情報更新

last update 03/22 15:33

ツイート検索

 

@tshun423
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

Stats Twitter歴
3,628日(2009/04/16より)
ツイート数
23,328(6.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年03月22日(金)2 tweetssource

16時間前

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

@jupiteriya 「質問」とはいえ、準備力と相手への想像力だと思うので、その意味で以下の本をオススメしておきます。(我田引水)

www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%8

posted at 01:35:46

2019年03月21日(木)5 tweetssource

3月21日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

書いて覚える人もいるけど、手が疲れるのとけっこう意志の力がいるからぼくには合わなかった。

声で覚えるメリットは…
①意志の力がいらない
②どこでも(満員の電車でも)勉強できる
③散歩など体を動かしながら学べるので健康にもいい

posted at 11:44:58

3月21日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

ちなみに「自分の声で」録音することがポイント。CD付きの教材とかあるけど、他人の声で録音されたものはなぜか眠くなってしまって頭に入ってこない。

posted at 11:32:49

3月21日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

【暗記の技術】
①覚えたい部分を声に出して読み録音する
②録音したものを四六時中聴きまくる
③聴く前に頭に内容が浮かぶようになる

この「耳から覚える方法」は受験生とかに超オススメ。やる気がないときでも、散歩しながら、電車乗りながら、勉強できる。意志の弱いぼくでもこれで大学受かった。

posted at 11:30:19

2019年03月20日(水)5 tweetssource

3月20日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

【最近考えた本の企画】
『うろ覚え事典』:「うろ覚え」を網羅した事典。この1冊で教養を身につけよう。
『宗教カタログ』:「こんなときにはこの宗教!」って感じのポップなやつ。怒られそうだから温度感考えないといけないけど。
『セックス再入門』:SPAの特集がキャッチーだったので。40代向け。

posted at 19:08:14

2019年03月19日(火)7 tweetssource

3月19日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

村上春樹だってこう言ってる。

"原稿の段階でもう数え切れないくらい書き直しますし、出版社に渡してゲラになってからも、相手がうんざりするくらい何度もゲラを出してもらいます。ゲラを真っ黒にして送り返し、新しく送られてきたゲラをまた真っ黒にするという繰り返しです。"『職業としての小説家』

posted at 12:25:49

3月19日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

文章が書けない人は自分に期待しすぎなんだよね。頭んなかに名文が浮かんでそのままスラスラ書けるような人は一部の天才だけ。普通は自分から出てきた文章?のクオリティの低さに絶望するんだよね。ぼくもそう。でも、そっからが勝負。出てきた粘土をこねくり回して、なんとかカタチにしていくんだよ。

posted at 12:21:44

2019年03月18日(月)14 tweetssource

3月18日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

さまざまな文章指南の本をざっーと見て「何が語られ、何が語られていないか」を把握。そのうえで、ぼくの立場からこれまでの経験を踏まえて何が語れるのか。いまの時代にどういうノウハウ・考え方が必要なのかをスライドに落とし込んでいった。丸3日かかったけど、けっこうおもしろくなった気がする。

posted at 23:27:42

3月18日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

独立してから金勘定ばっかしちゃうんだけど、ここって儲かるのかな。ひとり1500円で1日何人くらい来るんだろう……。再入場不可で料金一律ってことは夕方以降の来訪者は減りそうだよね。あとはフードの注文、本の購入がどれくらいあるか、か……。

posted at 17:49:10

3月18日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

六本木の「文喫」。はじめて来たけど、けっこういいかも! 今回はパソコン持参でTwitter見ちゃったから(意味ねえ)、今度はオフライン状態で来たい。企画とか考えるのによさそう。あとサンドイッチほしい。

posted at 17:44:32

3月18日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

出版社の新人研修で、新座の物流センターに行ったことがある。そこは、売れなかった本が返ってくる場所。大量の本がトラックいっぱいに戻ってくる。一部はカバーを付け替えて再出荷するんだけど、裁断されるものも多くある。あの光景を見て以来「売れない本だけはつくるまい」と思ったのを覚えている。

posted at 12:02:59

3月18日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

文章についてすでに語り尽くされていて、ぼくなんぞが文章について語るなんて気後れしてしまう。ただ「SNSが普及して、誰もが発信できる時代における」文章のあり方については、まだそこまで語られていないかも。あと作家やライターの文章術はたくさんあるけど、編集者の視点で書かれたものは少ない。

posted at 11:31:50

2019年03月17日(日)12 tweetssource

3月17日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

これだけ情報が溢れてしまうと、もう自分に発信することなんかないんじゃないかと思ってしまう。でも、考えてみてほしい。増えているのは二次情報三次情報ばかり。相対的に一次情報は貴重になっていく。やるべきことは、人に会うこと、外に出ること。そして自分だけの一次情報をネットの海に放つこと。

posted at 23:25:34

3月17日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

話すように書けとか、話すように書くなとか。伝わればOKだとか、伝わるだけではダメだとか。いろんな人がいる。

おもしろいのは井上ひさしさん。「文章の目的は伝達と表現である。伝達のノウハウは既に語り尽くされている。表現についてはそれぞれが考えるべきである。だから語ることはない」だって。

posted at 20:41:01

3月17日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

あとは「時代とともに変わっていくもの」と、「時代が変わっても変わらないもの」を見極めておくことかな。WEBサービスやプラットフォーム、業界のあり方は変わっていくけど、人間や人間社会の性質や欲望は変わらない。本質をおさえつつ、時代に合わせて変化していく。そこのセンスが問われていそう。

posted at 17:52:05

3月17日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

自分なりに「仮説」を立てて、動いて、検証してみる。計画を立てても「ちょっと違うな」と思ったら、計画を立て直す。柔軟に、スピーディーに。それがこれからを楽しく生きるコツかもしれないね。あとはドラッカーの「未来を予測する最善の方法は、自らがその未来をつくることだ」という言葉を信じる。

posted at 17:37:21

3月17日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

「計画」が意味をなさない世界になった。3年後5年後、いや1年後すらもどういう世界になっているかわからない。FacebookやTwitterが主流のままかもしれないし、ぜんぜん違うサービスを使っているかもしれない。いろんな人が「いいから動け」と言うのは、慎重に計画することの意味が薄れているからかも。

posted at 17:34:15

2019年03月16日(土)12 tweetssource

3月16日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

自分を伝えるときに大切なのは「一度にたくさん運ぼうとしない」こと。ぼくも編集しながら原稿も書くし、ひとことでは言えないんだけど、わかりにくいだろうから「編集者」って言ってる。プロフィール欄に「/」でいろんなこと書きがちだけど「いろいろある」って下手すると「何もない」になっちゃう。

posted at 15:06:16

3月16日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

「アイコン化」するには
・名前、肩書きをわかりやすくする
ってのもあるし、
・SNS上のプロフィール画像をわかりやすくする
でもいいし、
・メガネや帽子、服装で特徴づける
でもいいんだろうな。

ようは
「ほら、あの変なメガネの編集者いるじゃん?」
みたいに言われたら勝ち、というか。

posted at 13:30:06

3月16日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

SNS時代に活躍するためには「アイコン化」が鍵だと思う。つまり、ひとことで言えば何者なのか? 「プロ無職」とか「エロデューサー」とか、パッと言える人は強い。人は、シンプルなもの、わかりやすいものに反応する。「俺はそんなに単純ではない…!」とか言わず、いかにアイコンになれるかが鍵。

posted at 13:14:41

3月16日

@tshun423

竹村俊助/編集者@tshun423

神さま「お金で幸せは買えると思うか? 買えるなら何を買うか?」

フランス人「私はワインとチーズがあれば幸せです」

イタリア人「私はサッカーとパスタがあれば幸せです」

日本人「幸せ? 買えるのなら、買いますよ。あと、領収書をお願いします」

読んでた本に出てきた、このジョーク好き。

posted at 01:20:50

このページの先頭へ