情報更新

last update 07/15 12:11

ツイート検索

 

@tsurao
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

Stats Twitter歴
3,710日(2010/05/21より)
ツイート数
69,277(18.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2020年07月15日(水)1 tweetsource

2020年07月14日(火)14 tweetssource

7月14日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

家族5人で食費2万円「台」の件、記事にメニューが載ってたけど、1日1食なの?
家族5人が1日3食食べると一ヶ月では450食分。子どもが昼は給食だとしても380食くらい。これを2万円で済ますとなると1人の一食が約50円だぞ。

うちは牛乳が一日1本は空くのだが、1本150円としてもそれだけで3食分。

posted at 18:59:35

2020年07月13日(月)34 tweetssource

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@vGk054TzBUy3viR @tetsuyan1112 @mako1866 @odakery レムデシビルの是非はともかく(これも特例承認使って超速承認)、アビガンも超高速レーンに乗ってますよ。超高速レーン同士、どちらも特別待遇です。
超高級ホテルのロイヤルスイートとエクゼクティブスイートを比較してどっちが冷遇されてるとかじゃない。どっちも超絶ラグジュアリーです。

posted at 22:43:59

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@odakery @mako1866 @tetsuyan1112 有意差があっても承認しないということなら政治的余地もわかりますが、統計的に承認する側が介入したというのはちょっと意味がわかりません。いわゆるBMIの式で入れるべき体重データを改ざんしたとかそんな話ですか?ウイルス減少量デー魔を改ざんしたとか?

posted at 20:56:57

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery アダプティブデザインによる症例数を変更をどう定義してるかは分かりませんが、96例が上限のようですね。
ちなみに治験数ではなくて、症例数の話です。
これで良い結果が得られなければ別の治験という可能性は否定はできません。

posted at 20:51:31

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery 不思議ではないです。治験や臨床研究は事前に組み入れ症例数を設定します。で、そのデータで解析して結果を出します。
治験の結果出て、「もっと集めたら有意になりそうだから増やすわー」とかは無しがルールです。あとからゴールポスト動かしません。

posted at 20:22:10

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@odakery @mako1866 @tetsuyan1112 そうですかね?有意差は統計的に求めるものです。藤田医大はp値など出して検定の結果有意差なしと言われてます。これが承認側が統計で…というとデータを集まったデータを承認側が改ざんした(させた)ということになりそうですが、そういう話でしょうか?

posted at 20:17:32

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@kqqvqvfBa5TDpT6 @linkbal69 素人でもいいと思いますよ。単に既にその手の話は過去にも何度と出ていることなので、それらを踏まえて今の仕組みなどがあります。自分の意見が絶対で、過去にその手のことを真面目に考えてき人たちの声を理解せず頭ごなしに否定するのはやめたらどうかというだけです。

posted at 20:14:04

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery 治験となるとコントロールが大変で多くの人が除外されてしまいます。例えば他に基礎疾患ある人は除外されるでしょう。
倫理的観点から投与を促進しつつも多少のコントロールを効かせつつデータを取れる観察研究は直接は承認に繋がらなくても得られた知見によって新しい可能性を得るかもしれません。

posted at 20:05:53

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@kqqvqvfBa5TDpT6 @linkbal69 そこはいろんな意見があってもいいと思います。いずれにしても、そういう話を、ちゃんと議論をして決めるべきですよ。そういう緊急利用の話などは長年してきていますから。そこに参加してない素人がいきなり今年になって認めろとか言い出すのは暴論かと。

posted at 19:59:26

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@ragaoka @GP0UQxmFfCYayKx ほとんどの人が勝手に治るので、ある有名人が助かったからといって薬の効果とは限りません。自然治癒かもしれないし、他の治療効果のせいかもしれない。←これは不都合な話。

先日の有意差無し、というのは効果なしが決まったわけではなく、効果ありを示せなかっただけです。←希望繋がる話

posted at 19:46:41

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@tetsuyan1112 @mako1866 @odakery 違います。製造販売承認は目的の一つですが、他にも探索的なものなどたくさんあります。日本で行われている研究などはデータベースで概要なども公開されてますから少し見てください。承認を目指すため以外の試験・研究多数ですよ。
そして、これは世界的に同じ。

posted at 19:36:58

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@tetsuyan1112 @mako1866 @odakery 逃げてるも何も、治験は別途メーカーである富山科学がやってます。
世界的にも各種候補薬に対する研究はメーカー以外でも行われており、それは逃げではなく研究としては普通のことです。
承認取る以外の研究を逃げと言われたら研究できなくなります。

posted at 19:20:56

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery 単に2人集めて一人に爽健美茶、もう一人にただの水飲ませて、たまたま基礎疾患の都合で水を飲んだ人が悪化するかもしれません。でも爽健美茶が有効とはなりませんよね?

このような偏りがあったとしても、流石にこれは薬のおかげだろうと言えるのが「有意差あり」です。

posted at 19:16:42

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery 試験をデザインする時に「本当は薬に効果なんてないのに、たまたま治る人が偏ったせいで薬の群が効果ありと判定される」ようなことは避けなければいけません。(逆もしかり。
そのために「これだけのデータなら流石に偶然ってことはないだろう」という質と量のデータを集めます。

posted at 19:12:46

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @tetsuyan1112 @odakery 念頭に置いた…というか、そもそも治験やこの手の臨床研究は効果があることを「期待」しているからこそやります。抗がん剤だって降圧剤だって、効果がありそうと思うからこそヒトに投与して試験します。
そして、薬の効果の有無を判定するのに有意差はセットです。

posted at 19:08:47

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@kqqvqvfBa5TDpT6 @linkbal69 開発者の思惑通りに認可されないのは当たり前です。うちの会社の研究者も当然本人はそういう効果があると思っているからこそ試験に進みます。そして治験等の成功率の低さは周知の通り。
なので研究者が「効果あるはずだ!」というものの多くは効果無しや安全性に問題ありで世の中に出ません。

posted at 19:00:47

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@kqqvqvfBa5TDpT6 @linkbal69 5月の報道とは別の試験ですよ。5月の報道は観察研究の中間報告で、軽症の14日後回復87.8%、30日後の死亡5.1%。対照群も無いのでそもそも効果は測れないという奴。
www.fujita-hu.ac.jp/news/j93sdv000

先日報じられたのは特定臨床研究で、こちらは有意差ある有効性確認できなかった奴。
www.fujita-hu.ac.jp/news/j93sdv000

posted at 18:58:27

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@8wwuwxBdXcQp3HM @hanakotomari @Trikerider704 無症状な人で治験をやるとしたら、健康っぽい人に検査受けてもらって治験に参加してもらう必要あるのがハードルの1つ。またプラセボ群でもほとんどの人が治ってしまいそうなので、差を検出するのは難しくなります。かなりのボリューム集めないと難しいかも。それだけ組み入れ可能か…

posted at 18:51:15

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 @odakery @tetsuyan1112 ちょっと違います。
COVID-19のアビガンに限らず、危険な病気で他に有効な治療法が確立していない場合は、効果があるかわからずに検証中という段階の薬であっても人道的な理由からプラセボ使わずに投与することはしばしばあります(抗がん剤などに多い)。

posted at 17:48:37

7月13日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@mako1866 おかしくないですよ。

1)アビガンを投与して6日
2)アビガンを投与せずに6日

の2つの群での比較ですから。

で後者の群にはその後にアビガン投与したというだけです。治験に参加したい人=アビガンほしい人と言うことが多いので、少なくとも6日後からは投与するから…と。

posted at 17:45:05

2020年07月12日(日)1 tweetsource

7月12日

@tsurao

つらお (ズボラ投資)@tsurao

@toriyamazine 有効性確認できなかったというのは、共同通信の記事ではなく、藤田医大の発表。共同通信はそれを報じた一記事に過ぎず、別に共同通信の記事など読まなくてもいいと思うところ。

posted at 18:56:30

このページの先頭へ