情報更新

last update 09/17 19:32

ツイート検索

 

@tsujitakuma
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

Stats Twitter歴
3,680日(2009/08/22より)
ツイート数
26,408(7.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年09月17日(火)2 tweetssource

2019年09月15日(日)1 tweetsource

9月15日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

昨日は岐阜県関市の最新プロジェクト「下有知の渡廊」の内覧会。お越し下さった皆様どうもありがとうございました。改修跡がよくわからないかもしれませんが画像は改修後。抽象性も構成もプランニングもマテリアルも、きめ細かく、ゆっくり、積み上げて生まれたこれまでとは少し違った質になりました。 pic.twitter.com/XpFW7T23fW

posted at 14:03:36

2019年09月12日(木)1 tweetsource

2019年09月11日(水)2 tweetssource

9月11日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

怒涛の息子発熱ウィークを終えて、今週頭は渡辺事務所に出社、先程403事務所に寄ったら一時帰国中の竹山がもはやスタッフみたいに馴染んで俺のデスクを使い、ランチも皆と一緒に食べてたのを横目に確認しメールを打ちまくって、今日明日と名古屋。こういう環境になるまで10年。有難い。

posted at 14:28:20

2019年09月08日(日)1 tweetsource

2019年09月06日(金)1 tweetsource

2019年09月05日(木)1 tweetsource

2019年09月04日(水)1 tweetsource

2019年09月02日(月)11 tweetssource

9月2日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

今月号新建築、藤本さんのモンペリエの集合住宅や西沢さんの済寧の美術館、石上さんのサーペンタインを抑えて(全部驚愕)、隈さんの新国立競技場空撮が表紙という編集。ちなみに私は大成建設のLa La Grande GINZAの避難経路縦導線エントランスホール一体軽やかグリッドファサードにピント合いました。 pic.twitter.com/BjgKpmPfgk

posted at 22:28:20

9月2日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

セッション33は山口陽登(最近社名変更した模様)さんによる「ボランティアマインド」をテーマにしたセッション。吉阪隆正研究で親しい奈文研の前川さん始め、茨城で新しい場作りを展開する井上さんreadyfor.jp/projects/studi 新しい施工体制を敷く近藤さんwww.kihiratokondo.com/about が事前参加枠。 twitter.com/AIJ_PP130/stat

posted at 21:47:54

9月2日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

建築家・森元気さんのセッションは常滑・水野製陶園の水野さん、チームラボに属しながら最近ではAGCギャラリーでも気鋭のインスタレーション「鏡と天秤」world-architects.blogspot.com/2019/03/agc-exを行ったAHAの浜田くんが参加予定。建築業界における新しい組織のかたちがテーマで、むしろ僕が参加したい。 twitter.com/AIJ_PP130/stat

posted at 21:40:35

9月2日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

10+1更新終了か。一時代が終わった感。建築文化やSDの終わりはアクチュアルには感じられなかったけど、10+1は紙の時代からギリギリ読めてたのでなんとも言えない気持ち。企業スポンサード文化系メディアよりも個人で運営できる情報サイトに情報が尚偏るか。しかし長くどっしり読むチャンネルも欲しい。

posted at 20:46:18

2019年09月01日(日)9 tweetssource

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

この規模のプラットフォームを継続するのはとても大変です。しかしその価値が確かにあると毎回終わった後に思うし、様々な方々の協力と応援によってなんとか続けてきました。今年も多くのエントリーを期待しています!

posted at 22:16:35

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

実務が始まると各自の活動に集中し、横の繋がりや相対化のために議論する場所は稀有になります。その中で参加してくれる人たちはそれぞれモチベーションが高く、終了後は実際に多くの協働プロジェクトが生まれています。下記山田織部氏の紹介文はその辺を書いてくれています。bunka.aij.or.jp/para-projectio

posted at 22:15:00

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

日本建築学会・建築文化事業委員会主催のパラレルセッションにおいて、僕と川勝くんの間の関心は、参加することによって広がる建築領域内での協働可能性の追求と、現在立ち上がる建築にまつわるプロジェクト群の切断面を明らかにするという2点。学会というプラットフォームを最大限生かす試みです。

posted at 22:11:04

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

一回目のパラレルプロジェクションズが終わった後、川勝くんと僕で、「建築は競争ではない」というテキストを新建築に寄稿しましたが、その当時に諸々の批判を各所から賜り、継続していく中で様々な運営要素をアップデートしてきたつもりです。

posted at 22:06:49

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

セッションは初年度の2016年から通算28-33回となりました。エントリー者は総勢250組を超えています。今回のセッションリーダーのポストには、過去三回連続で参加した6組の建築家・研究者(伊藤孝仁、勝亦+丸山、川井操、小泉瑛一、森元気、山口陽登)がそれぞれ快諾してくれました。

posted at 22:04:58

9月1日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

ゲストメンターには、「ビジネス図解」でプロジェクトと組織のあり方を問う近藤哲朗氏、自邸であるも古澤邸でこれからの建築と都市の関係を記述した建築家の古澤大補氏、国交省に所属しながらミズベリング等の公民連携を推進する田中理佳氏の3名にご参加いただきます。

posted at 22:01:03

2019年08月31日(土)2 tweetssource

8月31日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

「情の時代を生き抜くスキル」medium.com/@tsujitakuma/% あいちトリエンナーレ芸術大学連携プロジェクト『U27プロフェッショナル育成プログラム 夏のアカデミー2019「2052年宇宙の旅」』を中心にしたあいちトリエンナーレ2019の5日間で感じたことをブログにまとめました。

posted at 23:03:49

8月31日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

現代群居MTG終了。今日も面白かった。あいトリ経由渡辺事務所で拾いして、秋吉佐藤市川と議論するのは、振れ幅が大きすぎてもはやわけわからん。

posted at 00:38:15

2019年08月29日(木)1 tweetsource

2019年08月28日(水)2 tweetssource

2019年08月27日(火)16 tweetssource

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

その実感を持って、情報に振り回されることやいろんな正義があって相容れないこともあるという切実な事実を疲弊しながらも受け入れた上で、どうしたらその無理ゲーに耐えられるかという戦術が「情の時代」には必要なのではないか、というようなことを感じました。

posted at 23:51:26

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

これほどまでに全体のテーマに真摯に向き合える展覧会の状況は非常に稀有だと言える。その意味で、「情の時代」は先鋭化しているし、並列する正義の中で自分の矛盾と向き合う契機となり、情に振り回される前提がアクチュアルに感じられるようになる。

posted at 23:47:36

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

あっちを立てればこっちが立たず、という構図が幾重にも並列していて、状況は複雑だし、繊細だ。その状況下で行動するには、考えられる限りの可能性を想像して尚、こうすべきだという再帰的な倫理が必要になる。理念が問われる。あるいは、情の時代というテーマに真っ向から向き合うことになる。

posted at 23:42:17

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

あいちトリエンナーレ2019に関わっている/いないでも決定的な温度差があるし、オーディエンスにも、作家の中にもそのスタンスにはグラデーションがある。したがって、そのグラデーションへのチャンネルを用意しなければならない。でもそのすべてをケアするのは無理ゲーである。

posted at 23:38:11

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

悩みを聞く、解きほぐす、愚痴を聞く、そのコストに対する想像力も自分は持ち合わせていないし、電凸の受話器の受け取る側かける側に対する想像力もなかなか働かない。そうすると、そうした内情を知ってる方が偉い、苦労を知ってから発言すべきだとなり、萎縮が発生する。

posted at 23:36:11

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

サナトリウムを訪れ、そのまま発起人の一人の加藤さん@TsubasaKATOを囲んで少し飲む。サナトリウム=療養所は、療養される人と、療養する人がいる。療養される人を療養するコストは半端ない。そうすると療養する人を療養する必要があって、構造的にはサナトリウムのサナトリウムが必要になる。

posted at 23:34:07

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

しかしあれだけ緊迫したシリアスな隣接領域のミーティングで、何か意見を述べること自体、ともすれば見当違いな発言になりかねないリスクもあったので(正しさの乱立による、どの角度からも誰かを傷つけてしまう可能性があるという不安)、発言はかなり慎重になったし、度胸が必要だった。

posted at 01:24:41

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

今回の件に限らず、何らかの理由で萎縮してしまうことに対しては自覚的でいたい。イデオロギーの正しさや、知識の有無、文脈の差に関係なく、萎縮に対して自覚的でいることは僕にもできることだと思うので。

posted at 01:16:03

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

とはいえ僕はまだトリエンナーレの展示自体は観れていないので、まずは一通り観てみようと思うし、同時に、観てなくてもいろんなことを発言していいんだと思っていたい。何も発言できなくなってしまう空気になりかけていることや、タブーみたいなトピックがあるような錯覚に陥ることはとても怖い。

posted at 01:09:54

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

トリエンナーレの会期は終わるけど、そこで生まれた関係性は続けられる。そのきっかけとして今回のミーティングは機能する、ということでとりあえずはいいのかなという印象で、まとまった声明文を書くのとは違う、場所作りがメッセージとなる取り組みとして、サナトリウムに期待したい。

posted at 01:04:05

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

作家はそれぞれ反応を示したり示さなかったりしていきながら、会期の終わりが迫っていることで、焦りのような空気もあった。サナトリウムも然りで、あの切り返しは作家の反応として見事というほかない。本体とは自立したスペースのようなので、会期終了にピントを合わせなくてもいいのかなと感じた。

posted at 00:58:13

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

サナトリウムを立ち上げた作家の方々の声やキュレーターの方の声を直接聞くことができ、収穫もあった。震災後の何かやらなきゃいけないけど何をしたらいいのだろうという切実さに似た空気感が流れていた。センシティブにならざるを得ない話題ばかりだから、正しさを素朴にぶつける場ではなかった。

posted at 00:53:28

8月27日

@tsujitakuma

辻 琢磨@tsujitakuma

あいちトリエンナーレ2019のオーディエンスミーティングなるものに参加。参加作家やこれまでのスタッフの面々が参加し、今回の騒動とこれからについて議論。僕はそこまで内部の状況や作家のスタンスを知らないから想像力を全開にして言えることを言ったけど、なかなかシリアスな空間で難しかったです。

posted at 00:49:53

このページの先頭へ