情報更新

last update 06/21 08:12

ツイート検索

 

@tokyobunkabu
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新100件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけTwilogのサーバに保持されます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

 

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

Stats Twitter歴
2,237日(2013/05/07より)
ツイート数
8,467(3.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年06月21日(金)1 tweetsource

2019年06月20日(木)5 tweetssource

15時間前

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

明日21日夕刊の美術評は、ちひろ美術館・東京@ChihiroMuseum 「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」について、小説家の高山羽根子さん@HighMt_HNK に書いて頂きました。「居た場所」などの高山さんの小説に通じるものを感じる、読み応えのある評です。ご注目下さい。(聖)

posted at 16:50:15

15時間前

@lawrenceyoshy

下地 ローレンス吉孝 Shimoji Lawrence Yoshitaka@lawrenceyoshy

「ハーフの子どもを産みたい」という発言は、実は「ハーフ」本人にも投げかけられることがあります

その点について本書の中でも「羨望の眼差しと「ハーフの子どもを産みたい」」という小見出しで少しだけ論じました

「混血」と「日本人」 ―ハーフ・ダブル・ミックスの社会史www.amazon.co.jp/dp/4791770943/

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 16:35:11

2019年06月19日(水)1 tweetsource

2019年06月18日(火)6 tweetssource

6月18日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

これまで20人ものプロ棋士が巣立った洪道場。「一番大事なのは詰め碁」という洪四段にその理由を聞きました。その献身的な指導ぶりを見ていると、囲碁だけを学ぶ場ではないようにも感じました。「みんな家族のような存在」「人間として成長できる」と語る出身棋士や院生の話も印象的でした。(口)

posted at 08:05:08

6月18日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

今朝の東京新聞には、囲碁将棋の現場をルポする月1連載「バン記者・樋口薫の棋界見て歩き」が掲載されています。今回は、藤沢里菜女流三冠や一力遼八段、芝野虎丸七段といったトップ棋士を輩出している東京・阿佐ケ谷の囲碁教室「洪道場」に密着。主宰の洪清泉四段や道場生の話を聞きました。(口)

posted at 08:00:50

2019年06月17日(月)4 tweetssource

6月17日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

ちなみに次回は7月8日に掲載予定です。毎月第3月曜の連載ですが、7月15日は休刊日前で変則的なページ構成となるため、1週前倒しなのです。

posted at 16:52:38

6月17日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

ブルボン小林さん@bonkoba の「月刊マンガホニャララ」第2回がウェブにもアップされました。今回は『約束のネバーランド』(白井カイウ作、出水ぽすか画、集英社)。一定以上の年齢になると体験する例の感情を「ハンレマァ」と言い表したのは、実は発明なのでは?
www.tokyo-np.co.jp/article/book/e

posted at 16:50:05

6月17日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

本日17日の東京新聞朝刊に、ブルボン小林さん@bonkoba の漫画評エッセイ「月刊マンガホニャララ」第2回を掲載!今回はアニメ化もされている某メジャー少年誌の人気漫画なのですが、まさか、そこに着目するんですか…という安定のマンホニャクオリティーです。 pic.twitter.com/2VNKsGplex

posted at 07:50:45

2019年06月14日(金)3 tweetssource

6月14日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

東京新聞(中日新聞)の言論特集ページ「考える広場」。明日15日(土)朝刊のテーマは「バスケの世界」です。昨年のウインターカップ得点王の富永啓生選手@o5baske5ball 芸人の大西ライオンさん@onishilion2010 『月刊バスケットボール』元編集長の島本和彦さんが、日本バスケ界の可能性を語ります。

posted at 17:58:33

6月14日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

全漫画ファンにお届けするブルボン小林さん@bonkoba の東京新聞連載「月刊マンガホニャララ」。第2回は来週17日(月)朝刊で、あの大ヒット漫画を意外な角度から取り上げます。お楽しみに。

posted at 17:39:58

2019年06月13日(木)6 tweetssource

6月13日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

明日14日夕刊の美術評は、IMAギャラリーで開催中の英国の写真家スティーブン・ギルStephen Gillさんの「Three Nature Studies」展です。一般的なネイチャー・フォトとは異なる自然へのアプローチについて、タカザワケンジさん@kenkenT が魅力を語ります。

posted at 19:09:57

6月13日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

本日徳島市で指されていた第30期女流王位戦5番勝負の第4局が先ほど決着しました。後手の里見香奈女流四冠が渡部愛女流王位に96手で勝ち、3勝1敗で2期ぶりの復位を決めました。里見新女流王位は通算5期により「クイーン王位」の称号を獲得するとともに、女流五冠に復帰しました。(口)

posted at 17:02:56

6月13日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

渡部愛女流王位の午前のおやつは「勝」の焼き印入りの大判焼き。これは故郷・帯広市の名店「高橋まんじゅう店」から特別に運ばれた品だそうです。第2局の帯広対局でも注文し、地元での勝利に結び付いた縁起物。渡部女流王位のこの1局に懸ける思いの強さがうかがわれます。
kifulog.shogi.or.jp/joryuoui/2019/

posted at 11:10:06

6月13日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

第30期女流王位戦もいよいよ大詰めを迎えました。1勝2敗とカド番に追い込まれた渡部愛女流王位の先手番で、第4局の徳島対局が始まりました。史上2人目のクイーン王位を目指す里見香奈女流四冠が得意の中飛車に進め、午前中から激戦となっています。本日夕方に決着する見込みです。(口)

posted at 11:05:02

2019年06月11日(火)2 tweetssource

6月11日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

クスリと笑って、しみじみして…毎回ペーソスたっぷりの鹿子裕文さんによるエッセイ、「どうにもニャン太郎」、今日掲載です。いつも猫の話ですが、今回はワンコの話。担当であるわたくしめ、今回のお話に不覚にも涙してしまいました。世の中、悪いことばっかりじゃないな。朝刊の文化娯楽面です。 pic.twitter.com/RlvLCpG1NZ

posted at 11:49:54

6月11日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

東京・新橋駅から歩いてわずか数分、汐留に美術館があるのをご存じですか?本日朝刊文化娯楽面、イラストレーター杉全美帆子さんによるアートスポット紹介は、パナソニック汐留美術館です。こじんまりでギュッと濃い内容の展示、ギュスターヴ・モロー展をやってます。サロメの妖艶さに悩殺必至です。 pic.twitter.com/GFO9ZnDaUG

posted at 11:44:45

2019年06月09日(日)1 tweetsource

2019年06月08日(土)2 tweetssource

6月8日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

横浜・鶴見での仲道郁代さんのリサイタル。前半はベートーベン、後半がシューマン。仲道さんのシューマンは音がキラキラしてる。今日はシューマンの誕生日。3週連続で演奏を聴きましたが、3回ともピアノはヤマハのCFXを搬入してました。(と) pic.twitter.com/fjndHa9hg8

posted at 19:45:11

2019年06月07日(金)6 tweetssource

6月7日

@usaginoheso

🐰羽生理恵🐩🐶🐕@usaginoheso

昨日は、羽生の応援をありがとうございました。
木村先生本領発揮の素晴らしい一局でした。残念でしたが、本人は早朝よりシャッキリ起きて、また違うお役の仕事へと元気に出掛けて行きました。
今後も、宜しくお願いします。

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 11:20:06

2019年06月06日(木)5 tweetssource

6月6日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

王位挑戦を決めた木村一基九段の終局直後の様子です。この後さらに「精一杯頑張りたい。今は若い人ばかりがタイトルを持っているので、思い切りぶつかっていきたいです」と、激闘の疲労が残る様子で、絞り出すように語りました。 pic.twitter.com/45HkB8ToyU

posted at 20:58:30

6月6日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

激戦が続いていた第60期王位戦(東京新聞主催)の挑戦者決定戦が決着しました。大激戦を制したのは木村一基九段。7月に開幕する豊島将之王位(名人、棋聖)との7番勝負出場が決まりました。初タイトルを目指します。タイトル100期が目前の羽生善治九段は必死の粘り及ばず、苦杯を喫しました。

posted at 20:15:42

6月6日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

王位戦の挑戦者決定戦はいよいよ大詰めを迎えていますが、いまだ形勢不明の激戦です。少し前までは木村九段が優勢とみられていましたが、羽生九段が必死のしのぎを見せて混戦模様です。勝又清和六段、鈴木大介九段ら検討陣も驚嘆しています。(口) pic.twitter.com/eubBftmMhC

posted at 19:35:32

6月6日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

第60期王位戦の挑戦者決定戦が始まりました。一昨日に歴代最多の1434勝を達成したばかりの羽生善治九段と、5月30日の竜王戦で羽生九段の新記録達成を阻んだ木村一基九段が対戦。竜王戦とは先後を入れ替え、羽生九段先手で横歩取りに進みました。勝者は豊島将之王位との7番勝負に出場します。 pic.twitter.com/BAJQMcPCqe

posted at 11:24:18

2019年06月05日(水)7 tweetssource

6月5日

@kusattamarimo

さくらはな。🌸『将棋「観る将になれるかな」会議』6/30発売。「えりりんの女流棋士の日々」連載中@kusattamarimo

中日新聞のYouTubeで「30代女子の将棋ことはじめ」の、
PR動画が公開されています。
世古さんの顏を描かせていただきましたので、ぜひご覧ください。
ちなみに花火の打ち上げシーンが私のお気に入りです。

「30代女子の将棋ことはじめ」連載誕生秘話
www.youtube.com/watch?v=69ZFYJ

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 19:32:07

6月5日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋の羽生善治九段が歴代単独1位となる1434勝を達成した快挙から一夜。記者は蒼井優さん結婚のニュースを聞いて飛び起きました。東京新聞朝刊には、羽生九段を「将棋界の革命家」「前人未踏の道を進む孤高の人」と評する同世代の声を紹介する記事が掲載されています。
www.tokyo-np.co.jp/article/nation

posted at 12:01:11

6月5日

@tokyonewsroom

東京新聞編集局@tokyonewsroom

歴代最多1434勝の #羽生善治九段 。「笑顔の写真は?」と聞かれる記者が多かったらしく、現場では電話口で「笑顔はありません」という声があちこちから聞かれました。そんな羽生九段の 対極直後の様子と、#王位戦 決勝で対戦する #木村一基九段 の意気込み動画はこちらです→youtu.be/D9RSuHz_6C4 pic.twitter.com/TrWGP4amxX

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 07:59:13

2019年06月04日(火)14 tweetssource

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

木村九段は菅井七段とリーグ戦で317手、プレーオフで207手の死闘を制しての紅組リーグ優勝。先ほど感想戦を終え「大逆転でした、とりあえず勝てて良かった。(挑決は)気合を入れても空回りするだけなので、力が出せるよう努めたい。できれば勝ちたいが、いい将棋を指したい」と語りました。

posted at 21:34:32

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

羽生九段は対局の後、記者会見に臨み「今年に入ってから一つの目標として目指してきた。大山先生の時代と比較することは難しいが、数字で1つ先にゆけたというのが、棋士としてありがたい」と語りました。羽生九段の新記録については、明日の朝刊で詳報します。写真は感想戦の様子です。 pic.twitter.com/vHoenFw2lq

posted at 21:11:00

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋の第60期王位戦の挑戦者決定リーグはプレーオフの2局が終了しました。白組は羽生善治九段が永瀬拓矢叡王に勝ち、歴代最多となる1434勝の新記録を達成しました。紅組は200手を超える大熱戦の末、木村一基九段が菅井竜也七段に勝ち、6日の挑戦者決定戦進出を決めました。(口)

posted at 21:06:47

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

王位戦プレーオフの羽生九段-永瀬叡王戦は終局が近そうです。記者室も騒がしさが増してきました。羽生九段の最多勝利記録更新の歴史的瞬間が近付いています。(口)

posted at 19:27:14

6月4日

@chunichi_denhen

中日新聞@chunichi_denhen

羽生九段の歴代最多勝が掛かった王位戦プレーオフ。永瀬叡王との対局は終盤戦へ。東京・千駄ヶ谷の将棋会館にはすごい数の報道陣が集まっている、と現地の記者から連絡がありました。

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 17:51:02

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

王位戦は紅組プレーオフ、木村一基九段-菅井竜也七段戦も指されています。対ゴキゲン中飛車の急戦から千日手模様となり、昼食休憩が明ける10分以上前から両対局者は盤に向かい、考え込んでいました。対局再開後、木村九段が打開の一手を選び、とりあえず千日手は回避されました。(口) pic.twitter.com/LoeO4gtOOm

posted at 12:45:00

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

通常、上座についた棋士が駒箱から駒を取り出し「王将」を使います。下座の棋士が「玉将」です。駒を並べ終えた後、上座の棋士の歩を5枚使って振り駒を行い、「歩」が多ければ上座側が先手、「と」が多ければ下座側が後手となります。他に、上座は食事の注文を先に取られる、などの特典もあります。

posted at 10:49:30

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋界では、両対局者のうち序列の上の棋士が上座(床の間の側)につくことになっています。永瀬叡王が5月に初タイトルを獲得したため(段位は七段)、今回の対局から羽生九段より序列が上になりました。しかし「永世七冠」などの実績のある羽生九段の上座につくのはためらわれたのだと思います。

posted at 10:39:44

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

戦型は横歩取りに進んでいます。両者の過去の対戦成績は永瀬叡王の7勝3敗。羽生九段には分の悪い相手ですが、記録達成はなるのでしょうか。本日、東京将棋会館では紅組プレーオフの木村一基九段-菅井竜也七段戦も行われており、勝者同士が6日の挑戦者決定戦に進みます。ぜひご注目ください。(口)

posted at 10:27:29

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

20分後に羽生九段が入室。下座の永瀬叡王を見て「こちらへ」と上座につくよう要望しました。永瀬叡王は一度は固辞しましたが、強く薦められ、上座へと移動しました。上座側を狙っていたカメラ、テレビカメラは大慌てで大移動となりました。振り駒の結果、と金が3枚出て羽生九段の先手に。(口) pic.twitter.com/2qFQkIpO5U

posted at 10:22:40

6月4日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋の第60期王位戦挑戦者決定リーグの白組プレーオフ、永瀬拓矢叡王-羽生善治九段の対局が先ほど始まりました。羽生九段は勝てば、歴代最多となる1434勝の単独1位記録を達成します。本来なら上座を占めるはずの永瀬叡王は対局開始の30分前に対局室に入り、迷わず下座につきました。(口)

posted at 10:13:37

2019年06月03日(月)3 tweetssource

6月3日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

新連載「じゅんかん記」。きょう3日付夕刊は俳優の佐野史郎さんが、あの冬彦さん!について書いてくださいました。来週は佐野さんの友達で音楽評論家の湯浅学さん、続いて作家の保坂和志さん。毎週掲載月曜です。 pic.twitter.com/UepFcTktU4

posted at 17:29:17

6月3日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

オリンピック観戦チケットの申し込みも締め切られ、東京五輪が近づいてきた感が出てきましたね。本日、6月3日の「エンタメ堂書店」は、五輪の「そもそも」を知る3冊。坂上康博編著『12の問いから始める オリンピック・パラリンピック研究』など3冊を紹介しています。 pic.twitter.com/4sPmDBe6Q5

posted at 14:02:00

2019年06月01日(土)1 tweetsource

6月1日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

先週仲道郁代さんのピアノリサイタルに行き、今日は新日本フィルとシューマンの協奏曲をやるというのでトリフォニーに行ってきました。仲道さんの出る演奏会、聴衆の男性比率の高さには驚かされます。現代のクララ・シューマンかと。(と) pic.twitter.com/530xFrIjAo

posted at 17:03:43

2019年05月31日(金)1 tweetsource

5月31日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

本日31日夕刊の美術評は、国立ハンセン病資料館の「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」。椹木野衣さん@noieu は、療養所入所者の絵画は〈大半が未知の領域に閉ざされたまま〉であると指摘し、彼らが発表機会を奪われてもなお描き続けたことの意味について考察しています。 pic.twitter.com/58kn4AGAjp

posted at 13:58:18

2019年05月30日(木)8 tweetssource

5月30日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

最多勝利記録の更新がかかる次戦は6月4日、本紙主催の第60期王位戦リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王との対局です。勝てば挑戦者決定戦に進出が決まる大一番でもあります。同日には紅組プレーオフの木村九段-菅井竜也七段戦もあるほか、棋聖戦5番勝負も開幕します。ぜひご注目下さい。

posted at 22:37:50

5月30日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋の羽生善治九段が歴代最多勝利の新記録1434勝に挑んでいた竜王戦1組ランキング戦の対局は、熱戦の末に木村一基九段の勝ちとなりました。羽生九段の記録更新は持ち越しとなり、竜王戦の敗退も決定。終局後の対局室は報道陣が殺到、まるで新記録が達成されたかのような喧騒となりました。(口) pic.twitter.com/47C4mTheoU

posted at 22:21:20

5月30日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

金曜夕刊の「美術評」欄。明日31日は、美術批評家の椹木野衣さん@noieu が、国立ハンセン病資料館の「キャンバスに集う~菊池恵楓園・金陽会絵画展」について語ります。金陽会は、熊本県のハンセン病療養所の絵画サークル。社会から隔絶された入所者が、それでも絵を描き続ける理由は…。

posted at 12:44:18

5月30日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

@tokyonewsroom 〈日本が議長国を担う今年のG20も、世界的なエネルギーシフトを加速する大きな契機となります。日独が協調し、一貫してこの道を進んでいくことが重要です〉 アルトマイヤー独経済エネ相 @peteraltmaier の寄稿全文はこちらから。「エネルギーシフトの世界的推進のために」www.tokyo-np.co.jp/article/econom

posted at 12:02:56

5月30日

@tokyonewsroom

東京新聞編集局@tokyonewsroom

「日独が連携強化し世界の再エネのけん引役に」アルトマイヤー独経済エネ相が本紙への寄稿で日本の市民に呼びかけ。再エネ大幅拡大と脱原発を現実にしつつある同国。原発に固執し続ける日本ですが、子供達にツケを残さないエネルギー政策に向け同国の声に耳を傾けるべき時ですwww.tokyo-np.co.jp/s/article/2019 pic.twitter.com/2i0FP6qJDf

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 11:54:05

5月30日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

将棋の羽生善治九段が歴代最多となる1434勝目をかけ、東京・千駄ケ谷の将棋会館で木村一基九段との対局に臨んでいます。勝者は竜王戦本戦トーナメント入りが決まる重要な一戦でもあります。振り駒で後手となった羽生九段。大挙する報道陣への配慮か、接地時間の非常に長い着手となりました。(口) pic.twitter.com/A7k8pCEn63

posted at 10:16:13

2019年05月29日(水)2 tweetssource

5月29日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

福岡県飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸で本日指されていた第30期女流王位戦の第3局が先ほど決着。挑戦者の里見香奈女流四冠が大熱戦を制し、2勝1敗としてタイトル奪還に王手をかけました。渡部愛女流王位はカド番に追い込まれました。注目の第4局は6月13日、徳島市で行われます。(口)

posted at 19:24:16

5月29日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

50代で早期退職して世界中を旅する金井重さん(91)。数年前に私も取材しました。福島出身。戦中は軍国少女で、戦後は典型的な仕事人間に。バックパッカーとなって母国を相対化し、原発や平和問題に向き合った自称「普通のおばあさん」の半生は、日本の現代史を映しているように感じました。(聖) twitter.com/tokyo_shimbun/

posted at 09:37:59

2019年05月28日(火)3 tweetssource

5月28日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

今日(5/28)の東京新聞朝刊には、「アンジュルム」リーダー和田彩花さんの美術エッセー「美遊伝」が載っています。取り上げたのは、クロード・モネの「舟遊び」。水面に映る、ボートに乗った2人の女性の影。そこに描かれたほのかな赤い線。なぜそこに赤が…? 解きほぐしつつ、絵の世界へ誘います。 pic.twitter.com/yvIHaO0F2M

posted at 11:05:44

2019年05月27日(月)11 tweetssource

5月27日

@t_soba

蕎麦@t_soba

東京新聞、月曜朝刊に掲載されている「エンタメ堂書店」、一般的な書評とはちょっとちがっているのが気にいって毎回目を通しています。
そして、先週の記事から、「トッカイ 清武節著 講談社」を買いました。
この週末読もうかな。

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 21:57:11

5月27日

@kraken_books

出版社・クラーケン/クラーケンコミックス@kraken_books

本日5/26の東京新聞朝刊の読書欄「記者の1冊」にて、ブルボン小林さんの『ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論』の書評が掲載されています(評者は谷岡聖史さん)。朝日新聞に続き、新聞書評掲載は2回目! #マンガホニャララ #東京新聞
www.amazon.co.jp/dp/4909313044 pic.twitter.com/6VftHvRM1X

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 21:20:27

5月27日

@tokyo_shimbun

東京新聞(TOKYO Web)@tokyo_shimbun

負け犬たちの復活戦「ルーザーズ」 常識破る"青年漫画誌" 誕生秘話が話題 「昔の自分に読ませたい」 (東京新聞) - LINEアカウントメディア

【土曜訪問】漫画家 #吉本浩二 さん
#漫画アクション
#ルーザーズ
news.line.me/issue/oa-tokyo

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 21:04:07

5月27日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

今月からの新連載「じゅんかん記」。きょう27日付夕刊は、作家の柴崎友香さんが、ちょっと胸キュン(古い!)の文章を書いてくださいました。来週は柴崎さんと写真仲間で俳優の佐野史郎さん、再来週は佐野さんの友達で音楽評論家の湯浅学さん、続いて作家の保坂和志さん。毎週月曜です。 pic.twitter.com/HTv8tVb0gO

posted at 20:27:41

5月27日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

「私の本の話」は、蝉丸Pさんの『住職という生き方』。「そろそろ親の葬儀を考えておかなきゃならない」という人たちを相手に、ネット配信の放送で話してきた内容を語り下ろした本。お布施など葬儀のあれこれについてわかりやすいと評判ですね。

posted at 11:16:09

5月27日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

本日(5/27)朝刊「エンタメ堂書店」は、児童文学作家・小林深雪さんの「10代に贈る本」。令和の出典とされる万葉集が注目を集めている今、「あなたも和歌や俳句に触れてみませんか?」と、大岡信編『星の林に月の船』など日本の詩歌に親しめる3冊を挙げています。 pic.twitter.com/oaYY2LEdfh

posted at 10:55:10

2019年05月26日(日)8 tweetssource

5月26日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

ピアニスト仲道郁代さんの演奏活動40周年の2027年に向けた歩みを、同世代として見ていきたいと出掛けたサントリーホールのリサイタル。テーマは「悲哀の力」。アンコールのブラームスの間奏曲で訳も分からず泣けてしまい、仲道さんのピアノには慰めの力があると実感。この先が楽しみです。(と)

posted at 22:49:23

5月26日

@tokyobunkabu

東京新聞文化部@tokyobunkabu

今日アンティークの蚤の市でモノクロの絵はがきを買いました。ドイツの田舎の修道院が写っていてフランスあてに出されてました。堀江敏幸さんの小説『その姿の消し方』に憧れていたので買い求め、ネットで場所を探してみました。修道院は今もありました! 訪ねてみたいです。(と)

posted at 21:03:25

5月26日

@takekawa_yu

武川佑@4/25新作『落梅の賦』@takekawa_yu

自分も業界紙とはいえ同業者なので、こんな風に言ったらこう書くのかな、みたいな空中戦を繰り広げてしまい、編集氏になにを阿呆なことをやっとるんだ、と笑われてしまいました。記者さんごめんなさい。お忙しいなか取材してくださりありがとうございました。

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 19:52:44

5月26日

@tokyonewsroom

東京新聞編集局@tokyonewsroom

今年も「平和の俳句」が8月に復活します。東京新聞は皆さんからの作品を募集します。締切は7月1日(月)必着です。

故金子兜太さん、いとうせいこうさんを選者に迎えて始まった「平和の俳句」。今年の選者は、いとうせいこうさん、黒田杏子さん、夏井いつきさんの3人です。
www.tokyo-np.co.jp/heiwanohaiku/2

Retweeted by 東京新聞文化部

retweeted at 09:17:57

このページの先頭へ