情報更新

last update 01/22 20:31

ツイート検索

 

@ttakimoto
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

Stats Twitter歴
3,115日(2010/07/14より)
ツイート数
44,805(14.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2019年01月22日(火)1 tweetsource

2019年01月21日(月)2 tweetssource

1月21日

@afujimura

藤村厚夫@afujimura

年収2万ドルの生鮮スーパーの仕事にあえいでいた女性が、Appleでプログラマーをする大学同級生のアドバイスに従い、Code Academyや奨学金制度を持つ学校でコーディングを学び、かつての4倍強の収入を得るようになった経緯を、具体的に紹介する記事| www.businessinsider.com/how-woman-went

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 07:41:56

2019年01月19日(土)1 tweetsource

2019年01月18日(金)5 tweetssource

1月18日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

@shimaru365 金持ちに関する記事は金持ちでない人向けにして、PVだけ稼ぐメディアが実態であることが少なからずあります。そのセグメントは、パンフレットDM、人的営業が通常かと。

posted at 10:47:46

1月18日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

NHK視点論点『ミライを創る「大切な真実」とは』を
1月21日(月)13:50~Eテレにて再放送させていただくことになりました。
22日(火)3:50~総合でも放送予定です。
(急な事件・災害等により予告なく放送内容が変更になることがございます)

posted at 08:25:23

1月18日

@nhk_kaisetsu

nhk_kaisetsu@nhk_kaisetsu

1月21日の「視点・論点」に京都大学の瀧本哲史さんが登場します。明快な時代認識、未来を見据える斬新なまなざしで、これからを生きる若い世代への示唆に富んだメッセージが送り出されます。テーマは「ミライを創る”大切な真実”とは」ぜひご覧ください。

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 07:41:17

2019年01月15日(火)6 tweetssource

1月15日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

不必要が日本語としてわかれば、漢文の知識なくても、不法は理解できる。なので、誰にどのレベルを教えるのがよいかという各論の話で、一律でなくても良いかと。

posted at 20:46:00

1月15日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

ちなみに、難易度設定に失敗して平均点が20点になってしまったテストで90点取るくらい、漢文はできたが、これは高校の授業と無関係に漢文読んでたからで、授業レベルでは自ずと限界ある。一応、卒業生の三割以上東大に入る高校での話。

posted at 20:37:17

1月15日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

古典を教える意味はあると思いますが、限られた授業時間に対するリターンを最大化するという視点からゼロベースで考えるともっとROIが高いカリキュラムはあろうかと思います。役に立つか、というゼロイチではなく、リターンの相対的な順位づけかと。

posted at 20:29:20

1月15日

@yas_tnk

Yas@yas_tnk

毎年50万人程が古文含センター試験を受ける中で、誰一人Kuzushiji-MNISTのような画期的な人文学研究を思い付かず、実際にそれを立ち上げた研究者は外国人で日本の高校教育を受けていないというこの図式自体が、僕には教育の失敗を象徴しているように思える(勿論一般多数の教育目的は研究ではないが

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 12:19:45

1月15日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

普段、意思決定する権限があまりない人に、ある種の権力を与えると、判断能力なさを露呈したり、濫用したりするようになる。わかりやすい例は、採用や購買で、相手方に権力を誇示する。

posted at 10:15:02

1月15日

@Twilightepco

たそがれ電力@Twilightepco

数年前一緒にリクルーターやってた3つ上の先輩が選考合議の時「この学生は悪くないものの、出されたコーヒーを全部飲んでいったので遠慮がなくその点マイナス」などと支離滅裂なことを言っていたので、翌年以降リクルーターから外すように人事へ上申したことを思い出した。
headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 10:13:07

2019年01月14日(月)9 tweetssource

1月14日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

まあ、起業家ないし起業志願者にも、これに近い人は散見されるので、相談できる専門家を確保しております。専門家が対面で見ないと結局判断は難しいし、スペクトルでしかないので。

posted at 13:11:52

1月14日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

赤坂のあの店で、仕事を絞って休んだ方が良いとアドバイスしたし、周りの人にも、双極懸念をシェアしたんだが、残念ながら、躁状態って病識ないケースが多い。それで、行くところまで行って、彼は職も失ってしまった。

posted at 12:51:32

1月14日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

評論系で、鬱で普通の職場から消えた後、躁状態でデビュー、なんか凄そうに見えて、ブレークというパターンなのでは、というのは結構あります。観念放逸とか、多弁とか、訴訟等の攻撃性とか、まあ、よくありそうな話ではありますが。

posted at 12:44:04

1月14日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

一見、クリエイティブで多作なんだけど、よく読むと支離滅裂で、とんでもなく睡眠時間が短い研究者がいて、私は双極を疑ったのだが、結果的にその懸念は的中したということがあった。メディアが天才と煽ったので、本人も無理をしたと思う。最近、別の人について、同じことを懸念している。

posted at 12:36:00

1月14日

@Kumakuring

くまくりん@Kumakuring

ふいに瀧本哲史さんのミライの授業を再度読んだらついつい全部読んでしまい寝落ち出来なかったな。14歳向けに書かれてるとのことだけどものすごくビジョナルなストーリーテリングでいいよね。中学生の時読んでたら人生変わってたかもしれないし、変わってなかったかもしれない

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 00:21:46

2019年01月13日(日)19 tweetssource

1月13日

@h_higashide

東出紘樹@1月22日20曲セッション、小岩バックインタイム@h_higashide

うちにあった「ミライの授業」と言う本を読んでます
久々に本読んでますが
これは若い人だけじゃなくて学校の先生だったり50歳過ぎの方にも読んで貰いたいなぁと言う内容です、素晴らしいです。
「今までこうしてきたから正しい」
ってのはやはり違うんだなぁと
ちゃんと数字出てれば別ですけども。

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 19:09:34

1月13日

@KinjiKamizaki

KJ@KinjiKamizaki

ミライの授業
瀧澤哲史

未来を生きる中学生へのメッセージ。敢えて過去の偉人の業績を紹介しながら、未来を生きるための考え方を熱く語る。
この人は本当に人の心を揺さぶる文章を書くのが上手くて、30近い僕が読んでも十分に熱い気持ちになった。
読みやすいので、中高生にもオススメ。

#読了 pic.twitter.com/SDSHj3Mdfy

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 19:07:57

1月13日

@kimitanman

戸川 きみお@食欲がやばい@kimitanman

瀧本哲史著 ミライの授業 (講談社)読んだ。
ぜひすべての14歳に読んで欲しいとともに、かつて14歳だったすべての僕たちも、あの頃を思い出して読んで欲しい一冊であった。

読んでいて分かりやすいのは勿論なんですが、ものすごく読みやすかったのは、構成を古賀史健さんがなさってたから。納得。

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 19:07:45

1月13日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

良く、中途半端な高校生が、「日本は学歴社会で」、とか、「思考力が身につかない勉強が」、とか言いがちだが、世界中が学歴社会で日本はむしろ学歴が重視されないし、トップレベル大学の入試は、思考力が高いと受かりやすくなる。

posted at 09:45:51

1月13日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

良い大学に入ることで手に入るものとして、最も重要なものの一つは、良いpeer、メンターに出会えることだし、ベンチマークもまた良くなること。あとは、ある種の学習能力が身につくこと。なので、変なサロンに入らずにすむように、一流の大学に行くべし。

posted at 09:41:33

1月13日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

その手のサロンに入る人は、求めるメンター、peerのレベルからして人的ネットワークないだろうし、仕事を楽しめてないだろうし、書籍等から自学できないわけだから、シグナリングとしては、起業しても成功しそうにないクラスターということになりそう。

posted at 07:21:15

2019年01月12日(土)2 tweetssource

1月12日

@la421124

あき@la421124

瀧本哲史さんの本は、法律書でいう基本書にあたる書籍だなー! 思考の軸になる記載がたくさんあるし、時間をあけて読む度に新しい発見がある。

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 00:09:08

2019年01月11日(金)3 tweetssource

1月11日

@tsemiseisaku

瀧本ゼミ政策分析パート@tsemiseisaku

【学校の始まる時間が早すぎることによる成績や健康への影響は...?】
思春期の睡眠問題に早くから取り組む世界的権威、Wolfson教授をアメリカからお呼びした講演会を1月6日(日)に実施し、多くの方のご出席をいただきました。
このアカウントでも講演の内容の一部をご紹介していきます。#2019始業時刻 pic.twitter.com/XclZ4tnHJN

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 21:43:33

1月11日

@genkuroki

黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

以前、Reinhart-Rogoffによる政府に債務と成長の関係に関する酷い分析が話題になりました。エクセルのコードに誤りがあった(笑)。

緊縮財政厨の人達に、ラインハルト&ロゴフの分析は正しいから受け入れられたのではなく、言って欲しいことを言っていたから受け入れられたことが明らかになった。続く

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 20:35:32

2019年01月10日(木)13 tweetssource

1月10日

@Akiyoshi_sim

Aki (Akiyoshi SHIMURA)@Akiyoshi_sim

最大瞬間風速を出そうとして無理するとろくなことになりません。こどもなら8-10時間睡眠で勉強して、それでも受かる範囲の学校を目指すべきです。そこで無理してもその後のデメリットが大きすぎます。
…という話をしても、全く聞いてくれない教育ママがいるんですよねえ。どう説得したらいいのやら…

Retweeted by 瀧本哲史bot

retweeted at 20:40:42

1月10日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

感動受験物語的な人が、受験産業やひな壇文化人になってしまうのは、そういう人は、通常のジョブマーケットでの評価が高くないのもあろうかと思います。

posted at 00:25:36

1月10日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

ビジネスは、時間対効果が重要だし、そもそもタイムチャージのビジネスもあるから、たくさんリソースをつぎ込んだので、成果が出た、というのはあまり評価されない。最近の浪人論争や留年の扱いも結局そういう話かと。ただ、トレーニングで解決できるところもある。

posted at 00:21:16

1月10日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

実際、授業に真面目に出て漫然とノートを取っているやつよりも、試験前にノートをかき集めて、上手くリソース配分して、成績よいやつのほうが、ビジネスパーソンとしては、成功するように思います。

posted at 00:11:30

1月10日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

大学生は、スケジュール管理とかTodo管理を自分でできるように、トレーニングするというカリキュラムを用意した方がよいと思う。実際、留年対策には有効ときく。高校生まで、学校の管理が強くて、何も自分では考えてなかった学生に対してほど、効果がある。

posted at 00:07:23

1月10日

@ttakimoto

瀧本哲史bot@ttakimoto

JASSOは、債務者のモニタリングとして、奨学金借りた学生への就活支援とか、生活相談とかやって、デフォルト率下げるというのはありそう。

posted at 00:02:24

このページの先頭へ