情報更新

last update 07/21 22:54

ツイート検索

 

@tsujitakuma
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

Stats Twitter歴
3,622日(2009/08/22より)
ツイート数
26,121(7.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年07月20日(土)3 tweetssource

7月20日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

在京5局が「よしもと」の株主という件、在京5局の株主を見てみたら日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社が共通して現れ、その株主みたらJTC ホールディングス株式会社が100%出資してて、その株主見たら主要銀行三行と生命保険会社が出てきた。控えめにいって政治と経済に希望を見いだせなくなる。

posted at 23:51:35

2019年07月19日(金)5 tweetssource

2019年07月18日(木)1 tweetsource

2019年07月17日(水)1 tweetsource

2019年07月16日(火)8 tweetssource

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

@katoke_handi ほんとそうですね。願わくばこういう泥臭い話と建築のクオリティや新しい強度が繋がってきて欲しいし、建築家の公共性についてもっと考えたいと思います。

posted at 22:38:08

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

今日は行きも帰りも浜松駅新幹線改札内のカワイ楽器ブースの誰でも弾けるグランドピアノの奏者が上手で得した気分になった。是非改札外に、もっと言えば駅の外に、グランドピアノを引きずり出して欲しい。

posted at 22:15:25

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

@niyarchitecture こればっかりは経験してみないとわかんないですよね、入札制度がいいのか悪いのかもわからない状態ではありますが。コンペ以外でも建築家の知性を投入できる分野だと思うので何らか可能性は感じます。行政と建築家でがっつり共同設計したらいいのにとも。

posted at 14:43:54

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

@katoke_handi ちなみに積算業務において設計事務所ないし積算事務所が細かく丁寧に拾えば、作り手の見積もりコストは下がるし精度も上がるはずです。現行制度の中からも考える余地はあるかと。もちろん加藤さんたちのような、自分たちの側から公共性をつくろうとする活動にも可能性感じますし勝手に共感しています。

posted at 11:24:26

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

@katoke_handi とはいえ入札のプロセスを一通りなぞってみて見えてくることもあるだろうし、一旦知ってから僕は行動を考えたいです。設計施工やPFIといった取り組みもそうですし、作り手への敬意を持ちつつ地道に設計行為の公共性を訴えていくしかないかなと今は思っています。

posted at 11:19:31

7月16日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

@katoke_handi 加藤さんご無沙汰してます。確かに施工者の視点は欠けていました。僕も積算用の見積もりは数社取らないといけないと聞いたときに、この労力はなんのためにあるのだろうとモヤモヤしました。行政側の意見も、施工者の意見も、またあると思いますし、入札制度自体に歪みが出てきているような印象です。

posted at 11:15:26

2019年07月15日(月)3 tweetssource

7月15日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

一方403ではもうすぐ岐阜の担当物件が竣工する。木造住宅四部作として網代、彦根、伊豆ときて岐阜。当初は圧倒的に部分から攻めていたが、ようやく室全体を扱えるようになってきたと思われる。外装やサッシ、雨仕舞も多少慣れてきた。「新築」も近いか。

posted at 21:18:36

7月15日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

設計と施工の間に予定価格があるのは施工のチェック機能を設計が明確に果たすためとのこと。小規模な公共でもいいから一通り経験すると、建築設計の学びのフィールドとしてかなり魅力的に見える。積算するだけでコスト感覚が身につくし、監理時のチェックや行政への資料提出も細かく、経験値は大きい。

posted at 21:16:01

7月15日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

今日も渡辺事務所にて多くを学ぶ。小さな公共案件の入札のため、積算を行う。積算の裏取りのため一工種につき三社ずつ見積もりを取り比較して積算し予定価格の参考資料を提出する。通常の設計以外に膨大なコストがかかる公共の仕組、公平性担保のためと理解はできるが小さい事務所にはなかなか大変。

posted at 21:13:04

2019年07月14日(日)2 tweetssource

2019年07月11日(木)3 tweetssource

7月11日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

アトリエに並ぶ付箋だらけの本棚を眺め、大室さんの現在への眼差しを肴に遅くまで飲み、大室ワールドを堪能。安定のシュムメトリアと、施主に恵まれた変化の兆し。白銀比も地方拠点も現在への強烈な批評。遠くから我々を眺める北極星として確かに存在してくれていて、なんだかホッとした。 pic.twitter.com/a7j4FwbA3X

posted at 19:39:56

7月11日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

昨日今日と三重の白山町、大室アトリエと大室美術館を訪ねる。主宰で館長の大室さんと遅くまで飲み、最新作の現場、大室美術館本館、分館、白山コーヒー、三重県美で開催中の中谷ミチコ個展(会場構成が大室さん)を足早にご紹介いただいた。 pic.twitter.com/LinCG4bQCD

posted at 19:37:31

2019年07月10日(水)4 tweetssource

7月10日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

動き流れる建築のかたちの追求とは、空間認識の更新である。三次元では到達できない。四次元、五次元の空間認識が22世紀までには一般化されるだろう、来るべき時代に全く新しき建築の認識を開拓するのだ。

posted at 03:42:22

7月10日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

公共建築の難しさ、ハードルの高さについて渡辺さんに教えてもらった後、役所で施工総合計画書のすり合わせに同席。着実に近づいているような、逆に遠のいているような。

posted at 03:38:23

2019年07月05日(金)3 tweetssource

2019年07月03日(水)2 tweetssource

2019年07月02日(火)1 tweetsource

2019年06月28日(金)1 tweetsource

2019年06月26日(水)3 tweetssource

6月26日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

県大三回生の設計課題の中間講評。出来が芳しくなく、聞けば課外活動が忙しくて時間がないとのこと。仕方ない、青春だもの。やりたいことはやるべきだ。しかし時間は限られている。気づけば、案の良し悪しよりも最小のコストで最大の効果を生むタイムマネジメントスキルをエウレカ永井さんと説いてた…

posted at 18:36:18

2019年06月25日(火)4 tweetssource

6月25日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

建築の良し悪しは眼前に確かにあることを見た。舐め回すように見ている。現代建築の教科書にして良いと思われる。そこから真似るか、ずらすか、反するかはそれぞれやったらいいけど。あとは鼻隠しを兼ねた板金樋の納め方もミニマムでない方向として発見的。平面図も、玄関の入り方に心を打たれた。

posted at 23:08:10

6月25日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

新建築住宅特集7月号とGA HOUSES164、共に官舎プロジェクト(鈴木了二+吉村昭範)が鼻血出るほど最高だった。H鋼切った溝形のサッシ枠に連動した換気口と庇、浮き上がる基礎とデッキスラブ、長押と欄間への抽象、75角柱と6.9mスパンの違和感、プロポーション、スリット窓、照明、全て最高だった。

posted at 23:03:46

2019年06月24日(月)1 tweetsource

2019年06月22日(土)1 tweetsource

2019年06月21日(金)5 tweetssource

6月21日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

トム・サックス展のような展示・空間の成立のさせ方は本当に難しいはず。オペラシティの室配置や窓を最大限生かしているし、使うチープ素材は具体的で意味を持つし、全体としての空間密度は低めで、ティーセレモニーという日本の文脈をルートや構成でひっくり返しつつ、これこそが茶室という脱構築感。

posted at 23:22:06

6月21日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

こちらの勉強会的ゼミ的トークイベント@美容室は、順調に予約が入っておりますがまだ残席もございますのでお早めにお申し込みください。建物を設計する時の建築学独特の判断基準について、ざっくばらんに(文脈・コンセプト・まわりという3つのテーマに分けて)お話してみようという企画です。 twitter.com/403architectur

posted at 23:15:43

このページの先頭へ