情報更新

last update 01/30 11:18

ツイート検索

 

@tomo_nada
サイトメニュー
Twilogユーザー検索
TwitterサークルのツイートはTwilogに記録・表示されます。詳しくはこちらをご覧ください

Twilog

 

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

Stats Twitter歴
4,995日(2009/05/29より)
ツイート数
44,787(8.9件/日)

ツイートの並び順 :

2023年01月29日(日)2 tweetssource

18時間前

@matsuzaki333

Matsuzaki333@matsuzaki333

遺伝子組み換え同様、ゲノム編集食なんて気持ちが悪くて食べられない。
この世には、人の手でやって良いことと悪いことがある。余計なことをして「便利」=良いことと悦に入る時代は終わりました。
手間と時間とその伝統を大切にすることに価値をおきます。
#ゲノム編集食材
#愛媛県のみかん
#愛媛県 twitter.com/tomo_nada/stat

Retweeted by INYAKU Tomoya 印鑰 智哉

retweeted at 16:58:16

2023年01月26日(木)1 tweetsource

2023年01月19日(木)1 tweetsource

1月19日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

先進国では日本だけ選択できなくなっているって知ってますか? 遺伝子組み換え食品、年々、危険な混合農薬の利用が増えているにも関わらず。この事態を変えるためにはまず今、起きていることを知る必要あり。ぜひ、無料のサポーター登録して学習会にご参加を!
okseed.jp/supportus.html twitter.com/OKseedproject/

posted at 14:03:28

2022年12月28日(水)1 tweetsource

12月28日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

ドイツではこの10年でミルクはほとんどNon-GMOに。メキシコは遺伝子組み換えトウモロコシの輸入禁止を打ち出す。世界はNon-GMOに向かうのに日本は来年4月から遺伝子組み換えでない表示が見られなくなる。世界に逆行する日本、この動きを止めるためのプロジェクト検討中
www.facebook.com/InyakuTomoya/p pic.twitter.com/pMnRjYPq4g

posted at 12:52:46

2022年12月22日(木)1 tweetsource

12月22日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

遺伝子操作食品に未来はない(その3)
伝統的な発酵文化の最新版であるかのように宣伝されているフードテック「精密発酵」その実態は遺伝子操作生物が作り出す究極の人工食。遺伝子組み換え農業の息を吹き返させ、膨大な有害な廃棄物を作り出す。気候危機も加速させる
project.inyaku.net/archives/8782

posted at 12:58:16

2022年12月21日(水)2 tweetssource

12月21日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

遺伝子操作食品に未来はない(その1)。
米国で2015年に承認がおりた遺伝子組み換えサーモンをめぐり大論争。誰も買わない、AquaBounty社の株価も暴落しているのに生産拡大しようとしている。食としての安全性も環境にも大きな問題が。日本では「ゲノム編集」魚が議論なしで
project.inyaku.net/archives/8764 pic.twitter.com/OO0V7N1fSR

posted at 13:28:46

2022年12月20日(火)2 tweetssource

2022年12月18日(日)1 tweetsource

12月18日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

日本では畜産農家が大変な苦境に。一方、ドイツではこの10年でNon-GMOの牛乳が5%から8割近くに増加。国を挙げてNon-GMO飼料の確保に動いている。一方、日本では来年4月から「遺伝子組み換えでない」表示がほとんど消える。なんという差! 何をすべきか考えたい。#食品表示
project.inyaku.net/archives/8736 pic.twitter.com/rUx0IH9HdJ

posted at 10:28:09

2022年12月15日(木)1 tweetsource

12月15日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

遺伝子組み換え作物はモンサントのラウンドアップが効かなくなり、ベトナム戦争の枯れ葉剤の主成分2,4-Dなどが混合され、虫を殺す毒素も何種類も混ぜられ、より多くの農薬や毒素を持つように。それなのにNonGMOと言えなくなる日本。サポーター登録して学習会にご参加を!okseed.jp/supportus.html twitter.com/OKseedproject/

posted at 18:21:46

2022年12月13日(火)1 tweetsource

12月13日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)開催中。生物多様性を守る以前にそれを破壊する技術が急速に拡がり始めた。究極の遺伝子組み換え技術である合成生物学、遺伝子ドライブ、「ゲノム編集」…その暴走を止めるための真剣な議論が必要になっている。日本政府も政策修正を
project.inyaku.net/archives/8686

posted at 19:18:56

2022年12月06日(火)1 tweetsource

2022年12月03日(土)1 tweetsource

12月3日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

世界で種苗法改悪と遺伝子組み換え作物の押し付けが続く。インド、インドネシア、ケニアなどで。でも抵抗は広がっている。ケニア高等裁判所は政府のGMO承認を差し止めた! 日本では種苗法改悪直後に「ゲノム編集」トマトが登場。止めることができるのは私たち
www.facebook.com/InyakuTomoya/p pic.twitter.com/iyaiqPXZzI

posted at 11:32:43

2022年12月01日(木)1 tweetsource

12月1日

@OKseedproject

OKシードプロジェクト@OKseedproject

【オンラインショップからのお知らせ】

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」制作の、ゲノム編集食品の危険性を訴えるリーフレット『食べてはいけないゲノム編集食品』の販売がスタートしました!

日本では世界に先駆け、トマトを皮切りにマダイ、トラフグと、次から次へとゲノム編集食品が pic.twitter.com/4m1StLwJET

Retweeted by INYAKU Tomoya 印鑰 智哉

retweeted at 16:34:34

2022年11月30日(水)1 tweetsource

11月30日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

種子法廃止・種苗法改正は何のため? 公的種苗事業を民営化してタネを企業のものにするため。遺伝子組み換え企業はさらなる利益。世界で進む「モンサント法」の一環。世界の農民はUPOV体制への反対の声をあげる。11月28日から12月2日までグローバル・アクション・ウィーク
www.facebook.com/InyakuTomoya/p pic.twitter.com/9xBUDzRPOW

posted at 11:59:09

2022年11月22日(火)1 tweetsource

2022年11月17日(木)3 tweetssource

11月17日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

すでに遺伝子組み換え企業2社で世界の種子市場の4割は独占されている。もし、この方法が使えるようになってしまったら、わずかな企業による食・農支配がさらに強化されてしまうことになる。日本でも種苗法が改正された。あの改正の意味はこうした新たなタネの企業支配のための布石にもなりえる。続

posted at 13:25:52

11月17日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

だから、遺伝子組み換え企業は「ゲノム編集」と自然の変異をごたまぜにして同じことにさせようとしているのは単にゲノム編集食品を自然食品と同じものとして規制させずに流通させるためだけではない。ゲノム編集していない自然のタネも特許を得る道を開かせようとしているということになる。続

posted at 13:24:46

11月17日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

なぜ「ゲノム編集」食品は問題? 在来種までも特許を通じて独占することができてしまいかねない。遺伝子組み換え企業は自然な遺伝子にも特許を取ろうとしていると市民団体がその意図を暴いた。関係ないはずの私たちの食・農が影響を受けてしまうその仕組みとは? 続
project.inyaku.net/archives/8417

posted at 13:23:41

2022年11月13日(日)1 tweetsource

11月13日

@OKseedproject

OKシードプロジェクト@OKseedproject

【12・7ゲノム編集食品問題初心者講座のお知らせ】

これまでOKシードプロジェクトで定期的に開いているゲノム編集問題の初心者講座です。
「ゲノム編集」って何?
遺伝子組み換えとどう違うの?
何が問題なの?
どうしていくべき?
そんな疑問に応えるための講座です。
ㅤㅤ pic.twitter.com/DrxSRKZNcT

Retweeted by INYAKU Tomoya 印鑰 智哉

retweeted at 11:58:17

2022年11月07日(月)1 tweetsource

11月7日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

COP27が始まった。しかし、本当に変えなければならないテーマには煙幕が張られて、偽物の方策を米国政府も打ち出している。それに遺伝子組み換え企業らが乗っている。気候変動を引き起こす主因は食と農にある。学校給食の有機化など地方自治体が気候危機を止める最前線に。
project.inyaku.net/archives/8388

posted at 11:23:34

2022年11月06日(日)2 tweetssource

11月6日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

太陽の弱い極北の先住民族の命を支えたのはビタミンDに富む鮭だった。その鮭が危機的状態。鮭産業は現在の資本主義社会がこうした自然の植民地主義的支配を元に成り立っていることを象徴的に示している。
遺伝子組み換え鮭企業の株は暴落。日本の「ゲノム編集」のリージョナルフィッシュ社も同じ運命 twitter.com/tomo_nada/stat pic.twitter.com/Qaubrlu7Zy

posted at 11:36:20

11月6日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

鮭が高騰。仕方ないからチリ産養殖に手を出す? ちょっと待った。どれだけの抗生物質が使われているか、パタゴニアの生態系も甚大な影響。一方、遺伝子組み換え鮭は内部告発。がん化の兆候。汚染水も外に漏れている。株価も暴落。健康も生態系も壊す鮭に注意!
project.inyaku.net/archives/8375

posted at 11:29:33

2022年11月05日(土)1 tweetsource

11月5日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

遺伝子組み換え食品以上に世界を壊す可能性大の遺伝子組み換え樹木を環境認証ラベルFSCが容認する動き。世界で規制が進むモンサントのグリホサートも逆に広大な地域に撒かれてしまうかも。世界の市民が協力して、遺伝子組み換え樹木のレポートを発表して、警告。要注目!
project.inyaku.net/archives/8368 pic.twitter.com/gS0A0D2JSy

posted at 10:45:39

2022年10月22日(土)1 tweetsource

10月22日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

動画公開中。問題は全然解決していないのに人びとの遺伝子組み換え・「ゲノム編集」食品への警戒心は薄らいでしまっている。
okseed.jp/media-download
かつて遺伝子組み換えの時はもっと報道があった。今はなし。こんな技術に社会が支配されては大変なわけで、だからこそ市民の取り組みが大事。 twitter.com/OKseedproject/

posted at 12:33:09

2022年10月01日(土)2 tweetssource

10月1日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

「ゲノム編集」食品の問題を考える時、遺伝子組み換え食品がどう自然の中の食と違うのか理解することが避けてられません。生態系とどういう関係を作るのか、それは人類の未来に関わります。大きな転換を小さな実践から始めていくための学習会、オンラインで参加可能です。www.facebook.com/InyakuTomoya/p pic.twitter.com/WjYdg0Hgx8

posted at 11:09:47

2022年09月24日(土)1 tweetsource

9月24日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

一見グリーンなイメージの産業的単一植林が世界の環境や社会も壊していく。いかに企業はウソをついて公金や「善意」の投資家から金を集めて、世界中に植林を進めているか、12のウソに反論する。単一植林は森ではない。10月5日FSCの遺伝子組み換え樹木容認反対署名締切
project.inyaku.net/archives/8283

posted at 11:03:41

2022年09月23日(金)2 tweetssource

9月23日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

「ゲノム編集」は遺伝子組み換えと違って正確で安全? CRISPR-Cas9はそんなに安全でないことがはっきりしてきた。それなのに兵庫県までが税金提供して「ゲノム編集」トマトを支援する。小学校への配布だけでなく、安全神話に騙されないよう地方自治体を説得する必要あり
project.inyaku.net/archives/8277

posted at 20:46:18

9月23日

@OKseedproject

OKシードプロジェクト@OKseedproject

今回OKシードプロジェクト事務局長の印鑰智哉が、遺伝子組み換えと「ゲノム編集」の基本的なことをみなさんにお話しします。
遺伝子組み換えって自然界でも起きているの?」など、みなさんが日頃から疑問に感じている「ゲノム編集」についてのモヤモヤが、スッキリできるかもしれません!

Retweeted by INYAKU Tomoya 印鑰 智哉

retweeted at 00:44:00

2022年09月20日(火)1 tweetsource

9月20日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

9月21日は生態系や人びとの生活環境を破壊している単一植林に対して闘う国際デー。
環境や人権に配慮した認証ラベルであるはずのFSCが遺伝子組み換えユーカリなどを容認しようとしている。
人びとを欺くラベルを許さないためにオンライン署名にご協力を!(締め切り10月5日)
stopgetrees.org/FSCactioncall/ twitter.com/tomo_nada/stat pic.twitter.com/tsSO3VLpnP

posted at 19:14:29

2022年09月18日(日)1 tweetsource

9月18日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

米国バイデン政権はバイオテクノロジー推進大統領令を発令。遺伝子組み換え、「ゲノム編集」、合成生物学などを国家戦略として推進する姿勢をより鮮明に。食・農林水産業だけではない。国防省予算は農務省予算の倍以上が計上される。規制はなくされ、危険は見えなくなる
project.inyaku.net/archives/8269

posted at 12:17:49

2022年09月16日(金)2 tweetssource

9月16日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

FSCラベルは環境や人権、社会に配慮した紙や木につけられ、消費者が選ぶ上で有益なものだった。そのFSCがまさかの遺伝子組み換え推進に。止めるなら今。オンライン署名は10月5日まで。英語だけど簡単です。ぜひ、深く関わる日本からも遺伝子組み換え樹木にノーの声を!
stopgetrees.org/FSCactioncall/ twitter.com/tomo_nada/stat

posted at 12:12:21

9月16日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

遺伝子組み換え大豆以上に世界の生態系を破壊すると怖れられる遺伝子組み換え樹木を認証機関FSCが容認しようとしている。ラウンドアップ耐性遺伝子組み換えユーカリも登場。今止めないと世界の生態系は危ない。何が起きているのか資料、日本語訳。ぜひ多くの人に読んでほしい
project.inyaku.net/archives/8262

posted at 11:52:56

2022年09月15日(木)1 tweetsource

9月15日

@nishoren

日本消費者連盟@nishoren

【回答】コオロギ食品販売会社への公開質問状の回答(2022/9/13)
コオロギなどを使用した昆虫食品が市場に出回り、昆虫のゲノム編集も研究されている状況の下で、日消連と遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは、コオロギ食品を販売する16社に公開質問状を送りました。
nishoren.net/new-informatio

Retweeted by INYAKU Tomoya 印鑰 智哉

retweeted at 07:40:42

2022年09月06日(火)1 tweetsource

2022年08月12日(金)1 tweetsource

8月12日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

農薬や遺伝子組み換え食品を批判してオーガニックへ、と言えばそれですべての問題が解決されるわけではない。差別・排外主義が食の危機を作り出す最大の理由だからだ。特定の集団だけを自賛する勢力の標榜するオーガニックは信用に値しない。自然だけでなく社会的共生が不可欠
note.com/starvalley/n/n pic.twitter.com/NqljKeLTl8

posted at 10:36:58

2022年08月10日(水)1 tweetsource

2022年08月08日(月)1 tweetsource

8月8日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

「ゲノム編集」食品は従来の遺伝子組み換え食品とどこが同じでどこが違う? 本当に安全? 社会をどう変えてしまう?
基礎を学ぶOKシードプロジェクト初心者講座、9月13日午後8時〜
受講は無料ですが、サポーター登録(経済的負担はゼロ)が必要です。ぜひご参加を!

okseed.jp/supportus.html pic.twitter.com/JkGyOH4Edq

posted at 15:55:49

2022年08月01日(月)1 tweetsource

8月1日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

危険性が続々指摘される「ゲノム編集」生物、しかしEUは促進に転じ、ついでに一部の遺伝子組み換え生物まで審査・表示も免除する動きが出ている。とんでもないが、市民に嫌われる産業は栄えるわけがないし、対抗方法も存在する。民間代替認証も普及し、選ぶ権利を守れる。
project.inyaku.net/archives/8104 pic.twitter.com/7bSLJuZtlN

posted at 14:29:02

2022年07月03日(日)3 tweetssource

7月3日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

アルゼンチンの反モンサント行進。アルゼンチン系多国籍企業が開発した遺伝子組み換え小麦への反対は大きな声に。フィリピンでは遺伝子組み換え稲の栽培が拡大。フィリピンでも多くの農家が反対行動。「ゲノム編集」規制緩和した英国政府にも88%の市民が反対。日本は?
twitter.com/Noamonsanto/st

posted at 11:46:48

7月3日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

世界で第1世代の遺伝子組み換え農業が頭打ちになる一方、南の世界に遺伝子組み換え作物が拡げられようとしています。米や小麦。さらには新バージョンの「ゲノム編集」。中でも日本は世界でもっとも弱い規制状況。遺伝子組み換え企業の天国に。タネを握られれば社会は支配されます。どう対抗するか? twitter.com/tomo_nada/stat

posted at 11:41:43

2022年06月11日(土)2 tweetssource

6月11日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

2008年の食料危機で国連は民主化された。小規模家族農業・アグロエコロジー推進が決定。しかし住友化学を含む農薬・遺伝子組み換え企業のロビー団体は国連FAOを買収。今回の食料危機も企業の企業のための企業による動きが作り出した。この危機の中で何をするかが問われている
project.inyaku.net/archives/7947 pic.twitter.com/uzCFxw8yGK

posted at 11:50:36

2022年06月09日(木)3 tweetssource

6月9日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

日本でも遺伝子組み換えユーカリや花粉の出ない遺伝子組み換え杉などがすでに開発済み。王子製紙はベトナムで遺伝子組み換えユーカリ植林実験を進める。日本でも栽培できるものが準備中。
ブラジル政府の遺伝子組み換えユーカリに反対する国際署名(団体)にもぜひご協力を!
project.inyaku.net/archives/7930

posted at 10:56:58

6月9日

@tomo_nada

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nada

「緑の砂漠」ユーカリがブラジルの豊かな生態系を壊していく。昨年、グリホサート耐性遺伝子組み換えユーカリが承認され、その大規模植林による被害が懸念されている。国際反対署名が始まり、日本ではJVCが署名している。遺伝子組み換え植林に囲まれる世界にしないためにもこの問題を広めて(続) pic.twitter.com/AemrSbZ6Al

posted at 10:52:33

このページの先頭へ