情報更新

last update 09/30 11:28

ツイート検索

 

@butfilp
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

Stats Twitter歴
4,774日(2009/09/05より)
ツイート数
17,932(3.7件/日)

ツイートの並び順 :

2012年09月28日(金)1 tweetsource

2012年09月01日(土)2 tweetssource

9月1日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

@adonis_fish 神林長平「いま集合的無意識を、」"ぼくらはいま、人類の集合的無意識を顕在化するテクノロジーを手に入れて、それを意識しようとしている" ネットとりわけSNSで無数に呟かれる言葉の巨大な塊、おっしゃるようにビッグデータが集合意識の顕在化の要因だと書いてますね

posted at 01:22:33

9月1日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

いま集合的無意識を、」でその発達の過程が描かれてますね RT @adonis_fish …意識として立ち現れることはありません。集合的「無」意識として眠っている…それが徐々に目覚めつつあるというのが神林長平の現状認識で、事態が行き着くところまで行き着いたのがぼく都市の世界。

posted at 01:20:28

2012年08月29日(水)2 tweetssource

8月29日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

(たびたびすみません…)同感です。「いま集合的無意識を、」から直接、意識にダイレクトに繋がっていない… RT @adonis_fish 「ぼくらは都市を愛していた」は伊藤計劃の呪いを、あるいは問いを、解くものとして書かれたはずなんだけど、いまいちそっちの文脈が見えづらいんだなー…

posted at 00:12:32

2012年06月21日(木)1 tweetsource

6月21日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

山田正紀氏『ピンドラ』論と観念の暴走で共鳴→神林長平氏次作 "ネットという人類の集合的な意識野でフィクションが暴走するとどうなるかといえば一個のヒトに喩えてみればそれは統合失調状態だろう…そうして自滅していった人類世界の終焉の姿を新作のSFにしようと"「いま集合的無意識を、」より

posted at 07:32:45

2012年06月20日(水)5 tweetssource

6月20日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

いま集合的無意識を、」。意識と知能を分かつことは、神林長平も書いているように、SFのアイデアとして素晴らしく有効なフィクションだとは分かっていても、不可能だという地平からその構造に斬り込んで欲しいのだけれど…(^^)。個人的趣味は置いといて「いま集合的無意識を撃つ」小説に期待w

posted at 23:31:17

6月20日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

神林長平「いま集合的無意識を、」"ネットという人類の集合的な意識野でフィクションが暴走するとどうなるかといえば、一個のヒトに喩えてみれば、それは統合失調状態だろう…そうして自滅していった人類世界の終焉の姿を新作のSFにしようとしているところだ"意識暴走の萌芽はtwitterにもw

posted at 23:17:03

6月20日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

神林長平「いま集合的無意識を、」"ぼくらはいま、人類の集合的無意識を顕在化するテクノロジーを手に入れて、それを意識しようとしている" ネット、とりわけSNSで無数に呟かれる言葉の巨大な塊を眺めて、言語にこだわり続けてきたSF作家が直感する人類の変容のフィクションw

posted at 23:14:54

6月20日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

神林長平「いま集合的無意識を、」伊藤計劃作品について"彼が考えていたのは、もっと先だ。知能と意識の次には、なにが出てくるのだろう、ということだ""暴走する知性は意識=フィクションで制御できるだろう…だが暴走する意識=フィクションをコントロールする術を人類は、おそらく持っていない"

posted at 23:10:14

6月20日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

神林長平「いま集合的無意識を、」再読。"人間のフィクション=意識が対処、対抗している圧倒的なリアルの力とは、ヒトが高度に発達させてきた<知能>だよ" 新作『ぼくらは都市を愛していた』にダイレクトにつながる言葉が紡がれている。

posted at 23:06:59

2012年02月27日(月)1 tweetsource

2012年02月26日(日)1 tweetsource

2月26日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

amzn.to/vZqGbO 神林長平『いま集合的無意識を、』3/9発売 "雪風シリーズのスピンオフ「ぼくの、マシン」、多世界解釈を巡る異色スペースオペラ「かくも無数の悲鳴」などコミュニケーションの様相を切り取った全6篇" 表紙がいい。震災後の新作長篇はいつだろう

posted at 16:40:21

2011年11月13日(日)2 tweetssource

11月13日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

bit.ly/u5aSdE 浦沢直樹さんの語っている半眼と似たことでしょうかw RT @hi_doi (…神林長平『いま集合的無意識を、』(SFマガジン2011年8月号収録)を7月に読んで、演奏時の「意識」の在り様のヒントを得て、それ以来調子イイのです)

posted at 20:25:45

2011年09月12日(月)3 tweetssource

9月12日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

「暴走する意識=フィクションをコントロールする術を人類は、おそらく持っていない」(神林長平「いま集合的無意識を、」)。SFがイデオロギーとして有効だとしたら、それは自らその土台を相対化してぶっ壊す装置を持っていることによるものだろう。いつも足元を引っ繰り返される不安定な、安定感w

posted at 07:31:49

9月12日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

SFの一つの持ち味である価値観の相対化がどれだけ有効かを作品で読みたい RT @naoya_fujita 「暴走する知性は意識=フィクションで制御できるだろう…だが暴走する意識=フィクションをコントロールする術を人類は、おそらく持っていない」(神林長平「いま集合的無意識を、」)…

posted at 07:01:51

9月12日

@naoya_fujita

藤田直哉@『新海誠論』10月、『攻殻機動隊論』@naoya_fujita

「暴走する知性は意識=フィクションで制御できるだろう(…)だが暴走する意識=フィクションをコントロールする術を人類は、おそらく、持っていない」(神林長平「いま集合的無意識を、」)。それでも絶望した人間がフィクションを求めて作り出し暴走するとしたら「無害な非真実」として何を語るのか

Retweeted by BP@究極映像研

retweeted at 05:32:04

2011年07月02日(土)1 tweetsource

7月2日

@butfilp

BP@究極映像研@butfilp

SFマガジン神林長平「いま集合的無意識を、」震災後にSF作家が語った熱いフィクションによる決意表明。そして伊藤計劃氏への深い哀悼。ネットの集合無意識というのは確かにtwitterでも感じる。作品中に神林氏がtwitterらしきさえずりをこっそりしているという描写があるが何処かに?

posted at 21:36:50

このページの先頭へ