味では本来自分が共感しそうな人間だったよなあ、といまさら思った。

posted at 01:24:44

2月18日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』、悪役にはそういうふうな共感をさせず、冴羽獠のこともよく思わせてしまう、演出や脚本や、なにより神谷明を中心とした演者たちのアンサンブルの放つ圧倒的な善良さ(楽しさ)、改めてすげえな、とは思う。思いはするんだけど、

posted at 01:26:24

2月18日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』、そう思いはするんだけど、本作でも相変わらず冴羽獠周辺の人間たちが甘々なことで成立する冴羽獠性はさっさと淘汰されてほしい。他人の寛容さを前提にしない三枚目のお調子者が活躍するライトなハードボイルドを作ってほしいんだよなー。

posted at 01:30:37

2月18日

@namisuke1073

岩浪美和@namisuke1073

元々ね、映画館って凄い音が出せる場所なんです。
家庭じゃあの設備を導入するのは到底無理ですから。
そのポテンシャルを引き出せるか否やは
運用する「人」次第なんですよね。

Retweeted by てぎ

retweeted at 01:42:18

2月18日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』はたぶん長崎行男が音楽も声も相当頑張ったのだろうなあと思うし、上映前に予告編流れてた『スパイダーマン:スパイダーバース』は岩浪美和の名前が宮野真守らの声優と同じサイズでずばんと出るし、最近の映画館じゃ音響監督の仕事の存在感を強く感じるなー

posted at 01:47:08

2月18日

@yoursilentface7

ヨアケノ@yoursilentface7

俺が「なんで日本の音楽メディアは『球体』を取り上げないのか」って怒ってたのは「俺たちの好きなものを取り上げない」とか「自意識」みたいなクソ下らない話じゃなくて、要は「“内なるJ”をブラッシュアップする方向に可能性あるじゃん!ここをプッシュしようよ!」って話なのよな。伝わらんもんだ。

Retweeted by てぎ

retweeted at 02:06:05

2019年02月17日(日)32 tweetssource

2月17日

@vertigonote

vertigo@vertigonote

ちょっと前までは映画やドラマに対する「ビデオゲーム的」というのは批判的な言葉を代表するものだったと思うんだけど、ここ数年でそこが根本的に変わってきている気がする。分岐点とアングル変更の可能性、の視点からビデオゲーム性を良きものと捉える作り手はだいぶ増えているのではないか。

Retweeted by てぎ

retweeted at 01:00:31

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

夕方、渋滞の甲州街道を西に向けて走っていて、遠く山の向こうへ沈む夕陽を見ながら、東京にとって西方に沼津があることはどこか東京のサ!オタクにとって沼津をただそこにいくだけで幸せになれるという幻想を抱かせる理由になっているのでないか、仏教における西方への信仰みたいな…とか考えていた

posted at 01:35:33

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

大阪に沼津にと旅に出ているオタクのみんなを眺めて嫉妬に狂いつつ、でもまあいまのおれが今すぐ沼津に行けたとしてもあんまり幸せじゃないしな…と冷静なふりをして会社に戻っていく。でもやっぱり行きたいよな、沼津。

posted at 01:47:21

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

これは別にオタクを責めているわけじゃなくてあくまで自分自身だけの問題なんだけど、『ラブライブ!サンシャイン!!』に触れないまま沼津に、内浦に行ったとしたら、自分はこんなふうに沼津を大切な土地だと思えていただろうか、というのは最近よく考える。

posted at 01:49:16

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

そんなもん、いま一緒に生きて愛している相手を、本当にこの人が絶対愛すべき人だろうかと思うよな、虚しい問いなんだけども。

posted at 01:50:15

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

渡辺月が実は沼津になんの思い入れもなくって、イタリアに行ったのもAqoursのためでもなんでもなくただ単に幼少のころを過ごしたイタリアに少しでも戻りたいという気持ちからのことだとしたら…

posted at 01:53:48

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

もしそうだとしたら渡辺月が「十人目」の象徴であるという考え方にもがぜん強い力が備わるように思う。自分の生きる場所をどうとも思えない人間が、Aqoursから楽しんで生きることを教わる物語。それがわたしにとっての「十人目」の物語だから。

posted at 02:13:49

2月17日

@soshindo_PR

草深堂高洲店@千葉県浦安市の書店@soshindo_PR

受験界に世界史ブームを巻き起こした某ゲームことFGOのバレンタイン2019で取り上げられた関連書籍を紹介します。「ちゃんと流通してる本をネタにした」と小耳に挟んでますが、既に注文集中で在庫切れを起こしている書籍もあります。続く)

Retweeted by てぎ

retweeted at 02:14:28

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

深夜に考えた渡辺月が沼津好きじゃない説、たぶん作り手は意図してなくて、サ!って「田舎の町おこし」的な物語には珍しく、わが町を悪く言う視点がまったくないんすよね。そこはきっと酒井監督の作風だと思う。地方の生まれだけど、地元を笑ったり蔑むような空気が(作品にもツイートにも)全くない。

posted at 11:02:26

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

劇サ!だと新しい高校のOBが保守的な反応をしているけど、劇サ!の段階ではほとんど沼津=Aqoursになっていて、これは地元ディス的なこととはちょっと違うし

posted at 11:05:28

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

"私がここにきたのは、私より良い人間になれ、もっと良い人間になれ、と言いにきたのです" / “「あなたは世界を変えるつもりでいるか?」 自分が無力であることを疑えとM・ナイト・シャマランは語る - ログミー[o_O]” htn.to/8FdtMibsk19

posted at 11:39:04

2月17日

@wakky55

wakky@wakky55

『アクアマン』観たよー。つるっと悪い顔したパトリック・ウィルソンに驚喜したり楽しく観たのは間違いないのだけれど、「世界に必要なのは対話と共存、そして愛」を謳っているのに三叉槍を手にした男が覇王となって周囲がかしずくという流れのままで良かったのだろうか…みたいなことも少し思う。 pic.twitter.com/pxJHDRld5O

Retweeted by てぎ

retweeted at 14:11:21

2月17日

@nagakurashoten

長倉書店@nagakurashoten

芹沢光治良がいなかったら川端康成もノーベル文学賞は取れなかったかも、井上靖は現在の村上春樹のようにノミネートを何回もされましたが後少しのところで受賞できませんでした。

そんな芹沢光治良と井上靖をテーマにしたトークイベントが2/24にあります。@沼津

今回はジオとも絡んで楽しさ100倍。 pic.twitter.com/cw9I0trV2y

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:05:53

2月17日

@diggingliver

素人ランナー@生涯トリコビト@diggingliver

あくまで「廃校を阻止する」のが目的で、物語として「田舎の町おこし」は目指してないのでは、と一旦思いはした。ただ、廃校阻止のための最初の行動は街の良さをアピールする動画の撮影だったことを思い出して、アピールするものが学校から街にすり替わっていることに今更気がついた。 twitter.com/tegit/status/1

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:06:42

2月17日

@diggingliver

素人ランナー@生涯トリコビト@diggingliver

廃校阻止も1期6話以降の話で、果たして物語の目的と言っていいのか疑問ではあるんだけど。
それはさておき「学校」から「街」へのシフトに対して、どうして見ていて違和感がなかったのかを考えたら、やっぱり「町おこし」の物語だと無自覚的に認識していたからなんだろうなと思い至った。

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:06:46

2月17日

@diggingliver

素人ランナー@生涯トリコビト@diggingliver

現実に「アニメで町おこし」という動きがあることの影響が大きいように思う。誤解を恐れず言えば、この作品自体に現実の沼津の良さをアピールするPVのような一面があると解釈していたから、こうした展開を自然に受け入れていたのかもしれない。

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:06:53

2月17日

@daimarco16

十六夜まよ?@daimarco16

なんか最後のホップ・ステップ・ワーイ!、「遠征してユニット追いかけて聴くのはこれで最後なんだな」って思ったらこれまでの旅を色々思い出してめちゃくちゃ泣けてきて、途中歌えなくなってた

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:21:40

2月17日

@sona99

ソウ@sona99

スタッフトーク終わって「良い話が盛りだくさんだった・・」って感慨深くなってたら、いきなり隅の方で女の人が大声で叫び出して「熱烈すぎるファンだ・・」って驚いた(ちょっと引いた)んだけど、田野さんだった・・・・

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:30:46

2月17日

@ayarieshon

きりん@ayarieshon

沼津で劇場版ラブライブ!サンシャイン‼︎のクリエイターのおじさん3人とファンミーティングしてたらラスト一瞬で田野アサミさんと佐藤日向さん(本物)が現れたんだけどなんなん!?!?

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:31:50

2月17日

@sona99

ソウ@sona99

酒井監督はめちゃくちゃおもしろいお方でネタに走りまくってたけど、最後は「本当はスタッフトークやる予定はなかったけど、この作品を愛してくださった方たちにありがとうを言いたかった」って言っていて、やっぱり酒井監督でしたね・・

Retweeted by てぎ

retweeted at 20:52:06

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』観たー!古参ファン(と作り手)にもう一度楽しい思いをしていただきましょうという商売ではあるんだけど、その商売としての充実度が最高級だったので心から土下座という感じでした。あとエンディングはここ数年観た邦画のOPEDで最高のド傑作。

posted at 20:59:54

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』、冒頭のカーチェイスが周辺のモブ車含めて手描きで、そこで作品のリアルさの度合いと娯楽の方向性(古参おもてなしですよ!という宣言)がしっかり示される。で、そこからの岩崎琢・lotus juiceによるOPという塩梅がむちゃくちゃいい湯加減であった

posted at 21:05:28

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』、岩崎琢の音楽がたいへんよかったのだけど、話が話なので「『ヨルムンガンド』かよ…」みたいな気持ち(軍事諜報脳)になっていき、しかしやっぱり基本はシティーハンターでそのへんはユルく、実に複雑な気分になった

posted at 21:09:32

2月17日

@tegit

てぎ@tegit

『シティーハンター』、ED(本当にむちゃくちゃかっこいい)の画風で、キャスト総入れ替えで、岩崎琢の音楽で、「もっこり」関連のことはもうちょいマシなチューニングをしていただいて、で完全リブートしてくれないかな…とは思った

posted at 21:11:58

2月17日

@EX5551

絵樟@EX5551

勝負が決着してから、平穏が帰ってきた新宿で「元に戻ったもの」と「新しいまま受け入れられたもの」両方が描かれる。そこに、『シティーハンター』というコンテンツの言い訳できない古くささと時代を生き延びる柔軟さを見てとることができる。get wild and tough!

Retweeted by てぎ

retweeted at 23:04:11

2月17日

@hibiku_yamamura

山村響*2/10バースデーライブ!@hibiku_yamamura

昨日の稽古時にお祝いして頂きました❣️ピアノの形でめちゃくちゃ可愛かった、、!!
本番まであとちょうど10日。笑って泣いて、 #めぐつき の世界で精一杯生きられるよう、頑張ります🌸
チケットのご予約受付中です✨2/28・3/1、まだお席に余裕があるのでおすすめです☺️↓↓
www.quartet-online.net/ticket/naoyano pic.twitter.com/9efH17LeFY

Retweeted by てぎ

retweeted at 23:46:12

2019年02月16日(土)8 tweetssource

2月16日

@komachi103

雪町子@komachi103

わたしはうまくやりたかったんだ。ほんとうは誰とだって仲良くなりたいし、期待にだって応えたい、笑っててほしいし、わたしがいて良かったとおもってほしい。でも、それ全部ひとが決めることなんじゃ。わたしにできることは、『わたしがいいとおもうことをやる』しかない。人によって決まらないこと。

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:59:16

2月16日

@komachi103

雪町子@komachi103

人に決めてほしい。だって不安だ。わたしの決断力じゃうまくやれないかもしれない。物事は悪くなっていくかもしれない。でも、それでもわたしは『わたしがいいとおもうこと』に立戻んなきゃなんない。そして、それをやれる自分になる。シンプルだ。結果じゃなくて、その過程こそがわたしに必要なこと。

Retweeted by てぎ

retweeted at 00:59:19

2月16日

@yogoren

よごれん@yogoren

月1ペースで西成に行って何をしてるのかというと、今の風景を見て記憶しておくこと。朝市での売れ筋は、アダルトDVDと処方薬。路上で300円の処方薬を買うのに1,000円札を出すと、お釣りが幾らになるか計算できない人が売っている。いいとか悪いとかじゃなくて、こうした現実を知っておきたい。 pic.twitter.com/nx1qAjZx6H

Retweeted by てぎ

retweeted at 12:56:40

2月16日

@tamentaikun

多面体君@tamentaikun

ぼくは本を読んでいる。(ひこ田中著、講談社)を読みました。
「ぼくの家の"本部屋"で見つけた、紙カバーに包まれた文庫サイズの本。どうしてだかぼくは、それを親に隠れてこっそり読みたくなった…本好きではない少年の1週間の読書体験」
読書によって思考力が向上していく姿が、清々しく瑞々しい。 pic.twitter.com/FIh6kpjMXO

Retweeted by てぎ

retweeted at 16:14:20

2月16日

@lionbookstore

双子のライオン堂(「しししし2」20190125刊行決定!)@lionbookstore

先日、自分用に確保していた読書会の課題本(陳列してない)を、お客様に「これ探してたんです!」と言われて、一瞬迷ったけどお売りした。思った通り版元切れでちょっと困っていた。しかし、先程、古書買取でその本が入ってきた。本は捨てなければ必要なとこに届くんだなぁ、としみじみと感じました。

Retweeted by てぎ

retweeted at 22:32:59

2月16日

@kuchiko252521

クチコ@kuchiko252521

盛り上がる曲とされているNo brand girlsだけど、それと同時にノーブラに内包されたメッセージ性って、この時期に新しい夢に向かって努力している人達にはピッタリなテーマだと感じる。

とノーブラを聞きながら健闘を祈るのでした。
直接何かできる訳ではないけど、せめて良い方向になるよう願いたい

Retweeted by てぎ

retweeted at 22:38:57

2月16日

@tegit

てぎ@tegit

今日は仕事しながら浦ラジ聴いてたんですけど、575企画で「古池や蛙飛びこむ水の音」と見事に韻を踏んで劇場版の見どころを歌ってた人の句(正確に覚えてないのだけど月と曜の制服ネタ)、わいわいわいの三人に全く凄さが理解されていなくて泣いた

posted at 22:43:26

このページの先頭へ