情報更新

last update 07/23 06:59

ツイート検索

 

@tomokihirano
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

Stats Twitter歴
3,675日(2009/07/01より)
ツイート数
14,677(3.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月22日(月)1 tweetsource

2019年07月19日(金)2 tweetssource

2019年07月17日(水)2 tweetssource

2019年07月15日(月)1 tweetsource

2019年07月14日(日)3 tweetssource

2019年07月11日(木)2 tweetssource

7月11日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

とくに現代美術はアイデアが重要な位置を占めるので、どこまでがアイデアでどこからが著作物かはグレーよねえ。コンセプチュアルアートなど、作品=著作物それ自体よりも、アイデアが重要な場合も多いし。

posted at 15:09:54

2019年07月08日(月)3 tweetssource

7月8日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

昨年参加していた「未来の教室」発の事業が満を持してスタートするのね。大地の芸術祭を舞台にした地域課題解決プログラム。異業種の友人が増えました。大企業・省庁10団体の次世代リーダーが集結! −経産省事業から生まれた人材育成プログラム『Field Academy』始動− prtimes.jp/main/html/rd/p

posted at 22:44:22

2019年07月07日(日)1 tweetsource

2019年07月05日(金)5 tweetssource

7月5日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

ただ、今のセンター試験は充分に良問だと思うし、二次試験で思考力を問う記述問題は問えるのだから、共通的に記述式を取り入れることがどれぐらい必要かはわからん。

posted at 12:33:47

7月5日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

大学入試をアルバイトが採点、というパワーワードへの拒否反応が強いけども、採点とは何だと思っているかによるよな。要はコーディングマニュアルに基づく試験結果のデータ化。大学生が恣意的にマルバツをつけるものと思われているのかな?採点とは恣意なのかしら?

posted at 12:32:10

7月5日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

テスト学会は、ちょっと前までテスト理論に関する数理的な分析の論文ばかりが出てついていけないイメージだったけども、こういう論文が出てくると、学会に行ってみてもよいかしらと思う。

posted at 09:18:53

7月5日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

日本テスト学会誌15号が職場に届いた。川口俊明ほか(2019)項目反応理論と潜在クラス成長分析による自治体学力調査の再分析、とか、河崎美保ほか(2019)思考発話法を用いた穴埋め問題の解決プロセスの解明、とか、これまで同学会で見なかった先生方の学力調査や高大接続改革への関心の高まりを感じる

posted at 09:17:33

2019年07月04日(木)1 tweetsource

2019年07月03日(水)2 tweetssource

7月3日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

ていうか家庭での学習活動のログを教員にみられてるってすごいパノプティコンよね。教育の情報化が、管理主義的な教育観のまま使われているというか。

posted at 23:01:18

2019年07月02日(火)1 tweetsource

2019年06月29日(土)1 tweetsource

2019年06月28日(金)3 tweetssource

2019年06月27日(木)3 tweetssource

6月27日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

英語文献「批判的思考」も。高校における探究重視、ブルームのタキソノミーの現代化(創造性の重視)などから、批判的思考がもはや一部の人だけが持っているスキルではなく、すべての人が学ぶべきスキルになってきた、ということ。

posted at 18:08:48

6月27日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今日の山内ゼミ、パーソナリティ研究の話すごいおもしろかった。人間全般のパーソナリティを理解しようとする自然科学的な関心のありかと、辞書の言葉をクラスター分析してBig5を導くという社会科学的にもみえる手法と。

posted at 18:03:33

2019年06月26日(水)2 tweetssource

2019年06月25日(火)3 tweetssource

2019年06月24日(月)4 tweetssource

6月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

学力向上のためのシステムも非常に簡易なものである。県平均との差を算出し、その時系列推移を出すだけ。テスト理論による等化や重回帰などの高度な分析以前に、基礎統計レベルで可視化して共有することでできることがある。

posted at 13:08:00

6月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

学力(授業改善)に関するPDCAと、学校経営に関するPDCAがそれぞれある、というのがすごく大事だと思う。教育委員会で学テを所管している課はだいたい学力(授業改善)のことをみているが、これが学校経営に基づいて実現していることを忘れてはならない。

posted at 13:05:11

2019年06月21日(金)3 tweetssource

6月21日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

対話型鑑賞は美術教育の研究としてはもともと外様だし、認知の研究としても外様で、でもフィールドはそこにあって実践が求められているわけで、僕が学際情報学府という場所で研究する意味につながってくるのかな。

posted at 19:02:33

6月21日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

ハウゼンの博士論文とそこからつながるVTC/VTSの利点は、美術館というフィールドで研究を行ったことと、そこに認知という方向から切り込んだこと、つまり、学際的なアプローチにこそあったんじゃないか。そこに、ガードナーの影響があった、というか。

posted at 18:53:46

2019年06月20日(木)5 tweetssource

6月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今考えると、プロジェクト・ゼロの名前の由来である「芸術領域における研究はほぼなく、ゼロからのスタートだ」というのは、美術教育の蓄積にケンカを売ってるように聞こえるかもなあ、とも

posted at 18:16:30

6月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

美術教育における理論やディシプリン重視の傾向は、DBAEという名前で現れた。一方で対話型鑑賞はそれらとは距離を置いて、美術館教育の実践として登場した。対話型鑑賞というのはそもそも飛び道具的な出自なのだな。

posted at 18:16:17

6月20日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

ハウゼンの1983年のハーバードでの博士論文に多く引用されているのは、ピアジェでもヴィゴツキーでもなく、ガードナーだった。ガードナーは芸術教育研究「プロジェクト・ゼロ」に携わっているし、考えてみると、美的な領域に関する発達段階があるという考え方はたしかにMIっぽい。

posted at 10:47:16

2019年06月19日(水)7 tweetssource

6月19日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

とくに今回は、津田監督の「情の時代」というテーマのもと、一筋縄ではいかなそうな(?)作品・作家がそろっています。こうしたテーマだからこそ、作品を通じて対話をするということに意味があります。来月はいよいよガイドボランティアの専門研修ということで、準備も大詰めです。

posted at 10:56:17

6月19日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今回パフォーマンスやインスタレーションなど、場や文脈と切り離せない現代アート作品をどのように鑑賞していくか。ちょうど博士研究でやっている、対話型鑑賞において知識・情報をどのように扱うかともリンクしていて、個人的にも興味深いです。

posted at 10:55:50

6月19日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

また、フィールドが国際芸術祭であることもポイント。いわゆる対話型鑑賞は美術館にあるようなファインアートを鑑賞することが多いと思います(まずそこから入るのは発達段階的にも適切だと思います)。

posted at 10:55:31

6月19日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

僕が初回3月の全体研修でお伝えしたのは「対話型鑑賞は手法というよりアートに対する考え方・態度」ということ。他者と一緒にアート作品を読み解いていく、それ自体のおもしろさを、少しでも多くの方に伝えることができていればと思います。

posted at 10:54:49

このページの先頭へ