情報更新

last update 01/21 16:23

ツイート検索

 

@tomokihirano
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

Stats Twitter歴
3,857日(2009/07/01より)
ツイート数
15,002(3.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年01月21日(火)10 tweetssource

7時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

美術検定で、美術史の知識よりも鑑賞そのものや美術に向かう態度に力点を置いた「知識・情報の活用問題」を導入したところ、従来の美術史問題との相関は小さめであった。平野・奥村(2017)美術鑑賞における知識の役割 : 美術検定データの定量的分析に基づく考察 ci.nii.ac.jp/naid/40021578202

posted at 13:49:46

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

対話型鑑賞VTSの名称は、知覚と思考の関係について論じたゲシュタルト心理学者ルドルフ・アルンハイムの著書『視覚的思考(Visual Thinking)』にちなんでつけられているのですよね。

posted at 10:04:28

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

みたもの、聞いたこと、触ったもの、食べたものを認識し、分類しようとするからこそ、わたしたちは「危ない」とか「面白い」といった反応を即時に行うことができるのだ。「知覚と思考は不可分に絡み合っている」とアルンハイムは述べている。『学力をのばす美術鑑賞』pp.107-108

posted at 09:52:07

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

脳科学が今日ほど多くのことを解明する以前の20世紀半ばに活躍したルドルフ・アルンハイムは、知覚と認知が切っても切り離せない営みであることを主張した。私たちの感覚器官が何らかの情報を取り入れた瞬間から、脳は情報の処理をし始める。『学力をのばす美術鑑賞』pp.107-108

posted at 09:51:22

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

たとえば、美術作品が微妙な情緒的内容を持っていたり、見る人の素地や判断基準が不適当な時には、作品の情緒的内容は知覚されないであろう。アイスナー『美術教育と子どもの知的発達』p.96

posted at 09:49:22

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

どの領域の芸術家も、形態の情緒的内容に関心を持っており、しばしば自分たちの作品において、そのような内容を特定の方法を用いて表現するために、ものの諸特性をうまく処理しようと試みるのである。しかしながら視覚形態を見る人すべてがその情緒的内容を知覚できるわけではない。p.96

posted at 09:48:35

11時間前

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

アルンハイムは情感は知覚の第一義的内容であると指摘している。そして、私も、ある程度までそれは正しいことだと思うのである。彼によれば、人は視覚形態を分析的に近くする前にその情緒的性格を知覚し、そうすることで、知覚対象の感情的性質を経験するのである。pp.94-95 amzn.to/3atHIR2

posted at 09:47:54

2020年01月20日(月)8 tweetssource

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

つまりそれは、観賞者をふくむもろもろの活動が行われる歴史的・社会的・文化的な場ー芸術界のことである。パーソンズにとって芸術理解の段階が昂進するには、とりもなおさず「他者」(絵も含まれる)とのおわることのない語らいが必須の条件であり、それなくして芸術理解は生まれないということであろ

posted at 17:06:22

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

1992年12月、共訳者の加藤がコロンバスにパーソンズ氏を訪れた。氏はアメリカの芸術教育について熱っぽく語り、話題は多方面に及んだ。その中で芸術の発達段階を考えるにはコールバーグの「個人的段階」だけでなく、バフチン的な「対話」にもとづく「社会構築」を加味する必要を説いていた。p.279

posted at 17:05:12

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

…まったく無視されることもあった。いまやそのどちらの場合も成り立たない。一方、作者はたんに自分がそう意図したからといって絵画の意義を決定することはできない。必ずしも自分がそう意図したように物事が成就するとは限らないのである。p.146

posted at 17:04:36

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

この共同体には作者自身も含まれる。会話の渦中に絵をおいて見るとき、作者の役割はより安定感を得ており、以前のような浮き沈みの興は幾分そがれる。すなわち第三段階では作者はときに絵画の意味を決定する独裁者であったり、また逆に君主としての鑑賞者の意識と食い違う場合には…p.146

posted at 17:04:06

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

[…]絵画は作者と鑑賞者という二つの個別の両極の間ではなく、それを不断に再構築している不特定多数の人々――鑑賞者共同体――の中にこそ存在しているのである。絵画の意義はいまや鑑賞者自身がメンバーとなったその共同体内部の議論によって形成される。pp.145-146

posted at 17:03:04

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

芸術はそれ自身独立した意味、別の種類の意味に還元できない意味を相手にする。芸術作品はなによりも美的対象であり、それらがまるで平凡な対象に過ぎないというふうに理解されるとき、その意義は失われてしまう。だが、この後者が、一般に、芸術研究が芸術作品を処理するやり方なのである。 p.xvi

posted at 17:02:32

1月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

思うに、芸術に関する認知研究はたいてい、二つの点で認知の考え方に制限を加えてきた。まずひとつの枠は大部分の認知研究が、言うなればそれ独自の用語をつかって芸術を真剣に考察してこなかったということである。パーソンズ『絵画の見方』p.xvi amzn.to/37amjKX

posted at 17:01:59

2020年01月17日(金)2 tweetssource

2020年01月16日(木)2 tweetssource

2020年01月15日(水)6 tweetssource

1月15日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

最初のアプローチは、生徒をより長い時間作品に関わらせ、また豊富な対話の中で“意味の生成者”となることを促したが、カリキュラムの目標となっていた、美術史に基づく概念を発展させるような会話はみられなかった。p193

posted at 18:59:05

1月15日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

美術館のガイドツアーにおける、異なる対話型アプローチの比較を行った研究として、ピエロー(2010)が挙げられる。この研究では、生徒の作品の観察や記述のスキルを支援するようデザインされた対話型の方法と、美術史を教えることを第一に狙った別の対話型の方法との比較を行った。p193

posted at 18:58:44

1月15日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

…ミュージアム・エデュケータの現場は“不確定な専門職”とよばれ、第一線で活躍するミュージアム・エデュケータの多くはミュージアム教育の特別なトレーニングを受けているわけではなく、またガイドツアーを導くボランティアやスタッフの専門性やスキル、経験には、しばしば著しいばらつきがあった。

posted at 18:57:14

2020年01月13日(月)2 tweetssource

2020年01月10日(金)1 tweetsource

2020年01月09日(木)2 tweetssource

1月9日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

M2のみなさんは明日が修士論文提出締切らしいのだが、今年度からPDF提出のみになったと聞いた。隔世の感があるけども、印刷であたふたする人が毎年必ずいるし、提出時間もきっちり切れるし、合理的よね

posted at 21:38:06

2020年01月07日(火)1 tweetsource

2020年01月06日(月)1 tweetsource

2020年01月05日(日)2 tweetssource

2020年01月04日(土)1 tweetsource

2020年01月03日(金)1 tweetsource

2019年12月30日(月)1 tweetsource

2019年12月24日(火)1 tweetsource

12月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

自身の理解のため、論文で報告されているクロス表をいくつかグラフにしてみた。前提:イギリスに住む50歳以上の6000名を2004年から縦断調査、活動頻度と死亡記録を確認した。芸術鑑賞は展示・コンサート・オペラ鑑賞とされた。 pic.twitter.com/F2jzPxrtvE

posted at 12:33:38

2019年12月23日(月)4 tweetssource

2019年12月21日(土)2 tweetssource

2019年12月19日(木)3 tweetssource

このページの先頭へ