情報更新

last update 01/19 17:19

ツイート検索

 

@tomokihirano
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

Stats Twitter歴
4,221日(2009/07/01より)
ツイート数
15,524(3.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年01月05日(火)1 tweetsource

2020年12月30日(水)2 tweetssource

12月30日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

非常勤の中間レポートは、①授業で取り上げたワークショップの概要を説明し、②そのワークショップで自身が学んだことを記述し、③その学びを可能にしていたワークショップの理論について説明する、という内容にしてる。

posted at 15:50:30

2020年12月28日(月)1 tweetsource

2020年12月19日(土)1 tweetsource

2020年12月14日(月)1 tweetsource

12月14日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

先日、半蔵門ミュージアムにちらっと寄ったのだけど、小さいながらとても贅沢な空間だった。2〜3世紀の作という初転法輪(釈迦がはじめての説法をした出来事)の彫刻、釈迦に耳を傾ける人々がとても生き生きしててよかった。 pic.twitter.com/N9CjRH6kgM

posted at 10:30:29

2020年12月12日(土)1 tweetsource

2020年12月02日(水)1 tweetsource

2020年11月29日(日)1 tweetsource

11月29日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

《唐獅子図屏風》これまで書いた論文でも取り上げているけど、想像していた1.5倍くらいの大きさに感じた。①手前の獅子の瞳が、より左に向くよう描き直した感がある、②荒地のような岩山に、丸い実か葉のようなものがある、ということには、今回初めて気付いた、かも。(撮影したのは屋外の看板です) pic.twitter.com/Jv7VDd3Trf

posted at 21:46:01

2020年11月23日(月)1 tweetsource

2020年11月18日(水)9 tweetssource

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

…すべての作品に当てはめられるような鑑賞支援の方法を開発・適用するだけではなく、個々の作品や展示がもつ学びのポテンシャルや、その作品が人々に提示しうる視点を分析した上で、それをより多くの人に届けるための支援のあり方を作品ごとに構築し、展開する試みも増えていくべきであろう。p.162

posted at 19:05:23

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

またそこにおける「対話」の用いられ方も、鑑賞者の気づきのみによって解釈を構築していくものから、ファシリテーターが作品情報を提供するものも含まれる。p.157脚注

posted at 19:04:23

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

[…]一口に「対話型鑑賞」と言っても、その中には広いレンジがあり、対話の中で作品の解釈を促そうというものもあれば、Yenawine (2013) のように、深い鑑賞よりも、ビジュアルシンキングや対話といった汎用的スキルの獲得に主眼を置いたものまで様々である。p.157脚注

posted at 19:04:06

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

例えば対話型鑑賞は、カンバス上に描かれた要素の観察から意味を立ち上げていくため、意味づけがしやすい対象が多く描かれた作品では効果的である一方、ミニマルな作品や、コンセプチュアルな要素を重視しており、また社会・政治的な問題が背景にある作品は、必ずしも得意とは言えない。p.157

posted at 19:03:27

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

[…]ここ数年対話型鑑賞に着目した研究は、一時期に比べると落ち着いている。その背景には、対話を用いた鑑賞が、鑑賞教育の一つのスタンダードといえる方法として定着したことに加え、その強みや限界が広く認知されつつあるという理由が考えられる。p.157

posted at 19:03:00

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

すなわち、芸術のやりとりは創作者と鑑賞者との間の、作品(現実世界のモノやコト)の知覚を介した、イマジネーションの世界のコミュニケーションなのである。p.147

posted at 19:02:34

11月18日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

鑑賞者は現実世界に存在するモノやコトとしての芸術作品を見るが、それは単にモノやコトとして見ているのではなく、その背後にある作者の意図の推測や自らの意味づけを行いながら鑑賞する。p.147

posted at 19:02:22

2020年11月15日(日)1 tweetsource

2020年11月13日(金)3 tweetssource

11月13日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今日は小学校での鑑賞授業を取材させていただきました。東京都写真美術館で開発された「色と形と言葉のゲーム」と、写真作品の対話型鑑賞を拝見しました。教材が、色や形をみて言葉とつなげて考える鑑賞のためのパワフルなウォーミングアップツールになっていることを実感しました。 pic.twitter.com/sQHssmQDYM

posted at 15:38:00

11月13日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

個人的には、2021年度に予定されてるSTEP2の内容が気になる→「深い」鑑賞とは?/作品コンセプトの考え方/上級者向けファシリテーションスキル/現代アートの対話型鑑賞/鑑賞型の対話など

posted at 08:14:28

11月13日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

8月に開催され満員御礼だったオンライン講座「大学生と学ぶ対話型鑑賞ファシリテーション」11/21-22、12/19-20の4日間で追加開催とのこと。博論を書いている自分としては、伊達さんがプログラムの中でどういった点をファシリテーションのポイントに置いているかが参考になる。 acop-11211220.peatix.com

posted at 08:13:01

2020年11月06日(金)1 tweetsource

2020年11月04日(水)2 tweetssource

11月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

「理論が理論であるためには、”真実”ではないかもしれないけど、現場への適応範囲が広い必要がある。もしあなたの理論が現場のリアリティをつかんでいて、実践者をかしこくするものであれば、その理論は強い理論です」

posted at 22:56:59

11月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

非常勤のため、なほみ先生の記事を読み直してる→「研究者の私が一生懸命理論を説明して頭でっかちになってもらってもしょうがないんですよね。できるだけ速く、実践家に実践してもらって、実際に子どもが学ぶ様子を見てそこから考えてもらうというのが一番良いはずでしょ」 amphibia.jp/archives/160

posted at 22:54:20

2020年10月31日(土)1 tweetsource

10月31日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

映画館に来たのだけど、子どもたちが鬼滅の刃をわくわくしながら観に来てて、ポスターの前で写真撮ったりしてて、中には市松模様の羽織を羽織ってる子もいる。マジでみんなが見てるスーパーコンテンツなんだわと実感

posted at 11:26:09

2020年10月29日(木)1 tweetsource

2020年10月26日(月)1 tweetsource

2020年10月24日(土)4 tweetssource

10月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

エキスパート資料の読解を宿題にした上で、前後半のブレイクアウトルーム事前割当と、割り当たらなかった学生の手動振り分けなど、オンラインだと考えなければならないことが増えて、助手さんのサポートなしには成り立たなかった…(ありがとうございました)

posted at 15:02:21

10月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

昨日のワークショップデザイン非常勤は小中学校の「ワークショップ型授業」を体験するとのことで「雲はどうしてできるのか」のジグソーを実施。ほとんどの学生がエキスパート資料を組み合わせて自分なりの説明をつくることができてて、ジグソーというデザインのパワフルさを僕自身が実感。

posted at 14:58:54

2020年10月23日(金)1 tweetsource

2020年10月19日(月)1 tweetsource

2020年10月16日(金)2 tweetssource

10月16日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

ワークショップデザイン非常勤、今週は「映画を二回見る会」。YouTubeでショートムービーを1回みて何をみたか語り、それを踏まえてもう一回みて語る。ちょっと難しい作品だったかもだけど、物語に着目する学生、映像に着目する学生、それぞれいておもしろい。

posted at 21:06:10

2020年10月09日(金)2 tweetssource

10月9日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

まずグループ分けして、自己紹介してもらって、説明役と聞き役を決める→役割が決まったら大部屋に戻って、全体にリンクを共有→再度同じグループでブレイクアウトしてブラインドトーク開始、という流れがスムーズそう。

posted at 19:05:31

10月9日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今日の授業ではオンラインでブラインドトーク。ブレイクアウトして、画像をリンクで送って、説明役の人だけ画像を開いて説明してもらおうとしたところ、リンクの送付が一瞬しか出なくてクリックできないグループが続出。あらかじめチャットでリンクを送り、説明役の人に開いてもらって開始が良さげ。

posted at 19:02:40

2020年10月07日(水)1 tweetsource

2020年10月06日(火)1 tweetsource

2020年10月05日(月)2 tweetssource

2020年10月04日(日)1 tweetsource

10月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

New Education Expo 2020 Onlineが10月と11月に開催されます。私は、共同研究をしている東大CoREFのセミナーにちょっとだけ出させていただきます。11月21日(土)10:00~11:30[T31]初等中等・高等教育と社会との新たな連携の形~学校の壁を超える実践学講座~ edu-expo.org/index.php

posted at 15:49:22

2020年10月02日(金)2 tweetssource

10月2日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今日から昭和女子大学の非常勤「ワークショップデザイン」。ワークショップの実践事例、学習理論、具体的なデザイン方法について、レクチャーと体験、ディスカッションを通じて学びます。事例はアートワークショップ多めになりそう。

posted at 16:07:54

2020年10月01日(木)1 tweetsource

2020年09月30日(水)1 tweetsource

9月30日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

9/28 半年以上ぶりの、対面でのワークショップ講師。人数制限をして、検温をして、ディスタンスを保って、このような機会を実現してくださったYCAMのみなさんに感謝。「アートってどうみたらいいの?」という問いは、噛みしめ続けねばならぬ課題です。 pic.twitter.com/GgdWi0pe8a

posted at 16:56:31

2020年09月26日(土)3 tweetssource

9月26日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

領域(歴史学習、科学学習、語学学習などの研究)ではなく、学齢(初等中等教育、高等教育、インフォーマル学習などの研究)でもなく、それらを軽々飛び越えて、「学習環境デザイン」の研究がなされているのだ、ということがよくわかった。

posted at 21:30:11

9月26日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

山内先生の『学習環境のイノベーション』、僕が修士だった頃から10数年の間に先生自身が行ってきた個別の研究をまとめつつ、それらを素材として学習環境デザイン論をアップデートする内容になっていて、感動的ですらある(博論を書いている今だからこそそう感じる)

posted at 20:44:53

このページの先頭へ