情報更新

last update 05/28 03:49

ツイート検索

 

@fibonacci2010
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

  • 4フォロー
  • 298フォロワー
  • 24リスト
Stats Twitter歴
4,531日(2010/01/01より)
ツイート数
4,898(1.0件/日)

ツイートの並び順 :

2011年06月02日(木)4 tweetssource

6月2日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座10…図案化に伴う時代の流行り廃りを考察すること、さらに家紋が決せられた時代の土地柄を調べること、他に家柄、事柄、人柄などの情報を集めて、総合判断しないと、家紋講座の目的は達せられず、単なる時空の無駄遣いとなり、人との接し方を覚らなければ講座を啓く意味もない。

posted at 06:42:11

6月2日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座09…三〇〇〇図案が使われ、花弁、葉、実のように小さなもの、またシダの類、稻、草花、花木、あるいは瓢箪や桃や栗などの実入りから、松や杉に及ぶ巨木なども家紋として、その図案化にも様々な註釈が加えられている。これら通説の家紋情報を使う場合に注意を要するのは、

posted at 06:41:58

6月2日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座08…戦場では旗や幕や楯などの目印とされ、室町時代に乱用が激しくなり、一五世紀後期には他家の紋章を勝手に使うことが禁じられたといい、江戸時代に至ると下級武士も町人も使用するようになり、明治時代の壬申戸籍で一般化されたという。たとえば、植物紋は大凡一〇〇種

posted at 06:41:48

6月2日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座07…家紋手引を見ると、日本の場合その家紋については、生まれた場所に自生する植物また自然の姿が図案化されており、文献では『新撰姓氏録(平安前期作)』があり、藤原氏を中心に朝廷参内のため、牛車の屋形に紋章を施すと始まる。また家紋の定着は鎌倉時代に始まり、

posted at 06:41:38

2011年06月01日(水)6 tweetssource

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座06…その善し悪しは日常生活に直結する問題を抱えている。人は細胞間伝達系を結ぶ交流回路により、人との接し方を決しているが、その基底に働く要素の多くは遺伝情報にあり、単なる好き嫌いも遺伝情報と無関係でないため、人の素養は家紋にも顕われるのだ。

posted at 07:13:49

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座05…いまや技芸以前の要素が問題の時代であり、実証現場の解明を踏まえると、未来は特許の如き独占権などは意味をなさなくなる。その未来に達するまでは、実と虚が入り交じる時空において、最も重大なコミュニケーションが一期一会を含む人と人の接し方にあり、

posted at 07:13:32

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座04…そもそも家紋が何ゆえ用いられたのか、その原初は文明の基礎であり、言語以前の表象に利用した痕跡は、考古発が進むほど明らかになる。すなわち、他の動物に比して、人の衣食住は大自然の恵みを活用しながら、栽培や加工などの技芸を磨いてきたが、

posted at 07:13:17

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座03…家紋の分類は、通常一般的に自然紋、植物紋、動物紋、建造紋、器物紋、幾何紋、文字紋など、大別的な大枠に各種の仕分けを施しながら、その図案化した紋様で仕切る方法を取り入れているが、原初に基づけば、家紋の歴史も遺伝情報と無関係ではない。

posted at 07:12:46

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座02…家紋講座の基礎が植物であり、植物を極めねばならぬ。役行者(役小角)は、あらゆる植物から解毒の作り方を修得した。

posted at 07:10:40

6月1日

@fibonacci2010

サムライ@fibonacci2010

■家紋講座01…数年前、皇室インナーサークルの栗原茂氏を囲み、数名で「舎人家紋講座」を1年近くにわたり伝授されたことがある。諸事情で現在休講中であるが、近い将来再開される日に備え、復習の意味で当時メモした印象に残る、栗原氏の言葉をアトランダムにツイートしておく。

posted at 07:10:22

このページの先頭へ