情報更新

last update 06/25 01:28

ツイート検索

 

@tricycler
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tricycler

赤江雄一@tricycler

Stats Twitter歴
3,645日(2009/07/03より)
ツイート数
7,013(1.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年06月21日(金)2 tweetssource

2019年06月20日(木)4 tweetssource

6月20日

@takuya1975

Takuya ONODERA@takuya1975

ゼミにもよるでしょうが、西洋史系だと院ゼミでも史料分析のやり方を教えてもらうことってほとんどなくて(少なくとも私は皆無だった)、他人の論文を参考に我流で学んできた研究者が多いのではないかと思います。そういう経験知を共有できる場が、今後はこんな感じで少しずつ増えていけばいいなあと。

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 21:23:36

6月20日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

21世紀にはいって20年も経とうとしているが平成・令和の日本国家は、「知」の活用の大局観において明治に大きく劣っているとしか思えない。

posted at 18:49:31

2019年06月19日(水)5 tweetssource

6月19日

@bot99795157

ア㊙️イさんのお尻@bot99795157

活版印刷術はまさに「革命」と呼ぶにふさわしい技術革新だったのだ。今回は、15世紀から16世紀にかけてヨーロッパで出版された「ビジネス書」と「宗教書」をテキスト解析し、出版物を通じたアイデアの拡散とその帰結を明らかにした研究を紹介するのだ。かなり長いまとめなのだ!
(1/26) pic.twitter.com/Zom0wufgVu

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 23:10:29

6月19日

@Philo_Shinkan

哲学書新刊情報++@Philo_Shinkan

【7月31日発売予定】
『ルネサンス庭園の精神史:権力と知と美のメディア空間』(桑木野 幸司著 白水社)
【Amazon紹介文】「狭義の庭園史や美術史の枠におさまらない、領域横断的な視点をもったルネサンス文明史である」
【Amazon】→ www.amazon.co.jp/gp/product/456

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 22:43:40

2019年06月16日(日)1 tweetsource

2019年06月15日(土)1 tweetsource

2019年06月11日(火)1 tweetsource

6月11日

@nhk_docudocu

NHKドキュメンタリー@nhk_docudocu

【12日午後・再】BS世界のドキュメンタリー「完全再現!黄金期のフランス古城」は、12日(水)午後5時から再放送予定。
中世の城は、どのように建てられたのか?現代のテクノロジーを一切使わず、古城の再現に取り組む #ゲドロン城 プロジェクト。13世紀の建築技術が満載![BS1]
www.nhk.or.jp/docudocu/progr

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 11:44:49

2019年06月08日(土)1 tweetsource

2019年05月30日(木)3 tweetssource

5月30日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

授業をやった後にかならずといっていいほど頭が痛くなるのだけど、どうやったら一番はやくなおるのかな。

posted at 19:05:22

5月30日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

英語のネイティブスピーカーに聞いた、と言っても、その人が言葉をどのレベルで使っている人かによります。英語の正式な文章を書こうとしたときにどうか、というレベルで考えたら e.g. と ex. は互換可能という理解は完全に誤っています。

posted at 18:56:05

2019年05月27日(月)2 tweetssource

5月27日

@minzokunokai1

おいでよ山口@民俗@minzokunokai1

不思議だなあと思うこと
「人文系なんか金にならないから予算を減らす」という行政の人が「インバウンド・アウトバウンド。観光で金儲け」と言い始めたときに「で、ネタは何?」と聞くともれなく「伝統、文化、歴史」と言い始める事。
金にならないから人文系の予算を減らしたんじゃなかったのかい?

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 21:32:28

2019年05月26日(日)3 tweetssource

5月26日

@skasuga

KASUGA, Sho@skasuga

数百語の簡潔な要約を含めた「論文」として自分の主張を提示し、その添付資料として参考文献などとともに図版がついている、という文章を作らないし作れない、という状況は日本の政治状況として非常にまずい。

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 22:17:17

5月26日

@skasuga

KASUGA, Sho@skasuga

こういうポンチ絵で納得した気分になってくれるのは読書離れ著しい日本の国会議員だけで、世界標準の反応としては「ちゃんと言葉で説明できないから適当にヴィジュアルでごまかしている」ということになると思うよ。

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 21:33:49

2019年05月25日(土)1 tweetsource

5月25日

@yakumoizuru

山本貴光@yakumoizuru

「英文読解に時間を割く代わりに、外国人とのコミュニケーションに役立つ英会話を学ばせよう、と思っているようだが、不十分な文法知識と少ない語彙では片言の会話しかできるようにならないことは、真剣に語学を学習した人にとっては自明のことだろう。」
www.newsweekjapan.jp/nippon/season2

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 22:04:38

2019年05月24日(金)8 tweetssource

2019年05月23日(木)28 tweetssource

5月23日

@9jaGambare

|ナイジャ|????@9jaGambare

これ、最初は私もex.を使ってたんだけど、なぜならそう習ったというか先生がそう使ってたから。でも、英語の本いろいろ読むうちに、e.g.が一般的なんだなと思ってe.g.使うようになった。でも元のラテン語までは知らなかった〜。i.e.は習ったからラテン語も知ってる。 twitter.com/tricycler/stat

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 23:56:34

5月23日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

ちなみに e.g. は読み上げるときには イージーと読んでもいいし for example と読んでよい。i.e. (id est すなわち) も アイイーか that is と読む。

posted at 21:02:38

5月23日

@comp_energy

タイガー三越 (Tiger Mitsukoshi)@comp_energy

@tricycler ありがとうございます。
先生のtweetを拝見するまでnon-breaking space (Unicode U+00A0)を知らず、通常のspace (U+0020)を用いていました。今後は注意いたします。一点恐縮ですが、複数頁を引用する場合はハイフン(‐, U+2010)ではなく、endash(–, U+2013)が一般的ではないかと思います。

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 19:28:12

5月23日

@FintaPazza

まつもと(な)@FintaPazza

@tricycler そうですね。おっしゃる通り、文中では「Ex」ではなくe.g.です。が、私の分野、譜例を挿入すること多く、それはEx.で呼びます。See ex. 1とか。あと、複数になると語尾の子音重ねることも知って欲しい!Exx 2& 3となります。

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 18:25:52

5月23日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

あと e.g. のそれぞれのあとのピリオドはそれぞれの後に省略があることを示す明確な意味があるのです。適当にあるんではないよ。たとえば「五頁」を示すのに P5 とかする人いるけど、英語なら p. 5 やで。p. のピリオドのあとには page の"age"が隠れているのだ。

posted at 14:55:43

5月23日

@tricycler

赤江雄一@tricycler

ex. を「例」という意味でつかうのは英語ではなくて日本語です。「例」を英語でいいたいなら e.g. (exempli gratia) を使おう。(あまりにもたくさん見ていやになったからつぶやく)

posted at 14:29:50

5月23日

@kankanbou_e

書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)@kankanbou_e

【近刊情報】
北村紗衣『お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』

フェミニストの視点で作品を深く読み解けば、映画も演劇もこんなにおもしろい。自由に批評するために、自らの檻をぶち壊そう! フェミニスト批評絶好の入門書。www.kankanbou.com/books/jinbun/j pic.twitter.com/4REUmA6KXW

Retweeted by 赤江雄一

retweeted at 07:19:14

このページの先頭へ