情報更新

last update 06/15 03:41

ツイート検索

 

@toho_jimbocho
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

Stats Twitter歴
3,164日(2012/10/17より)
ツイート数
24,213(7.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年06月12日(土)2 tweetssource

6月12日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【これから出る本】6/22(火)発売

★ご予約承ります
『中国史SF短篇集:移動迷宮』
大恵和実 編訳/上原かおり,大久保洋子,立原透耶,林久之 訳/中央公論新社/税込2,200円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

悠久の中国史を舞台に、いま最も勢いのある中国の作家7人が想像力の限りを尽くした超豪華短篇集 pic.twitter.com/O9wK1CRL9q

posted at 17:25:47

2021年06月10日(木)2 tweetssource

6月10日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

書店に並んでいる本には「スリップ(短冊)」という細長い紙が挟まっています。

本を販売したときにその紙を抜き取って、どんな本が売れているのかな、発注しなきゃな、などと考えます。

近頃は、スリップを廃止する出版社が増えてきました。東方書店ではスリップを手作りして対応しています。 pic.twitter.com/XDliR6yB18

posted at 23:15:46

2021年06月05日(土)30 tweetssource

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【新聞書評】

毎日新聞(2021年6月5日)に、『虫たちの日本中世史:『梁塵秘抄』からの風景』(植木朝子 著/ミネルヴァ書房)の書評が掲載されました!
mainichi.jp/articles/20210

〈現在と異なる中世の「虫」への認識〉

評者:佐藤優(作家,元外務省主任分析官) twitter.com/toho_jimbocho/

posted at 21:16:11

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【神保町の街角】
神保町から徒歩15分ほど、神田須田町に「神田連雀亭」という小さな寄席があります。

東京の落語家は、入門して見習いとなったのち「前座→二ツ目→真打」という階級があります。こちらは二ツ目のみが出演しています。
ameblo.jp/renjaku-tei/

神田連雀亭
goo.gl/maps/UKq5t3fWh pic.twitter.com/HVsc3ndfRk

posted at 21:05:32

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

@5mevKay7eKriMEG ご覧頂きましてありがとうございます!旧版はまだ店頭に数冊残っています。DMかメールを頂ければ、通販もできます☺(改訂版は、検定試験の過去問を分析して問題を作成しているので、これから中検2級を受験する場合は、改訂版をご利用になったほうが良いかと思います)

posted at 20:21:25

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

改訂版と旧版のツーショットです!

濃い青色のこちらの旧版ですが、先日ご来店されたお客さまから「HSK6級のリスニング対策にも使えました!レベルがちょうどいいんです」という感想を頂きました。本書は中検対策本として作られていますが、このように利用されている方もいらっしゃるようです! pic.twitter.com/URNmMd0Y29

posted at 20:11:00

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

小説『魔道祖師』の日本語版(フロンティアワークス)、第1巻のみですが、数冊在庫が確保できました!

第2巻は売り切れで、再入荷を予定していますが、入荷日は未定です。
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc twitter.com/toho_jimbocho/

posted at 20:04:39

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

店に旧版が残っていたので、中身をざっと見比べてみたのですが、収録されている問題がすべて新しいものになっているようです。収録音声のナレーターの方は、全員、別の方になっていました。本書旧版を使って勉強した方が、改訂版を購入しても、勉強になると思います。 twitter.com/toho_jimbocho/

posted at 19:52:18

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年5月

『中国・開封のユダヤ人 増補版』
小岸昭 著/人文書院/税込3,300円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

著者のライフワークであるディアスポラ・ユダヤ人の軌跡を追う研究の集大成!開封のユダヤ人を「発見」し、ローマに伝えた宣教師マッテオ・リッチの晩年に関する補論を加えた増補版 pic.twitter.com/vR8XJZ2QhZ

posted at 17:56:17

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年4月

『毛沢東論:真理は天から降ってくる』
中兼和津次 著/名古屋大学出版会/税込3,960円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

その男は中国に何をもたらしたのか——。
大躍進政策や文化大革命によって大量の犠牲者を出しながら、現在なお大陸で英雄視される稀代の指導者。...(続) pic.twitter.com/AW3W8zM2YG

posted at 17:44:03

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

洋学の導入から、中江兆民の翻訳、福沢諭吉・内藤湖南の国民意識の形成、そして、日本を経由して清朝に近代を移植しようとした希代の言論家・梁啓超の活躍。グローバリズムにより新たな世界の形が拓かれつつある現代、その元図となる文明圏形成を振り返る。

posted at 17:26:56

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年5月

『近代東アジア文明圏の啓蒙家たち』
狭間直樹 著/京都大学学術出版会/税込5,280円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

アヘン戦争を画期として「近代」に突入した東アジア。新文明圏形成を担った啓蒙家らが移入した思想はどう東アジアを往還したか。幕末期の西周や津田真道の...(続) pic.twitter.com/3R4BxGXHlf

posted at 17:26:51

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年6月

『マオとミカド:日中関係史の中の「天皇」』
城山英巳/白水社/税込3,080円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

マオ(毛沢東)はミカド(天皇)をどう捉えたか

「支那通」からチャイナスクールまで、帝国陸軍から自民党・共産党まで、蔣介石や毛沢東と渡り合い、大陸を暗躍した人々の群像 pic.twitter.com/Qb7QwstzKE

posted at 16:08:44

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年5月

『チャイニーズ・タイプライター:漢字と技術の近代史』
トーマス・S・マラニー/比護遥 訳/中央公論新社/税込4,950円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

中国語タイプライターを作ろうとした人々の知的・技術的葛藤と格闘を、西洋・中国・日本を舞台にダイナミックに辿る圧巻の文化史 pic.twitter.com/btPaEBscgj

posted at 15:52:47

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

原書は《去年天气旧亭台》(叶广芩 著/北京十月文艺出版社/2016年)です。
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

中国のレビューサイト「豆瓣读书」には、本書のレビューや良い評価が多数寄せられています!

中国の読者は、本書を読んでどのような感想を持ったのか知りたい方は☞ book.douban.com/subject/267970 pic.twitter.com/P7VGfTwjtv

posted at 13:24:35

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

〈目次〉
太陽宮(趙蔚青 訳)
月門(福地桂子 訳)
外人墓地(大久保洋子 訳)
後罩楼(徐欣 訳)
扶桑館(曹紅荃 訳)
樹徳橋(趙蔚青 訳)
唱晩亭(顧明耀 訳)
黄金台(張文麗 訳)
苦雨斎(趙蔚青 訳)

あとがき(葉広芩)
監訳者あとがき(栗山千香子)

posted at 13:11:31

6月5日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年4月

『胡同旧事:葉広芩短編小説集』
葉広芩 著/栗山千香子 監訳/趙蔚青ほか 訳/中国書店/税込4,180円
www.toho-shoten.co.jp/toho-web/searc

現代中国を代表する作家の一人、葉広芩(1948-)が、1940~50年代の胡同の暮らしを詩情豊かに描いた9篇の中短編小説集《去年天気旧亭台》を全訳。 pic.twitter.com/EXBbtLLX9k

posted at 13:09:13

2021年06月04日(金)2 tweetssource

2021年06月03日(木)9 tweetssource

6月3日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

行う謎のシリアルキラー〈六張犂の殺人鬼〉の正体は?

★台湾を代表する劇作家が満を持して放った初めての小説は台湾で話題を呼び、台北国際ブックフェア大賞を受賞したほか、フランス、イタリア、トルコ、韓国、タイ、中国語簡体字版が刊行された。

posted at 13:43:10

6月3日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

にわか仕立ての素人探偵は、やがて台北中を震撼させる六張犂連続殺人事件に巻き込まれ、警察から犯人と疑われる羽目に陥る。

呉誠は己の冤罪をはらすため、自分の力で真犯人を見つけ出すことを誓う。

監視カメラが路地の隅々まで設置された台北で次々と殺人を...(続)

posted at 13:42:49

6月3日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

〈あらすじ〉

劇作家で大学教授でもある呉誠(ウ―チェン)は若い頃からパニック障害と鬱に悩まされてきた。

ある日、日頃の鬱憤が爆発して酒席で出席者全員を辛辣に罵倒してしまう。

恥じ入った呉誠は芝居も教職もなげうって台北の裏路地・臥龍街に隠棲し、私立探偵の看板を掲げることに。...(続)

posted at 13:42:04

2021年06月02日(水)16 tweetssource

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【売り切れのお知らせ】

小説「魔道祖師」日本語版の第1巻&第2巻(2021年5月/フロンティアワークス)が、東方書店 東京店に入荷しましたが、売り切れました。

再入荷を予定していますが、入荷日は未定です。

『魔道祖師』1・2
墨香銅臭 著/千二百 装画/鄭穎馨 翻訳/各巻 税込1,760円 pic.twitter.com/Bww3bPpPYI

posted at 20:33:56

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

日中関係、入力や予測変換といった現在につながる技術の起源に至るまで、さまざまな話題が展開されている。タイプライターというモノを起点としつつ、それの単なる発明史をはるかに超える射程を持った本であり、関心や専門を問わず広く読まれるべき一冊である。

posted at 15:37:30

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

である。その隔たりゆえに中国語そのものに「問題」があるとみなされ、それを克服するための「パズル」が形作られることになる。常に西洋の「本物」のタイプライターを意識しつつ、この「パズル」を解こうとしていく人々の群像を描いていくなかで、漢字についての発想の転換や戦時中の...(続)

posted at 15:37:23

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年5月

『チャイニーズ・タイプライター:漢字と技術の近代史』
トーマス・S・マラニー 著/比護遥 訳/中央公論新社/税込4,950円

本書の主軸をなすのは、西洋のラテン・アルファベットを基にして作られた「近代」の象徴としてのタイプライターと、中国語との間にある距離感...(続) pic.twitter.com/YyRq3j2iM6

posted at 15:36:52

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

とらえるようになり、「象徴」以上の権力を天皇に見出すようになった。いわば戦後日中関係において日本は天皇を「象徴」と過小視し、中国は「元首」と過大視した。本書ではそのギャップが持つ意味を検証した上で、日中外交・日中関係にどう影響を及ぼしたか論じたい。

posted at 15:30:45

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

日本敗戦直前の戦犯リストにおいて、共産党は一九四九年の中華人民共和国成立直後にソ連運極東で行われた戦犯裁判でそうみなした。しかしその後、天皇が「戦犯」であるとの認識は改められ、天皇に対する複雑な意識を継続させながら、中国の主席と対等とみなす「元首」として...(続)

posted at 15:30:30

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

中国は戦後、天皇の存在を極めて重視するようになった。この場合の「中国」とは、中国政権の最高指導者を指し、具体的には蒋介石、毛沢東、周恩来、鄧小平を意味しているが、日本敗戦前後のある時期、蒋介石率いる国民党も、毛沢東の共産党も昭和天皇を「戦犯」と位置づけた。国民党は...(続)

posted at 15:30:14

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【国内書】2021年6月

『マオとミカド:日中関係史の中の「天皇」』
城山英巳 著/白水社/税込3,080円

マオ(毛沢東)はミカド(天皇)をどう捉えたか

「支那通」からチャイナスクールまで、帝国陸軍から自民党・共産党まで、蒋介石や毛沢東と渡り合い、大陸を暗躍した人々の群像。...(著) pic.twitter.com/EUarwLX9Po

posted at 15:29:44

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

第二話は、欧米メディアが「世界一美しい」とたたえる中国・南京の「先鋒書店」。SNS映えするデザイン空間で、客は皆、幸せそう。創業者は貧しい身からたたき上げた苦労人。その理念が最先端の書店を生んだ感動物語をお楽しみ下さい。

posted at 13:39:27

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

当時、民主化を求める学生らの運動に参加した人の中には、新型コロナを抑え込んだとして共産党支配体制の優位性をアピールする中国政府に危機感を強めている人もいる。一方、これまで毎年6月4日にあわせて大規模な追悼集会を行ってきた香港では、ことしは集会ができなくなるとみられている。

posted at 13:36:48

6月2日

@toho_jimbocho

東方書店 東京店(神田神保町)@toho_jimbocho

【TV番組情報】
国際報道2021 天安門事件から32年:封じ込められる市民の声
6/5(土)01:53~02:33、NHK総合1・東京
www.nhk.jp/p/kokusaihoudo

天安門事件から32年。事件で家族を亡くした遺族は、真相究明や謝罪を求めているが、こうした声は封じ込められ続けている。...(続)

posted at 13:36:38

このページの先頭へ