情報更新

last update 08/14 03:33

ツイート検索

 

@rui178
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@rui178

ルイ@rui178

Stats Twitter歴
3,664日(2010/08/04より)
ツイート数
48,255(13.1件/日)

ツイートの並び順 :

2011年12月11日(日)2 tweetssource

12月11日

@rui178

ルイ@rui178

民子繋がりで野菊の墓で回想ってちょっと高度すぎませんかw RT @uis4uchi: 民子は野菊のような人でした… RT 緒花と出会う前って書いてあるんだが、ぼんぼり所はあるのだろうか…w #hanairo

posted at 10:05:55

12月11日

@rui178

ルイ@rui178

物語としての【花咲くいろは】は再開の予感を匂わせつつもそれは別の物語、可能性を与えただけで【りびんぐげーむ】的な意味で物語は終わっていると思う…のだけど、萌えとドラマの中庸作品として評価している所があるので、グッズやアニメでコンテンツが続くのは祝福する事かな… #hanairo

posted at 09:50:25

2011年10月16日(日)1 tweetsource

2011年10月09日(日)6 tweetssource

10月9日

@rui178

ルイ@rui178

以前【true tears】のオフ会に行った時、ナガッチョさんが「西村監督も呼ぼうと思ったが忙しくて」的な話をしていたのだけど(3月)担当回後ろにやるくらいなら納得wしかしその時「しょうがないですよハハハ」と笑いながらも心の中で号泣していたのは内緒(どこが? #hanairo

posted at 18:47:15

10月9日

@rui178

ルイ@rui178

あれのモデルが比呂美じゃなかったら逆に大ニュースじゃなイカ?w個人的にはtt引用にときめきつつ、それ以上に眞一郎と乃絵が消費されなかった事に喜んだりw←歪 RT @nowraido: 例の学祭の時の看板(?)のモデルがやっぱり比呂美だったという程度の話なので~ #hanairo

posted at 18:38:28

10月9日

@rui178

ルイ@rui178

6話というのは1クールの半分、割と丁寧な分割構成を組む岡田麿里さん的には「予言」「示唆」を任せたかったのでしょうね。まあ、個別の「○○回」は割と緩やかな作りでどこに当てはめても良い風なので、11話より前なら成立はしますが。しかし11話より前なら→10話てw #hanairo

posted at 18:34:40

10月9日

@rui178

ルイ@rui178

kwsk! RT @nowraido: ぼんぼり祭りでジュンジュンが安藤監督や岡村(天斎)監督と並んでトークショーをやっているらしい。でもって例の「last tears」の裏話なんかを喋ってるらしいw 聞けてる人達が激!羨ましい……。:゚(。ノω\。)゚・。 #hanairo

posted at 18:30:45

10月9日

@rui178

ルイ@rui178

OVAフォーマットはあんまり使い勝手が良くない、今はシネコンの時代だと思うのですが、石川県単館上映とかされたら萌えるなあとw RT @hikol: いろは新作まじか。OVAなのか #hanairo

posted at 18:18:05

2011年10月06日(木)1 tweetsource

10月6日

@rui178

ルイ@rui178

命と時と空間という「断念ライン」の差で【あの花】【いろは】【tt】を語る(拒否反応示すとしたら、そのラインと自分の中のラインが最も離れている)のは割とというかガチで有効だと思うのだけど、記事にするには時宜を逸したなとw #anohana #hanairo #ttanime

posted at 03:46:31

2011年09月30日(金)9 tweetssource

9月30日

@rui178

ルイ@rui178

作品の断念性は殆ど縁のもの。その彼も「今は」できない→「いつかできるように」とあくまで時を止める一時停止的な断念で喜翠荘を閉じ、先の希望を謳う。鳥たちは空を舞い続ける。ラストシーンでも蝶が舞う。最初の番宣通り。「明日輝きたい」人へ。 #hanairo #kids_station

posted at 03:58:18

9月30日

@rui178

ルイ@rui178

【true tears】が秋から春を描いたから、【花咲くいろは】が秋から冬の入り口で終わろうと、その先に意味するものを皆確信している。雪は想いを隠すものでなく、本当の想いを峻別するものだと。PAworksのセルフ情報圧縮作品。 #hanairo #kids_station

posted at 03:52:36

9月30日

@rui178

ルイ@rui178

なこちが典型だけど、スイミングインストラクターこそが彼女の天性にも思える。喜翠荘は雪=冬眠で再開が暗示されているけれど、年齢、新しい仕事場、そんな簡単には集まれない筈。けれどそこに良くも悪くも悲観性がない、それがいろはの温度。 #hanairo #kids_station

posted at 03:49:10

9月30日

@rui178

ルイ@rui178

岡田麿里が(物語的に)何故優しくなったのか、か…あの花の時言っていたけれど、同窓会で「変わらないもの」に気づいた事が彼女の美観に影響を与えた可能性はあるかなあ。断絶と思えたものの多くは、実はそうではないと。 #hanairo #kids_station

posted at 03:37:23

9月30日

@rui178

ルイ@rui178

バカテスR15いろはを今期の最終回三傑と暫定的に 認定。多分タイバニは不味い方なのだけど、シチュエーションスイッチに従うだけで人はついてくるという意味ではTLにあった物語・ドラマ復権的文脈の真逆、寧ろ仮想敵みたいな作品だったなと。 #bakatest #hanairo #r15

posted at 02:56:20

2011年09月29日(木)1 tweetsource

9月29日

@rui178

ルイ@rui178

【シムーン】の「翠玉のリマージョン」がこの美観、通底するテーマの一つの端緒と思っています(翠玉は「かなた」、できない者から見れば世界からの足抜けなんですよね)が、そう考えると【花咲くいろは】の建物が喜「翠」荘である事に意味が感じられるでしょう? #hanairo

posted at 11:09:42

2011年09月27日(火)16 tweetssource

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

岡田麿里の2クール構成は純然たる二つ折型、というのは黒執事、とらドラ、護くんなどの共通項だったのですが、今回も徹底されましたね。女三代の予言強調、ぼんぼりで繋げた都会と地方の相対化・漂白、それを経ての「そこだけが輝いてるからじゃない、唯選択としての喜翠荘」。 #hanairo

posted at 09:02:33

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

最終回は少し前にたまたまラジオで好きという話をしていた【りびんぐゲーム】じゃないですかあ、と思いながら観ていたのだけど、【ストレンヂア】も【CANAAN】も居場所探しの面があったので、今後安藤監督が作家性を有していくならこちらのラインかもしれないな、と。 #hanairo

posted at 08:49:59

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

20話(5ヶ月経過)で「緒花が来てもう6ヶ月」「来たばかりと思っていた」と言った会話があったように、ttで志した事に「2クールでできる事」を加味して更に物語と季節(現実時間)のリンクを高めた物語でしたね。四季の国として国会図書館にttといろはは置いとけ(えっ #hanairo

posted at 08:47:10

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

岡田麿里さんはttを作る時、北陸ならではの季節感にリンクした物語を作りたいと言っていたけれど、形を変えそれを再び達成したと言えるでしょうね。ともに祭りを収穫の日とし、「祭りのあと」を旅立ちの合図に。ああー、何故CANAANは1話が祭りなんだああ←別に良いやん #hanairo

posted at 08:43:04

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

【true tears】は秋から春への物語。感情は積もり、真情を隠し、しかし最後に溶け出でる。「のえがすきた″」。【花咲くいろは】は春から冬への物語。閉まる喜翠荘に振り出す雪は休止の証、しかし積もった雪はまた溶け出でる。鷺は飛び、その日まで空へ。同じ美観。 #hanairo

posted at 08:40:32

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

みんちを採用したのが眞一郎父という話ですが、それはつまり【花咲くいろは】のみんちと【true tears】の丁稚の「ち」繋がり(強引)…は関係なくとも共振、ともに「先に物語を見定めたものへの祝福」なのですよね。みんちは良いところに雇われたよ。 #hanairo

posted at 08:34:41

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

【花咲くいろは】26話、最後まで観ました。最後にみんちを採用したのが眞一郎の父(のカメオ)だったことには興奮したぜェ…wともあれ、やはりPAの物語はこんな物語が良いですね。皆に等しく風が吹き抜け、個々の明かりで街の灯になるような物語が。天才の物語でなくとも。 #hanairo

posted at 08:29:14

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

25話は安藤コンテそのもの。皆のにじり寄る動きのスピード感、開け具合等がtrue tearsの【はい、ぱちぱちってして】と全く同じ。安藤コンテの解放感を重たい物語の清涼剤に用いたtt、西村純二の重たさを軽さに偏りがちな物語に加えたいろは。レシピ的意図は同じ。 #hanairo

posted at 08:00:14

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

24話の女将風呂のように、細かくファンタジーを入れて(シャンリンや風呂桶の整理魔法!)作品のリアリティレベルを定め直すのが可愛らしいですね。もう亀甲縛りとサバゲーでわかってるからwと思いつつ、時間置くと職もの程「現実的」な「こうすべき」な指摘は出がちですしね。 #hanairo

posted at 07:35:30

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

そういえば結婚式の回で、崇子さんの友達が一声発した瞬間ズコーで「作品の美を完成度を一声で壊されたYO!」とか憤ってたらnano.RIPEの人でしたか。納得。どんだけプッシュなの?w個人的にはOPはAメロBメロ後期、サビ前期でフュージョンすれば良いと思います。 #hanairo

posted at 07:31:04

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

物語が終わったあとの恋愛は、結構寛容なんですよね。そりゃあ、視聴者こそが「俺の嫁」を乗り換えていっているから当たり前なのだけどw #hanairo

posted at 07:27:34

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

コウちゃんは j.mp/neSqiJ 所謂「不幸」が彼の幸福の担保。恋する少女は可愛い。けれど作中男に簡単に感情移入できない。男を消し軽百合で濁す手や男をさん付けレベルにもっていく手もありますが、肉体お預けプレイも良い手ですね。土地か倫理観で。
#hanairo

posted at 07:26:25

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

23話と24話の並びは、特に24話は岡田麿里さんが西村純二さんに任せてきた「女の和解」をはじめて受け持ったマニア?には記念すべき回に思えますが、やはりスイさん過去語ってロジカルでしたね。23話の「料理と飲み物で和解(ttでは音楽で和解)」と見比べると面白い。 #hanairo

posted at 07:19:42

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

西村純二回は、彼に注目してきた人なら頭5カットもあれば確実にわかるくらい違いますね。普段が悪いというのではなく、もう作品を眺めている場所が違う。同じ高さからと、空からくらい。それは分かりづらさだったり回りくどさだったりもするので、それ以外が基調をなすのも重要。 #hanairo

posted at 07:17:11

9月27日

@rui178

ルイ@rui178

録り溜めしてあった【花咲くいろは】を消化中。好きじゃないから溜めていたのではなく、前期総括ラジオでも作品選考したように、寧ろ満足しきっていて宝物扱い。キャラ萌えとドラマが螺旋を描く中、しっかり美観が残っているのがいい。そして西村純二の飛び道具的活用もw #hanairo

posted at 07:14:33

2011年09月25日(日)1 tweetsource

9月25日

@rui178

ルイ@rui178

あれは条理がねじ曲がる=めんまの存在そのものですよねー。そのずっと続かないと実感させる違和が切ないという。 RT @donadona_No5: EDで、モノクロで落ちてくる花が一転、色付いて上に上がる瞬間が気持ちいいんだよね♪ #hanairo

posted at 08:14:40

2011年07月31日(日)1 tweetsource

7月31日

@rui178

ルイ@rui178

アニメ文化の縦軸という観点では、【花咲くいろは】の旅館に眞一郎と比呂美(純と乃絵、カナンとマリア…)が来て、モブレベルでなくワンエピソードをサバゲー隊並みに回したら「事件」になったろうなあと妄想。薄い本を待つか。あ、いや、エロはいいんでw #hanairo

posted at 12:03:25

2011年07月16日(土)1 tweetsource

2011年07月10日(日)1 tweetsource

7月10日

@rui178

ルイ@rui178

男に良い目見させると、視聴者に敵視されるからですよ!つまり持ち上げる為の布石=酷い目にあうほど後のフォローの担保になる的な解釈←胡散臭い RT @noukigu: 何故花咲くいろはの男キャラは揃いも揃ってひどい目に遭うのか #hanairo

posted at 17:59:27

2011年07月05日(火)3 tweetssource

7月5日

@rui178

ルイ@rui178

【花咲くいろは】の次郎丸亀甲縛りやサバゲーマー犯罪に代表される「明確すぎる粗」は、【機動戦艦ナデシコ】における他宗教チャンポンで茶化し入ってる葬式ラッシュと同根の「作品の温度調節」なのですよね、という話。 #hanairo

posted at 00:24:52

7月5日

@rui178

ルイ@rui178

視点を減点法から加点法に誘導する効果があると思っています。粗探しは「作り手がわかってやってる」であろう事から力を失い、そんな中散見される「しっかりした所作や行動」が良く見える。距離の取り方が上手い。 RT @y_oya: 今のところ失敗でしょうw>小さな嘘達 #hanairo

posted at 00:20:44

7月5日

@rui178

ルイ@rui178

巧妙かは微妙ですがw【いろは】に溢れる小さな嘘達は自覚の上、とは思います。背景も作画もしっかりした中、フィクション性を確保する役割で。 RT @y_oya: まあ、岡田さんは分かった上でわざと巧妙に小さな嘘を入れ込むことで逆に上手い変化を与えてるんですげどね。 #hanairo

posted at 00:09:23

2011年06月26日(日)1 tweetsource

6月26日

@rui178

ルイ@rui178

面白いのが【花咲くいろは】10話の西村純二脚本も似た意図で神社を使っていて、やはり2人の美観は似てるとw>岡田麿里的には告解の立会人かな>あの花神社 ttで純が比呂美に告げる最終回シチュエーションと近似の「世界の枠を定める(断念)行為」ですが #hanairo #anohana

posted at 18:15:15

2011年06月17日(金)1 tweetsource

6月17日

@rui178

ルイ@rui178

今週の【あの花】は読み味がいつもより濃く、【true tears】を観ていた時のように、じんわりと染み入るように今の今まで噛み締めていた。あの花といろは、両10話は親を迎える「お盆」だったのかもしれない。仲介人・篠原俊哉の情感コンテに感謝。 #anohana #hanairo

posted at 03:13:21

2011年06月14日(火)1 tweetsource

6月14日

@rui178

ルイ@rui178

【クェイサー】の川澄さん、【花咲くいろは】の能登さんはようやく演じがいのある役に出会ってイキイキとしてますね。やはり最初のヒロイン10年を凌いでからが女性声優の華だなあ。 #qwaser #hanairo

posted at 02:53:44

2011年06月07日(火)13 tweetssource

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

10話の脚本演出に感動して書き出したはずなのに、どうしてこうなった…wまあ、視点提供です。 RT @rui178: ひまわりのむく頃に: 『花咲くいろは』緒花は孝一と徹、どちらとくっつくの?~岡田麿里作品の異性研究~ bit.ly/iFSEVS #hanairo

posted at 21:13:06

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

両傑作10話でも【花咲くいろは】は西村岡田安藤篠原PAラインを中心に「ここまで出来る」という意識を作品実績から共有している為、必然・納得の傑作。一方【戦国乙女】はそのラインが見えない為、高い意識が共有されている事自体に驚きます。 #hanairo #sengokuotome

posted at 08:25:51

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

【戦国乙女】の本能寺エピソードと【花咲くいろは】の風邪エピソードを一夜に観るなんて、贅沢すぎて無駄に目が肥えてしまうのではないかしら。ちょっと【チャージマン研】観てくる!←なんでだよ #hanairo #sengokuotome

posted at 05:26:56

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

鏡は画面分割などの「仕掛け」を避ける、無手のテクニックでしたね。徹と緒花の表情を一緒に収めるのが素敵。そして、それくらいの距離が望ましいとも。 RT @jibeta: 苺が冷たくて気持ちいいのか、食べずに唇にくっつけるのが寸止めのエロス。鏡越しにすることで~ #hanairo

posted at 05:22:58

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

ぼくは批評にさしたる理想も抱いていないし、瞬発的な反応も好きだけど、そもそも対立関係と思っていない。「楽しさ」を貪欲に追い求めると、同じものからより多くを汲み取る「愉しさ」に自然と至ると思っているのです。そういう意味では理想的に「楽しく」「愉しかった」です! #hanairo

posted at 05:16:52

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

バナナのエロスは含みに欠ける!とばかりの苺のエロス、小説に出た日活ロマンポルノ趣味(タイトルが田中実的)夢の中の少女は座敷童?涙で終わるメッセージ「大切な人を想うと涙は勝手に出てくる」。PAの仕事は「積雪フィルム」をものにした経験値、全てたまらなかったです! #hanairo

posted at 05:13:11

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

体が弱まると心も弱まる。この旅館に訪れた風=緒花を、今度は旅館の皆が各々の真心の想像力で花(緒花)とし、周囲を優しく渦巻く風に。風の役割のバトンは想いのバトン。そう、ttというより西村監督の名作【風人物語】ですね。風人5話【保健室物語】のセルフオマージュ。 #hanairo

posted at 05:08:18

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

それらしく時間が戻った処理を敢えて入れない「違和」が没入を呼ぶ西村ジュンジの真骨頂と、それを見事に汲み取ったコンテ。西村純二(ニワトリ)と篠原俊哉(燕)の鳥・空の演出家の共振は、一部マニアには夢のタッグと呼んでいいはず。←一部マニア #hanairo

posted at 04:59:25

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

【true tears】4話の「風通しが良い」安藤コンテに対する恩返しは、今度は逆に「走らない」感情が積み重なりオーバーフロウする西村純二の物語。岡田麿里に猛反対されたtt5話の繰り返し処理がDSなら、今度の三重繰り返しは3DSかw岡田さんも免許皆伝かな? #hanairo

posted at 04:56:37

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

【花咲くいろは】10話まで一気に観てました。ぼくの愛する西村純二が脚本、ぼくの愛する篠原俊哉コンテ(夏目友人帳「水底の燕」は傑作!)ぼくの愛する岡田麿里構成でぼくの愛する安藤真裕監督作品をぼくの愛するPAが…滋味溢れる出来に思わず拍手してしまった午前5時。 #hanairo

posted at 04:51:33

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

【花咲くいろは】7話。犯罪スレスレどころか踏み越えるサバゲー、「後輩の為」が客減らすわ旅館に汚名残すわ後輩の為にならない巴と、フィクションの嘘を敢えて残しているのが興味深い。現実企業等に当てはめる典型的な「語りたい事の具としての作品」を軽やかに否定してるなあ。 #hanairo

posted at 01:13:46

6月7日

@rui178

ルイ@rui178

【花咲くいろは】7話観賞。←溜めすぎ 安藤監督の資質の1つ、軽やかな動きのある映像を更にコミカル特化させた岡村天斎さんの流石の仕事。生の実感を求める巴さんにハレを求める典型サバゲーを組み込むある意味直裁すぎる脚本も、コミカル回としては明確で観易いですね。 #hanairo

posted at 01:05:53

このページの先頭へ