情報更新

last update 06/20 18:40

ツイート検索

 

@tomosaku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

Stats Twitter歴
3,691日(2008/05/14より)
ツイート数
54,080(14.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年06月20日(水)10 tweetssource

18時間前

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

今週の五反田飯は「パスタハウスEni」。飯田橋にある魚卵ダイニングの系列っぽい。濃厚カニミソのクリームパスタは超カニクリーム!蟹身とこってりのソース、仄かに香る蟹味噌の旨味で美味。生パスタはもっちもち、でも決してぶよぶよではない、絶妙な加減が素晴らしい。 pic.twitter.com/LRohmgUTjt

posted at 13:32:03

23時間前

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)わさびの葉で隠された八寸、扇子で隠された焼き魚、など隠す系多め。
食べても、ほわっほわの鱧とか、個性の違う3種の焼き魚(黒ムツ、銀ダラ、鮎)とか、極め付けはあなご飯とか!最高に美味い。
そして今回も食べきれた!満足満腹ー。 pic.twitter.com/AuAK3FREnv

posted at 08:17:27

23時間前

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

昨夜はさ行だ!
ということで、写真・本文で6月メニューのネタバレ注意だけど、さておき、2ヶ月連続でお邪魔のかなった僥倖。毎度言ってるけど、毎月でも来たいもんなぁ。
また先月とはガラリと変わって、メニューも器もあしらいも初夏の雰囲気。(続 pic.twitter.com/WEXdRUdtN8

posted at 08:16:57

6月20日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

銀座、麺屋ひょっとこ。オープンしたてだが、有楽町にある行列店の支店で既にランチ時常時満席の人気。和風柳面は、澄んだスープの旨味と広がる出汁の風味がストレートに舌に乗りさすがの美味。麺もすっきり磨かれていて良い喉越し。滋味深い茶飯にスープを掛ける茶漬けも美味い。【飲食メモ】

posted at 05:34:11

6月20日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

五反田、とん金。路地にある豚カツ屋で昔ながらの地域の店感。ロースカツを食べたかったが曜日のランチ以外は時間が掛かるとのことでえびクリームコロッケと煮込みハンバーグのセット。すぐに提供され、場末食堂の大味な美味さがあるのが楽しい。量もあるので安く腹を膨らませるに良い。【飲食メモ】

posted at 05:32:36

2018年06月19日(火)11 tweetssource

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

本日、半年に一度のひろこ飯。筍ご飯と卵焼きが10人前くらいありますですはい。みんなも持ち寄りでハンバーグにローストビーフに唐揚げに草。そしてスイカ。なんで?
※ひろこ飯=ワシのお袋、弘子さんが作ったご飯を会社のみんなで食べる謎の会。息子的には日常食だが、どうやら美味いらしい。 pic.twitter.com/TJmx7v5Iio

posted at 12:27:24

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)であればこそ、この物語ならではの設定、例えば「なんで時給300円なのか」が掘り下げられていると特色を掴めるのかもなのだけど、残念ながらワシには見出せなかった。紡がれる言葉は綺麗なのにいまひとつ実感にならないのも、「ならでは」が感じられなかったせいかな、と思ってしまった。

posted at 10:21:22

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

「時給三〇〇円の死神」(藤まる、著)読了。未練を残した「死者」を成仏させる、という主題に加え、これはワシの読書遍歴のせいだろうけど、避けられない死、無くなることが決まっている記憶、喪われる物語、という、最近よく目にしたモチーフが少しずつ盛り込まれている感じの一作。(続

posted at 10:21:03

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)あと気付いたのは、信号待ちや隣の車から、スモークガラス越しに注目されるとちょっと楽しくなるということ。カメラ向けられたり。こういう「ちょっとした特別感」が面白いんだよねー。

posted at 09:14:15

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)で、人生で初めてリムジンに乗ったんだけど、誰一人パリピのいないメンバーだったので盛り上がり方も探り探り。とはいえ、お台場で乗り込んでスパークリングワインを開けてレインボーブリッジ渡る頃にはなんとなく慣れるもので、あちこちで写真撮って楽しんだ!(続 pic.twitter.com/L14dXdqNip

posted at 09:13:55

6月19日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

日曜日は、子持ち主婦な大学後輩の休日をプロデュース。たまにやってるんだけど、その後輩も40歳になったということで、不惑スペシャル。
当人のやりたいことを重ねていったら、スポッチャ行ってリムジン乗って中華で飯と、惑いまくりの都内クルーズ。面白かった!(続 pic.twitter.com/xN8cnyF1YH

posted at 09:13:17

2018年06月18日(月)7 tweetssource

6月18日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

評判なので食べてみた、セブンプレミアムの金のワッフルコーン。
3日以内の乳を使っているというだけあって、濃厚さやフレッシュさは強く、そこが美味さになってるけど、300円となるとうーん、贅沢!な感じ。美味しいけどね! pic.twitter.com/8oYTjjPz4F

posted at 20:26:18

6月18日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)利用者も様々。火事で千冊以上の蔵書を失い一時は読書をやめた人、雑学が増えて良いという小学生、がんの入院を控えて本を返しに来る初老の男性とその50年来の友人。本に書かれた物語ではない、本を通じた物語がここにあるな、と感じる。72時間で2397冊が、新たな物語を生みに貸し出されていった。

posted at 10:00:56

6月18日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

NHK・ドキュメント72時間「島へ 山へ 走る図書館」視聴。愛媛県松山市の移動図書館は、2800冊の本を抱えながら、島を含めた市内を時間通りに巡っていく。廻る時期や流行も踏まえて選書をしているからか、全国で移動図書館の廃止が相次ぐ中、利用者は増えているのだとか。(続

posted at 10:00:09

6月18日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

二軒目探してふらふらしてたら「六本木横丁」なるをロアビルに見かけて入ってみた。こんなの出来てたんだ!小さい店が軒を並べる中、勧誘されるままに入った「肉の楽園」で、軽くつまんだハンバーグと燻製ローストビーフがえらく美味くてお代わりしたくなった。今度、ここメインで来ても良いな! pic.twitter.com/3sXZx0Wr8I

posted at 05:13:40

6月18日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

晩ごはんは中華。六本木というか飯倉の「美林華飯店 六本木東京タワー店」。飲み放題込みで案外手頃な価格なのに、つまみにご飯もちゃんと美味しくて嬉しい。特に、黒酢酢豚、ガーリック海老、そして焼豚炒飯が美味くて、炒飯はザーサイと和えてさらに美味。 pic.twitter.com/MMsOhxlGJB

posted at 05:08:04

2018年06月17日(日)14 tweetssource

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)なんとなく、サラリーマンのストレス解消やデートの暇つぶしというイメージがあり、確かにそういう客も多いが、女子プロ野球選手を目指す少女、気持ちよく飛ばす人に憧れYouTubeで勉強してひとり来る女性などなど意外に多彩。72時間で2040人も来ており、やはり意外な人気に驚いた。

posted at 12:19:36

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

NHK・ドキュメント72時間「COOL!下町 浅草・バッティングセンター」視聴。ワシも行ったことのある浅草のバッティングセンター、いろいろ設備が増強されて今や人気スポットらしい。海外からのお客さんが増え、口々に「COOL!」とプレイしていく様は隔世の感。2日連続来てるフランス人おるし。(続

posted at 12:19:18

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)番組の最後で、御朱印帳に印をもらっていたおばさまが言っていた「(神社も寺もどっちも良い。)きっちりしない方が我々の生活にあっている」というのが、日本独特の寛容さを現しているよなと思う。ワシ自身は神道の信仰を持つけど、これでいいのだ、と思うしね。

posted at 11:10:58

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)そんな神仏習合がひっくり返されたのが明治維新。時の権力者が考える「本来の美しい神道」によって神仏分離、廃仏毀釈が始まり「純粋なものだけが信仰」とされてしまった。それは終戦まで続き「好い加減にいい加減」だった信仰が急に息苦しくなり、反動で無信仰が広がったのでは、というのは得心。

posted at 11:10:13

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)また春日大社と興福寺の関係。神のお告げを神職と僧が聞く絵巻物が残り、春日大社の本殿の前には僧が読経をあげる「御廊」が、興福寺の僧は朝の読経の後に春日大社に向けて参拝もする。
また比叡山延暦寺と滋賀県大津市の日吉神社。高さのある本殿の下に「下殿」があり薬師如来が祀られたとか。

posted at 11:09:19

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)第2ステージのキーワードは「本地垂迹説」。仏は日本の民を救うため神に身をやつして現れた、というもの。『本地』とは神の元の姿の仏。例えば伊勢神宮の天照大神の本地仏を密教の大日如来とする話があり、それが表記される曼荼羅があり、裏には天照大神のご神体の鏡がはめ込まれている。面白い。

posted at 11:07:23

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)そして中央でも、聖武天皇が大仏を建立することとなり、大分は宇佐神宮のご神託で建設が進み、その結果、宇佐神宮のご神体である八幡神が東大寺の大仏の守り神として祀られた、と。東大寺には「僧形八幡神像」があり、すなわり神が仏教に帰依して守り神になるのが神仏習合の第1ステージ。

posted at 11:06:53

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)6世紀の仏教伝来から200年ほど、仏教を日本に広めようとした満願という僧がおり、唐での道教と仏教の神仏習合を参考に、「神が、神から離れて仏になりたい」というのを謳った。そこに、新しい文明として仏教を手に入れたがった地方豪族が飛びつき、自分たちの祀る神と会わせていった、のだとか。

posted at 11:06:37

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

NHK・歴史秘話ヒストリア「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」視聴。御朱印帳に神社のも寺のも押してもらう。それでありながら半数が信仰が無いという。でも初詣にも行くし葬式では読経をあげる。この日本人の、世界にも稀に見る信仰の謎、神仏習合の来歴を解き明かすテーマ。(続

posted at 11:06:19

6月17日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)麺はカトレア麺と言う名の広東麺を所望し、豆乳をつなぎに使っているという麺はツルツルで、感覚的にはうどん。個人的には、ラーメンとして食うには物足りなかったけど、この広東麺のスープがめっちゃ美味くてバランス取れた感。たっぷりの具も良いね。 pic.twitter.com/2n9SY4lA8h

posted at 00:14:25

2018年06月16日(土)15 tweetssource

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

二軒目は少し柏の街を徘徊したけど、結果、いつかもきた「Sapty pepper's」。サプールというオリジナルカクテルがあって、もしやと詳しく見たら、やはりコンゴのお洒落集団のイメージだった。
原色感良いけど、味は超ミント。軽く歯磨き粉(きちんと美味いけど!)。 pic.twitter.com/gQq5oNCSvJ

posted at 23:50:12

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

今夜は柏酒だ!
中学の同級生の人妻と人夫との定例飲み会。店の手配はいつも何故か遠いワシがやるんだけど、今日は「魚沼の恵みをあなたへ 八海山バル柏本店」。エモい。
日本酒の八海山が揃い、お値段は中々だけど、さすがに美味いと思わせるラインナップ。(続 pic.twitter.com/ieXS2lGewz

posted at 23:37:54

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

1ヶ月以上、週末は旅をしたり旅をしたり旅などをしてたりしたので、久々に午後まで家にいてくつろぎ。別に疲れてないから復活もしないけど、たまにはこんな午睡も良いね。

夜はやっぱり飲みに行くけど。

posted at 18:29:59

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

今日の土鍋炊きご飯は、能登半島は白米千枚田で買った絶景米。甘みが強くて粘り気があるけど、味自体は淡白という、不思議な美味さ。
大洗のふるさと納税で貰った生しらす丼にして美味しかったけど、余りに炊きたてご飯食べが食べたすぎて、苫小牧のふるさと納税で貰った豚丼も作っちゃった。げぷー。 pic.twitter.com/yolKQxqcpG

posted at 13:59:46

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

@sny0417 まぁ日本はまだ、車乗ってても降りてどこか近くでトイレに入ろうと思えば入れるからねぇ。渋滞の高速道路とかだと厳しいかもだけど。
なおワシはとてつもなくトイレが遠いので、例えばヨーロッパ便乗ってて酒飲んでも12時間一度も席を立たなかったりする。

posted at 13:50:31

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)食後には「ヴィンサント」なる、イタリアを代表するデザートワインをいただいたけど、これがまた美味すぎる!香ばしい香りに滑らかな舌触り、そしてとろける甘みと、ワシのデザートワイン史でも最上位のひとつ確定。
すっかり堪能満足満腹! pic.twitter.com/aejsD00Ngr

posted at 09:32:13

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

続)前菜にいただいたハムとサラミが信じられないくらい美味くて、そこに赤ワインを合わせたら、本当にフィレンツェのトラットリアで食べ飲みした時のことがフワーッと思い出された!すごい!あと、パスタもいつも通り美味しかったけど、肉が最高の焼き加減で素晴らしかったー。(続 pic.twitter.com/6244o6DRvS

posted at 09:31:47

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

鎌倉、極楽カリー。不思議な装飾、内装のカレー専門店。1日30食限定のゴクラクカリーことチキンカレーを求めて行列も。かなり煮込まれたカレーはスパイスが豊富に入っており、薬膳を思わせる部分もあるが食べやすくシンプルに美味い。辛さは控えめで、卓上の粉で辛味+深みが増して良い。【飲食メモ】

posted at 05:55:50

6月16日

@tomosaku

中澤友作 Nakazawa Yusaku@tomosaku

浅草、ボナ・フェスタ。瀟洒な内装の老舗ロシア料理屋。高級感ある雰囲気と丁寧な接客が心地よい空間を作っている。ランチは比較的お手軽なりに値は張るが、トマト感たっぷりのボルシチから美味。メインはハンバーグ、キャベツロールともソースのあしらい、食感ともに素晴らしい美味。【飲食メモ】

posted at 05:54:08

このページの先頭へ