情報更新

last update 02/21 21:39

ツイート検索

 

@tomokihirano
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

Stats Twitter歴
3,524日(2009/07/01より)
ツイート数
14,320(4.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年02月21日(木)1 tweetsource

2019年02月20日(水)1 tweetsource

2019年02月16日(土)1 tweetsource

2019年02月15日(金)1 tweetsource

2019年02月14日(木)1 tweetsource

2019年02月13日(水)1 tweetsource

2月13日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

3月26日の美術科教育学会北海道大会(札幌大谷大学)で発表します。愛媛県美術館の事業で昨年夏に入らせていただいた小学校での対話型鑑賞授業の分析です。ご関心のある方どうぞよろしくお願いいたします。 sites.google.com/view/artedu-ho

posted at 14:25:46

2019年02月12日(火)1 tweetsource

2019年02月10日(日)2 tweetssource

2019年02月09日(土)2 tweetssource

2019年02月08日(金)1 tweetsource

2019年02月06日(水)1 tweetsource

2019年02月05日(火)2 tweetssource

2019年02月04日(月)6 tweetssource

2月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

@kmzwhrs ありがとうございます。私も個人の方のブログで内容は読むことができたのですが、読売新聞のサイトから読めないことにびっくりしました。(購読したら読めるのかもしれません)

posted at 11:54:42

2月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

RT 僕が学力調査分析研修で学力に加えて質問紙を重視していること、高度な統計よりも教員自身がデータを読み解くことを大事にしていることと通じる。明日からの教育実践をどうしていけばいいのかを考える、ということ。

posted at 11:24:09

2月4日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

以下のような記述があったぽい→「注目されるのは、作品を見ながら自由に会話できる対話型鑑賞だ。一つの作品にも、人それぞれの捉え方がある。それを知ることで、想像力や発想力に厚みが増す。教育やビジネスにも生かせる鑑賞方法ではないだろうか」

posted at 09:20:42

2019年02月03日(日)1 tweetsource

2月3日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

RT 全く違う桁の話なんだけど、自分が作った研修を自分以外の人が実施することについて試行錯誤してる。教育委員会研修はきびしいけど、校内研修は任せるとか。研修コンテンツは自分で抱え込まず、後進にパスしていかないと。

posted at 18:48:22

2019年02月02日(土)2 tweetssource

2019年02月01日(金)3 tweetssource

2019年01月31日(木)2 tweetssource

2019年01月30日(水)2 tweetssource

2019年01月29日(火)1 tweetsource

2019年01月28日(月)6 tweetssource

1月28日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

アートナビゲイターの役割としては、神野先生や三澤先生のお話も踏まえると、美術史などのバックグラウンドに基づいて適切な「視点」を与えてあげることではないかなと思う。もちろん、作品そのものをしっかりとみることが大事、という前提は持ちつつ…

posted at 12:18:18

1月28日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

翌日、深井さんのお話は、美術史と現代のアートシーンの連続性、そこにギャラリーが積極的に関わるようになっているということだった。クリスティーズのオークションの目玉作品に関するカタログには、批評家・美術史家の論文も載っている。作品そのものとその文脈が同じくらい重要になってきてる。

posted at 12:04:31

1月28日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

三澤先生の「造形批評」の取組における整理はわかりやすかった。みえることに関する「事実読解」とそれについての「意味生成」、その周辺に、作品を取り巻く文脈に関する「事実読解」と、それについての「意味生成」があるという考え方。いわゆる対話型鑑賞は、前段のみで止まっていることが多い。

posted at 12:01:17

1月28日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

土日とアート系のイベントに登壇・ゲストで出させていただいて、美術鑑賞についてあらためて考える機会になった。土曜の神野先生のご講演からは、全くの自由とは逆に難しく、ある視点(=文化?)をもって対話をつくることの重要性について考えさせられた。

posted at 11:58:10

2019年01月24日(木)6 tweetssource

1月24日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

昨年ゼミでブルーナーを調べてたときにも考えてた、前期ブルーナーと後期ブルーナーのつながりについてめっちゃ論じられてる。良書っぽい、けど高い…。嶋口裕基(2018)『ブルーナーの「文化心理学」と教育論: 「デューイとブルーナー」再考』 amzn.to/2Sa9goA

posted at 13:22:21

2019年01月23日(水)1 tweetsource

2019年01月22日(火)2 tweetssource

2019年01月21日(月)2 tweetssource

1月21日

@tomokihirano

Tomoki Hirano 平野智紀@tomokihirano

今年4月下旬~中学生の国語・数学・英語の採点アルバイト(大学生以上)を募集しております。教育を志望される方であれば、中学生ってこんな答え方をするのか、とか、学力テストってこう作られているのか、とか、いろいろと勉強にもなると思います。 www.uchida.co.jp/job/

posted at 13:07:00

2019年01月20日(日)1 tweetsource

このページの先頭へ